スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

フリーゲーム「100-questions」感想

「ひゃっはーと問われればひゃっはーと返すべし」
全てはノリで片付く前置き。



えー、今回は、プチレア(元・あそこの人 petitrare.com)さんところのフリーゲーム「100-questions」の感想をつらつら書きますね。

先に書いておくと、実はこの作品、未完成です。プレイできるのは第一章まで。色々な謎は解かれないまま終わってしまいます。
ですが!
途中までとは言えど、完成度の高いストーリーにハマるシステム、とっても楽しかったので感想を書くことにしてみました。一応、お話もキリが良いところで終わるので、興味がある方は気楽にやってみてほしいなー、なんて。
ということでさっそく見どころをば。





・ストイックに無駄を削ったシステム

編成→ストーリー→ボスバトル→編成、というのが大きな流れになります。ザコ敵を倒してレベル上げをしたり金稼ぎをしたりする必要は一切なし。謎解きもチマチマ作業も面倒!という方に強くオススメします。



・職業の癖を掴んで挑め!

“仲間”の個性は薄く、デフォルトキャラを雇用してバトルを進めます。世界樹やウィザードリィ、DQ3ルイーダの酒場な感じと書けば通じるかなあ。戦士、魔術師などよく見かける職業から、アルケミストなどちょっとコアな職業までよりどりみどり。それぞれ使えるスキルも決まっているので、バトルによって使い分けることも必要です。
私はアサシンが便利でお気に入り。メンバーはbattle3辺りからずっと、戦士・ブシドー・魔術師・アサシンで進めてました。高火力低防御の殺らねば殺られるチーム。



・頭を使うバトル

何も考えず適当に殴るだけのスタイルだと十中八九やられます。敵を倒す順番や、味方キャラの扱い方を考えるのがこの作品の醍醐味。連戦は警告がない限りありませんので、常にガンガン行こうぜでやっちゃいましょう。
事前に敵キャラの情報やbattle傾向は教えてもらえるので、ある意味で詰め将棋っぽいかも。こういう、対策できれば必ず勝てるバトルってのは楽しいですねぇ。あれかこれかと試行錯誤したくなって、やめられなくなりますw



・プレイヤーにquestionするシナリオ

さて、バトルにばかり注目してきましたが、ストーリーにも魅力がたっぷりです。短編連作かと思いきや壮大な長編だった、それぞれの断片が繋がっていく楽しさがあります。
「人食いが生き延びるのは罪か?」「運命に抗う術は無いのか?」「戦争が起こらざるを得ない理由とは?」答えの出ないテーマをコンパクトに、そしてそれらしくまとめているこの手腕は素晴らしい。
重苦しいテーマだけでなく、おとぼけさんの大冒険みたいな面白おかしいものもあるので、落ち込みすぎず気分的にもバランスは取れます。
特に印象的なのはやはりリドルのバトル。あの選択肢は悩みに悩まされました……。



・濃いキャラクター

ストーリーで登場するNPC達は顔グラこそデフォルトの子が多めですが、内面はそりゃもう、かなり個性的です。PLの個性が削られている分、NPCにキャラ性が集まっているのかもしれません。ともあれ、キャラ重視の方も十分に楽しめると思います。
私は自作の『zero-questions』を先にやったので、「あのキャラのルーツはここだったのか!」と驚かされることもしばしば。不在だったダイヤさんも登場していて、苦労するやら嬉しいやらでした。やっぱりトランプ組の軽快な会話は良いですねぇ。ぎゃー。ぎゃー。リチェナも出るかと思っていたら予想外にひゃっはーでした。
とりあえず、ルークファンの方は是非やりましょう!






とまあ、こんな感じで。
編成画面に戻るたび隊列チェックが出てきたり、数回バトルしないと1フロアがクリア扱いでなかったりと、ちょっと不便なところもありはしますが。それ以上に、中毒性の高いハマるゲームでした!



