フリーゲーム「キスキル・リラ -くちづけは夢の終わりで-」感想

「恋心でもなく、喜びでもなく」
初期設定が秀逸だと思う前置き。



えー、今回はplus pure(www.geocities.jp)さんところのフリーゲーム「キスキル・リラ -くちづけは夢の終わりで-」(www.geocities.jp)の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。
場所を選択して攻略キャラの元へ通うタイプの乙女ゲーム。暗めのバッドエンドもあり、甘々のハッピーエンドもあり、依存あり殺伐ありの素敵な作品です。
結論から書くと、とっても好みな作品でした!
さっそく魅力的なところを挙げると、




・キャラクター

まずヒロインからして個性的です。表向きは良い子ちゃん、しかし心の中ではしっかり“悪魔”してる彼女のぶっちゃけっぷりがツボで、もう、たまりませんね!
普段乙女ゲーをするときは、一歩引いた視点と言うか、あんまりヒロインには感情移入できないまま進めることが多かったんですが……この作品は大いに頷くことばかり。建前と本音のギャップに笑ったり、甘いシーンではどきどきしたり、乙女らしさを思う存分楽しめた気がします。
攻略キャラクターについては、もう、語りきれないくらいなので、詳しくは追記に畳んでおきます。ネタバレ全開なので注意してくださいね。興味がある方は右下のボタンからどうぞ。



・描写が丁寧で読みやすいテキスト

ノベルゲーでもちろん重視されるのはテキストだと思うのですが、この作品はまさに最高の出来でした!
ファンタジーものって大抵、似非日本みたいな、曖昧な世界観で進むことが多いと思うんですよね。それがこの作品だときっちりしてるんですよ! ベッドに入る時靴を脱いだり、日本人キャラクターのお辞儀に異国人のキャラクターが戸惑ったり。あと、公式サイトにあるようにヒロインは怪我をしているんですが、ヒロインの動作がきちんと怪我に繋がっていて、気遣う描写や日に日に治る描写などをしっかり入れてくれています。うっかり忘れちゃったり外国キャラを日本感覚で書いちゃう文字書きさんはけっこう多いので、そんな中きちんとしていて感動モノでした。
作中明言されることはなかったけど、たぶんキャラクターごとに出身地を設定してるんじゃないかな。乙女ゲーの描写ってやっぱり心理描写が一番注目されるだろうけど、それだけじゃなくて、細かいところまで行きとどいた丁寧さを感じるシナリオでした。
もちろん、ときめく台詞や身につまされる心理描写もたっぷりなので、そちらにも是非期待してみて下さいね!



・綺麗なスチルと表情豊かな立ち絵

もちろん、ビジュアル面もクオリティが高いです。
まず、立ち絵の表情が豊か。サブキャラを合わせるとかなりたくさんの人が出てくるんですが、そのほとんど全員に立ち絵がついています。かなりの豪華仕様!
それからスチルですね。決めどころにバシッとスチルが出てくれるので気分も盛り上がります。綺麗な一枚絵のおかげで攻略中のキャラに惚れ直すこともしばしば……。
特徴を押さえたデフォルメキャラも可愛いです。某女の子キャラの幸せそーなふにゃっとした顔がたまりません。



・コンプしたくなるおまけ画面

あんまり詳しくは書けませんが、おまけページには嬉しい仕掛けがあって、コンプ欲がかなりそそられます。攻略ヒントもあるので、好きキャラのエンディングに辿りつけないってことはまず無いかと。しっかりクリアするとベストエンドに関係するSSも見れて、とってもにやにやできます。
私は完成して初めて知ったので体験版は触れていなかったのですが、体験版EDも見れるので興味ある方はぜひぜひ。途中まではもちろん本編と一緒ですが、そのキャラらしい会話がちらっと見れますよ〜。




とまあ、こんな感じで。
システム面もかゆい所に手が届く便利な仕様で、シーン回想もばっちり。
あえて言うなら、ギャグやバトルのBGMがちょっと激しすぎたり長すぎたりして合わないところがあったかな……? でも曲自体は良い素材なので、本当にあえて言うなら、ってくらいです。

公式サイトを見てちょっとでも気になったなら、是非プレイして欲しい!
クオリティがかなり高く、ボリュームもたっぷりな、ときめく乙女ゲーでした!



