フリーゲーム「かたわ少女」感想

「第一印象は見た目が9割」
話す前からエスパーにはなれない前置き。



えー、今回は、Four Leaf Studiosさんところのフリーゲーム「かたわ少女」(www.katawa-shoujo.com)の感想をつらつら書きますね。数年ほど前から日本語翻訳チームが結成されていたのですが、このたび、ようやく日本語版が完成しました!やったー!というわけで満を持してプレイしました。
概要としては、男性向けのR-18シーンありなギャルゲー。設定でエロ要素をカットできるのでとりあえずギャルゲーということで。何よりの特徴が、攻略対象が全員特別学級の子……要は障害者であるという点です。
不謹慎だと言われて開発中止になるんじゃ、とハラハラ見守っていたのですが、なんてことはなくこうして完成してくれてほっと一安心。
なお、タイトルに「かたわ」という用語が入っていますが、もちろん差別的な意図はありません。まあ、リアルと混同する人はそういないと思いますが……こればかりは過敏な方もいらっしゃるかもしれないので、詳しいスタンスなど気になる方は公式サイトをご覧ください。



前置き長くなったー!
というわけでさっそく魅力的な点をば。



・キャラクターの未来に焦点を当てるストーリー

障害とくると、お説教とか差別がどうとかいやいや逆差別だとか、どうにも本筋が障害ばかりにいってしまいがちなイメージがあったのですが。
こういった面を強調しすぎず、あくまで主役は攻略対象と主人公、そのキャラクターに注目しているのがすごく良かったです! 全体的に、障害をどう乗り越えるかより、むしろ彼らの未来はどうなるのかに主眼が置いてあったような印象を受けました。産まれた時から…な子もいるわけで、それこそ高校生ならもうハンデがどうのな話題は今さらな感じになるのかも。もちろん、トラウマと向き合ってどうこうするルートもあるんですけどね。
お話としても、恋心の揺れ動きとかラブコメとかよりは、二人の将来・これからについて話す展開の方が多かったように思いました。



・豊富なグラフィック
とにかく立ち絵の種類が豊富です。立ち絵の無いキャラなんていないんじゃないかってくらい、ぽっと出のサブキャラにもばっちり立ち絵がついてます。スチルはいわずもがな。
章ごとに出てくるカットインが、その章の内容を想起させるものが多くて素敵でした。華子の目隠しのが好きだなあ。だんだん溜まっていくのもやりがいがあって良かったです。
何よりびっくりしたのはムービー。それぞれのルートのオープニングみたいで、キャラによってかなり印象の違う映像になっていました。
トゥルーのエンドロールで流れてた映像は、キャラの初期案とか構想案なのかな? できればあれもまとめてみたかった!でもトゥルーのご褒美と考えれば嬉しかったです。



・あらゆる面に行きとどいたシステム

スキップなどの基本システムはもちろんのこと、データ削除や流れているBGM名の表示、18禁シーンのオンオフ切り替えなど、かなり色々な面で行きとどいている一作でした。中でも、シナリオの全てを細かく回想できるのはとてもありがたかったですねぇ。
バックログだけはちょっと見づらかったかなあ。
でも、スクロールでログを見た時に立ち絵も再現されるのは素晴らしかったです。すげー!





とまあ、こんな感じで。
追記ではがっっっつりネタバレ込みの各ルート感想です。
既プレイの方は右下よりどうぞ。
続きを読む

フリーゲーム「ダンス・マカブル」感想

「神は常に光を背負って立つ」
バックライト完備な前置き。



えー、今回は小麦畑(wheat.x0.to)さんところのフリーゲーム「ダンス・マカブル」(wheat.x0.to)の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。

もはやフリゲー界の大御所と言っても過言ではないくらいの作者様の新作ということで、膨れ上がる期待をさらに上回ってくれる素晴らしい一作でした!すごく好き!
ということで、軽い紹介から。探索・考察メインの短編ホラーゲームです。同じ作者さんの「マヨヒガ」「オシチヤ」が和製妖怪民話ホラーっぽかったのに対して、この「ダンス・マカブル」は西洋、キリスト神話ホラーな感じだと感じました。事前にペストとかの知識があるとさらに楽しめるかも?




