スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

フリーゲーム「ブラックオクトウバー」感想

「仲間外れはなぜか責められるべき対象となりうる」
排他的な前置き。


えー、今回はヲサカナソフトさん(wosakana.com)ところのフリーゲーム「ブラックオクトウバー」(wosakana.com)の感想をつらつらと書きますね。例にもれずレビューっぽくもあるかも。
ノベルゲームです。長さは中編になるのかな? ラストまで2時間くらいかかりました。
まだ十月は先ですが、せっかくなので今の時期にDLしてみるのもいいかも。



プレイして思ったのが、こう、引きこむ力が凄いなあと。
超秀才が通う学校での事件が舞台で、まず初めにその学校の特殊さを語っていく形でストーリーが進みます。何なんだろう、筆力かな、すごく読みやすくて、つつつっとテンポよくその設定に入り込めました。


前半はチャットでの会話がメインになります。チャットメンバーは主人公合わせて5人。キャラが立っていて、チャットがすごくリアルに進んでいくので、読んでてこっちもわくわくしました。
後半はとある事件が起きた後、チャットメンバーが全員顔を合わせてからのお話。それぞれ、誰がどのHNを使っていたのかはわかりません。しかも、集まったのは6人。1人多いのです。
となると自然、誰がどのHNを使っていたのかとか、誰がチャットの部外者なのかなどなど、糾弾の形に話が進んでいくのですが………。そこで主人公が出した結論が、私には新鮮で、かつ感動的でした。その発想は無かった。すごい。人狼が始まるかと思ったらそんなことはなかった。



ただ、ラストが拍子抜けと言うか、ちょっとそれまでのドキドキがあっさり畳まれてしまった気はしましたね。ううん、でも、この辺りの違和感は、主人公の考えに私が追いつけなかったから出てきたものかもしれません。とにかく、最後までテンポが良い作品でした。
途中のエピソードが非常に暗くてなんというかもう良質な鬱展開で、この辺りでも大変満足です。で、そのわりに終わり方は非常に明るいです。これもまた、救いがあって良いかなと。川井君のことを考えると少々しこりが残りますが……。全てが綺麗には解決しきれない辺りもリアルで良いかな、なんて。




ちなみに自分が予想していたHNはことごとく外れていました。うう悔しい。
チャットでの皆も、リアルでの皆も、キャラがしっかり立っていて良かったです。嫌なところもきちんと書いてあったのが好印象。だからこそ、キャラが引きたって魅力的に感じたのかなとも思います。
個人的には児島君がお気に入り。ああ不器用なだけなんだろうなあと思って、たまらなくなりました。





シリアスや暗い話に抵抗が無くて、青春ミステリっぽいのを探しておいでる方に、オススメです。

フリーゲーム「ヤンデレラ」感想

「毎日同じものだと飽きちゃうから、ねぇ」
キープを増やしておきたい前置き。



えー、今回は、CHARON(nekocharon.web.fc2.com)さんところのフリーゲーム「ヤンデレラ」(nekocharon.web.fc2.com)の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。
タイトルはもう、ヤンデレ好きなら一度は考えてみるようなもんですね、はい。要はヒロイン二人ともヤンデレです。プレイ時間は1時間くらい。ツクール製のノベルゲーという感じです。
微えろくらいの描写と、流血表現、そして行為だけですが過激なグロ要素を含みます。女性向けの感覚だとR15くらいになると思うんですが、公式で年齢制限は用いられていない模様。まあ、



特徴的な点を以下に挙げていきますね。




・可愛いドット絵

この作者様のゲームには常に述べている気もしますが、相変わらず立ち絵が可愛らしいです。特にこのヤンデレラでは、女の子のアップ画像が多いので、彼女達に直接話しかけられているようなドキドキ感があって大変楽しいです。ドキドキ、二重の意味で。
スチルも可愛くて、ヒロインを押し倒す展開のところなんてもう丁寧です。ありがとうございます。あっ、とはいえ、本番まではいかないのでエロ苦手な方や18歳未満の方もご安心ください。
また、今回の主人公、やたろーくんはイケメン設定とのことで、半分だけですが凛々しいお顔が拝見できます。