同作者様の他フリーゲーム感想記事↓
キスキル・リラ -winter season-」(mblg.tv
続きを読む

フリーゲーム「ソラドウト」感想

「何も言わなくても君はわかるって信じてる」
言葉ほど不安定なものはない前置き。



えー、今回はほーむorあうぇい(homeaway.pya.jp)さんところのフリーゲーム「ソラドウト」(homeaway.pya.jp)の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。

ウディタ製の廃墟探索ゲー。スムーズに進めば1時間とのことでしたが、けっこううろちょろしたので1時間半くらいかかりました。



・黙して語る雰囲気ゲー

空飛ぶ島のあちこちにある石板や、ふっと現れては消える女性など、意味深なものが多めです。この島に何があったのか、主人公は何のためにここにきたのか、細かく詳しい解説はされません。だからこそ、こうだったのかなーと考察したり想像したりするのが楽しいんですよね。
色々考えたことは追記に畳んでおきますね。



・どこかもの寂しい雰囲気

朽ちた建物、ちらほら咲く草花、神々しい像、幻想的な言い回しの石板ときらきら光るマホウ。ほとんどがこれらの要素で出来上がっていて、決して青一色ではないのに、どことなく切ない雰囲気でいっぱいになります。
マップが大きく変化する仕掛けもあって、それを堪能するために意味なくふらふら遠くまで行ったり来たりすることも。あの世界を歩き尽くした気がしました。
BGMもぴったりで、ごぅ、と吹く風もなんとなく耳に残っていたり。



・頭をちょこっとひねれば解ける謎解き

うん?と立ち止まることはあっても詰むことはなかったかなーと思います。作中にヒントがあることも多かったし、仮にヒントはなくても怪しげなところを弄ってれば解ける感じ。時間制限のイベントもないので、心ゆくまでまったりと謎解きが楽しめます。
ただ一か所うっかりってことで、「許されぬものもある」のところを思いっきり見逃してました。最後の最後で戻ってやっと発見。しかしこのヒントの一文、かっこいいしわかりやすいしで惚れますね。




とまあ、こんな感じで。
探索、廃墟、徘徊、考察メインなどなどにピンとくる方が特に合うんじゃないかなーと思います。



追記にはネタバレ込みで考察とか。
続きを読む

フリーゲーム「絶対的人狼」感想

「ブをヴと発音することに意味があるのだ」
意味は無い前置き。



えー、今回は、ステッパーズ・ストップさん(stst.cocot.jp)ところのフリーゲーム「絶対的人狼」(stst.cocot.jp)の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。

ぼっちのあなたでも人狼ゲームができるよ!といったコンセプトの一作。人狼ゲームについては「汝は人狼なりや?」で検索検索ゥ! 長期村のような推理考察がないので短期村、もっと言えば破たんを突く思考ゲームに近いかもしれません。
ちなみにプレイしたのはver1.03、セーブ無制限版です。前までのバージョンでは、セーブが3回のみと制限されていまして、それはそれでどこまで進めてどこでセーブするかというジレンマが楽しめたのですが。……初心者で脳筋な私には厳しかった。というわけで、バージョンアップしてようやくクリアできました。





・見事にシステム化された人狼ゲーム

COタイミングをプレイヤーが決められたり、処刑は多数決でなくプレイヤーの指示でできたりします。村の勝利はプレイヤーの手にかかっているのです。ぼっち用だから当たり前っちゃ当たり前かもしれないね。
COやキャラの役職、占い結果等々が見やすいのも助かります。制限時間も長めなので、少なくともタイムアウトはないんじゃないかと。



・毒っ気強めのキャラクター

主人公は「理論万歳」「馬鹿は消えろ」な性格です。すがすがしい。他にも機械的下僕や謎のぴよらっと、狼女(ウィッグ)、ヤンデレ娘などなど、すさまじいキャラクターがいっぱい。会う人はきっとすごく気にいることでしょう。私は案の定わかなが好きです。ヤンデレだし。



