スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

3DS「デビルサバイバー オーバークロック」感想

「魔王と救世主と人間と猫のクォーターです!」
選択肢は多ければ多い方が良い前置き。



えー、今回はATLUSさんところの3DSソフト「デビルサバイバー オーバークロック」(以下デビサバOC)の感想をつらつら書きますね。

いやー、デビサバ2のアニメに感化されて買った結果、もう楽しくて楽しくて、やり尽くしました!
サバイバルアワードと悪魔全書コンプ、マッカとレベルもカンスト、プレイ時間100時間超えで、私にしては珍しくかなりやりこんだ方です。ま、まあ上級者から見るとしょぼいんだろーけども、それでも達成感です!


やりたいなあやりたいなあと思いつつ、アトラスのゲームはデビチル以外やったことがなかったので、色々と新鮮でした。何が良いって、けっこうダークな展開が多いこと! デビサバOCはリメイク作品なので、後日談でちょっとは救われる展開になりますが、これ元々7日目でエンディングだったんだよなあと思うと鬱展開がわりと多くて大変おいしいです。メインキャラっぽい人も油断すると遠慮なく死にます。

ゲーム性も高くて面白いです。淡々ゴリ押すだけでなく、ミッションクリアに頭を使うこともあって、飽きずにどどどっとやれた気がします。
この手のゲームでレベル上げが苦にならないって凄いと思うんだ、うん。
レベル上がる→新しい仲魔が作れる→レベル上げ楽しい!ってなります。

初めは力と体にガン振りしてましたが、むしろ他の二つの方が重要だったっぽいですw
まあ、ルート分岐のおかげで何周もできるので、色々育成も弄れて、思考錯誤ができました。


あと、魅力としてはルート分岐によって色々な終末もとい結末が楽しめること。
お気に入りは、救世主ルートと殺戮ルートかな。
救世主ルートでは、想像以上にアマネが忠実な部下っぽくなって、なんかこう、たまらん可愛かったです。8日目のナオヤにも王道ながら胸が熱くなりましたねぇ。
殺戮ルートは、主人公の選択肢が突き抜けてて楽しかったです。思う存分悪に走れる感じが、あまり他のゲームでは味わえなくて新鮮でした。あの悪い顔の立ち絵も好きです。




合併だの何だので存続にひやひやしていましたが、無事にアトラスとして継続してもらえて本当に良かったです。あとはデビサバ2BRを待つのみですね!





さて、追記では、ルシファー討伐の私的攻略メモを書いておきます。
というか自分が撃破した時の記念みたいな。まあ興味のある方はどうぞ。






続きを読む
前の記事へ 次の記事へ
ブログ検索
本棚