スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

フリーゲーム「風の殺意」感想

「みんなわるい、でも、しかたない」
割り切れればいいのにな前置き。



えー、今回は風の殺意製作委員会(kazesatu.kt.fc2.com)さんところのフリーゲーム「風の殺意」(kazesatu.kt.fc2.com)の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。

ジャンルは、ドロドロ恋愛のサスペンスADVです。うっすらホラー・流血描写も含まれます。基本的に後味の悪いエンドばかりです。そうです、鬱展開です。万歳。
ではさっそく、例のごとく、魅力的だった点から挙げていきましょうか。





・しこりを残すエンド

ごく一部にはっちゃけたエンドもありますが、基本は前述の通り、バッドエンドが多いです。エンド数は21とかなり多め。中には使い回しっぽいエンドもあるので、そこだけは気になるものの、よくここまで多彩な絶望を思いつくなあとしみじみ感心させられます。
初めに辿りついたのは、左側の上から8番目のエンド(名前バレ防止のためALBUMページ参照です)でした。そのせいか一番印象に残っています。いやあだって、ねえ。綺麗なスチルも相まって、呆然としてしまいました。
右側の上から8番目の方のエンドも好きですね。錯誤依存どきどき。その後が特に気になったエンドかもしれません。
絶望感、鬱展開でいうなら、右側の上から7番目かなあ。ぞくぞくしました。もともとあったものが無くなるのは本当、恐ろしいですね。
右側の一番下にあるエンドについては、あっさりすぎて逆に笑ってしまうしかありませんでした。いやー、皮肉だなあ。




・ドロドロと真相を明かしていくキャラ視点

普段はヒロイン涼子視点で進むんですが、キャラの好感度が上がると、物語の途中でそのキャラ視点のお話が開放されます。このお話がまた良いんですよ、もう。意外な思惑とか、事件の起こる中、それぞれがどんな想いで動いていたのかとかが、情感たっぷりに語られます。素敵。
翔シナリオがお気に入りかなー。ああいう、言葉は悪いけどピエロ役はたまりませんね。
あっでもキャラの独白としてならさやかさんが好きです。彼女のシナリオ読んで、一気にリアル私の好感度が上がりました。




・絡み合う思惑

上記と被るところもありますが、それぞれの行動が絡み合って大事件になるこの辺りが面白いです。まさにドロドロ。明確に、お前だけが悪い、みたいなのが無いのがこの物語の魅力だよなあと思ったり。
皆、それぞれ悪かったところがあって、そのせいであの惨劇になっているんですよね。でも、それは仕方ない、同情できる面もあって、完全に悪と言い切れない。このやりきれなさがたまりません。上手く出来た後味の悪さだと思います。素敵です。




・美しいスチル

ややリアル目のイラストで、各エンドに一枚ずつスチルがついています。つい見惚れてしまいました。立ち絵はあまり慣れていないのか、少し変わって見えますが、スチルはとても綺麗です。
キャラとしては悠吾が好きなので、けっこう立ち絵が豊富で嬉しかったですねぇ。







逆にちょっと気になったのは、


・あからさますぎる文章

事件が起こるので、謎もあるわけなんですが、この謎の答えみたいなものがちょっとあからさまだったかなと思います。こう、「ここ伏線ですよー」って感じで入り込んでくるので、それだけひっかかりました。



・曲のチープさ

音楽ノクオリティと音量調節がちょっとだけ気になりました。ロックな感じの曲が耳に痛くて……。



・選択肢

けっこう正否がわかりづらいので、コンプには苦労するかもです。私は公式と合わせて、攻略サイトさんを参考にさせてもらいました……。ノーヒントだとかなり手ごわそう。選択肢も多いため、周回プレイに疲れてしまったところもありますねぇ。





