スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

フリーゲーム「ゆきどまり」「キスまでの距離」「誰かの間に間に」感想

「不安は何とも言えないからなおさら不安だ」
トートロジーもどきの前置き。



えー、今回は終止音(finalis.hotcom-land.com)さんところのフリーゲーム「ゆきどまり」「キスまでの距離」「誰かの間に間に」の感想をつらつら書きますね。短編なので3つ一気に書きますが、それぞれに関係性はなく、別個の作品として遊べます。



・ゆきどまり

短編のR-18BLノベルです。内容はけっこう過激。んでもって鬱展開です。
てっきり、ヤンデレが暴走系かなー?と思っていたのですが、意外や意外の展開でした。初めに快楽堕ちしておくと後の展開がわかりやすくて良いと思います。
淡々と得体のしれない行為が続く様は実に背徳的で大変楽しめました。



・キスまでの距離

短編のBLノベルです。
内容はノンケが目覚めるまでといった感じ。こちらは全年齢です。
色々な人間関係が絡み合う様を楽しめます。ファミレスのお姉さんとのぎこちなさがツボでした。主人公も顔グラのみでなく立ち絵があるというのは珍しかったですねぇ。



・誰かの間に間に

短編のミステリ(?)ノベルです。
事情聴取のパートと殺された少女のパートが交互に挟まる構成です。全体的に鬱っぽい、ダウナーな雰囲気で話が進みます。初読で話の全貌をクリアに分かる人は少ない、かも? 自分で色々と考えつつ読んでいくのが楽しい話かなと思います。
この手の雰囲気がかなり好きなので、ついのめり込んで一気にプレイしてしまいました。
いかんせん、自分の話の理解度に自信が無いので、追記に伏せ字でネタバレ考察を書いてみますね。

翔太が殺した:いおりの愛を重く感じて離れたせいでいおりが計画を立ててしまったせい
いおりは自殺した:河下の連続殺人現場に行って、わざと焚きつけて殺してもらった
いおりのシーン:会話文は、先に出た方(河下視点)と後に出た方(いおり視点)の掛け合い

なのかなー?

懺悔とか告解室みたいな、終わったことを終わったこととして淡々と語るようなノベルゲー大好きです。はやってほしい。
またふと思い出して一周するんだろうなと思います。

フリーゲーム「CO2+」感想

「優しい貴女の起こした奇跡」
なんかのタイトルにできそうな前置き。


えー、今回は猪鹿蝶さん(roteskamelie.sakura.ne.jp)ところのフリーゲーム「CO2+」(roteskamelie.sakura.ne.jp)の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽくなってるかも。

プレイ時間はコンプとおまけ合わせて二時間くらい。攻略も簡単で、ストーキングしてキャラが喜ぶ選択肢を選べばエンド突入です。選択肢のイベントが終わると、機嫌を悪くしたか良くしたか地の文で教えてくれるので、悩むこともないかと。

では以下、素敵だなあと思った点を挙げていきます。




・世界設定

時代はなんと西暦30××年。起動して始めてもらえばすぐわかると思うのですが、導入、名前変更画面などにすごく雰囲気が出ています。また、人類の他に有翼種や植物種など、人以外の遺伝子を持つ種族がいたり、人型PCがあったりと、近未来感が作りこまれているなあと感じました。
かといって、設定や用語の説明が多いわけではなく、あくまでも主体はキャラとの恋愛。この辺りのさじ加減も上手かったです。欲を言うなら、長編でがっつり楽しみたいなあ。
こういう、いわゆるアニマルハーフ的な設定は好きなので、色々新鮮な気持ちで楽しめました。



・立ち絵やスチル

紹介ページを見て頂ければわかるかと思いますが、イラストがとっても綺麗です! 美男子と美少女って感じで、プレイしていてにやにやしそうになります。萌え系(?)とはちょっと違うものの、透明感がある絵柄で私はすっごく好みです。クオリティ高。



・一歩間違えれば病んでくれそうなキャラたち

誤解がないように先んじて書いておきますと、本編ではみんな可愛かったりかっこよかったりちょっと嫉妬深かったりするだけの普通なキャラなんです。
ただその、このブログの書き手がヤンデレ大好きなので、つい妄想が捗りました。アーフェンのデレデレ独占欲っぷりといい、ブランカのPCとしての葛藤といい、ハルシャくんのおまけシナリオといい、深読みしたくなるのです。はい。
作品の直接的な要素ではないので申し訳ないんですが、こう、妄想フィルターかけても大変楽しめました。
いやでもハルシャくんはおまけを見る限りヤンデレ一歩手前か…?
暴走してくれることに期待したいです。

こういう、癒されるタイプと言いますか甘えさせたいタイプと言いますかギャップにドキっとするタイプと言いますか、まさに鑑賞したい感じのキャラが攻略対象で嬉しかったです。
アーフェン抱きしめたいよー!




