スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

フリーゲーム「ブラックオクトウバー」感想

「仲間外れはなぜか責められるべき対象となりうる」
排他的な前置き。


えー、今回はヲサカナソフトさん(wosakana.com)ところのフリーゲーム「ブラックオクトウバー」(wosakana.com)の感想をつらつらと書きますね。例にもれずレビューっぽくもあるかも。
ノベルゲームです。長さは中編になるのかな? ラストまで2時間くらいかかりました。
まだ十月は先ですが、せっかくなので今の時期にDLしてみるのもいいかも。



プレイして思ったのが、こう、引きこむ力が凄いなあと。
超秀才が通う学校での事件が舞台で、まず初めにその学校の特殊さを語っていく形でストーリーが進みます。何なんだろう、筆力かな、すごく読みやすくて、つつつっとテンポよくその設定に入り込めました。


前半はチャットでの会話がメインになります。チャットメンバーは主人公合わせて5人。キャラが立っていて、チャットがすごくリアルに進んでいくので、読んでてこっちもわくわくしました。
後半はとある事件が起きた後、チャットメンバーが全員顔を合わせてからのお話。それぞれ、誰がどのHNを使っていたのかはわかりません。しかも、集まったのは6人。1人多いのです。
となると自然、誰がどのHNを使っていたのかとか、誰がチャットの部外者なのかなどなど、糾弾の形に話が進んでいくのですが………。そこで主人公が出した結論が、私には新鮮で、かつ感動的でした。その発想は無かった。すごい。人狼が始まるかと思ったらそんなことはなかった。



ただ、ラストが拍子抜けと言うか、ちょっとそれまでのドキドキがあっさり畳まれてしまった気はしましたね。ううん、でも、この辺りの違和感は、主人公の考えに私が追いつけなかったから出てきたものかもしれません。とにかく、最後までテンポが良い作品でした。
途中のエピソードが非常に暗くてなんというかもう良質な鬱展開で、この辺りでも大変満足です。で、そのわりに終わり方は非常に明るいです。これもまた、救いがあって良いかなと。川井君のことを考えると少々しこりが残りますが……。全てが綺麗には解決しきれない辺りもリアルで良いかな、なんて。




ちなみに自分が予想していたHNはことごとく外れていました。うう悔しい。
チャットでの皆も、リアルでの皆も、キャラがしっかり立っていて良かったです。嫌なところもきちんと書いてあったのが好印象。だからこそ、キャラが引きたって魅力的に感じたのかなとも思います。
個人的には児島君がお気に入り。ああ不器用なだけなんだろうなあと思って、たまらなくなりました。





シリアスや暗い話に抵抗が無くて、青春ミステリっぽいのを探しておいでる方に、オススメです。

フリーゲーム「ヤンデレラ」感想

「毎日同じものだと飽きちゃうから、ねぇ」
キープを増やしておきたい前置き。



えー、今回は、CHARON(nekocharon.web.fc2.com)さんところのフリーゲーム「ヤンデレラ」(nekocharon.web.fc2.com)の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。
タイトルはもう、ヤンデレ好きなら一度は考えてみるようなもんですね、はい。要はヒロイン二人ともヤンデレです。プレイ時間は1時間くらい。ツクール製のノベルゲーという感じです。
微えろくらいの描写と、流血表現、そして行為だけですが過激なグロ要素を含みます。女性向けの感覚だとR15くらいになると思うんですが、公式で年齢制限は用いられていない模様。まあ、



特徴的な点を以下に挙げていきますね。




・可愛いドット絵

この作者様のゲームには常に述べている気もしますが、相変わらず立ち絵が可愛らしいです。特にこのヤンデレラでは、女の子のアップ画像が多いので、彼女達に直接話しかけられているようなドキドキ感があって大変楽しいです。ドキドキ、二重の意味で。
スチルも可愛くて、ヒロインを押し倒す展開のところなんてもう丁寧です。ありがとうございます。あっ、とはいえ、本番まではいかないのでエロ苦手な方や18歳未満の方もご安心ください。
また、今回の主人公、やたろーくんはイケメン設定とのことで、半分だけですが凛々しいお顔が拝見できます。




・ネタと真面目の選択肢

やたろーの台詞は基本的に選択方式です。冷たくするor優しくする、ネタor真面目の選択肢がほとんどだったように思います。
主人公の動きを自分に合わせられるって言うのはADVの特徴なんでしょうけども、この選択肢がまた独特なんですよねー。
といっても、良い所だけではなくて、シリアスなシーンなのに選択肢で思わず噴き出してしまったこともありました。なので、物語に没頭したい人にはマイナス要素かな? ホラー要素を目当てにやっている人には、一服の清涼剤と言うか、恐怖が一部和んで良いのかもしれません。




・探索パート

ツクールなので、自分でキャラを動かすこともできます。
今作では今までの別作品で指摘されていたキャラ動作スピードが改善されており、ストレスは多少解消された印象でした。色んなものにやたろーの一言がついていたり、自販機に過去作のキャラが出ていたり、細かいところまでしっかり組みこめてあるのは良いと思います。
あー、ココアオーレ主役ないかなあ……




・淡々と進むストーリー

ヤンデレなので、まあ、激しい話の展開にはなるんですが、基本的に短文で淡々と進みます。やらかしてることは凄いけどそこまで怖くないのは、この淡白さのおかげかもしれません。
悪く言うならもっとねちっこく病んでほしい。
今回は特に、やらかす行為が過激なので、物足りない感じがしました。文章の冷静さがあっていないような印象です。

ついでに言うと、ラスト付近で見ようによってはメタな独白が入ります。これで急に現実に引き戻されてしまって、惜しかったです。斬新と言えば斬新なんですけれども。
うーん、それともループやパラレルネタを狙っての文章だったのかなー……。そう考えると面白いかもしれません。





とまあ、こんな感じで。
少し苦言が多めになりましたが、ヤンデレ萌えという面だけとると、同作者様の今までの作品の中では一番それらしいんじゃないかと思います。
ヤンデレ萌えをこじらせたあなた、是非どうぞ。



追記では、ヒロイン二人と各エンドの感想をちょっと書きますね。
ネタバレになりますが、気にならない方は右下moreよりお進みください。





同作者様の他のフリーゲーム感想記事
「みことにっき」(mblg.tv) 
「みっくすおれ」(mblg.tv) 
「赤ずきんダークサイド」(mblg.tv
「まことメビウス」(mblg.tv
「みるひおれ」(mblg.tv
続きを読む
前の記事へ 次の記事へ
ブログ検索
本棚