フリーゲーム「円環の柩―閉ざされた館と想いのゆくえ―」感想

「隣人の悪意こそ盲目になりやすい」
懐に入れたら終わりな前置き。



えー、今回は*polish*(polish.sakura.ne.jp)さんところのフリーゲーム「円環の柩―閉ざされた館と想いのゆくえ―」(polish.sakura.ne.jp)の感想をつらつら書きますね。例のごとく一部レビューっぽいかも。
フリー版は15禁、シェア版で18禁verが公開されています。乙女+ミステリーなADVです。
ファンタジーと嵐の山荘が混ざった感じ、かなー。冒険者ギルドとかのワードにピンとくるならオススメです。



見どころとしては、



・豊富なエンド数
エンドの数は20以上。中には鬱展開もあります。いかがですか同志の皆さん!私が好きなのはEND17とEND20です。あの悲惨さがもう、ね。心からの悪者がいない、だからこそ――という私が大好きなタイプの鬱展開が多くてたまりません!
勿論恋愛エンドやハッピーエンドもありますのでそっちが好きな方もご安心を。


・美麗なスチル、立ち絵
グラフィックはとても綺麗、少女漫画ちっくな画風なので馴染める人も多いのではないでしょうか。立ち絵も、ポーズが二種類あって表情がくるくる変わってくれます。ヒロインの見た目が一番好みですねぇ。


・腕試しできるミステリー要素
ミステリーは推理せず最後まで読んでからなるほどーと思う私ですが、この作品の推理レベルはちょうどよくて、良い感じに頭をひねりつつプレイできました!「 やったー当たってたー!」という喜びもひとしおです。
別段攻略がなくてもわかるレベル……でもうっかり思い込むと難しいかも? まあ最悪、選択肢総当たりでいけますしね!
色々なルートを経るごとに攻略キャラによって明かされる真相や伏線の一部がまとまっていくのも楽しかったです。





惜しいなあと思うのは、



・スキップの確認
スキップ時には丁寧に確認ウィンドウが出ます。とはいえ、スキップはきちんと未読で止まってくれるので、この要素は逆に手間が増えるだけだなーと。


・キャラを入れ替えただけのエンド
台詞や展開は一緒、キャラと口調を入れ替えただけという展開が目につきました。いや、これはキャラ別エンドでよくあることだし別に良いんですが、その特定キャラの一言のために1シーン分既読スキップが使えないというのがどうにも不便で……。
ハッピーにおけるセシルとアーヴィンの会話とかで特に思いました。こうなるとどうしても作業感があっちゃうんですよね……。
この辺り、シェア版だと性能が変わってるんでしょうかね? 乙女ゲーのえろはあまり得意じゃないため、フリー版だけしかプレイしてないので確認ができなかったり。
でも初見の方は誤解なきよう、こう感じたのはごく一部のエンドだけで、トゥルーもバッドもそのキャラだからこその展開が多いです。





とまあ、こんな感じで。
しっかりした物語も味わえる乙女ゲーをやってみたい方にオススメする一作でした!

フリーゲーム「だれがハンプティをころしたの?〜リジー、再び探偵になる〜」感想

「ベッドの下には真実が」
掃除機で吸っておこうな前置き。



えー、今回はくらげのかえり道(kurage06.web.fc2.com)さんところのフリーゲーム「だれがハンプティをころしたの?〜リジー、再び探偵になる〜」(kurage06.web.fc2.com)の感想をつらつら書きますね。
ホラーメルヘンな世界観の探索&推理ゲー。プレイ時間は10分とありましたが、私はかなり躓きまくったので1時間くらいかかりました。はっはっは。とはいえ、公式サイトにヒントもありますし、便利な索引もあるので、推理もの得意な方は正規プレイ時間でできると思います
“再び”とありますが何かの続編という訳ではない、はず。見事事件を解決へ導いたらきっと思うところができるタイトルです。


さてでは、魅力的な点など。



・童話やメルヘン好きにはたまらない言い回し

マザーグースやアリスなど、色々なメルヘン要素が随所に出てきます。いやあスープにはやられました! 上手い! この手の大好きなので、元ネタがわかる言い回しが出る度にやにやしてしまいました。えへへ。