近未来っぽい世界観や、綺麗なイラスト、ちょっと手頃な乙女ゲーをやってみたいという方におすすめしたい作品でした。

クリア後、ギャラリーの「テキストフォルダ」でキャラクターのミニシナリオ・「ピクチャーフォルダ」でキャラクター設定が読めますので、お見逃しなく。

フリーゲーム「ちょっと鬼ごっこしてくる。」感想

「女とケーキは似た者同士」
見た目が良いと意外と買われる前置き。



えー、今回は時雨屋本店(shigureyahonntenn.web.fc2.com)さんところのフリーゲーム「ちょっと鬼ごっこしてくる。」(shigureyahonntenn.web.fc2.com)の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。

ツクール製の短め鬼ごっこゲー。もうタイトルからしてわかりやすいですよね!
なおこの作品は、本ブログでも感想記事を書いた「ちょっと魔王さらってくる。」(mblg.tv)が元ネタのエイプリルフールゲームですので、そちらを先にプレイすることをオススメします。



・アクション苦手でも助かる救済措置

このブログではちょくちょく書いてますが、私はアクションがかーなーり苦手ですw なのでこれもクリアできるかどきどきしつつ始めたのですが、無事にめいっぱい楽しめました!
クリアできたのはアイテムの存在が大きかったなーと思います。一度タッチされてもセーフ判定になったり、速度が変わったり。特に速度変更アイテムは自分か敵かランダムで速度が変わるっぽいので、運もなかなか絡みます。
アクションが苦手ならアイテムに賭け、得意な人は自力で高みを目指せれる良い仕様でした。



・キャラごとに変わるスピード

走り方や追いかけ方がキャラごとに違うので、予期せぬハラハラが楽しめます。
マップもステージによって変わるので、時にはマップとキャラ特性がぴったり噛み合って想像以上の強敵になることも。この辺りの相性のあるなしもまたおもしろかったです。
私は急ダッシュタイプが苦手でしたねぇ。まだフィリアやフェザードは壁につっかえてくれるので助かるんですが、とにかく天牙が難しかった! とはいえ好きなキャラでもあるので、長く一緒に遊んでもらえて嬉しかったです。



・ファンに嬉しいキャラの絡み

そもそもお祭りゲーなのでプレイするのは本編をクリアした人がほとんどだとは思うのですが。本編は「まだまだ彼らの絡みを見ていたい、皆大好き!」と思えるゲームだったので、こうして別の形でちらっと交流が見れて幸せでした!
余談、初期のアマデウスさんのキャラチップは金髪だったんですねぇ。髪色だけでイメージけっこう変わって驚きました。これもこれでいいなあ。

あ、そうそう、負けた時に専用会話があるのも見どころです。台詞集め楽しい! わざと負けて会話確認しつつ進めました。負けてもセーブできるのがありがたい……。
隠しキャラが解放できるのも、クリアした人の特権って感じがして嬉しいです。




とまあ、こんな感じで。
残念ながら鬼モードはクリアできてません……。興味本位で鬼に突入して笑いましたw
またクリアできたら追記しますね!


1ステージも短くて手がつけやすく、キャラの会話も微笑ましい、ちょうどいいミニゲームでした!

