フリーゲーム「bury」感想

「わすれんぼうはあまえんぼう?」
程度が知れまくった前置き。



えー、今回は4段目の猫(4cat.michikusa.jp)さんところのフリーゲーム「bury」(4cat.michikusa.jp)の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。

探索謎解きメインのフリーホラーゲーム。コンプまでは攻略見つつで3時間弱くらいかかりました。逃げ要素もありますが、1・2回くらいだけですし、事前のセーブや回復もできるので、苦手な方もご安心。
なお、自分はver1.10でクリアしました。ネタバレはしないつもりで書いていますが、察しの良い方は一応ご注意。
というわけで、さっそく魅力的な点を。



・マザーグース好きにはたまらない謎解き

謎解きほぼ全てにマザーグースが絡んできます。マザーグースってのはまあ詩のシリーズみたいなもので……有名なのは駒鳥とかロンドン橋とかかな。知ってる詩が再現されていて嬉しかったり、知らない詩に出会えて興味がわいたり。この手のダークメルヘンな雰囲気が好きな自分にはとっても合う作品でした。
マザーグースを知らなくても謎解きヒントはちらほら出してもらえるので、悩みはしても詰むことはなかったかなと。あ、ただ、なぞなぞだけはわからなくてググりました……程度が知れた……。でもあの部屋で謎を解いた後、さくらんぼがぼてっと落ちてくるグラフィック好きです。



・キャラクターの反応がこまめに変わる

やっぱり探索を楽しくしてくれるのは、キャラやアイテムの反応がちまちま変わることだと思うんですよ! ほら、DQの勇者も小さなメダルがあるからこそ家探しに勤しむわけで。この手の探索ゲーだとキャラの反応を見たくてついつい関係ないところも探索してしまいます。
で、この作品。操作キャラや仲間の違いによって、こまめに反応が変わってくれます。おかげで楽しくうろうろすることができました!
同じ場所で文章がちょこっと変わるだけでも、ずいぶんそのキャラクターのらしさって演出できるんだなー、なんて。



・種類が多く可愛いドット

キャラドットがとにかく可愛い! しかも棒立ちってわけじゃなくて、イベントによってちょくちょく動いてくれます。歩くとココのリボンがゆらゆらするのも好き。
メインキャラだけでなく、サブキャラにも可愛い子がいっぱいいて和みました。おばけ可愛いよおばけ。あと、人形のお部屋がお気に入りです。お人形をだっこするココがまた可愛いんだな!
マップも淡い色合いで可愛らしく、庭園は華やかで綺麗にと、こだわりの自作っぷりでした。たぶんデフォルトの素材は使ってない、んじゃないのかなあ。おまけ部屋の賑やかっぷりが好きです。



・もの悲しいストーリー

ココ自身がおしゃべりしないタイプの主人公なので、物語は他のキャラクターの視点などを借りつつ淡々と進みます。ただ、だからこそホラーらしいもの悲しさが生まれている気がします……。
真相がこうだ!と語る探偵役はいません。けど、しっかり探索すればこの屋敷やココのことはすぐわかります。語り過ぎず、気づかせてくれるこの感じがたまりません。この辺りは触れすぎるとネタバレになっちゃうので、追記に畳んでおきますね。



・クリア後のおまけ“playroom”

まあ、フリーのホラーゲームと言えば実況好きの方が集まりそうですが……。実況だけだと、buryの大きな見どころの一つ、“playroom”を見ないまま終わってしまうんじゃないでしょうか? それは本当もったいない!! 是非とも自分でプレイして、隅々まで堪能してみてほしいです。思わぬところでキャラが反応してくれた時の喜び。
もう本当ココが可愛いんですよ。それにですね、かなり細部まで凝っていて作者さんの気配りこだわりをひしひしと感じます。探索魂が燃え上がるというものです。
ちなみに、私のお気に入りの鳥篭番号は07です。




逆にちょっと残念、というか難しいなと感じたのは、
・フラグの立ち具合がわかりづらい
この1点です。
屋敷の探索なので、同じところを何度か探索することもあります。これに関しては問題ないんですが……イベントを進められない理由が、「アイテムが不足している」からなのか「仲間が足りない」からなのかがわかりづらくてちょっと苦労しました。なのでフラグを満たしているのにふらふらしてしまったことも。特にバター……。
とはいえ、公式サイトにわかりやすいヒントもあるので、攻略を見る派の人は問題なく解けるかと思います。




とまあ、こんな感じで。
すごく丁寧な作りの作品でした。
マザーグース好きはもちろん、探索好き、グラフィックこだわり派な人にもオススメです!