・鋭く小難しいストーリー

さて、上記のようなキャラクターが紡ぎ出すストーリーですからさぞかしカオスかと思いきや、後半戦にいくにつれてどんどんシリアスな展開になります。といっても、このゲームの独特な味は変わりません。なんとも絶妙、なんとも形容しがたい雰囲気です。たまりません。チェルシーの子ども時代のところが気に入ってます。
ENDがざくっとあれで終わるのも潔くて好きです。



・味のあるスチル

説明時の2等身役職達の可愛さと、麺類をすする勢いの良さが忘れられません。



よく私がやらかしたのは、絶対人狼を吊り忘れて、「ゲームが終わらない?まだ人狼いるの?」って感じに村人吊っちゃってゲームオーバーという愉快な事態でした。あっはっは。やっちまったんだぜ。
特殊役職があるのも新鮮で良かったですねぇ。


とまあ、こんな感じで。
論理的思考に興味がある方や、ちょっと毒っ気のある作品が気になっている方にオススメします。

フリーゲーム「おとぎの国のねことうさぎ」感想

「メだけあってる」
ルヘンとタリックな前置き。



えー、今回は、Alice,LightswornDoll(www5e.biglobe.ne.jp)さんところのフリーゲーム「おとぎの国のねことうさぎ」(angelrenne.webcrow.jp)の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。

オリジナルのバトルシステムが注目どころのRPG。どうぶつがいっぱい出てくるので、ケモ好きさんにも嬉しい感じじゃないかと。一通りのクリアは2時間強くらいかかるかな。他、タイムアタックやクリアレコードの要素を突き詰めたいならなかなかじっくり遊べるゲームだと思います。

というわけで、さっそく見どころをば。




・オリジナルバトルシステム

アクティブタイムバトルが第一の特徴。FFっぽい感じって言ったら伝わるかなあ。リアルタイムでゲージが溜まって、その順番で攻撃できるあれです。ゲージを消費しながら戦うので、技の使い分けが重要になってきます。
ブーストシステムが第二の特徴。ボス戦でブーストして畳みかけるの楽しいです。
タイミングよくボタンを押すことでダメージが抑えられたり、コンボを繋げたりできるのも魅力の一つ。このおかげで非常にテンポの良いバトルが楽しめます。
かく言う自分はバトルシステムに終章辺りでようやく慣れたんですけどね、あはは……。いやでも、チュートリアルは丁寧なんですよ。それに、よくわからなくってもイージーモードなら安定して進めます!邪道でごめんなさい!最大コンボ数は5でした!




・難易度、音量調整

まずは音量調整。これ、ひっじょうにナイスなシステムです!ありがたいありがたい。
ツクールゲーは、イヤホンでやってるとPC音量最小にしても耳に痛いことが多いんですよね……なので、BGMもSEも調整できて本当助かりました。
あと、難易度調整。堂々とイージーモードでクリアしました。コアな方用にハードモードも用意されているので、ゲーム得意って方もご安心です。



・メルヘンと見せかけてグロダークな展開

これ書いちゃうとネタバレになるんじゃないかと不安なのですが……ふりーむのサンプル画像にも出てるから良いかなってことで。はい。グロです。鬱展開っていうか、エグイ感じです。やるせないと言うよりエグイ感じです。伝わってこの細やかな違い。
まあこういうわけで、メルヘンを求めている人にはオススメしません。本当は怖いグリム童話的なメルヘンダークでもありません。タイトルこそおとぎ話ですが。こう、堕天使的なダークさではなく秘密機関の陰謀的なダークさです。なんだかゲシュタルト崩壊してきた。
あんまり性別で区別するのよくないかなあと思うんですが、なんていうか、男の人が好きそうな感じだなーと思います。クール系主人公・仇敵・ヒロインがいて、覚醒シーンがあって、みたいな王道どころもしっかり押さえてますし! 熱い展開が好きって方も、楽しめるんじゃないでしょうか。
テーマがはっきりしていて、開発室でははっとさせられました。ブレずに最後まで一貫している物語だなーと思います。