フリーゲーム「ちょっと魔王さらってくる。」感想

「思わぬ一面は誰も知らずともそこにある」
見ようとしなかっただけな前置き。



えー、今回は、時雨屋本店(shigureyahonntenn.web.fc2.com)さんところのフリーゲーム「ちょっと魔王さらってくる。」(shigureyahonntenn.web.fc2.com)の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。
女性主人公でキャラ攻略の要素もあるマルチエンドのRPG。クリア自体は数時間で終わりますが、全エンドをコンプするとなるとかなりのボリュームが楽しめます。
というわけで、さっそく魅力など。



・色付け上手な、勢いのあるストーリー

主人公はなんと、刺されようが首を切られようが蘇る特殊能力を持っています。これを存分に活用して魔王集めに旅立つ、というのが主なストーリー。
まず魔王使いという発想からしてやられましたw タイトルにもかなりの求心力があるように、いわゆる勇者魔王モノが好きな方には発想からしてピンとくるかと思われます。
全体的にギャグチックになってはいますが、物語終盤になるとシリアスの色も出てきます。さらに鬱展開になりかけるところもありますが――そこはご安心、先んじて希望の芽を見せてくれるので、彼らならなんとかできるはずだと信じてプレイを進めることができます。
この辺りの、ギャグとシリアスの調整が心底上手だなーと感じました。根本のところはハッピーエンドで進めようという意図が感じられましたし、暗い展開が苦手な人も物語の転として素直に受け入れられたんじゃないかなー、なんて。
そして何よりの魅力は話のテンポと勢いですね! ちょっとずつ進めるつもりが、生き生きした掛け合いや良い具合に力の入った勢いに押されて、ついどどどっと駆け足でプレイしてしまいました。いやーフィリアの口上や叫びが気持ち良いのなんのって。えへへ。
とにかくストーリー重視ならやってみて!と言いたくなる一作です。



・生き生き動く魅力的なキャラクター

↑と少し被るところもありますが、キャラつくりも魅力の一つ。
ぽんぽん交わされる会話の裏にキャラの本性が見え隠れしたり、一見明るいキャラにぐっと刺さる過去があったりと、とても多面的にキャラが動いてくれます。ギャップ萌えな自分のストライクゾーンを狙ってくるキャラも多くてたまりませんでした。また細かい会話分岐が多いので、周回プレイ中ににやつくこともしばしばです。
内面については詳しく書くとネタバレになりそうなので、追記にひっそり溜めておきますね。
あと特徴的なのはキャラの顔グラでしょうか。巷でよく見られるサイズより数回り大きいサイズで顔グラが表示されるので、くるくる変わる表情をがっつり楽しむことができます。さらに、とあるイベント中にはメニュー画面の顔グラがこっそり変わっていることも。ストーリー進行度に合わせてさりげなく変わっていくフィリアの顔にもあったかい気持ちになりました。



・深く詰められた世界設定や伏線

単に不死身な設定はよく見かけるものですが、その種族の歴史背景が語られたり、デメリットが作中で明かされたりするのは珍しいよなーと思いつつプレイしていました。そこからずるずると世界設定が気になり、ずぶずぶ作品にのめり込むという。何度も出てくる台詞が伏線になったり、天丼なギャグになったりして、すっかり愛着が湧いてしまいます。何度でも!蘇るさ!
同作者様の小説が絡んでいるところもあるので、より深く知りたい方はそちらに手を出すのもよしです。私はそもそも次作から入った人だったので、これが元ネタか〜と色んなところでにまにましながらプレイさせて頂きました。



・周回が楽になるストレスフリーシステム

エンド回想、攻略、イベントスキップ、ステータスアイテム引き継ぎ、雑魚戦スキップなどなど。一度クリアすると色々な要素が解放されて、周回プレイがより楽になります。それこそ走るだけなら半分以下の時間でクリアできるかと。
特に雑魚戦スキップやレベル引き継ぎは自分でどうするか選べて嬉しかったですねぇ。
実はこの作品、ヤンデレ鬱エンドがあるのですが、そういったのが苦手な方はロックをかけてルート制限をすることもできます。まあ私はむしろヤンデレ目当てで手をつけたところがあるので、うん。勿論ヤンデレ以外の要素もたっぷり楽しめましたけどね!
いやーしかし、この手の差分あり周回ゲーでスキップ機能が使えるのは本当にありがたい……。色々と行き届いたシステムに助けられました。



他にも、船や龍などであらゆる世界を見て回るマップ冒険要素や、自由にパーティ編成できる要素、意外なところで体験できる鬼ごっこ要素など、RPGに欠かせない色々なギミックも盛りだくさんです。
シリアスも好きだけどハッピーエンドにしてほしい、ストーリーには勢いが大事、とにかく元気なRPGをやりたい――そういった方にオススメの一作でした!