追記にはネタバレ込みの感想です。
続きを読む

フリーゲーム「嘘つきエイプリル」感想

「故意というものが無ければ殺人にはならなくてだね」
妙な言い訳の前おき。



えー、今回は銀灯(gintou-00.com)さんところのフリーゲーム「嘘つきエイプリル」(gintou-00.com)の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。
タイトルからしてわかるとおり、エイプリルフールに公開されたものです。友人殺しの犯人を捜し出す、という、ミステリ風仕立てのノベルゲーム。犯人、実はさくっとバレるので、あくまで殺伐な雰囲気やヤンデレを楽しむ感じです。
はい、ヤンデレです。大事です。ヤンデレです。あとBL要素があります。苦手な方は注意です。

というわけで、特徴をば。



・さくさくスタイリッシュに動く

起動してまず、回転する「プ」にびっくりしました。すげぇ。
画面がとにかくスタイリッシュです。キャラクターがさっと出てくるのもかっこいい。こういう演出はやっぱり、ゲームしてるなーって気分にしてもらって良いですねぇ。
30分もかからないくらいの短編ではありますが、クイックセーブが実装されていたりと、かなりシステム・演出面が凝っています。短編でも手を抜かない、そこに痺れる憧れるゥ!



・多くのキャラ立ち絵

登場人物全員に立ち絵があります。全員!しかもクオリティ高い!いやはや、眼福ってやつです。
見た目としては葵ちゃんが好みですねー。ああいうほんわかな感じ好きなんです。中身はともかく。色合いも淡めで、私好みなのでなおさらにやにやしつつ進めました。



・ヤンデレなキャラ

登場します。大好きです。



とまあ、ネタバレしない範囲だとこんな感じかな。
追記ではもうちょっと突っ込んだ感想を書きますので、既プレイの方はどうぞ。



さくっとプレイできるお手軽な長さですし、殺伐、ミステリ風、ヤンデレ、BL、短編、などに興味のある方はDLをオススメします。仲が良かったはずの人達が実は……展開が好みという方も是非是非どうぞ!




同作者様の他フリーゲーム感想記事↓
「Il-アイル-」(mblg.tv
「ソレノナ」(mblg.tv
続きを読む

フリーゲーム「ソレノナ」感想

「閉鎖されているのなら抜け道を探すまで」
スプーンで削っていく前置き。



えー、今回は銀灯(gintou-00.com)さんところのBLフリーゲーム「ソレノナ」(gintou-00.com)とその後日談「ソレノナ-And to End-」(gintou-00.com)の感想をつらつら書きますね。


どちらも短編で、切なくもの悲しい雰囲気が漂う作品です。BL要素は告白とキスシーンくらい。濃厚な絡み合いをお求めだとちょっと合わないかも? といっても、精神的な乗っかり合いや心情描写は濃いのでBL感はがっつり楽しめるかと思います。




「ソレノナ」について

ネタバレしない程度に書くと……図書室か屋上に引きこもる話です。
日常ものかと思いきや、意外な展開。共存する現実、の考えはわかりやすく興味深く、ほんのりと哲学を感じました。ああいう現象が起こったきっかけを、ただの不思議パワーによるものとせず、それなりの説明付けをしようとしているのも好感が持てます。
小野寺君が本命です。ひねくれてる、そこが良い……! 一歩間違えると危うい雰囲気も好きです。
あっでも、立ち絵は荘矢の怒り顔がお気に入り。




「ソレノナ-And to End-」

小野寺EDをベースとのことで、前述の通り小野寺ひいきな自分には嬉しかったですねぇ。他二人のお話も、エクストラを解放すれば見られます。
本編よりも短いながら、内容は切なさでぐっと胸が苦しくなるような内容です。直接的な表現をせず、ぼやかしてあるのもまた、余韻が残って素敵ですね……。淡々とした文体なのに、かなり揺さぶられました。
二人っきり世界みたいなのが好きな方にオススメです。