ではさっそく見どころをば。



・考察好きにはたまらないギミック

前述の通り、ペスト・キリストなどを根幹に据えて、随所にそれらのモチーフがちりばめられています。マップやギミック、操作説明まで余すところなく凝っているのがもうたまらない。ここまで見事に全ての要素に意味があるホラゲーには初めて出会ったような気がします。
ダメージというか、狂気に触れるとじわじわ追い詰められるシステムになっているんですが……単にHP表示が消えるだけでなく、画面背景に影響が出るのもまた良い具合に危機感を煽られます。



・救済と恐怖の入り混じるストーリー

起動時の聖書(?)の一節を見た時にもぞくぞくっときたのですが、こう、幽霊怨念びっくり的なホラーではなくて、荘厳な神に対する畏敬に近い恐怖が味わえるゲームだったなーと思いました。
ゲームの全体像が見えない間は、得体の知れない恐怖がホラーとして良い味を出してくれますし、真相に感づいた後はこれまた、気づいてしまった恐怖が訪れます。隙をみせぬ二段構えです。
それこそ聖句みたいに何度も見返したくなるような台詞が終盤に多く出てくるのもお気に入りでした。
詳しい考察などは右下追記にて。プレイしながら色々と考えたくなる一作でした。



・ぬるぬる動くドットと立ち絵

グラフィック面のクオリティも驚くほど高いです。
まず立ち絵が動く。瞬き口パクだけじゃなく、全体的に。うごイラみたいな感じと言えば伝わりやすいでしょうか。序盤で驚くアルエットに私も驚きました、はい。
んでもってドットもやっぱり動く。起き上がる動作がすごく自然で、これまたびっくりしました。
マップのギミックや、さりげない文字列などなど、視覚的にも楽しめて考察も深まる面白みがあります。



・かゆい所に手の届くシステム

何度かクリアすると、現状でそれぞれのエンドに行けるかどうかの可否がセーブロード画面から見られるようになります。また、おまけ画面で立ち絵や動きの確認もできるほか、回想も見られます。さらに、苦手な方は鬼ごっこイベントを回避することもできます。
とにかくアクション要素が苦手な私としては、鬼ごっこ回避がありがたかったですねぇ。
グラフィックもかなりクオリティが高いので、全クリした後はひたすら舐めるように回想を弄ってました。「はっ」の立ち絵が好みです。



・雰囲気に会ったBGMとSE

元々、lilliumとかクラシックとかその手の曲も好きなので、好みドツボの選曲が多くて嬉しかったです。エンドロールの曲は思わず必読ファイルから探して聞きに行ってしまいました。
??のイベントは曲の不気味さも相まってぞくぞくと。アルエットの曲は耳から離れません。アイテム手に入れた時の祝福みたいなSEも好きです。





さて、実はこの作品、商業からの依頼を受けて製作したものだそうで。やっぱフリーホラゲーは熱があるんですねぇ。
そんな経緯があっても、この作品は流行りに身を委ねるんじゃなくて、がっつり個性的な色をつけて作られていたのがすごくお気に入りです。少年×少女や人外×少女も流行りの傾向ではあるんですが、べたべたせずにあくまでキャラクターが役割に徹していたのが好ポイント。
つまるところやっぱり、必要十分を見事に満たしていて、あらゆる要素が完璧にまとまっている作品だなあってことを思いました。完成度たけぇ!



