スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

フリーゲーム「円環の柩―閉ざされた館と想いのゆくえ―」感想

「隣人の悪意こそ盲目になりやすい」
懐に入れたら終わりな前置き。



えー、今回は*polish*(polish.sakura.ne.jp)さんところのフリーゲーム「円環の柩―閉ざされた館と想いのゆくえ―」(polish.sakura.ne.jp)の感想をつらつら書きますね。例のごとく一部レビューっぽいかも。
フリー版は15禁、シェア版で18禁verが公開されています。乙女+ミステリーなADVです。
ファンタジーと嵐の山荘が混ざった感じ、かなー。冒険者ギルドとかのワードにピンとくるならオススメです。



見どころとしては、



・豊富なエンド数
エンドの数は20以上。中には鬱展開もあります。いかがですか同志の皆さん!私が好きなのはEND17とEND20です。あの悲惨さがもう、ね。心からの悪者がいない、だからこそ――という私が大好きなタイプの鬱展開が多くてたまりません!
勿論恋愛エンドやハッピーエンドもありますのでそっちが好きな方もご安心を。


・美麗なスチル、立ち絵
グラフィックはとても綺麗、少女漫画ちっくな画風なので馴染める人も多いのではないでしょうか。立ち絵も、ポーズが二種類あって表情がくるくる変わってくれます。ヒロインの見た目が一番好みですねぇ。


・腕試しできるミステリー要素
ミステリーは推理せず最後まで読んでからなるほどーと思う私ですが、この作品の推理レベルはちょうどよくて、良い感じに頭をひねりつつプレイできました!「 やったー当たってたー!」という喜びもひとしおです。
別段攻略がなくてもわかるレベル……でもうっかり思い込むと難しいかも? まあ最悪、選択肢総当たりでいけますしね!
色々なルートを経るごとに攻略キャラによって明かされる真相や伏線の一部がまとまっていくのも楽しかったです。





惜しいなあと思うのは、



・スキップの確認
スキップ時には丁寧に確認ウィンドウが出ます。とはいえ、スキップはきちんと未読で止まってくれるので、この要素は逆に手間が増えるだけだなーと。


・キャラを入れ替えただけのエンド
台詞や展開は一緒、キャラと口調を入れ替えただけという展開が目につきました。いや、これはキャラ別エンドでよくあることだし別に良いんですが、その特定キャラの一言のために1シーン分既読スキップが使えないというのがどうにも不便で……。
ハッピーにおけるセシルとアーヴィンの会話とかで特に思いました。こうなるとどうしても作業感があっちゃうんですよね……。
この辺り、シェア版だと性能が変わってるんでしょうかね? 乙女ゲーのえろはあまり得意じゃないため、フリー版だけしかプレイしてないので確認ができなかったり。
でも初見の方は誤解なきよう、こう感じたのはごく一部のエンドだけで、トゥルーもバッドもそのキャラだからこその展開が多いです。





とまあ、こんな感じで。
しっかりした物語も味わえる乙女ゲーをやってみたい方にオススメする一作でした!

フリーゲーム「Clime of Alice」感想

「そもそもこんな世界が狂ってる」
だから私は無実な前置き。



えー今回はNUKOBOU(nukobou.web.fc2.com)さんところのフリーゲーム「Clime of Alice」の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。
何故アリスは監獄に入れられたのか?という謎から始まるこの一作、雰囲気としては女性向けですが恋愛糖度は薄め。監獄内の狂った人達と謎の解決を楽しむゲームです。
コミックメーカー使用、そしてなんとびっくり7年前の一作! なにかと削除非公開されやすいフリーゲーム界で、何年たってもDLできるのはありがたいです。


というわけで、さっそく魅力的な点を。



・狂ったキャラが好きならプレイ!

アリスの名を冠しているだけあって、登場キャラクターはほとんどが狂人です。ヤンデレというよりキチデレです。この見事に話の通じない感じが原作らしくてたまりません。うはひっ!
まともそうに見えてやっぱりまともじゃなかったヤマネがお気に入り。彼はサイドストーリーでどっぷり惹かれてしまいました。



・絵柄(タッチ?)の異なるハイクオリティなグラフィック

立ち絵やスチルとエンドロールで絵柄が違っているんですが、どちらも私の好みでもうテンション上がりました! 背景も自作してらっしゃるようで、牢獄内の荒れている世界観がよく伝わってきます。自分の牢前のほんのりメルヘンな感じがなんか好き。
立ち絵、というかキャラグラフィックは登場人物全員についています。けっこう人数多いので、なおさら嬉しいです。狂人キャラには容赦なく変顔も搭載してあるのがまた面白かったですw
エンドロールの方は、なんというか、病んでる絵本?みたいな雰囲気です。イラストもさることながら、添えられている文章も童話風で、シニカルな言い回しが魅力的でした。バッドの未解決エンドでのエンドロールがすごく好きで、バッドエンドなのに得した気分になりました。回想で見直せるのも有難かったです! クリア後もつい見返してしまいました……w



・いくつかの謎と魅力的なサイドストーリー

本編ではアリスと白ウサギに関する謎をキーワードとして、ミステリ風を味わえます。妙な人達に聞きこみをしたり妙な証拠物を見つけたり。本格的に推理等をするわけではないのであくまでミステリ“風”ではありますが、それでも十分楽しめました。
そして、クリア後のお楽しみサイドストーリー。このうちの3人話がすっごくお気に入りです! 詳しいネタバレ感想は追記に畳んでおきますね。



・自作BGM
起動画面で流れるあの曲が特に耳に残ります。





残念な点としては、





・システム周りが非常に不便

7年前の作品なので、仕方ないことではあるんですが……。
既読スキップがオートくらいの速度、自動送り・バックログ・文章でのエンド回想が無い、ホイール回転での読み進み不可、ときどき強制的に文章がオート・スキップされるなどなど、システム面はけっこう不便です。プレイする時はこの辺りを覚悟したうえで、のんびり進めていくのが良いかなと思います。



・淡々とした文章

状況把握さえできればいい人向け。少なくとも美文名文や感情移入には期待しない方が良いです。単語だけ変えて同じ描写を何度かするところがあって、繰り返しで強調したかったのかもしれないけど、その辺りだけ浮いててくどいなーと感じました。
また、選択肢によっては一度会ったことのあるキャラに初対面のような表現をすることもあって、微妙に違和感があります。
ただ、前述の通り、サイドストーリーやエンドロールの文章はとても好みでした。なので、これからプレイしようと考えてる方がもしいらっしゃったら、試しに一つどれかのエンドに到達するまで頑張ってみて欲しいです。



・やや攻略難易度高め

基本的に特定のキャラをストーキングする流れはまあ他の女性向けゲー同様なんですが、キャラ名ではなく仕草が選択肢になっているので、各キャラの癖を把握するまでは苦労するかも。ただ、これに関しては攻略サイトもあるので、自力攻略に拘らない限りは大丈夫だと思います。




とまあ、こんな感じで。
システム面やメインの文章はわりと厳しめ、ただグラフィックやキャラクターはピカイチのけっこう尖った一作でした。それでも狂ったメルヘン世界やドライな関係が好きな方には強くオススメします。
追記にはネタバレ感想。



続きを読む
前の記事へ 次の記事へ
ブログ検索
本棚