とまあ、こんな感じで。
完全攻略も公式サイトにあるので、コンプも簡単かと思います。ほんのりもの悲しいBLものをお探しの方は是非DLをどうぞ。




同作者様の他フリーゲーム感想記事↓
「Il-アイル-」(mblg.tv
「嘘つきエイプリル」(mblg.tv

フリーゲーム「Il−アイル−」感想

「鏡と写真と君の共通点とは」
昔嫌がられていたらしい前置き。



えー、今回は銀灯(gintou-00.comさんところのフリーゲーム「Il−アイル−」(gintou-00.comの感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。
ジャンルはノベルADV、男同士・女同士の同性愛描写(キス)がほんのちょこっとあるので、苦手な方はご注意を。

さっそく見どころを挙げていきますと、



・断片から収束していくストーリー

比喩や婉曲的な言い方の中でおぼろげながら形がつかんでいくストーリーになっています。なので、読みながら色々推測したり、考えるな感じろに惹かれたりする方はとても合うと思います。
少なくとも、きっぱりはっきりわかりやすい話ではないことを頭に入れておくと、良い感じに覚悟ができて入り込みやすいかも。
私は攻略がっつりみる派なので、遠慮なく今回も見させて頂きました。親切仕様ありがたや。一話で回収できるエピソードを全部見てから次の話へ進んでいっていたんですが、どうもこれが正解だったらしく、ぼんやりながらもお話は理解できたかなーと思ってます。よくわかんない!という方はとりあえず各話ごとに全回収をオススメします。



・全キャラ顔グラあり

けっこうキャラ数が多いんですが、あますところなく顔グラありで、スチルも雰囲気が出ていてで大満足です。絵柄自体も女性向けらしくて、私はすごく好みでした! 後輩ちゃん超可愛い…!
あっあと、3話では双子の見分けを初めにしっかりしておくことが大事だと思います。ああいうシンメトリーなデザインも好みです。



とまあ、こんな感じで。
双子、自己犠牲、依存などがお好きな方にオススメの一作でした。





追記では、考察もどきをちょこっと。ネタバレたっぷりなので、既プレイの方のみどうぞ。



同作者様の他フリーゲーム感想記事↓
「ソレノナ」(mblg.tv
「嘘つきエイプリル」 (mblg.tv
続きを読む

フリーゲーム「ストーカー男は報われるのか?」感想

「おはようからおやすみを越えておはようまで」
見守っている前置き。



えー、今回はhalf(half.chips.jp)さんところのフリーゲーム「ストーカー男は報われるのか?」(half.chips.jp)の感想をつらつら書きますね。
フルコンプして1時間前後くらいのADVです。ヤンデレ一歩手前……いや、ストーカーな時点でヤンデレか。でもそこまで重苦しくはないので、ライトな感じで楽しめるかと思います。



・根暗に見える攻略対象×男好きに見えるヒロイン

この“に見える”がこの作品のポイントだなーと思ったり。
ヒロインはモッテモテで、恋人をとっかえひっかえする子です。なーんて書くとなんかギャルギャルしくって嫌なイメージかと思うのですが、この作品の子はむしろクールな優等生寄り。しかもプロレス好き。この意外性が良い!かわいい!王道と見せかけて変化球なキャラクターだなーと思いました。
で、公式memoで言われてるように、攻略対象はストーカーというのもあってちょっとじっとりしてる子です。本編でもこう、終始忠犬な感じです。ただ、コンプすると意外な一面が見られます。えへへ。萌えました。



・あなたのファンです

ファンって何?恋人って何?好きって何?友人ってどこからどこまで?
などなど。設定からしてライトでギャグよりかと思いきや、ストーリーにこういった要素が盛り込まれて、時々どきっとさせられる展開になっています。どう転がるにせよ、ストーカー君こと藤宮は幸せそうだから何よりですね!



1枚目のスチルが個人的にお気に入り。あの頬を染めて嬉しそうなのに素直に可愛いというのは悔しい感じのたまらん萌えるスチルがお気に入り。


なお、公式のブログ、8月の記事に攻略も載ってます。おかげでED1埋めれました!感謝感謝。
私得なヤンデレエンドもありますよ!お好きな方は要チェックです。





同作者様の他フリーゲーム感想記事↓
「ぴこぐらむ」(mblg.tv
「Vivace」(mblg.tv
「暮れ六つの始まり」(mblg.tv
「HOLLOW WORLD」(mblg.tv
前の記事へ 次の記事へ
ブログ検索
本棚