・インパクトの強いキャラクター

朗報です、単眼さんが居ます。やったあ!
というわけでけっこう人外やダーク路線のキャラデザです。
危ないキャラクターを演出するためか、絵柄もサイケデリック寄りなのでかなりのインパクトがあります。ポップな表現ではありますが、脳みそブシャーな感じだったりするので、苦手な人は控えた方がいいかも…?
でも、抵抗が無ければむしろぜひぜひプレイして欲しい一作です。キャラクターのデザインだけでなく、部屋の内装もこう、独特のポップホラーな雰囲気がたまりませんでした。



・ゆーれいさんとの索引検索

かなり面白いと思ったのが、この索引について。この部分でゲーム性がぐっと上がっていて素晴らしいです。
ちょこっと説明を入れておくと、プレイヤー側で自由に言葉を入力して、分からない単語や謎のヒントをもらうことができるというシステム。意外な単語に反応してくれたりして嬉しいんだなあこれが。DLするとフォルダに反応ワードが一覧で載っているファイルが入っているので、お急ぎの方はそっちで確認してもいいかも。でも、反応ワードを自力で探す喜びも捨てがたいもんです。
ついつい色んな言葉を入れて楽しんじゃいました!



・ゆる〜い?難しい?謎解き

犯人当てのところと証言の矛盾当てが私には手ごわかったですw
答え自体は王道で、気づけばとても単純なのですが……どうだろう、たぶん普通のプレイヤーさんはさくっと解けるんじゃないのかなあ。私はちまちま区切りながら進めていたので、しっかり解きたいと言う人は一気にプレイしちゃう方がいいかもしれません。
なお、これからプレイする方には、リジーの部屋も見逃しなくしっかり探索しておくことをオススメします。ぞくっとしました。





とまあこんな感じで。
ゲーム性もあって楽しかったですし、興味がでたなら是非ともプレイしてみて頂きたい。とても良質な掌編を読ませてもらった気分です。
鬱展開、ホラー、ミステリなどがお好きな方にオススメの一作でした。

フリーゲーム「MELTY HEAVEN」感想

「天使の対義語は、悪魔?人間?」
その他の何か、な前置き。




えー、今回はSUGAR STAR(sgst.x.fc2.com)さんところのフリーゲーム「MELTY HEAVEN」の感想をつらつら書きますね。
ほぼ一本道のノベルゲーム。選択肢は多いですが、一歩間違えるとバッドエンドに行くだけで、エンド自体は2つと少なめです。BLっぽいようで厳密にはそうでもない設定があるので、そういうのが苦手な方にはおすすめできません。


異常な学園でのサスペンスもの、と見せかけて最終的にはファンタジーになります。
特に後半の展開は急展開。設定や用語が先走って、途中、説明文だらけになります。作者様自身もこの辺りは自覚しているようで、あとがきにも反省が書かれていました。

悪魔とか天使とか竜とか、設定部分はときめくところもあり。厨二病と言ってしまえばそれまでなんですけど、私そういうの好きなんですよねぇ。だからもうちょっとスムーズに設定が書かれていたらぐっと入りこめただろうになあと思います。惜しいなあ。



あと、ちょくちょくバグで強制終了します。
中でも致命的なバグは同梱テキストファイルに書かれているので、一読しておくべきかと。特に、おまけのキャラプロフィール、聖のを見たらセーブデータが全部ぶっ飛ぶらしいです。お気をつけて。



選択肢自体は多めですが、違う選択肢を選んだらすぐにバッドエンドへ行くだけなので、それぞれセーブデータを取っておけば攻略は楽です。
ぶっちゃけると全然謎は解けていなかったんですが、なんとなくで選んで行ったら一発でトゥルーエンドに行きました。やったあ。


キャラとしてはやっぱり主人公の江夜くんがお気に入りかな?
ああいうネガティブないじめられっこ、萌えます。未来を無くさせたい。
過去作のキャラも数人でてきます。
「レグルスの箱庭」を先にプレイしていたので、ヤマダハナコさんの正体がやっとわかってすっきりしました。あとは「歌恋」に出ていた双葉恋ちゃんに釣られて最後までプレイしたようなもんです、はい。




