スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

フリーゲーム「あおぞらあさがお」感想

「日向には猫がつきもの」
まったりお昼寝したい前置き。



えー、今回は風車猫(kazaguruma-neko.jimdo.com)さんところのフリーゲーム「あおぞらあさがお」(aozora-sagao.jimdo.com)の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。

全体的にほのぼの、しかしラストは切なく泣けるあたたかいお話でした。似非歴史系とのことで、私は日本史さっぱりなため馴染めるかドキドキでしたが……。難しい用語もなく、すんなり読み進めることができて助かりました。



・細部まで和な文章

まずメニュー部分、横文字を徹底的に
書きなおしてあります。和物はやっぱりこうでなくちゃ! 細かいところへのこだわり大事ですよね。
巾着や手ぬぐいなど、小物の使い方も印象的。シーンごとに特徴的なものがあって、それぞれのエピソードがより色濃くなっていたように思います。



・愛らしいぽっちゃりヒロイン

ヒロインがぽっちゃり系です。天然で控えめで、でも気丈なところもある感じ。私もほっぺをもにもにさせて頂きたく存じます。
彼女の話し方がとても可愛いんですよー!
半兵衛との、「誠でございますか!」「まことでございますよー」みたいな会話がすんごく和みます。なんだろう、半兵衛がおどけて敬語で復唱するの萌えるんですよねぇ。


・史実にもしっかりのっとったストーリー

名前を見ただけでも詳しい方はピンと来るのではないでしょうか?
プレイ後にググってみたところ、細かなところまで史実にのっとって丁寧に描写されていたのだとわかり驚かされました。歴史上の人物には恒例の切ない要素もありつつ、最終的には報われる、あたたかいお話です。
特に終幕一、トゥルーに当たるエンドは予想外で、驚くとともにじんわりと涙がにじんできました。スタッフロール中に読み進められるシステムも、他にはない感じで新鮮。明るいエンドも真実を知るとぐっと辛さがこみ上げてきます……。
お気に入りはもちろん、雨のあのエンドです。やっぱり鬱なエンドが好きなんです、はい。とはいえ、全体的にはハッピーエンドなので悲劇が苦手な人もご安心くださいませね。




難点を一つ挙げるなら、デフォルトだとちょっと文字が見にくいことかな。見にくいと思った方は設定で文字のフォントをゴシック体に変えてみることをおすすめします。





とまあ、こんな感じで。
和風もの、切ない話やほのぼのな話が好きな方におすすめの一作でした。




同作者様の他フリーゲーム感想記事↓
「S様の暴走」(mblg.tv

フリーゲーム「S様の暴走」感想

「一人で突っ込む自称Sほど迷惑なものはない!」
立派なご主人様ほど理性的な前置き。



えー、今回は、風車猫(kazaguruma-neko.jimdo.com)さんところのフリーゲーム「S様の暴走」(mrs-bousou.jimdo.com)の感想をつらつら書きますね。
R-15の選択肢ありノベルゲーム、必読によれば衝撃的展開が売りの心の広い人向けです。



・多面的なストーリー

全体としては、一つの事件の真相を追う話になっています。ですが、ただ解決して万歳では終わらないところがこの作品の面白さ。あるEDで明かされなかった部分が別のEDと結びついて、コンプすることで全体像を把握することができます。
途中までは予想できたのですが、ラスト周りはさすがに読めなかった…! なるほど衝撃的でした。



・驚きの立ち絵とスチル

公式サイトのキャラクター紹介のところをご覧ください。シルエットだけとはいえ、魅力的な人達が描かれています。続いて、起動してしばらく読み進めてみてください。なんとびっくりです。しかも当然のごとく何の突っ込みもなく話が進みます。
この思いきったグラフィックはさすがと言わざるを得ませんでした。そしてEDスチルにまた驚かされるという、ね。
キャラクターの固有名詞をなるべく排除して、外見を無個性に努めておいてからのこれですよ。いやあ。思わず声を挙げてしまいました。



・ドSホイホイな監獄ライフ

サド歓喜ゲー……なんじゃないかな? 私自身はSじゃないので真正の人的にはどうかわかりませんが。何にせよ事情聴取、という名の躾け描写が多めです。具体的に挙げると鞭打ち靴舐め等々。とはいえ、血がぶしゃーとかいった展開ではないのでまあ大丈夫かと。



・HINT

一度どれかのエンディングを見ると、ゲーム内でHINTが見られるようになります。S様直々のありがたいお言葉を拝聴しましょう。このヒントを使えばコンプもやりやすいはず。選択肢は絞ってあるので、最悪総当たりもできます。