同作者様の他フリーゲーム感想記事↓
「zero-questions」(mblg.tv
「zero-answers」(mblg.tv
「ブルーバレット」 (mblg.tv

フリーゲーム「zero-questions」感想

「高楊枝する暇があったら襲っちまえ!」
容赦もなにもない前置き。



えー、今回はプチレア(petitrare.com 旧あそこのひと)さんところのフリーゲーム「zero-questions」(petitrare.com)の感想をつらつらと書きますね。一部レビューっぽいかも。

ジャンルは、なんだろう? バトルなどはRPGですが、ギルド管理がありノベルがありと、色々な要素があるので、これとは答えにくいかも。新しいタイプのゲームをやりたいという方は是非DLしてみてください!
さてではさっそく、独特の見どころから。



・敵のパターンを読む頭脳バトル

バトルはターン制。ほぼ確実に、ゴリ押しは難しくなっている仕様です。知恵と頭脳を駆使するのがこのゲームの魅力となっています。
ボス敵は強力技を放つタイミングがほぼ固定です。そのターンまでにいかに妨害をするかが問われます。スタン技のメイドキックが決まった時はガッツポーズものですよ!
ザコ敵も気が抜けません。いや、倒すだけなら楽ですが、ここで使っておきたいのは味方のトドメスキルです。トドメでそのスキルを使うと、色々なパラメータが増えたり、食糧が増えたりと良いことずくめ! 単調なレベル上げなんてもう飽きたって方も、手ごたえを感じられるんじゃないでしょうか。



・腹が減っては戦ができぬ

そうです、ご飯は素晴らしい。
このゲームには食糧という概念があり、これが無くなると、なんとHPが毎ターン削られます。ですが幸いにも主人公達は盗賊団。追剥ぎ万歳です。戦闘で遠慮なく奪っていきましょう。
この食糧システムが良い制限になっていて、緊張感のあるプレイを楽しめました。ある程度までは無視してもセーフなのが助かります。




・濃い仲間と感動のモノローグ

システム面のみに留まらず、キャラクターもかなりの魅力があります。何よりキャラが立っている。そして濃い。軽快な会話と合わせて、かなりの印象でした。
そして何より輝くのは死に際のモノローグ。そう、このゲーム、油断しすぎるとキャラもロストするのです。キャラロストは嫌なもの、とはいえこの作品では良いこともあります。クリア後に良い武器が手に入るのと、キャラのシリアスな裏面がわかるのがポイント。
明るいキャラやネタキャラにも、実は――が隠されていて、涙を誘います。
熟練プレイヤーはむしろ積極的に殺っていくのもいいかもしれませんね!



・おこ?激おこ?不満度管理

ご飯が無かったりずっとお留守番ばかりだったりすると、仲間の不満がどんどん上がっていきます。そうなると作戦会議が上手くいかない他、家出(?)してしまうことも!
もう一度仲間にすることもできますが、強化済みの相手を負かさないといけなくなるのでちょこっと大変。イノセントの管理にはけっこう悩まされましたw



・3周前提、変わるストーリー

3周と書くと、同じストーリー同じ展開を3回という印象になるんですが、誤解なきよう。ストーリーも展開もしっかり変わります。一粒で三度美味しい。素敵。
この作品、テキストがかなりの量。それでいてくどくなく、明るいテンポで話が進んでいきます。初めてスキルを使う時や、ボス戦前など、掛け合いたっぷりで、緊迫の戦いでもついふふっと笑ってしまいます。
けっこう重い展開やシリアスな部分もあるのですが、明るい作品だと思えたのはやはりこういったところからでしょうねぇ。
ツボは「敵でオーク?」です。



・奥義発動でテーマソングへ

バトルも淡々コマンドを入力するだけではありません。推したいのがBGMの演出です!
キャラごとに個別の強力技、奥義を使うと、そのキャラのテーマ曲がBGMになってくれます。熱い!それがいい!この曲もまたクオリティが高くて、何度聞いても飽きません。こういう演出って、いわゆる決めどころな感じがしてわくわくしますね。
お気に入りはハートの曲です。やってやるぜ感が好き。





おおまかにはこのくらい。これでも書き切れないくらい魅力がたっぷりです。
あと一つ、賛否両論な点として、

・セーブデータは1つだけ

これがあります。けれども、この後戻りできない感がこのゲームの売りでもあるように思います。他ゲームでは怖いキャラロストもここではメリットがありますし、最悪リタイアしても強くてニューゲームができますし。キャラの死亡判定のドキドキも好きですw



とまあ、こんな感じで。
熱くて面白い頭脳バトル、ピンときたら是非DLしてみてください!





