スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

アニメ「メカクシティアクターズ」感想

「後付けと曲解で作り上げたものに整合性は生まれるのか」
正直そこまで考えてないような前置き。



えー、今回はアニメ「メカクシティアクターズ」の感想をつらつら書きますね。

小説漫画共に未読、ニコニコの動画のみ視聴済みです。特に「ヘッドフォンアクター」「アウターサイエンス」が好きなので、あの曲から派生する物語を見たいなーというのが一番にありました。



まず、残念だった点について。



結論を一言で書くと、置いてけぼりです。

群像劇をやりたかったんだなということや、言葉遊びも交えた能力や、ループを抜け出すモノということはわかるんです。後半の怒涛の説明回で、主軸はだいたいわかった、つもり、です。
じゃあ何が置いてけぼりかって、感動や共感ができないところです。最後まで、うんそうか、で終わってしまいました。


思うに原因としては、色々なキャラの目的がいつまでもはっきりしなかったせいかと。メカクシ団の目的がしばらく出てこなかったとか。正直、ヒビヤに話すまで、メカクシ団は異能力持ちがだらだらする団だと思ってたんですよね……。暇つぶし部的な……。

あと、メインキャラクターとサブキャラクターがわかりづらいせいもあるかも。いや、皆が主役だーってのも否定はしないんですけど、正直見ていてマリーがそこまで話の中心だとは思ってもみませんでした。逆にモモこそがかなり主役級だと勘違いしてまして、意外と核心からは離れていて拍子抜けでした。
で、こういう勘違いがなんで起こるのかなーと考えた時に、モモ固定の視点のシーンが多かったのが理由かなー、なんて。バラバラなのを一つにまとめる展開って熱いんですけど、そのぶんかなり構成を気遣わないとわかりづらいんですよね。
一応マリーの話はCパートにいっつも入ってくれてたんですけど、見てる側としてはあのパートがどう本筋に関わるかわからないもんだから、どう解釈したもんか困りつつ放置することになっちゃうんですよね。後々になって「あれってあんな大事だったの」ってなりました。
シンタローの覚醒も急すぎて、なんというか、苛められコミュ障の印象がぬぐいきれないままという。

なんだろう、蛇やアザミなどなど、根幹に関わる部分ばかりが後回しで、サブに回して良いシーンにばかりスポットが当たっているような感じでした。そのせいで、どこに集中して見れば良いのかわからないまま終わってしまいました。例え2クールになるなどして尺が伸びたところで、この印象は変わらなかったんじゃないかなと思います。
ここさえなんとか、それこそモモ入団時に説明するとかマリーの話を一話にまとめるとかすれば、もうちょっと楽しみやすいアニメになったかもしれないなー、なんて。素人考えなのでアレですけど。

おもしろいつまらない以前に、何をやりたいのかわからない、といった印象。だから切るに切れないというか、文句を言うなら見るなって言うその文句をどうぶつけて良いのやらというか。設定は面白いのに本当もったいない。

「カゲロウデイズ」はぶっちゃけ、二次創作として作られているPVの方が歌詞に沿ってるしわかりやすくて良かったなあと思ってしまいます。




じゃあまったくの駄作だったのかというとそういうわけでもなくて、良い点もありました。せっかくなのでつらつら挙げてみますと、



・異能力
目を〜する能力たち、本当、この設定はすごく良いと思うんですよ。例え厨二と言われようと自分は大好きです。いっそ異能力モノに走ってもらいたかったくらいです。

・エネの声
どのキャラも声が合うなあと思いました。中でもエネはぴったりですね! 言ってる内容はけっこう手酷いですけどw

・コノハ
キャラがすっっっごく好きです。遥もすきなんですけど、あのぼんやりした雰囲気ですさまじいことをやらかす天然っぷりが萌えます。あと、見た目も好み。

・貴音と遥
あの二人の回はすごく良かったですねー。展開もわかりやすかったし、二人ともニヤニヤするくらい可愛いし。ヘッドフォンアクターのゲーム世界も大好きです。動きまくってて爽快でわくわくしました。あと、つぼみちゃん可愛い。

