スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

フリーゲーム「キスキル・リラ -くちづけは夢の終わりで-」感想

「恋心でもなく、喜びでもなく」
初期設定が秀逸だと思う前置き。



えー、今回はplus pure(www.geocities.jp)さんところのフリーゲーム「キスキル・リラ -くちづけは夢の終わりで-」(www.geocities.jp)の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。
場所を選択して攻略キャラの元へ通うタイプの乙女ゲーム。暗めのバッドエンドもあり、甘々のハッピーエンドもあり、依存あり殺伐ありの素敵な作品です。
結論から書くと、とっても好みな作品でした!
さっそく魅力的なところを挙げると、




・キャラクター

まずヒロインからして個性的です。表向きは良い子ちゃん、しかし心の中ではしっかり“悪魔”してる彼女のぶっちゃけっぷりがツボで、もう、たまりませんね!
普段乙女ゲーをするときは、一歩引いた視点と言うか、あんまりヒロインには感情移入できないまま進めることが多かったんですが……この作品は大いに頷くことばかり。建前と本音のギャップに笑ったり、甘いシーンではどきどきしたり、乙女らしさを思う存分楽しめた気がします。
攻略キャラクターについては、もう、語りきれないくらいなので、詳しくは追記に畳んでおきます。ネタバレ全開なので注意してくださいね。興味がある方は右下のボタンからどうぞ。



・描写が丁寧で読みやすいテキスト

ノベルゲーでもちろん重視されるのはテキストだと思うのですが、この作品はまさに最高の出来でした!
ファンタジーものって大抵、似非日本みたいな、曖昧な世界観で進むことが多いと思うんですよね。それがこの作品だときっちりしてるんですよ! ベッドに入る時靴を脱いだり、日本人キャラクターのお辞儀に異国人のキャラクターが戸惑ったり。あと、公式サイトにあるようにヒロインは怪我をしているんですが、ヒロインの動作がきちんと怪我に繋がっていて、気遣う描写や日に日に治る描写などをしっかり入れてくれています。うっかり忘れちゃったり外国キャラを日本感覚で書いちゃう文字書きさんはけっこう多いので、そんな中きちんとしていて感動モノでした。
作中明言されることはなかったけど、たぶんキャラクターごとに出身地を設定してるんじゃないかな。乙女ゲーの描写ってやっぱり心理描写が一番注目されるだろうけど、それだけじゃなくて、細かいところまで行きとどいた丁寧さを感じるシナリオでした。
もちろん、ときめく台詞や身につまされる心理描写もたっぷりなので、そちらにも是非期待してみて下さいね!



・綺麗なスチルと表情豊かな立ち絵

もちろん、ビジュアル面もクオリティが高いです。
まず、立ち絵の表情が豊か。サブキャラを合わせるとかなりたくさんの人が出てくるんですが、そのほとんど全員に立ち絵がついています。かなりの豪華仕様!
それからスチルですね。決めどころにバシッとスチルが出てくれるので気分も盛り上がります。綺麗な一枚絵のおかげで攻略中のキャラに惚れ直すこともしばしば……。
特徴を押さえたデフォルメキャラも可愛いです。某女の子キャラの幸せそーなふにゃっとした顔がたまりません。



・コンプしたくなるおまけ画面

あんまり詳しくは書けませんが、おまけページには嬉しい仕掛けがあって、コンプ欲がかなりそそられます。攻略ヒントもあるので、好きキャラのエンディングに辿りつけないってことはまず無いかと。しっかりクリアするとベストエンドに関係するSSも見れて、とってもにやにやできます。
私は完成して初めて知ったので体験版は触れていなかったのですが、体験版EDも見れるので興味ある方はぜひぜひ。途中まではもちろん本編と一緒ですが、そのキャラらしい会話がちらっと見れますよ〜。




とまあ、こんな感じで。
システム面もかゆい所に手が届く便利な仕様で、シーン回想もばっちり。
あえて言うなら、ギャグやバトルのBGMがちょっと激しすぎたり長すぎたりして合わないところがあったかな……? でも曲自体は良い素材なので、本当にあえて言うなら、ってくらいです。

公式サイトを見てちょっとでも気になったなら、是非プレイして欲しい!
クオリティがかなり高く、ボリュームもたっぷりな、ときめく乙女ゲーでした!



