スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

フリーゲーム「bury」感想

「わすれんぼうはあまえんぼう?」
程度が知れまくった前置き。



えー、今回は4段目の猫(4cat.michikusa.jp)さんところのフリーゲーム「bury」(4cat.michikusa.jp)の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。

探索謎解きメインのフリーホラーゲーム。コンプまでは攻略見つつで3時間弱くらいかかりました。逃げ要素もありますが、1・2回くらいだけですし、事前のセーブや回復もできるので、苦手な方もご安心。
なお、自分はver1.10でクリアしました。ネタバレはしないつもりで書いていますが、察しの良い方は一応ご注意。
というわけで、さっそく魅力的な点を。



・マザーグース好きにはたまらない謎解き

謎解きほぼ全てにマザーグースが絡んできます。マザーグースってのはまあ詩のシリーズみたいなもので……有名なのは駒鳥とかロンドン橋とかかな。知ってる詩が再現されていて嬉しかったり、知らない詩に出会えて興味がわいたり。この手のダークメルヘンな雰囲気が好きな自分にはとっても合う作品でした。
マザーグースを知らなくても謎解きヒントはちらほら出してもらえるので、悩みはしても詰むことはなかったかなと。あ、ただ、なぞなぞだけはわからなくてググりました……程度が知れた……。でもあの部屋で謎を解いた後、さくらんぼがぼてっと落ちてくるグラフィック好きです。



・キャラクターの反応がこまめに変わる

やっぱり探索を楽しくしてくれるのは、キャラやアイテムの反応がちまちま変わることだと思うんですよ! ほら、DQの勇者も小さなメダルがあるからこそ家探しに勤しむわけで。この手の探索ゲーだとキャラの反応を見たくてついつい関係ないところも探索してしまいます。
で、この作品。操作キャラや仲間の違いによって、こまめに反応が変わってくれます。おかげで楽しくうろうろすることができました!
同じ場所で文章がちょこっと変わるだけでも、ずいぶんそのキャラクターのらしさって演出できるんだなー、なんて。



・種類が多く可愛いドット

キャラドットがとにかく可愛い! しかも棒立ちってわけじゃなくて、イベントによってちょくちょく動いてくれます。歩くとココのリボンがゆらゆらするのも好き。
メインキャラだけでなく、サブキャラにも可愛い子がいっぱいいて和みました。おばけ可愛いよおばけ。あと、人形のお部屋がお気に入りです。お人形をだっこするココがまた可愛いんだな!
マップも淡い色合いで可愛らしく、庭園は華やかで綺麗にと、こだわりの自作っぷりでした。たぶんデフォルトの素材は使ってない、んじゃないのかなあ。おまけ部屋の賑やかっぷりが好きです。



・もの悲しいストーリー

ココ自身がおしゃべりしないタイプの主人公なので、物語は他のキャラクターの視点などを借りつつ淡々と進みます。ただ、だからこそホラーらしいもの悲しさが生まれている気がします……。
真相がこうだ!と語る探偵役はいません。けど、しっかり探索すればこの屋敷やココのことはすぐわかります。語り過ぎず、気づかせてくれるこの感じがたまりません。この辺りは触れすぎるとネタバレになっちゃうので、追記に畳んでおきますね。



・クリア後のおまけ“playroom”

まあ、フリーのホラーゲームと言えば実況好きの方が集まりそうですが……。実況だけだと、buryの大きな見どころの一つ、“playroom”を見ないまま終わってしまうんじゃないでしょうか? それは本当もったいない!! 是非とも自分でプレイして、隅々まで堪能してみてほしいです。思わぬところでキャラが反応してくれた時の喜び。
もう本当ココが可愛いんですよ。それにですね、かなり細部まで凝っていて作者さんの気配りこだわりをひしひしと感じます。探索魂が燃え上がるというものです。
ちなみに、私のお気に入りの鳥篭番号は07です。




逆にちょっと残念、というか難しいなと感じたのは、
・フラグの立ち具合がわかりづらい
この1点です。
屋敷の探索なので、同じところを何度か探索することもあります。これに関しては問題ないんですが……イベントを進められない理由が、「アイテムが不足している」からなのか「仲間が足りない」からなのかがわかりづらくてちょっと苦労しました。なのでフラグを満たしているのにふらふらしてしまったことも。特にバター……。
とはいえ、公式サイトにわかりやすいヒントもあるので、攻略を見る派の人は問題なく解けるかと思います。




とまあ、こんな感じで。
すごく丁寧な作りの作品でした。
マザーグース好きはもちろん、探索好き、グラフィックこだわり派な人にもオススメです!