気になったらとにかくDLしてみてください!と声を大にしたくなる一作でした。
追記からはネタバレ感想などが始まりますので、未プレイの方はご注意ください。既プレイの方のみ、右下追記よりどうぞ。
続きを読む

フリーゲーム「Reset→Move」感想

「当方メビウスの輪をマラソン中」
そろそろ休みたい前置き。



えー、今回はoffoffo(offoffo.tumblr.com)さんところのフリーゲーム「Reset→Move」(offoffo.tumblr.com)の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。
全クリまで1時間かからないくらいの短編で、サスペンス風だったりヤンデレだったりする私好みの一作でした。というわけでさっそく魅力的な点から。



・ぎょっとするサスペンス風ストーリー

初めは不穏なところがありつつもほんのりとときめきのある登下校を楽しめます。が。
物語は淡々と、それこそ予定調和のごとく進むのですが、だからこそプレイヤーとしての私はぞくぞくしました。メタ視点だからこそわかる恐怖。
色々と解釈を考えていきたいところもあるので、詳しくは追記にて。
口説かれゲーとの紹介だけあって、攻略対象の台詞は糖度高めです。特に倫太君の、間をたっぷりおく独特の会話がツボでした。



・よく動くグラフィック

画面上下がスクロールする演出といい、起動画面といい、キャラの立ち絵といい、色々とよく動きます。こういう動きがあると一本道ノベルでもかなりゲームしてる感が出ていいですよねぇ。
特に立ち絵は、クオリティ高いのもさることながら、表情パターンが多く口パクも搭載済みです。常に見つめ合う形でゲームが進むのも相まって、つい台詞ごとに手を止めて表情をじっくり確認してから読み進めるというちょっとはたから見ていて怪しい感じのやり方をしてしまいましたw
やっぱりどちらも照れ顔の立ち絵が好みです。普段はシナリオを読み返したくて再プレイすることが多いのですが、この作品に関しては立ち絵見たさでプレイするかもしれません。



・あとがき
ラスト一文が一番怖かったです。好きです。




とまあ、こんな感じで。
とっつきやすい短編ですし、ヤンデレ好きさんは是非プレイしてみてください。
一通りクリアし終わって、後書きを読み終った方は、再度はじめからを選ぶことを強くオススメします。私は良い意味で鳥肌が立ちました!


ネタバレ込みの解釈感想は追記にて。
続きを読む

フリーゲーム「マイ・メリーバッドエンディング」感想

「心優しい子どもたちには暖かな物語を」
醜い大人は言わずもがなな前置き。



えー、今回は、mnok.(monookigawari.x.fc2.com)さんところのフリーゲーム「マイ・メリーバッドエンディング」の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。
ちょっとメリバとはなんぞやとセルフ物議を起こしそうになったので補足をしておきます。巷でよく聞くメリーバッドエンド(メリバ)はどうやら、「第三者から見るとバッドだが当人達は幸せ」というものらしいです。ヤンデレ心中エンドとかヤンデレ同士の監禁エンドとか。ヤンデレばっかだ。好きだからしょうがない。それに比べてこの作品の意図するメリバは、両者ではなくヒロインにとってのみ喜ばしい感じも含むので、共依存とかお求めの方はちょっと外れるかもしれません。
ネット語の定義って難しいですねぇ。
とりあえずバッドエンド好きな自分としては問題なく、というかむしろ美味しいシチュエーションばかりでどきどきしながらプレイさせて頂きました。

さて、以下で特徴的だったところなど。ぼかしているつもりですが、察しの良い方はネタバレ注意です。




・ストーリー

おとぎ話の登場人物という発想はよくあると思うんですが、そこからの設定や世界観が新鮮でした。ここ深めたらかなりの長編もの作れるのでは…!? こういう独特の設定って創作欲が掻き立てられて楽しいです。欲を言うなら続編長編が欲しい気もしますがかなりまとまりよく仕上がっている作品なのでこれはこれでおしまいの方が良い気もして!ってぐらい楽しめました。
バッドエンドを目指すお話なので、エンドとしては悲惨でも心情描写は喜びにあふれています。そういう意味では明るい、かも…? 短編でありながら、おとぎ話にかかせないバッドエンドを網羅していて素晴らしかったです。