・12話のアヤノ
お姉さん可愛い。超可愛い。シンタロー可愛いって言ってあげて。むしろ言わせて。






とまあ、こんな感じで。一部のシーンなどは良かったけど、全体としてみるとうーん……と思わされるアニメでした。
ここから小説や漫画にも手を出してねって言うことなんでしょうけど……この内容だと正直、手を出しにくいです。
とりあえず、前情報なしの視聴はおすすめしません。



なんやかんやで私は、ボカロのプロジェクトものは大体シリーズにせず個別の物語として見た方が良いなあと感じてしまう人なので……その辺りの反感が心のうちにあるせいかもしれませんね。
コンセプトアルバムで止まっていてほしい自分でした。

フリーゲーム「こちゅうの夏」感想

「殺すのではないから安心して欲しい」
無理な前置き。



えー、今回は夜天地図(nightsky.mimoza.jp)さんところのフリーゲーム「こちゅうの夏」(nightsky.mimoza.jp)の感想をつらつら書きますね。例のごとく、一部レビューっぽいかも。

一周に30分かからないくらいの短編、でも鮮烈に印象が残る作品でした。こちらの作者様のゲームはヤンデレが多いイメージでしたが、この作品はこう、一人の女の子の成長を見守る側面が強いように思います。そういう意味では一般向けでも十分通ずるなあと。

さて、良いなあと思ったところをば。




・痛ましくも美しいストーリー

わりと鬱展開です。痛い描写もあります。けれど、トゥルーエンディングを見ると読後感はかなり良いです。
しっかりと痛みを描写してくれる分、そこから出す結論も素敵に見えました。幸せになって欲しいなあ。
伏線を各所にちりばめているのも上手いです。ダイレクトなものもあればさらっとぶっちゃけてるところもあり、真相に気づいた後はなおさら面白く感じました。



・一工夫のCGモード

立ち絵のダウナーな感じがまず好きでして。これはサイト見てもらえればわかるかと思うのですが、ヒロインの髪の色合いが良いなあと思うのです。あとヒロヤの目つきの悪さな。ぱっと見怖そうな人がデレるの最高ですね。
で、本題CGモードなんですが。コンプすると、各イラストにコメントがついてきます!これは嬉しい、すごく嬉しい。初めは特に意識しなかったスチルも、改めて見るとしみじみ思うところがあります。
印象が変わったのは、ソファで寝転んでるあのスチルですね……ついてるコメントがすごく、こう、ぐっとなります。



・ED曲のタイミング

トゥルーエンド、と言っていいのかな、特定のエンドではエンディングが流れます。この曲のタイミングがまた凄く良いんですよ! ああここからエピローグなんだなーというのもわかるので、プレイヤーとしても助かります。心構えができます。



とまあ、こんな感じで。
鬱展開に耐性があって、シリアスものをプレイしたい方へ特におすすめしたいゲームでした。
追記ではお気に入りのエンドについてなどなど、ネタバレ込みで語るので、興味ある方は右下moreよりどうぞー。



同作者様の他フリーゲーム感想
「蒼き森の時使い」(mblg.tv
「公主月奇譚」(mblg.tv
続きを読む

フリーゲーム「戦友100人できるかな?」感想

「最前が旗を掲げ最後が看板を掲げる」
最後尾こちらでーすな前置き。



えー、今回は、しちやんさん製作のフリーゲーム「戦友100人できるかな?」(sitiyannohomepage.web.fc2.com)の感想を書きますね。

ウディタ製の、発想の勝利ゲー。数分で終わるので、「とりあえずDLしてみて!」と気軽に言えます。やったあ。

もう、これは紹介=ネタバレなもんなので、あえてぼかしぼかし書きますが。



まあね、始まってすぐに「えっ!?」ってなりましたよ。で、話しかけるとかがないことにさらにびっくりしましたね。町では「おまえもかブルータス」状態ですよ。

ところどころめっちゃ可愛いグラフィックの子がいるのもたまりません。



そして感動のエンドロール、初回プレイでは97人でした。ぐぬぬ。職場放棄と迷宮ギミックとダークネスシンボルを見逃していました。
エンドロールで意外な真実(名前)がわかるのも面白かったですw
生き別れの兄妹の今後が気になるところ。



とまあ、こんな感じで。
短くも笑える、良い意味でネタゲーでした。
前の記事へ 次の記事へ
ブログ検索
本棚