スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

フリーゲーム「TRUE REMEMBRANCE」感想

「忘れることと殺すことの違いがわからないの」
変わりない前置き。



えー、今回は里見しばさん(true-re.sakura.ne.jp)ところのフリーゲーム「TRUE REMEMBRANCE」(true-re.sakura.ne.jp)の感想をつらつらと書きます。途中レビューっぽくなってるかも。
ジャンルはノベルゲーム、選択肢は無しの一本道です。

とりあえず、魅力的だなあと思った点を挙げていきますね。




・物哀しくも優しい雰囲気

セツナ病、という病を癒すために街で過ごす少女と、案内人の青年のお話。
二人の日常がゆったりと過ぎていく様子が描かれていて癒されます。街の描写や季節感がどこか退廃的で、何とも言えず切なくなることも。



・章立てで広がるストーリー

日常、と書きましたが決して動きがないわけではありません。新しいキャラと触れあったり、キャラの過去が深まったり。章ごとの起承転結や、話の深め方が上手だなあと思いました。
メインキャラとの出会い→お客様について→封士について→サブキャラと過去話→……といった具合に、順番に作品の世界観やキャラの背景事情などを知ることができます。おかげで理解しやすく、感情移入もしやすかったです。



・珍しいキャラ名

DQNネームというわけではないのであしからず。
主人公は「黒目」、ヒロインは「ラ」。「右手」という方もいます。
ラが出て来た時はびっくりしましたねー。一文字!? みたいな。といっても、彼女の名前には(明言はされていませんが)素敵な由来もあります。初めこそ驚きましたが、終盤にはすっかり愛着がわいてしまって、私も呼んでみたいなー、なんて思ってしまいましたw



OPやEDはなんと曲付きで、終わった時はなんだかじんわりと涙が出てきました。
儚くて切ない、かつ、最後は明るく前向きなお話でした。

フリーゲーム「Alice mare」感想

「原因はある、だがそれが悪いとは限らない」
責めきれない前置き。



えー、今回は、Star Vlasta(miwasiba.iinaa.net)さんところのフリーゲーム「Alice mare」(alicemare.chottu.net)の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。
フリーホラーゲームとありますが、後から作者さんが「テンションさげさげー」と評しているように、恐怖より鬱展開の要素の方が強いです。そうです、鬱展開です。やったね。
ウディタのゲームなので、そちらのDLも忘れずに。全コンプに2時間ちょっとかかりました。ただ、謎解きで遠慮なくチートこと攻略丸読みをした結果なので、実際のところはもっとかかるかなーと思います。



では、まず良かった点を。


・童話モチーフの鬱展開

オリジナルストーリーと、童話を元にしたエピソードが良い感じに混ざりあって、メルヘンダークな雰囲気になっています。私みたいに童話が好きな方は特に楽しめるかと。
可愛い少年少女達が絶望に追い込まれていく様は大変に萌えますね、はい。
解釈をプレイヤーにゆだねて終わり、といったエンドもあるので、考察しがいがあります。まあ、この辺の詳しくは追記で語るとして。


・可愛いキャラクター

これはサイトの方を見てもらえばわかるかと思うんですが、作者さんが絵の方面で色々活躍しているのもあって、キャラデザがとっても可愛いです。台詞枠の右側に出てくる皆が可愛くて、ついつい色々話しかけにいってしまったり、変わってしまった姿にぞくぞくしたり。
出てくる子たちは皆、心に闇を抱えています。これがまた良いスパイスとして、キャラを魅力的にしてくれてる気がしますねぇ。


・てとリス

はい、某有名パズルゲームが楽しめます。すごい!
落ちてきてすぐの時に回転ができなかったり、本家と比べると多少不具合は感じるところもあります。とはいえ、おまけ要素ですし、ちょっとした暇つぶしには最適です。
ちなみに自分は30レベルまでいって、褒められました。特にアイテムとかは無かったんですが、これより高レベルになるとどうなんでしょう。最大何レベルまであるんでしょうね?
なんにせよ、斬新なおまけでしたw





惜しいなあと思った点



・操作性

ウディタは斜め移動もあって、操作キャラがけっこうぬるぬる滑って動くんですよね。なので、半マス分の移動がよく起こるんです。でも、ゲーム内では「狭い道を進む」とか「一マス一マス確かめる」とかいったことがちょくちょく出てくるので、それで妙なやりにくさを感じてしまいました。
当たり判定を広くすればまた変わってくるかなあ。こういうギミックはツクールに向いているかなーと思います。



・エンディングのぶった切り感

ED1~5はどれもこう、ここからエンディングですよーっていう感じがなくて、「えっこれで終わり?」となってしまいました。まあ、トゥルーじゃないと考えればこの感じも仕方ないのかも。
施設に戻ってきてからの動きを全部オート化にするとかしたら、あの間延び感はなんとかなりそうかなー、なんて。
あっでも、エンディング絵が全て違うのは素敵です! 物語性のある一枚絵になっていて見惚れました。



・指示が紛らわしい

例えば、「右側の本棚を調べて」という時に、右下にも右上にも本棚がたくさんあってどれを調べればいいのかわからなかったり。「小さい順に入力」というので、一つずつ入れるのかと思いきや、小さい順に並べて入力という意味だったり。
細かいようですが、こういうあいまいな指示が多くて戸惑いました。私の察しが悪いだけといえばそれまでですけれども。



・無駄なマップがちらほら

広めの設定にしてあるのに、使われていない部屋や、広さのわりにイベントの少ない場所があって、もったいないなあと思いました。
挙げるなら、ROOM101がまず気になったのですが、結局解放されないままという。今後のアップデートに取り入れられるのかもしれませんけど、うーん。シロウサギに会う前の、クローゼットの通路にしても、あの部分必要だったかなと思うんですよねぇ。あのクローゼットがチェシャのものとかだったら面白かったんですが。
あと、扉がすんごいわかりづらいです。おばあさんの家とかな。
マップチップの色合いやデザインが素敵なぶん、本当に惜しいです。お菓子の家住みたい……。





とまあ、こんな感じで。
雰囲気とキャラは最高、ストーリーは鬱展開好きには嬉しい、システム面はちょっと残念。といった印象でした。
やっぱり鬱展開好きとしては楽しめましたし、メルヘンダークが好きな方には全力でオススメします。


さて、追記では各キャラクターの感想や考察をつらつらと書いていきますね。興味のある方は右下moreよりどうぞ。ネタバレ一切気にしていないので、未プレイの方は注意です。



同作者様の他フリーゲーム感想記事↓
『LiEat』(mblg.tv
続きを読む
前の記事へ 次の記事へ
ブログ検索
本棚