・キャラクター

何よりもまずヒロインに強く感情移入できました。やはりバッドエンドにはこだわりがなくては! 露悪になりすぎない調節も上手です。キャラデザも可愛くて、彼らの恰好がお話によって変わるという設定にもこれまたわくわくさせられました。
先に攻略したのは狼さんだったんですが、これまたなんともこう、意味深な方の可愛がりたさがあってたまらんでした。本能って良い響きですね…!
王子様はヒロインと波長があいそうで、お似合いカップル(ただし危険)な雰囲気だったと思います。ひらがな混じりの話しかたが印象的でした。癖になります。
クリアしてどっちかというと、もう本当に接戦なんですが、やっぱ王子がより好みかなーなんて。




・グラフィック

とにかくクオリティが高い!メルヘン綺麗な雰囲気に惚れぼれです。
初めは王子様の目の危なさにどきっとしたのですが、彼の人となりがわかるとなるほど納得でした。
どのキャラもデザインが良くて可愛い&かっこいいです。あとがきにあった細かい裏設定を読むとさらに魅力が増しますねぇ。鍵の設定には、もう、やられました!
スチルもどきっとするものが多くて、俗に言う鬱くしい雰囲気です。お気に入りは王子が妥協するスチル……で、既プレイの方は通じるかな? あれです。気になる人は是非プレイをどうぞ。





プレイ後は是非ともアンケート結果ページを見て頂きたい……!あとがきのボリュームを超える細かな設定や作者様の思い入れが読めてとってもお得です。残念ながら私はアンケート期間中にクリアできなかったので参加はできませんでしたが……一番のお気に入りはりんご味のエンドです。姫が淡々と内省しているあたりというか、脚本家のこだわりっぷりがたまりませんでした。




とまあ、こんな感じで。
悲恋好きバッド好きはプレイして損無し!是非ともどうぞ!

フリーゲーム「3人目のレーゾンデートル」感想

「貴方は何を達成したのか」
躍らせれていただけではな前置き。



えー、今回はゆうあかり(sunset77light.rdy.jp)さんところのフリーゲーム「3人目のレーゾンデートル」の感想をつらつら書きますね。
エイプリル恒例の悲惨さたっぷりなシリーズ、第5弾です。ニッチな萌えを思う存分供給して頂いている身としては有難い話ですねぇ。


・世界設定など

軍人設定ではありますが、小難しい組織系統などは削って、シンプルにとっつきやすい短編仕様になっています。この辺りのわかりやすさは短編に必要だよなー、なんて。モブキャラとメインキャラの違いがわかりやすいのも助かりました。いかんせん私は人の名前を覚えるのが苦手なのでw


・キャラクター

腹黒しかいません。やったね! 狐と狸の化かし合いみたいな、裏でギスギスしている関係が好きな方は特に合うと思います。愛憎好きにもおすすめです。
ルネを攻略しているとデレる度合いが高まるにつき口調がうきうき幼い感じになっていくのが面白かったです。三十路間近おいこら!w


・BGMやデザインなど

起動画面の重々しい感じがまさにこの作品の内容を体現していて実に良かったです。ゆうあかり作品はいつも色合いが素敵だなあと思っているんですが、今作も同様、色遣いがお洒落で印象的でした。シンプルなメッセージウィンドウもほんのりぼやかしてあるのが好きだなあ。



・鬱展開の発想

この発想はなかった、というとんでもなことをさらっとしでかしてくれます。驚きの展開も書きたいけどネタバレになるのでプレイしてご確認ください。





とまあ、こんな感じで。
安心と安定のゆうあかり作品でした!








追記ではネタバレ込みでエンドに関することをつらつらと。





続きを読む
前の記事へ 次の記事へ
ブログ検索
本棚