フリーゲーム「狐憑き学園七不思議」感想

「ハサミと筆ペンで鬼退治だ!」
さすがに無謀すぎる前置き。



えー、今回は船のフリーゲーム部屋(www.tsoft-web.com)さんところのフリーゲーム「狐憑き学園七不思議」(www.tsoft-web.com)の感想をつらつら書きますね。案の定一部レビュー風かも。


ジャンルはホラーノベル+ミニゲーム、やや恋愛要素もありますが、比較的一般向けかなあと思います。
さっそく、良かったなあという点を挙げてみると、




・まさかの動画!

ところどころの決め場面で、動画がふんだんに使われます。ぬるぬる動くってやつです。他ゲームでもEDやOPでなら見かけますが、こういう演出のための動かしっぷりは凝ってるなあと思いますね。
お耳としっぽのぴこぴこがたまらんツボです。
あと、自分、終盤でセリフが聞きとれなくて非常に悔しい想いをしたので、「そろそろクライマックスかな?」と思ったら音量を上げてプレイすることをオススメします。はい。


・親切なヒント&好感度システム

初回プレイでは色々気づけず、けっこううろうろしていたのですが、狐さんのヒントに大変助けられました! で、ヒントをもらってるうちに好感度も上がってくれるので、嬉しいことに初回でベストエンドに到達でした♪ ま、まあ、別の場所のヒントも見たからっていうのはありますけども……。
どうでもいいんですけど、そんなにreadme見る方って少ないんですかね。自分が常に見る習慣ついてるので、わりと謎です。



・熱く前向きなストーリー

やっぱりホラーなので、暗い展開も鬱展開もあります。やるせない結末もあります。
でも、最後までプレイして思ったのはやっぱり、熱くてハッピーにまとまってくれたストーリーだったなあってことでした。
ヒロインこと彩華ちゃんが芯の強い子だから、っていうのもあるかもしれませんねぇ。怖がりつつビビりつつ、それでも奮起してくれる様は見ていて共感しやすかったですし、こっちも一緒になって頑張りたくなりました!主にミニゲームとかを。
よく言ってくれた!と思うシーンも多々あって、いやあすっきりしましたね。元気な子は良いものです。


・変化するタイトル画面

ストーリーの進み具合によってタイトル画面が変化します!
凝っててすごい!



で、惜しいなあと思うところも挙げておきますと、



・ウェイトが長い

ホラーですし、ある程度の待ちや溜めが必要だというのはわかります。ただ、プレイヤーとしてはどーしてもストレスが溜まってしまうのが難点。
場所移動のあのゆったり感は結局コンプしても慣れませんでした。常にスピーディにとまでは勿論言えませんが、場所移動や、ミニゲームでの反応はもっと迅速にしてほしかったです。3秒以内に、といった制限もあることですしね。


・注意や説明が過剰

プレイ初めの説明がなんというか、長くて、ちょっと気合いが削がれてしまったところがありました。それこそreadmeに書いておけば良かったように思います。
たぶん、プレイヤーの解釈や誤解を非常に気にしておられる作者さんなんじゃないかなー、なんて。私自身、マナーの良いプレイヤーだと胸を張る自信はありませんが、それにしてももうちょっとプレイヤーを信じてくれてもいいのにな、と寂しくなりました。
フリーだからって横暴になるプレイヤーが多いんでしょうかねぇ……。
こうやって好き勝手感想を書き連ねている時点で私も同類でしょうか……。少し悩まされるところです。





とまあこんな感じで。
とにかく、クオリティは高いです。ホラーだけど後味は良いものをやってみたい!という方も、鬱展開に興味があるという方も、人外萌えな方も、是非どうぞ。





追記はネタバレ込みのちょっとした感想。
既プレイの方はどうぞ。



同作者様の他のフリーゲーム感想記事↓
「夢堕ちのインキュバス」(mblg.tv
続きを読む

フリーゲーム「Margikarman ItoA」感想

「祭りの後は少し切ない」
でも確かに楽しかった前置き。



えー、今回は、Area106(yuyak106.wix.com)さんところのフリーゲーム「Margikarman ItoA」(yuyak106.wix.com)の感想をつらつら書きますね。

実はDL時に文字化けしちゃってプレイを断念しかけたんですが……製作者様にメールでお問い合わせしたところ、快くファイル送信して下さいました。この場を借りて改めて感謝感謝。もし私と同じことになってる方いらっしゃいましたら、ためらわず連絡を取るのをオススメします!もったいないので、ね。

さてさて、ジャンルはRPG、クリアまでだいたい8時間とありますが、おまけ要素等を含めたら10時間は余裕で遊べるがっつり長編ものです。
幽霊となった主人公が、様々な人と共に未練を解いていく――。幽霊とはありますが、ホラー要素はまったくなく、むしろ楽しく切ないお話です。夏休みの終わりや、下校時刻の夕暮れがぴったり合う作品になっています。