この作者さんがよく用いる世界観の説明がわかるので、ファンならやっておいてもいいかも?
あと、天使とか竜とか、設定モノが好きな方にはおすすめできるかなあと思います。






同作者様の他のフリーゲーム感想記事↓
「箱の中のネコ」(mblg.tv
「ERR.」(mblg.tv
「悪魔の花嫁」(mblg.tv
「フルムーン・プリンセス」(mblg.tv
「レグルスの箱庭」(mblg.tv
「歌恋」(mblg.tv

フリーゲーム「Clime of Alice」感想

「そもそもこんな世界が狂ってる」
だから私は無実な前置き。



えー今回はNUKOBOU(nukobou.web.fc2.com)さんところのフリーゲーム「Clime of Alice」の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。
何故アリスは監獄に入れられたのか?という謎から始まるこの一作、雰囲気としては女性向けですが恋愛糖度は薄め。監獄内の狂った人達と謎の解決を楽しむゲームです。
コミックメーカー使用、そしてなんとびっくり7年前の一作! なにかと削除非公開されやすいフリーゲーム界で、何年たってもDLできるのはありがたいです。


というわけで、さっそく魅力的な点を。



・狂ったキャラが好きならプレイ!

アリスの名を冠しているだけあって、登場キャラクターはほとんどが狂人です。ヤンデレというよりキチデレです。この見事に話の通じない感じが原作らしくてたまりません。うはひっ!
まともそうに見えてやっぱりまともじゃなかったヤマネがお気に入り。彼はサイドストーリーでどっぷり惹かれてしまいました。



・絵柄(タッチ?)の異なるハイクオリティなグラフィック

立ち絵やスチルとエンドロールで絵柄が違っているんですが、どちらも私の好みでもうテンション上がりました! 背景も自作してらっしゃるようで、牢獄内の荒れている世界観がよく伝わってきます。自分の牢前のほんのりメルヘンな感じがなんか好き。
立ち絵、というかキャラグラフィックは登場人物全員についています。けっこう人数多いので、なおさら嬉しいです。狂人キャラには容赦なく変顔も搭載してあるのがまた面白かったですw
エンドロールの方は、なんというか、病んでる絵本?みたいな雰囲気です。イラストもさることながら、添えられている文章も童話風で、シニカルな言い回しが魅力的でした。バッドの未解決エンドでのエンドロールがすごく好きで、バッドエンドなのに得した気分になりました。回想で見直せるのも有難かったです! クリア後もつい見返してしまいました……w



・いくつかの謎と魅力的なサイドストーリー

本編ではアリスと白ウサギに関する謎をキーワードとして、ミステリ風を味わえます。妙な人達に聞きこみをしたり妙な証拠物を見つけたり。本格的に推理等をするわけではないのであくまでミステリ“風”ではありますが、それでも十分楽しめました。
そして、クリア後のお楽しみサイドストーリー。このうちの3人話がすっごくお気に入りです! 詳しいネタバレ感想は追記に畳んでおきますね。



・自作BGM
起動画面で流れるあの曲が特に耳に残ります。





残念な点としては、





・システム周りが非常に不便

7年前の作品なので、仕方ないことではあるんですが……。
既読スキップがオートくらいの速度、自動送り・バックログ・文章でのエンド回想が無い、ホイール回転での読み進み不可、ときどき強制的に文章がオート・スキップされるなどなど、システム面はけっこう不便です。プレイする時はこの辺りを覚悟したうえで、のんびり進めていくのが良いかなと思います。



・淡々とした文章

状況把握さえできればいい人向け。少なくとも美文名文や感情移入には期待しない方が良いです。単語だけ変えて同じ描写を何度かするところがあって、繰り返しで強調したかったのかもしれないけど、その辺りだけ浮いててくどいなーと感じました。
また、選択肢によっては一度会ったことのあるキャラに初対面のような表現をすることもあって、微妙に違和感があります。
ただ、前述の通り、サイドストーリーやエンドロールの文章はとても好みでした。なので、これからプレイしようと考えてる方がもしいらっしゃったら、試しに一つどれかのエンドに到達するまで頑張ってみて欲しいです。