同作者様の他フリーゲーム感想記事↓
「100-questions」(mblg.tv) 
「zero-answers」(mblg.tv
「ブルーバレット」 (mblg.tv




追記では軽い攻略メモなど。


続きを読む

フリーゲーム「少女と囚人のジレンマ」感想

「馬鹿が見るのは綺麗なお空」
かもしれない前置き。



えー、今回は、ステッパーズ・ストップさん(stst.cocot.jp)ところのフリーゲーム「少女と囚人のジレンマ」(stst.cocot.jp)の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。

さくっとプレイできる、けどかなり鮮烈に印象に残る短編ゲーです。1周10分程度。2周目からはもっと早いかな。内容は選択型ADV、のはず。タイトルにある「囚人のジレンマ」がゲームになった感じです。



以下、匂わす程度にネタバレを含みます。
DLもプレイもかなりお手軽なので、ちょっと気になっている方は何よりもまずプレイしてみて頂きたいところです。





というわけでさっそく魅力的な点など。




・罪悪感と疑心を煽るテキスト

対戦(協力)相手のリップと対話しながらゲームは進んでいきます。
こちらが裏切ればすごく可哀そうな、罪悪感あふれる台詞が返ってきます。一方で、信用するとうさんくさく、時にはこっちが裏切られることもあるという……。
お互いがトクをするための方法はたった一つなのに、その選択をするのが躊躇われる良いテキストでした。選択肢によって、じわじわリップのことやゲームをしている場所のことがわかるのも良いです。



・淡々と進む脱出パート

ゲームが終わればキャラの行動操作が始まります。ゲームブックみたいな感じ。といってもはい・いいえの単純操作ですが、これまた展開が好みでして。だいたい鬱です。初見クリアは難しいかも。
せっかく手に入れた自由がゆっくりと閉ざされていく様は必見です。淡々としていながらも強く引かれる世界観でした。




囚人ゲームのシステムはもちろんですが、やっぱりテキストが良いゲームだったなーと思います。特に起動画面のテキストがすごく好き。あれは主人公の内面なのかなあ。だとしたら、リップ勝利時の反応を見る限り、どこまでも報われませんねぇ。




とまあこんな感じで。
論理的思考ゲームや、虚しい・暗めの展開が好きな方にオススメです。

フリーゲーム「Seetate」感想

「とりあえず目を閉じておけば怖いものはなくなるよ」
開けるとあるけどねな前置き。



えー、今回はれんたか(www.freem.ne.jp)さんところのフリーゲーム「Seetate」(www.freem.ne.jp)の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。

ジャンルは探索考察ホラーゲームかな。異空間徘徊するタイプです。謎解きや追いかけっこ要素はありません。ストーリーの鬱度は濃いめです。
電波系の文章や直接的グロ、鬱展開等々がたっぷりです。お好きな方なら涎ものかとおもいます。


なお、現在ver1.06のリメイク版が公開されていますが、この記事は前バージョン(1.04)でのプレイ感想です。ご了承ください。

というわけで、特徴的な点など。






・やってわからせる不思議世界

ゲームページに堂々「よくわかんない」とあるように、プレイ序盤の正直な気持ちは確かに「なるほどわからん」でした。
ですが、このゲームのすごいところはただわからないだけで終わらせないところ!
最低限の情報を便りに手探りで進めるうち、じわじわと世界の法則やシステムがわかってきます。この気付くタイミングも多分人によって違うんじゃないかな。操作も簡単、何に急かされることもないので、じっくりと自分のペースでゲームに慣れていくことができます。
明かされていく世界の全貌にじわじわと心を奪われ、気づけば一気にプレイしてしまいました。