というわけで、特徴を挙げていきますと。




・テンポよく爽快なバトルシステム

ターン経過で溜まるポイントを使うと、ドカンと一発強力なスキルをぶちかませます。この爽快なこと!
基本は普通のRPGと同じバトルシステムなんですが、固有のスキルとは別に装備でスキル調整ができたり、行動回数が増やせたりすることで、戦略性がかなり広がっています。要は、ザコ戦も楽しい!レベル上げ楽しい!そんなゲームでした。
詳しいキャラのスキル編成等はまた追記にて……。
バトルだと声入りっていうのも燃える展開です。



・過ぎた猶予はなかなか取り戻せない

HPが猶予という単語になっているのも注目ポイントです。キャラによって最大猶予が違うのも暗喩的で面白いですねぇ。
回復アイテムはたくさん手に入るものの、絶対的な回復量が少ないのもまた。こう書くと鬼畜ゲーになりそうなもんですが、難易度選択や最大値の多さのおかげでそう難しくは感じませんでした。
レベルもカルマと言い変えてあったり。ちょっとしたパラメータも言葉を一つ変えるだけでこんなにストーリーに絡められるんだなあ、なんて。感慨深いです。



・豊富なサブイベント

サブイベント多めなのに加えて、時間制限がほとんどないんです! 商業RPGによくある「○○月までに××する」系のイベント、実は私すっごく苦手でして……。見ようと思えばいつでも回収して見られる、っていうところがもう、有難いのなんのです。
イベントもキャラクターによって色々思わされるものでねー……。電車での遠出はそれこそ夏休みみたいで、すっごく楽しかったです。ちなみにキャンプのペアは迷いなくぞうさんを選びました!
NPCの台詞も連載みたいに面白いのが多くって、探索が冒険みたいに感じました。楽しい楽しいすりぬけライフ!!



・現代風な英語、盆を思わせる旧暦

各話の始まりである「卯月」等の旧暦や猶予といった言い回しは、日本古来の幽霊な雰囲気を出しつつ。バトルの演出や音楽、マップ選択は、英語で今風に。だけど世界観は一貫していて、とても入り込み易い。この調整が上手いなあと感じました。
なんだかすごく、“今”の日本らしいなあ。
マップ選択の時のシャッター音が好きです♪



・レッツゴーストトーク!

キャラクター同士のちょっとした掛け合いが見られる、ゴーストトーク。まさかの40個以上にはびっくりしましたが、コンプリートしてみるとまだまだ欲しかったなあなんて、切なさのあまり欲深なことを考えちゃいます。
本棚でふっと手が滑ってエンター押したら発見できて、むっちゃびっくりしました。「ここにまで!?」っていう。これも探索が楽しい理由の一つかもです。
しっかし葵生ちゃんは天使やでぇ……。



・ラスト
涙止まらぬ感動。ああいう熱い展開好きです。



・クリア後のお楽しみ
クリア後も楽しめる、後日談まで遊びつくせる作品です。
愛海の表情やキャンプ地で泣きそうになったのは私だけではないはず。



とまあ、こんな感じで。
ストーリー、システム、グラフィック、演出。どれをとってもハイクオリティな作品でした!!
明るく切ない作品をやりたい方、夏休みが終わりそうな方、懐かしのあの日に戻ってみたい方にオススメです。

ぞうさんは好きです、でも緑髪の青年も一推しです!




追記では裏ボス撃破時の構成とか。
続きを読む

フリーゲーム「わたしが世界を救った日」感想

「そんなおとぎ話が現実にありうると貴女は信じてしまったのですか」
盲目的な前置き。




えー、今回は、ここ。(cocoyori.net)さんところのフリーゲーム「わたしが世界を救った日」(cocoyori.net)の感想をつらつら書きますね。例のごとく一部レビューっぽいかも。
女性向けノベルゲームで、フルコンプまで3時間ほどかかりました。羽の生えたキャラが攻略対象。というわけで、異種族恋愛注意です。
魅力をつらつらと挙げますと、



・驚きの真相

どこのレビューサイト様や紹介サイト様も、「ネタバレは絶対に見てはいけないゲーム」といった主旨のことを書かれていたので気になりDLしたのですが……
いや、本当、すごい仕掛けでした。はい。
わかってみると「なるほどー!それかー!思いっきりそれだねーーー!」って感じで大変納得がいきます。しかしまあ、この伏線のぼやかしっぷりが巧妙で絶妙です。

さっさと真相に辿りついて陰鬱に読み進めていくか、
甘い夢をさんざん見た後に突き落とされるか……。その辺りも好みによって変わりそうですねぇ。ちなみに私は、レグ→トア→クロウの順で攻略しました。
この辺りは詳しくは追記にて語りますね。