・やや攻略難易度高め

基本的に特定のキャラをストーキングする流れはまあ他の女性向けゲー同様なんですが、キャラ名ではなく仕草が選択肢になっているので、各キャラの癖を把握するまでは苦労するかも。ただ、これに関しては攻略サイトもあるので、自力攻略に拘らない限りは大丈夫だと思います。




とまあ、こんな感じで。
システム面やメインの文章はわりと厳しめ、ただグラフィックやキャラクターはピカイチのけっこう尖った一作でした。それでも狂ったメルヘン世界やドライな関係が好きな方には強くオススメします。
追記にはネタバレ感想。



続きを読む

フリーゲーム「歌恋」感想

「それは天使の歌声か、悪魔の怨み歌か」
どちらにせよ人ではない前置き。



えー、今回はSUGAR STAR(sgst.x.fc2.com)さんところのフリーゲーム「歌恋」の感想をつらつらと書きます。
15禁で、実はこれ、すでに配布終了しています。DLしたまま放っていたのを今回改めてプレイしたので、公式ページが消えてしまい、攻略がさっぱり無くなっておりまして……少々いらぬ苦労をしてしまいました。
何にせよ、いつも以上に感想メインで書きますね。


ロード時に内部エラーが起こることや、オートモードが無いことを除けば、システムとしても特に問題なし。かなり昔に公開されていたことを考えれば、十分ではないかと。
キャラによって台詞の色が変わるので読み易かったです。

ストーリーとしては、共通ルートでセフレができるなど、色々とディープな部分が多いです。ルートによってはヤンデレ、というか、ホラーに近い描写もあります。うっかり濃厚BLや猟奇百合に迷い込むこともあります。いやあ楽しいね。
シリアスなカオスを堪能しました。


さてでは、キャラクターと各√エンドについて。
うっすらとネタバレが透けているかもしれないので、一応ご注意ください。







・双葉雛

同作者様の別ゲームにゲストキャラで出ていたので、存在だけは知ってました。
気が強いけど実は、みたいな幼馴染妹キャラ。
窓伝いに部屋へはいりこむって二次元幼馴染ではよく見るシチュですけど、すごく良いですよね。内弁慶を装って、閉鎖的な想いを抱いているのがまたいじらしいです。欲を言うならもうちょっとその辺りを広げて書いてほしかったかなー。



・双葉恋

大人しい系。彼女のことについては早い段階から察してしまいましたので、意外性はなかったものの、良き狂気キャラとして活躍してくれました。



・三郷芹

なかなかルートに入れず、5回はやり直しました。入れた時、喜びのあまり妙な奇声を発してしまいました。
同学年ではあるけど、お姉さん系。
ヘビーな過去を持っていますが、鬱展開好きとしてはこれがまた萌えました。
うん、シナリオでは一番好きかな。終わり方が意外とすっきりでした。



・カズ

はい、カズです。
彼は一応いますが、実質フラグ無しエンドみたいなもんでした。
芹√の時の台詞が良かったなあ。可哀そうなモノとしてしか扱ってやれない、みたいな。あれがすごく印象に残ってます。



・相川凪

こちらも別ゲーのゲストキャラとして存在だけは知っていたキャラ。
彼のルートに入ると主人公のキャラが急変しますね。面白いけど。
言葉責めや羞恥ありの、えっちな√です。
しかしこの作者様の初期のゲームはショタ=エロ担当ですねぇ。




とまあ、こんな感じ。
わりとさくっとプレイできるわりに、内容はがっつり重くて、大変楽しめました。
私のように苦労した人のために、追記に軽い攻略メモをのせて置きますね。
とはいえ新規の方は、配布終了中なので諦めてください……すいません。







同作者様の他のフリーゲーム感想記事↓
「箱の中のネコ」(mblg.tv
「ERR.」(mblg.tv
「悪魔の花嫁」(mblg.tv
「フルムーン・プリンセス」(mblg.tv
「レグルスの箱庭」(mblg.tv
「歌恋」(mblg.tv
「MELTY HEAVEN」(mblg.tv
「ハーレムマスター」 (mblg.tv
「学園KING鈴木」(mblg.tv
「学園女神」(mblg.tv) 


続きを読む
前の記事へ 次の記事へ
ブログ検索
本棚