同作者様の他フリーゲーム感想記事↓
キスキル・リラ -winter season-」(mblg.tv
続きを読む

フリーゲーム「おとぎの国のねことうさぎ」感想

「メだけあってる」
ルヘンとタリックな前置き。



えー、今回は、Alice,LightswornDoll(www5e.biglobe.ne.jp)さんところのフリーゲーム「おとぎの国のねことうさぎ」(angelrenne.webcrow.jp)の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。

オリジナルのバトルシステムが注目どころのRPG。どうぶつがいっぱい出てくるので、ケモ好きさんにも嬉しい感じじゃないかと。一通りのクリアは2時間強くらいかかるかな。他、タイムアタックやクリアレコードの要素を突き詰めたいならなかなかじっくり遊べるゲームだと思います。

というわけで、さっそく見どころをば。




・オリジナルバトルシステム

アクティブタイムバトルが第一の特徴。FFっぽい感じって言ったら伝わるかなあ。リアルタイムでゲージが溜まって、その順番で攻撃できるあれです。ゲージを消費しながら戦うので、技の使い分けが重要になってきます。
ブーストシステムが第二の特徴。ボス戦でブーストして畳みかけるの楽しいです。
タイミングよくボタンを押すことでダメージが抑えられたり、コンボを繋げたりできるのも魅力の一つ。このおかげで非常にテンポの良いバトルが楽しめます。
かく言う自分はバトルシステムに終章辺りでようやく慣れたんですけどね、あはは……。いやでも、チュートリアルは丁寧なんですよ。それに、よくわからなくってもイージーモードなら安定して進めます!邪道でごめんなさい!最大コンボ数は5でした!




・難易度、音量調整

まずは音量調整。これ、ひっじょうにナイスなシステムです!ありがたいありがたい。
ツクールゲーは、イヤホンでやってるとPC音量最小にしても耳に痛いことが多いんですよね……なので、BGMもSEも調整できて本当助かりました。
あと、難易度調整。堂々とイージーモードでクリアしました。コアな方用にハードモードも用意されているので、ゲーム得意って方もご安心です。



・メルヘンと見せかけてグロダークな展開

これ書いちゃうとネタバレになるんじゃないかと不安なのですが……ふりーむのサンプル画像にも出てるから良いかなってことで。はい。グロです。鬱展開っていうか、エグイ感じです。やるせないと言うよりエグイ感じです。伝わってこの細やかな違い。
まあこういうわけで、メルヘンを求めている人にはオススメしません。本当は怖いグリム童話的なメルヘンダークでもありません。タイトルこそおとぎ話ですが。こう、堕天使的なダークさではなく秘密機関の陰謀的なダークさです。なんだかゲシュタルト崩壊してきた。
あんまり性別で区別するのよくないかなあと思うんですが、なんていうか、男の人が好きそうな感じだなーと思います。クール系主人公・仇敵・ヒロインがいて、覚醒シーンがあって、みたいな王道どころもしっかり押さえてますし! 熱い展開が好きって方も、楽しめるんじゃないでしょうか。
テーマがはっきりしていて、開発室でははっとさせられました。ブレずに最後まで一貫している物語だなーと思います。



・趣味の人は嬉しいドット絵

衝撃的な展開のところのドット絵に驚きました。あれは自作なのかな、素材なのかな。何にせよ、文章のみならずドット絵まで凝っていると臨場感があって良いですね。はい。





あえて注意が必要なのは、わりと負けイベントがあることかな……。すぐにやられるのでそこまで気にしなくていいとは思うんですけど、焦ってリセットしないようにだけご注意を。

とまあ、こんな感じで。
力の入ったバトルを楽しみたい方、上記のダーク展開にピンと来た方は試しにDLしてみてはいかがでしょう。
前の記事へ 次の記事へ
ブログ検索
本棚