とまあ、こんな感じで。
ミステリちっくが好きな方、男性を苛めたい方、色々びっくりなところを楽しみたい方にオススメの一作でした。

ネタバレありの感想を数文だけ、追記にて。
続きを読む

フリーゲーム「ブロングスのマリオネット」感想

「引かれて動くなら言葉はいらない」
パルスで会話したい前置き。



えー、今回は、1001/raira(loo1.web.fc2.com)さんところのフリーゲーム「ブロングスのマリオネット」(loo1.web.fc2.com)の感想をつらつら書きますね。例のごとく一部レビューっぽいかも。

女性向けの雰囲気ではあるものの、乙女ゲームほどの恋愛要素はなく、さっぱりしたお家騒動込みのファンタジーノベルです。
なんですが、先んじて書くとこちら、サイト共に公開停止になっている模様……?
書いてすぐブログに挙げたらこういうタイムラグが無くて済むんですけどね、筆不精故致し方なし。というわけでおそらく入手不可のゲームの感想文になりますがご容赦ください。



・キャラクター
そもそものDLのきっかけがキャラの立ち絵でした。どの子も可愛いんですよね!
金髪ツインテなフランちゃんにときめいて、クリア後も推しキャラは彼女のままだったりw
サブキャラにもきっちり立ち絵があるのに驚きました。老人もしっかり描ける方は珍しい気がします。見た目だとルーンも好みだなー。


・ストーリー
ストーリーは、その、グリーンさんとドゥミトリーさん辺りが読めちゃっていたので、手放し感動はできなかったのが申し訳なく。激動感の代わりに安心と期待通りの円満エンドが迎えられた感じでした。



・BGM、演出

音楽とシーンの合わせ方が上手いなあと思いました。フリー素材の曲が使用されているんですが、絵や場面によく合っている曲をチョイスしているなあと。
特に起動画面、イラストの綺麗さも相まってつい見惚れてしまいます。つい、曲が一周するまでぼうっと起動させっぱなしにしちゃいました。
ちょっと残念だったのは、シーン切り替えが遅めなところかな。タイトルロゴが出る切り替えは特に持て余してしまいました。あと、OPのキャラ切り替えも。
でも、OPムービーがあるのは凄い! やっぱりこういうムービーが一つ入るだけで、ゲームやってる感がぐっと増して良いですよねぇ。





とまあ、こんな感じで。全体的には、良い話だったなあとほっこりできる作品でした。

フリーゲーム「プラスチック・プリンセス」感想

「年頃の女性にパパと呼ばれるといかがわしく聞こえる不思議!」
どうしようもない前置き。


えー、今回はSUGAR STAR(sgst.x.fc2.com)さんのところのフリーゲーム「プラスチック・プリンセス」の感想をつらつらと書きますね。ちょっとレビューっぽいかも。

育成+錬成ゲーム、全スチル開放に現実時間で数日かかりました。といってもゲーム内では日にちに追われることはないので、のんびりまったりプレイできます。
同作者様が公開されているフリーゲームと世界観や登場人物は共通していますが、これだけでも一応プレイはできます。もちろん、前作プレイ済みならニヤリとするところも多々ありました。いやーフランシス君かっこいいなあ。



見どころとしては、

・ぷちぷに系の可愛いデフォルメイラスト

これに魅力が集約されていると言っても過言じゃありません。超可愛い。
錬成でアイテム作り→装備、という流れを何度か行うのですが、どの衣装も可愛くって可愛くってテンション上がりました! 理由もなしに着替えさせたり、マウスで意味無くなでなでしてみたり。セクシー系の衣装もあって、デフォルメキャラながらもどきまぎしました。おねえさんそれほとんど裸だよぅ…。
辞典を使って、作った装甲のファッションショーめいたことができるのも楽しかったですねー。超癒されます。


ストーリーも、バッドエンドはきちんと良質な鬱展開、かつハッピーエンドはほのぼのなごむものでした。ルシルちゃんも幸せになっておくれー!
霊王エンドが一番好みです。大和撫子ばんざい。




システムは……うん。
今回も運任せのマゾ仕様です。知ってた。でも2周目以降はアイテムだけでなくステータスも引き継ぎしてくれるしまだ楽なほうかな?
錬成のレシピはもう完全に攻略サイト様頼りでした。わかるかーい。