・趣味の人は嬉しいドット絵

衝撃的な展開のところのドット絵に驚きました。あれは自作なのかな、素材なのかな。何にせよ、文章のみならずドット絵まで凝っていると臨場感があって良いですね。はい。





あえて注意が必要なのは、わりと負けイベントがあることかな……。すぐにやられるのでそこまで気にしなくていいとは思うんですけど、焦ってリセットしないようにだけご注意を。

とまあ、こんな感じで。
力の入ったバトルを楽しみたい方、上記のダーク展開にピンと来た方は試しにDLしてみてはいかがでしょう。

フリーゲーム「肉食と草食」感想

「好き嫌いせずバランスよく食べましょう」
カロリーメイトに走る前置き。



えー、今回は、星屑工房(starchick.web.fc2.com)さんところのフリーゲーム「肉食と草食」(starchick.web.fc2.com)の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。
基本的に一本道のノベルゲーです。プレイ時間は1時間強くらい。公開後もおまけや立ち絵などを追加して何度かバージョンアップがされていたのですが、今回、ver1.5で一区切りついたようなので満を持してプレイしてみました。
ほんの数行程度ではありますが、女装・男の娘的な表現があります。苦手な方はご注意を。


というわけで、ネタバレをぼかしつつ感想をば。
察しの良い方やちょっとでもネタバレ嫌って方はお気を付けて。




・ストーリー

ルティの話、ツィリコの話、ヨハンの話、と順番にお話が解放されていくシステムになっています。
ルティの話は叙述トリックを見事に効かせてありましたねぇ。私も思いっきり騙されてしまいました。END2のギャグ展開も好きです。ただその、どうしても雰囲気が変わってしまうので、後回しで最後に読みたかったなあw
ツィリコの話は良い具合に反論になっているというか、ルティの気持ちもヨハンの気持ちも全肯定はせず、別視点の考えを見せてくれる展開だったので、シナリオ全体に深みが出たなあと感じます。
ヨハンの話はうぅん、正直好みではないです。ルティらしいとはいえあっさり許されすぎてる感とか、せっかく極悪に走ってたのに改心しちゃう辺りとか。でも、救いが欲しい・ハッピーエンドや前向きな展開が見たいという方には嬉しいかも。



・グラフィック

立ち絵、スチル共にクオリティ高いです。キャラクターデザインもおしゃれで可愛い。ヨハンの服装お気に入りです。可愛い系だけでなく、大人のキャラクターも描き分けられているのは特に好印象。サブキャラクターにも立ち絵多めで嬉しかったですねぇ。
初めは「二人とも女の子なのかな?」と思っていたのですが、まさかの男子でした。おおう。
一つ気になったのは、ウサギさん。彼(?)だけ擬人化されていないのが気になりはするんですが、立ち絵作成の大変さ等を考えると難しいところなのかもしれません。全体像のシルエットじゃなくて、耳部分だけとかにしたら違和感なくなるんじゃないかな―、なんて。
とりあえずニカちゃん超可愛いです。嫁にきてくれ。



・細かいお話の説明書き

物語選択画面で、プレイにかかる時間の目安やエンド数があらかじめ表示されています。特に時間表示はとても助かりました! 切りどころがわかっているとプレイする側としても余裕を持って話に没頭できるのでありがたいですねぇ。



・マウスホイール使用不可

マウスホイールでの読み進めができないのはちょっと不便でした。どうやらシナリオの読み飛ばしを避けるためらしいのですが……シナリオ回想もあるしそこまで気にしなくても良い気も。
とはいえ、オート機能があるので、普段からオートで全部読む方なら全然気にならないかと。





とまあ、こんな感じで。
擬人化、毒もほのぼのもあるストーリー、クオリティの高いグラフィックなどに惹かれる方へオススメします。
前の記事へ 次の記事へ
ブログ検索
本棚