・段階を踏んで新しい展開になっていくストーリー

上記と合わせて言っておきたいのは、ストーリー展開の秀逸さです。
クリア条件や次の目的に気づき始めたところでそれを裏付けるようなエピソードが出てくる、等々、システムとお話の噛み合いがしっくりきました。フリーホラゲでたまにある、「お話だけが浮いている感じ」が一切ないんですよね。一つの作品としてのまとまりがすごく良いゲームです。
ストーリーが断片的に明かされていくので、ある程度自分で考えたり繋げたりするのが好きな人向けになるかなー、とは思います。





・ふんわり可愛いキャラグラフィックとおぞましいホラー要素

操作キャラクターからして真っ黒単眼というかなり攻めている見た目です。大好きです。
異形や奇形の化物、血染めでカオスさながらのマップなど、見ているだけで震えがくるようなグラフィックが盛りだくさん。がっつりグロテスクなところと、物想いに浸りたくなるようなところと両方あるのがまた素晴らしいです。信号機のマップが好き。
しっかり不気味に見えるホラーな造形は簡単なようで難しい……気がするのですが。この作品はスチルもマップも両方かなりのハイクオリティでした。

一方で、登場する女の子達はもう、めちゃくちゃ可愛いんです! ふりーむさんところのスクショに釣られてDLした方も多いのではないでしょうか?
なんだかんだでお気に入りはやっぱりあの操作キャラです。あのドットの足元の、わよわよしてる感じがすごい好きなんですよね。ローブ引きずってる感じというか。おめめぎゅっと閉じるのも可愛いです。





とまあ、こんな感じで。
じわじわと明かされる色々のバランス加減が上手な一作で、たとえ詰まっても続きをやりたいと思える一作、最後までうろうろしながら遊ばせて頂きました!

可愛い女の子、いじめ、電波、異空間探索、物静かなマップ、心抉られる鬱展開……等々に惹かれる方にオススメです。



現在は立ち絵がプラスされ、このうえさらに改良されているとのこと。ひとまずDLはしたので、再プレイがすごく楽しみです。にやにや。



追記ではお話について考えたことなど。ネタバレ全開です。気になる方は右下の追記よりどうぞ。
続きを読む

フリーゲーム「完全バッドエンド」感想

「見えないところに手間を注いでこそ」
彼に立ち絵があると思わなかった前置き。



えー、今回はエンディング・エラー(endingerror.web.fc2.com)さんところのフリーゲーム「完全バッドエンド」(endingerror.web.fc2.com)の感想をつらつら書きますね。案の定レビューっぽいかも。

ヤンデレと鬱展開が中心のノベルゲームです。主食です。近親要素もあります。



・ストーリー、ED

いやー、なんというか、ヤンデレの王道を突き進んでくれたなあ、という印象です。攻略対象が話聞かずに突っ走る系なので、Mな方はきっと大喜びかと。
ED3がお気に入りです。依存!依存!
次点はED4です。女の子を泣かせたい!
……これだけ書くとなんか外道みたいですね。
ED1では生きていたことにびっくりしました。てっきり嘘ついて影で葬っているのかと。物騒な発想で申し訳ない。



・演出、雰囲気、スチルなど

起動画面がむっちゃ好みです。そこ!?って言われそう。そこです。あの雰囲気がたまらんのです。
他、BGMがピアノっぽい感じで統一されていたので、スリリングなシーンでも切なさが増して見えましたねぇ。おかげで元凶のはずの彼への同情が強調されたように思います。
エンドリストで一言コメントが見れたのも嬉しかったですね!
手足があれで、笑顔が可愛いあのスチルが好きです。伝わるかな。


・キャラクターに関して

ヒロイン:ご愁傷様です。
キョウ:怪しさを一切誤魔化さない潔さがありました。正直者はこじらせるとさらに危ないのかしらー、なんて。
ケイ:スーツ着てほしいです。





とまあ、こんな感じで。
ヤンデレ好き、鬱展開大丈夫、って方は試しにさくっといかがでしょう。
前の記事へ 次の記事へ
ブログ検索
本棚