・ネタと真面目の選択肢

やたろーの台詞は基本的に選択方式です。冷たくするor優しくする、ネタor真面目の選択肢がほとんどだったように思います。
主人公の動きを自分に合わせられるって言うのはADVの特徴なんでしょうけども、この選択肢がまた独特なんですよねー。
といっても、良い所だけではなくて、シリアスなシーンなのに選択肢で思わず噴き出してしまったこともありました。なので、物語に没頭したい人にはマイナス要素かな? ホラー要素を目当てにやっている人には、一服の清涼剤と言うか、恐怖が一部和んで良いのかもしれません。




・探索パート

ツクールなので、自分でキャラを動かすこともできます。
今作では今までの別作品で指摘されていたキャラ動作スピードが改善されており、ストレスは多少解消された印象でした。色んなものにやたろーの一言がついていたり、自販機に過去作のキャラが出ていたり、細かいところまでしっかり組みこめてあるのは良いと思います。
あー、ココアオーレ主役ないかなあ……




・淡々と進むストーリー

ヤンデレなので、まあ、激しい話の展開にはなるんですが、基本的に短文で淡々と進みます。やらかしてることは凄いけどそこまで怖くないのは、この淡白さのおかげかもしれません。
悪く言うならもっとねちっこく病んでほしい。
今回は特に、やらかす行為が過激なので、物足りない感じがしました。文章の冷静さがあっていないような印象です。

ついでに言うと、ラスト付近で見ようによってはメタな独白が入ります。これで急に現実に引き戻されてしまって、惜しかったです。斬新と言えば斬新なんですけれども。
うーん、それともループやパラレルネタを狙っての文章だったのかなー……。そう考えると面白いかもしれません。





とまあ、こんな感じで。
少し苦言が多めになりましたが、ヤンデレ萌えという面だけとると、同作者様の今までの作品の中では一番それらしいんじゃないかと思います。
ヤンデレ萌えをこじらせたあなた、是非どうぞ。



追記では、ヒロイン二人と各エンドの感想をちょっと書きますね。
ネタバレになりますが、気にならない方は右下moreよりお進みください。





同作者様の他のフリーゲーム感想記事
「みことにっき」(mblg.tv) 
「みっくすおれ」(mblg.tv) 
「赤ずきんダークサイド」(mblg.tv
「まことメビウス」(mblg.tv
「みるひおれ」(mblg.tv
続きを読む

フリーゲーム「帝国魔導院決闘科」感想

「皆が無関心で無言で無秩序の中、君だけが目指したんだ」
そしていつか、世界を救えるような気がする前置き。



えー、今回は川崎部さんところのフリーゲーム「帝国魔導院決闘科」(www.silversecond.com)の感想をつらつら書きますね。相変わらず、一部レビューっぽいかも。
問い合わせてみたところ、「川崎部」自体のサイトは無いそうなので、リンクはウディコンに繋げてあります。


このゲーム、ジャンルが何とはきっぱり言い切れません。まったくの新しいゲーム性が売りです。あえて言うなら、キャラゲー戦略ゲーかな? クリアにはそれなりに時間がかかったものの、ゲームシステム自体はスピーディなつくりなので、まさに時間を忘れてプレイできました。
通称ウディタで作成されており、第五回ウディコンにて見事総合1位を勝ち取った優秀作です。ぱちぱち。したがってツクール派の方は、ウディタDLの後にお楽しみくださいね。


さあでは、魅力的な点を挙げていきましょうか。






・一度負けてからが本番のバトルシステム

クラスメイト39人をぶっ倒すこと。これがゲームの主目的です。
しかし、その闘い方が一風変わっているんですね。というのも、闘う前に攻撃手段を決めておくんです。そして、一度負けたら次からは相手の使う術が事前にわかるようになります。

つまり、
術セット→闘う→負ける→敵の術に勝てる組み合わせで自分の術をセット→勝利!
というような流れ。

この術にも特徴があって、カウンターができたり力任せにぶったたいたり、相手に合うような技を選ばないといけません。そういうわけで、けっこう頭を使います。簡単に言ってしまうとパズルゲーム、らしいです。
勝てない敵には最悪ごり押しもできます。旅人さんはごり押しで頑張りました。すまない、こうするしかなかったんだ。