とまあ、こんな感じで。
暗くドロドロとした話を読みたい方、心理描写が好きな方、謎が明らかにされるカタルシスを味わいたい方、などなどにオススメの一作でした。

フリーゲーム「spook-amusement-狂気の幽園地-」感想

「辛い時にはオレンジジュース!」
お腹たぷたぷな前置き。



えー、今回は、バニラかふぇさんところのフリーゲーム「spook-amusement-狂気の幽園地-」(vanillacafe001games.web.fc2.com)の感想をつらつら書こうかなと思います。
ウディタ製のホラーアドベンチャーで、追いかけや戦闘要素ありありの難易度高めなゲームです。アクションが超苦手な私は、イージーモードでもけっこうきつかったです。たはー。
まあ、とりあえず特徴を。



・男女ペアな4人組、能力を使い分けて進行

動かせる仲間は4人。僕っ娘がいます。ボクっこがいます!!そして片目隠し(片メカクレっていうのかな?)な男の子がいます! もうそれだけでやりたくなりますよね、ねっ。
それぞれ、力仕事が得意だったり足が速かったり、特徴があります。キャラを使い分けて進んでいくわけですねー。使いやすかったのはアキラかなあ。HPが高めなので、ダメージをくらっても安心という。新しいステージに行く時は常に彼で進めてましたw
ミツルとリコはどっちも、能力の発動タイミングが掴みづらくて、ボス戦では苦労しました……。ミツルのワンダーな見た目はかっこいいんですけどね! 闇堕ち闇堕ち♪



・チャット(スキット)システム

プレイ中に仲間と会話できるので、怖いのがちょっと和らぎます。
顔文字や「w」な記号が多用されるので、アレルギーな人は注意かも。とはいえキャラは学生だし、自分は特に気にせず、わいわいさせてもらいました。
男女CP萌えを発症している私なので、案の定アキラとレンコの関係ににやにやしました。あえてメインじゃない方。某所の目隠しがもう。もう。ありがとうございました。
ただ、こう、終盤ではけっこう展開が外道な感じになるので、その辺り覚悟して進めた方が良いかなーと思いますです……。理解はできる考え方なんですけどねー。



・自作ドット絵

ほとんどのギミックやキャラが自作みたいです。ウディタのデフォルト素材を使っているところはほとんどないんじゃないかな? そのおかげか、全体的に雰囲気が統一されていて、怖さがいっそう増しました。あそこまで怖いくまさんとイヌさんは初めて見たよ……。



・綺麗でかっこいい一枚絵

プロフィール画面やキャラ切り替えボタンなど、一枚絵のグラフィックに関してはかなりクオリティが高いです。初めてキャラ切り替えをした時は、かっこよさに「おおお!」となりました。
レンコのきょとん顔っぽい感じがたまらんです。



・ホラーらしいエグイイベント

こう、好みの鬱展開があって、萌えました。
言い過ぎるとネタバレになるんですが……レンコが一推しだからか、彼女のイベントがやっぱり印象的です。間違い探しの時の最後の台詞とか。目隠し外した時とか。遊園地に絡めた、メルヘンポップな狂気が多かった印象です。サイコロイベントが一番の盛り上がりだったなあ。



・バトルと容赦ない即死イベント

HPの概念はありますが、わりと即死多めです。セーブ厨になることをオススメします。即死の前にはイージーモードなど意味がないのだよ……ははは。
バトルも、演出はめっちゃかっこいいんです。ただ倒せない。倒せない。

1)ワンダー突入した直後は敵と接触していても切れない
2)リコのバリアはタイムラグがある、だいたい二拍分くらい
3)ワンダーで切る時は敵とすれ違うのを意識する、真正面からぶつかって切ろうとするとこっちがダメージ喰らうだけ

この辺りを注意すると、ちょこっとやりやすくなるかな?





とまあ、こんな感じで。
イベントの攻略については公式サイトにヒントがありますし、アクションにさえ自信があれば、かなり楽しめる作品だと思います。

レンコ可愛い!の一心で――と言うと言い過ぎですが、綺麗なグラフィックやドキドキする演出に惹かれて頑張れました。
前の記事へ 次の記事へ
ブログ検索
本棚