スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

フリーゲーム「END END SUMMER」感想

「何にもならないとわかっているけどそれしかできない」
それを逃避という前置き。



えー、今回はMelt-Self(meltself.web.fc2.com)さんところのフリーゲーム「END END SUMMER」(meltself.web.fc2.com)の感想をつらつら書きますね。いつものごとくレビューっぽいかも。

ほぼ一本道のノベルゲーム、鬱展開……というよりはビターで切ない感じです。でもなかなかのガッツがあって、ラストは爽やかな気分になるんじゃないかと。
というわけで、さっそく見どころを。



・ストーリー

画面いっぱいに文字が並べられるシステムの、ストーリー重視のゲームです。
走ったり溺れたり苦しんだり痛んだり、色んな場面で息が止まりそうになる描写があります。それがまた表現がすごくて、自分まで息苦しいかのように錯覚してしまいます。綺麗な背景写真と相まって、ほろほろ涙が出そうになることも。
人を話にのめり込ませる力のあるストーリーだなあと思いました。ただ、人を亡くす話が中心なので、今まさに――という方は少し厳しいかもしれません。最後には、光をくれるような話なんですけれども。

で、全部終わってみたら意外や意外、続編のCMが。かなり濃密な話だったと思うんですが、これでもまだプロローグってことなんでしょうかね? 製作者タフだなあ。
あ、といっても、きちんとこの一作で話は完結してますし、十分楽しめるのでご安心を。



・少女漫画向け(?)のイラスト

どういう系って言ったらいいのか、とりあえず少女漫画風だと思うんですけど……どうなんでしょう? 良い呼び方あったら教えてください。
ともかく。DLのきっかけがそもそもこのイラストだったんです。ヒロインがちょっとつらそうな顔をしてたので、鬱展開の臭いを感じ取りまして。ガラスみたいな雰囲気の絵だなあと思います。
実際にゲーム内で見れるのはカットイン中と起動画面で、です。



・タイトル

懺悔します。初め、なーんかありがちなタイトルだなあなんて思っちゃってたんです。それがまあ、プレイした後になったら印象ががらりと変わりました。むしろこのタイトルが一番しっくりきます。
夏休みの終わりって、なんであんなに虚しいんでしょうねぇ。



・キャラの距離感

メインキャラは二人。もう感情移入しまくるタイプなので、この二人の距離が徐々に変化していくのもすごく良かったです。こう、まさに氷が溶けていく感じでした。
改めてフラットに読んでいくと、ヒロインは年相応の無茶と浅はかさ、男は言葉の少なさ不器用さ、がしっかり書かれているんですよね。本来なら欠点と見られがちなその要素をきっちり描いてくれているので、心の動きがリアルに感じました。





とまあ、こんな感じで。
夏の終わりにプレイしたい、濃密なお話でした。
ざっくり言えば、お兄さんと少女が引きこもり生活をする話。
年の差男女、死ネタ、ビターな展開など、お好きな方は是非プレイしてみてください。

フリーゲーム「ねじまき前奏曲」「コッペリアの墓標と廻る恋のはなし」感想

「幕を上げたのは誰だった?」
忘れてしまった前置き。




えー、今回は、空色天体博物館(www.f2.dion.ne.jp)さんところのフリーゲーム「ねじまき前奏曲」(nprelude.web.fc2.com)と「コッペリアの墓標と廻る恋のはなし」(www.f2.dion.ne.jp)の感想をつらつら書きますね。
2作は関連性がないんですが、前者が掌編だったので合わせて感想を書いときますね。



「ねじまき前奏曲」

まずは掌編の「ねじまき前奏曲」の方から。プレイ時間は10分かからないくらいの超短編。ジャンルに電子絵本とあるように、終始メルヘンな雰囲気で話が進みました。
スタートの仕方がまず独特で、お話の終わりもゲームシステムに絡めた素敵なやり方でした。あの余韻が残る感じ、好きです。
エイプリルに公開されていたのをDLしたんですが……今は公開休止中みたいです。ちょっと寂しい。