・6種の術を使い分け

上記のバトルシステムに加えて、術についてもう少し感想をば。
細かいかもなんですが、術によって名前を揃えてあるのが好きでしたねー。虚術の記号っぷりにはびっくりしました。
判定が自動成功の技には何度も助けられました。あと私はトリッキーなものが好きなので、カウンター系の虚術や、敵の力を奪う呪術がお気に入りでした。実際使ってたのは戦術が多い印象ですけれども。
それぞれの術に特徴があって、どれも使うべき時があり、大変楽しく技を組み合わせられました。
死に技や死にスキルが無いっていうのは昨今のゲームで珍しいと思うんだ、うん。




・個性が激しく豊かなキャラクターたち

39人という多さなのに、誰一人として個性が霞んでいません。それぞれに萌え属性や暗い過去や独特の魅力が備わっています。ここまでキャラを描き分けられるのは凄い、羨ましいです。
ケモミミ娘さんやモンスター娘さん好きには特に嬉しい仕様かも。あっ、もちろん、マスコット的キャラクターもいれば病んでる子もいますしカッコいいお兄さんやお茶目なおじさんもいますのでご安心を。どんな方がプレイしても、最低一人はお気に入りのクラスメイトができるんじゃないのかなあ。
ちなみに自分は、貴族さんが一番好きです。戦闘前の台詞の狂人っぷりに惚れました。
話し方としては狐さんの穏やか具合も素敵です。もふもふ!もふもふ!




・倒した相手から技を伝授

倒した敵の技が自分のものになるっていう展開すごい燃えると思うんですが皆様どう思われますでしょうか。
このゲーム、倒したクラスメイトと交流を深めることで技を伝授してもらえるようになります。技も上位のクラスメイトになってくるとどんどんチート化していくんですよ。時を止めたりめっちゃパワーが溜まったり。厨二病、なんて言うと失礼と感じる方もいるかもですが、ああいうチートとか俺TUEEE的な技、大好きです。しかもこれらが自分のものになるっていうんだから、倒した喜びもひとしおですね!
交流というところもポイントで、好感度がMAXになるとキャラの背景事情がわかるミニイベントが起こります。意外な一面や悲壮な過去が明らかになって、大変楽しめました。重い境遇のキャラもいまして、ねえ。鬱展開好きの同志たちよ共に喜びましょう。

技を手に入れると、キャラに関係する詩や独白が数行見られます。これもまた筆力があるというか、魅力的で、たまらん良いんです。これを読むためにキャラと交流していると言っても過言ではない。一覧とかあったら欲しいくらいです。
聖女さんのが特に印象的だったなー。




・ループする50日間

50日、というと長く感じるかもしれませんが、上述しましたようにこのゲームはとってもスピーディですので、実のところはちょうど良い長さです。戦闘はさくさく進んで、戦略はじっくり練ることができる。そしてタイムアタックを狙うと一巡がまさにギリギリで熱くなる。もちろん狙わずのんびりクリアもできる。
この、プレイヤーに合わせられる緩急の差も魅力かなあと思います。
あと単純に、私ループもの大好きなんですよ!
なのでテーマとしても凄く楽しかったです。
ループに気づいている人と気づいていない人がいるのもまた、キャラの個性を感じられて良いですねぇ。

そして、ノーマルエンドの演出。
あの終わり方はまさに、ループエンドにぴったりだと思います。少し呆然とはしましたが、じわっと切なさがこみ上げてきました。フォルダ見直した時のびっくり感も素敵。
とと、あんまり書きすぎるとネタバレになっちゃうので、この辺で。






とまあ、キャラクター・ゲーム性・プレイの快適感・演出、どれも素晴らしい作品でした!
未プレイの方には、そりゃもう全力でオススメしたいと思います。


readmeに決闘のルールがまとめて書いてあって、もしかするとややこしそうだと感じた方がいるかもしれませんが、大丈夫です。
・「●●対決」は相手より●●のステータスが高ければ技発動
・「自動成功」はステータス関係なく発動
さえわかっていれば、あとはやりながら覚えられると思います。


あと、主人公の属性について。
私は虚術属性を選びましたが、基本どの属性を選んでもクリアに支障ないです。どうしても悩む人にはステータス補正の恩恵を受けられる分、剣・魔・戦の中から選ぶのをオススメします。個人的な好みとしては、どかんと一発デカイのかませる魔術を勧めたいですね♪





ちなみに追記からは軽い攻略メモを書いておきますね。気になる方は右下moreからどうぞ。ネタバレありです。


続きを読む
前の記事へ 次の記事へ
ブログ検索
本棚