追記からはネタバレ込みで色々語ります。
続きを読む

フリーゲーム「一本道迷宮」感想

「引き返してる暇はない!」
結果遠回りな前置き。



えー、今回は1bit(mizuamelt.web.fc2.com)さんところのフリーゲーム「一本道迷宮」(mizuamelt.web.fc2.com)の感想をつらつらと書きますね。

ウディタ製のゲームで、ジャンルは一筆書きダンジョンRPG、かな?クリア後おまけ要素も含めてプレイ時間は4時間ほど。一回迷宮に潜ってから出てくるまでが短いので、空いた時間で気軽にプレイできるのが魅力です。





・時間制限と一筆書きのパズル要素

迷宮はそれほど広くなく、代わりに時間制限がついています。ゲージがゼロになったら強制ゲームオーバー。とはいえ、よっぽどのんびりしない限り大丈夫です。時間制限のおかげでテンポがよく、一筆書きのおかげで良い感じに頭を使う、面白ゲーになってます。
追加条件で、「○歩以上歩く」とか「宝箱を全て取る」などを満たすと、ご褒美がもらえます。ご褒美を優先しすぎてうっかり行きどまっちゃう、本末転倒もあるあるネタ。




・ほんわかしたキャラクター

やや抜けてるキザな旅人、天然の村娘、パワフルな俺様系、ツンツン学者、の4人がメインメンバーです。どの子もちらりと見え隠れする影と心根の良さが良い具合に噛み合って、キャラ会話もほのぼのです。男女2組で恋愛要素もちらちらしているので、男女カップリングが好きな方はプレイしてみてはどうでしょう。
私はナナイロとブラッドに萌えました。
ええ、王道の喧嘩ップル萌えですよ、はい。

キャラによって特性が違うので、それぞれ違ったバトルを楽しめるのも良いですねぇ。使いやすいのはネイビーでした。堅い回復役って最強ね!




・装備で変わるスキル

装備によってスキルを変えられるので、色々試行錯誤するのが楽しいです。
後半はアッシュ→二連撃・おまじない、ネイビー→リカバリ、ブラッド→キアイ、ナナイロ→プリメラ、で安定していた気がします。




・大ボリュームのクリア後要素

DLページの下部にある反転文字を読むと、クリア後おまけの解放条件がわかります。
個人的には、さっくり一周プレイし終わってから、クリア後おまけを狙った攻略をオススメしたいです。いやぁ私は一周目で終わらせてしまったので……。
で、クリアおまけというと開発ルームとかちょっとしたミニイベントなイメージですが。がっつりです。がっつりボリュームあります。本編の三分の一くらいある気がします。大喜びです。一枚絵もたくさんです。何より、メイン4人の後日譚が見られるのが素晴らしいです。
ハッピーエンドに見せかけて、わりと非情と言うか、鬱展開にも見える展開があるのも萌えます。




不便だったのは、

・序盤の説明不足

かなあ。ちょっと戸惑いました。一応、メニュー画面を見たらHELPはついてるんですが、要素が多くてなかなか。逆にプレイして慣れるタイプの人はしっくりくるかも。
とりあえず、「迷宮は一筆書きでしか歩けない」「アイテムは4人で共有」を知っておけばOKです。あとはなんとなくわかります、たぶん。

ついでに攻略っぽいことですが。
中盤では、「メモリールームから迷宮に入ると強制的に最高難易度から」を知っておくと、レベル上げに苦労しなくて済むかな。ゲームのスタート画面から主人公決定で進めるとフロアの難易度を自分で決められるので、進めなくなったらこっちで頑張るといいかも。難易度は、レベル1・2・MAXです。
ラスト、おまけに関係する好感度については「メニュー画面logでチェックできる」「迷宮に入って、一緒にメモリールームへ帰ってこれたら+1」です。

色々と便利な機能が付いているけど、ゲーム慣れしてなかったり勘が悪かったりすると気付けないのがちょこっともったいない。でも、さくさく進めるこのゲームの雰囲気には会ってるのかなあとも思います。




とまあ、こんな感じで。

中毒性があってさくさく進めるゲームをやりたい方、可愛いキャラグラに惚れた方、是非ともオススメします!



さて、追記ではネタバレ感想をちょこっと。
続きを読む
前の記事へ 次の記事へ
ブログ検索
本棚