「コッペリアの墓標と廻る恋のはなし」

で、次が「コッペリアの墓標と廻る恋のはなし」。こちらはこの作者様に定評のあるヤンデレさんが全開です!やったあ!やったあ!ありがとうございます!年齢制限あり注意です!
先んじて書いておくと、この作品はいっさいネタバレを見ずにプレイすることを強く強く推奨します。ヤンデレ・鬱展開と聞いてピンとくる人はなおさらです。公式の紹介ページも薄目を開けてちらっと見るくらいに留めても良いかも。いや、お洒落で素敵なページなんですけども。
というわけで、ここからの感想も、察しが良い方は止めておいてプレイしてから戻って頂けるとありがたいなー、なんて。




と、長い前置き終了。
さっそく魅力を挙げると、


・どんでん返しのストーリー
何よりもまずここです。初めのうちは失礼ながら、先を読めるなーと思いつつプレイしてたんですが……間違いでした。浅はかでした。とんでもない展開でした。ありがとうございます!!
後半につれて熱くなっていく展開、そしてまさかの結末。コンプ後には良い意味で鳥肌総立ちで余韻でぼうっとしてしまいました。


・可愛い立ち絵とギャップ
ヤンデレと注意書きがあるように、可愛いだけのイラストではありません。時にはぎょっとするような表情も見せてくれます。たまらん良い。
ネリネちゃんがお口あけてふぇぇって感じで泣いてる立ち絵が一番お気に入りです。服装やキャラグラのふわふわひらひら〜な感じも超可愛い!抱きしめたい!ウェンデルは自分の萌え属性こと片目隠れさんですし!


・お洒落な画面構成
レースや甘いお菓子がいっぱい、それでいて墓標がスパイスになっている、まさにダークメルヘンにぴったりな構成になっています。こういう雰囲気、本当好きです…!


元々こちらのサイトの作品はどれも言い回しが癖になってもう大ファンなんですが、特に今作はネリネの挨拶の台詞が心に残ってます。何度も呟いてみたくなる台詞です。



とまあ、ネタバレ掠ってこの程度かなあ。
がっつり感想は追記で書きますね。

続きを読む

フリーゲーム「ぴこぐらむ」感想

「私はこの城で漫然としつつ孤高と戦っているのである」
すなわちヒッキーである前置き。


えー、今回はhalf(half.chips.jp)さんところのフリーゲーム「ぴこぐらむ」(half.chips.jp)の感想をつらつら書きますね。

女性向け脱引きこもりゲーム。攻略さえ見れば、コンプまで1時間はかからないくらい。選択肢は多いですが、memoの方にヒントもありますし、公式サイトのブログに攻略もあるので、それほど苦労はしないかと思われます。
立ち絵も綺麗で、お話も明るく軽快、ぱっと手の空いた時に楽しめるかと思います。



・お好みのアクセサリーをつけさせよう!

周回プレイは必須です。ついでに言うと、周回ごとにはじめからやるのをオススメします。プロローグは飛ばせますし、何より魅力のアクセサリが使えるからです!
可愛らしいワンポイントアイテムから、マニアックな逸品まで、種類は豊富。全体的にお話もギャグめいているので、少なくとも雰囲気ぶち壊しにはなりませんのでご安心。
個人的にはやっぱりあのバイオレンスアイテムがお気に入りですね!




・うっすらとヤンデレ予備軍

ループくんが、こう、ヒロインちゃんを愛しすぎてうっかり怖いこと言っちゃうような人なんですが。
いや、すごく全年齢の、ちょっとラブがいきすぎただけの人ですよ? ヤンデレを期待したらむしろちょっと誤解になってしまいますよ? でもその、このブログ書いてる本人は本当ヤンデレ萌えこじらせてて、ついついヤンデレフィルターかけちゃって、まあつまりはそういう妄想をして萌えました。ごめんなさい。
あとがきにあった、もしものバイオレンス話もやってみたかったです…。切実に……。





とまあ、敬語キャラ好きとしても大変おいしいゲームでした。
ただ一つ不満を挙げるとするなら、

・どこでどのキャラと出会えるかわからない

ということ。初回プレイはけっこう戸惑いました。まあ攻略を見れば関係ないんですけども。




ともあれ、明るい女性向けゲームを探していて、かつ執事ものが好きな方にはおすすめです。





同作者様の他フリーゲーム感想記事↓
「ストーカー男は報われるのか?」(mblg.tv
「Vivace」(mblg.tv
「暮れ六つの始まり」(mblg.tv
「HOLLOW WORLD」(mblg.tv
前の記事へ 次の記事へ
ブログ検索
本棚