・属性差のしっかりある攻略対象

レグ→王子様、天然
トア→ギャグ、ヘタレ、と見せかけて切ないキャラ
クロウ→俺様、黒い
メイド→かわいい

といった感じに、キャラ属性がそれぞれ良いとこかっさらってるイメージがありました。プレイして誰か一人は「このキャラ好き!」というのがあるんじゃないでしょうか?
自分はクロウです。あのしゃべり方といい、飄々とした口調と言い、エンドといい、たまりません。



・タイトル画面

変わったデザインだなーと思いますよね?
うふふ。大変素敵だと思います。コンプしてからぞくぞくっときました。



とまあ、こんな感じで。語り過ぎるのももったいないので、なんとかこのくらいに留めておきますね。クリア済みの方は、追記こと右下moreよりどうぞー。
天使羽、異種族恋愛、王道ストーリー、鬱展開、などがお好きな方にオススメです♪
続きを読む

フリーゲーム「赤ずきんの狼」感想

「誰よりも近くに真実がある」
灯台もと暗しな前置き。



えー、今回は、風待ち駅(haneda.ikaduchi.com)さんところのフリーゲーム「赤ずきんの狼」(stationbox.blog46.fc2.com)の感想をつらつら書きますね。例のごとく、一部レビューっぽいかも。
ジャンルは探索ホラー、ウディタ製、びっくり要素無し追いかけ要素あり、公式に完全攻略も載せて下さっている親切仕様です。処女作といってもなかなかの完成度、色々なギミックを楽しませてもらいました。

というわけで、さっそく良かった点をば。



・会話たっぷりの探索ポイント

何よりもまず、これを述べておかねばならないでしょう!
探索マップは家の中のみです。ゆえに、同じ箇所を何回か調べたり、同じ部屋を行ったり来たりしないといけません。……なんて書くと、「うわあ面倒くさそう」と思う方がいるかもしれませんが、いやいやむしろそれが魅力でして。
というのも、このゲーム、探索ポイントの会話の変化が細かく設定してあります。操作キャラによって、反応がらしいものに変わることもたびたびです。実は私、攻略を見つつプレイしていたのですが、皆の反応が見たくて攻略に一切関係ない部屋も、うろちょろと探索しまくってしまいました。カミーユ超可愛い。
探索ものは一歩間違えると作業ゲーになりがちですが、ちょっと反応が変わるだけでもプレイしていて楽しくなるってことを改めて感じました。


・青年×少女

素晴らしい。あ、恋愛イベントは無いので、苦手な方はご安心を。お好きな方は是非妄想して楽しんでください。萌えます。


・どうして?で始まり真実で終わるストーリー

この作品のキャッチコピー(?)に、「――どうして、おばあちゃんは 殺されてしまったのでしょう?――」とあります。そして、トゥルーエンドでこの答えを知ることができます。始まりから終わりまで、お話が一貫しているなあという印象でした。コンパクトにまとまっているので、手をつけやすいのも魅力ですねぇ。
メインキャラは3人ですが、サブキャラ等含めるとこの真実に絡む人数はわりと多いので、ぼんやりテキストを読み流してしまうと話がわかりづらくなるかも。おまけの扉の先ではテンションが上がりました。


・可愛いイラスト
顔グラの他、各エンドで一枚絵が見られます。エンドの雰囲気に合わせて、絵柄の感じも違っていて素敵。私はED6のスチルがお気に入りです。はっとさせられました。


・集めたエンドで増える星
ひそやかにコンプ魂をくすぐられます。


・???
好みストライクありがとうございました。


・おまけの要素の多さ
なるべくぼかして書きますが、まず主張したいのが帽子。ありがとうありがとう。お願いした後の反応が凄く好きです。
それにラジオと会話パターンの多さはやっぱりとっても嬉しかったです! あと、暖炉には思わず「せやな」と相槌を打ってしまいましたw




逆に、ちょっと残念だったところも挙げておきますと、



・起動画面の演出がゆっくり

追いかけられるイベントがかーなーり苦手な私でも、リトライが両手で数えられる程度の回数でクリアできたので、難易度は低めでありがたいです。ただ、逃げて失敗した時、リトライしようとすると、起動画面のゆっくりさがちょっと気にかかって……急かしたくなってしまいました。
といっても、演出のウェイトが大切というのもわかるので、コンティニューシステムを導入するかウェイトを数秒早くしてもらえたらありがたいなーと感じました。





とまあ、こんな感じで。
細かな場所まで凝っていて、難易度が易しめのホラーゲームをお探しの方にオススメします。
前の記事へ 次の記事へ
ブログ検索
本棚