追記にはネタバレ込みの感想です。
続きを読む

フリーゲーム「ストーカー男は報われるのか?」感想

「おはようからおやすみを越えておはようまで」
見守っている前置き。



えー、今回はhalf(half.chips.jp)さんところのフリーゲーム「ストーカー男は報われるのか?」(half.chips.jp)の感想をつらつら書きますね。
フルコンプして1時間前後くらいのADVです。ヤンデレ一歩手前……いや、ストーカーな時点でヤンデレか。でもそこまで重苦しくはないので、ライトな感じで楽しめるかと思います。



・根暗に見える攻略対象×男好きに見えるヒロイン

この“に見える”がこの作品のポイントだなーと思ったり。
ヒロインはモッテモテで、恋人をとっかえひっかえする子です。なーんて書くとなんかギャルギャルしくって嫌なイメージかと思うのですが、この作品の子はむしろクールな優等生寄り。しかもプロレス好き。この意外性が良い!かわいい!王道と見せかけて変化球なキャラクターだなーと思いました。
で、公式memoで言われてるように、攻略対象はストーカーというのもあってちょっとじっとりしてる子です。本編でもこう、終始忠犬な感じです。ただ、コンプすると意外な一面が見られます。えへへ。萌えました。



・あなたのファンです

ファンって何?恋人って何?好きって何?友人ってどこからどこまで?
などなど。設定からしてライトでギャグよりかと思いきや、ストーリーにこういった要素が盛り込まれて、時々どきっとさせられる展開になっています。どう転がるにせよ、ストーカー君こと藤宮は幸せそうだから何よりですね!



1枚目のスチルが個人的にお気に入り。あの頬を染めて嬉しそうなのに素直に可愛いというのは悔しい感じのたまらん萌えるスチルがお気に入り。


なお、公式のブログ、8月の記事に攻略も載ってます。おかげでED1埋めれました!感謝感謝。
私得なヤンデレエンドもありますよ!お好きな方は要チェックです。





同作者様の他フリーゲーム感想記事↓
「ぴこぐらむ」(mblg.tv
「Vivace」(mblg.tv
「暮れ六つの始まり」(mblg.tv
「HOLLOW WORLD」(mblg.tv

フリーゲーム「マリオネットの糸が切れるまで」感想

「見目が派手でも堅実じゃなきゃ」
女の子は胸を気にしたがる前置き。



えー、今回はさけ(sksk613.blog.fc2.com)さんところのフリーゲーム「マリオネットの糸が切れるまで」(www.freem.ne.jp)の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいです。
クレイジーサーカス編、ということで、続編へ繋げる形で作品が終わります。でも切りのいいところで終わっているのでご安心。




魅力的な点としては、


・グラフィック

とにかくこれに尽きます。
ふりーむのDLページを見て頂ければわかるのではないかと。もうね、かっこいいですね!ヒフミファンクラブ入りたいですね!ゲーム内でブロマイド買えるんですがこれがまたかっこいんですね!
キャラクターの初登場時に一枚絵が出てくるのも素敵です。顔グラだけだと見えなかった全体像がチェックできるのは嬉しいなあ。



・ほどよい難易度で歯ごたえあるバトル

ちょっと気を抜いて「攻撃」ばっかり連打しちゃうと、うっかり死んじゃう。でも、魔法や挑発をちゃんと使えばわりと楽。この絶妙なバランスが面白かったです。
ぶっちゃけ、ふりーむの掲示板だとこのバトル要素がガンガンに叩かれていて初めはDLを躊躇ってしまっていたのですが……なんてことはない、こだわり派の方が居ただけのようで。レベル上げも金稼ぎもする必要なく、ギリギリラインを楽しく進められました。
攻略もどきのメモも追記にこっそり書いときます。
背景のサイケデリック空間や、戦闘時のボイス、アニメーションする敵キャラ等々、見どころたっぷりなのでだれずに楽しめました!



・個性的なキャラクター

ヒロインがオカマです。やったね皆さん、流行りのオネェキャラだよ!
敵キャラにも色々鬱展開があってどきどきしました。ただ、後半仲間になる2人は心変わりが急すぎてついていけなかったかな……。でも本当、キャラデザインが魅力的です。




ちょっと残念だったのは、


・ラスボスがワンパンダウン

仲間も増えていざバトル!と意気込んだはずなのに、一発デリーが殴っただけで戦闘が終わってしまって、盛り上がった気持ちの行き所が無かったです……。僕らの戦いはいったい何だったのか……。
とはいえ、さくっとストーリーを見たい方には楽で良いかも。



・世界観がちぐはぐ

サーカスがメインで、それらしい演出があるのはすごく良いなあと感じたんです。
が、ファンタジー世界やいわゆる選ばれし勇者的な設定と、サーカスとがちょっと合わない感じと言うか……。宝玉のところでいったん「うん?」となって、“ニュース”という単語が出ているのを見て「あの世界に果たしてテレビはあるのか…?」などと妙な揚げ足取りをしたくなって。なんだろう、テキスト面だけ見ると、まったく別の2作品を無理やりつぎはぎした印象でした。
続編に絡ませるっぽいところを突っつくのもあまり良くないんですけどね。





まあその、最終的に、悪い奴はいなかったんだー的なストーリーで締められるのでもにょっと。や、でもなんだかんだ言って、道中は楽しくて一気にプレイしましたし、サーカスものやグラフィックこだわり派の方は試しにやってみると合うかもしれません。

追記ではネタバレ込みの攻略など。

続きを読む
前の記事へ 次の記事へ
ブログ検索
本棚