というわけで、こう、
グラフィックに萌えられて、かつ、作業ゲでも大丈夫な方にオススメします。




同作者様の他フリーゲーム感想記事↓
「箱の中のネコ」(mblg.tv
「ERR.」(mblg.tv
「悪魔の花嫁」(mblg.tv
「フルムーン・プリンセス」(mblg.tv
「レグルスの箱庭」(mblg.tv
「歌恋」(mblg.tv
「MELTY HEAVEN」(mblg.tv
「ハーレムマスター」 (mblg.tv
「学園KING鈴木」(mblg.tv
「学園女神」(mblg.tv



追記で、軽ーい攻略メモです。
続きを読む

フリーゲーム「学園女神」感想

「そうして彼らは平穏で幸せな日々を、ずっとずっとずっとずっとずっとずっと」
どこまでも、な前置き。



えー、今回はSUGAR STAR(sgst.x.fc2.com)さんところのフリーゲーム「学園女神」(www.vector.co.jp)の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。

今まで何度も取り上げさせていただいたSGST様の作品ですが中でもこちらの作品は特殊で、作者様自身が「未完成のものを無理やり仕上げた」と明記されているように、相変わらず色々とシビアな作業要素ありのキャラ萌えゲーです。
が、それでも取り上げたいのはやっぱりファンだから! あの絵柄といい、グサっとくるエピソードといい、本当好みに合うんですよね。
しかもこちらは『人工女神』『プラスチックプリンセス』(mblg.tv)の続編ということで、なおさらやらずにはいられませんでした。人工女神の感想記事は後日、他ゲームの感想記事は一番下にまとめておきますね。


さて、前提が長くなりましたが学園女神について。
とりあえず見どころを挙げますと、



・ファンなら大満足のグラフィック

人工女神のキャラで学園生活が楽しめます。その期間なんと約一年間。運動会や文化祭など、季節イベントもちょこっとあります。
あと、衣替えがあったりおでかけがあったりして、キャラの色んな服装が楽しめます。半袖制服、長袖制服、おしゃれな私服から、ちょっときわどいデート服などなど。アリスちゃんの私服が可愛すぎてたまらんです。
アリスちゃんがツインテverで固定なのも大変私得でした。嗚呼可愛い、ツインテは正義だ。
移動場所を選ぶ時のミニキャラもぷにかわな感じで好きです。一匹飾っときたい。



・流音

萌えます。今作からの新キャラです。
敬語、内気、悲壮な鬱展開過去持ち、影ではすごい、一途、などなど。萌えます。
エンド条件が特殊らしくて、彼女のエンドだけ見れてません……。辛い。辛すぎる。攻略も見当たらなくって、さっぱりです。一番真相に近そうなのに!ギリギリギリギリ
秋ごろにある、問いただすか否かのイベントとか、交魔を全然しないとか、アイテムを作るだけ作っとくとか、関連性がありそうなのはこの辺りだと思うんですが……。作業ゲー感は相変わらずなので、気力が尽きてしまいました。また充電したらチャレンジしたい所存。




・便利な言葉、交魔

交魔。そう、人工女神でもお世話になった交魔です。ちょこっとえっちに見えるごにょごにょイベントです。
このゲームだとキャラエンドを迎えるには、愛情度と交魔度をマックスにする必要があります。交魔度。そう、つまり、遠慮なくがんがん交魔しまくるとエンドに到達できるパターンがほとんどです。
あっ、一応全年齢仕様らしいので、ダイレクトにきわどいシーンは出ません。特定のキャラには特殊な交魔をすることもあります。素晴らしいね!
愛情度や交魔度によって、台詞も変わります。この台詞がまた萌えるんだなぁ。




良いなあと思ったのは、この辺りですかね。ファンサービス要素が強いので、人工女神やプラプリをプレイ済みで、かつキャラが好きな方にのみオススメします。



追記では、自分用の攻略メモ。興味ある方は右下moreよりどうぞ。





同作者様の他フリーゲーム感想記事↓
「箱の中のネコ」(mblg.tv
「ERR.」(mblg.tv
「悪魔の花嫁」(mblg.tv
「フルムーン・プリンセス」(mblg.tv
「レグルスの箱庭」(mblg.tv
「歌恋」(mblg.tv
「MELTY HEAVEN」(mblg.tv
「ハーレムマスター」 (mblg.tv
「学園KING鈴木」(mblg.tv
「プラスチック・プリンセス」(mblg.tv






続きを読む
前の記事へ 次の記事へ
ブログ検索
本棚