フリーゲーム「ミノルカブルー・アンブレラ」感想

「そう、例えば彼女にプレゼントするような気分で」
傘を選ぶ心境が気になった前置き。



えー、今回はcholian(1288.web.fc2.com)さんところのフリーゲーム「ミノルカブルー・アンブレラ」の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかもしれません。
ジャンルは女性向けノベル、プレイ時間はおまけも含めて15分くらいでした。



面白いなーと思ったのは、



・キャラの登場のしかた
アンブレラ、に合わせてキャラの顔グラも傘状のウィンドウに出てくるんですが、この出し方がまた可愛らしいんです。こう、くるっと回ってぱん、みたいな、まさに傘ぴったりの演出で、凝ってるなあと思いました。
場面切り替えも、波紋みたいになったり、色がぼやけていったりして、水らしさにこだわっている感じを受けました。素敵だなあ。


・年の差!
主人公がけっこう年上というのはあんまり出会ったことのない設定なので、新鮮でした。大人の余裕とかね!一方背伸びしたいお年頃とかね!良いですね!新しい扉開いた気がします。


・花矢さん
良い動きしてくれてる魅力的なキャラクターだと思います。MVP的な。彼を間に置いてワンクッションから距離を縮めていく、このもだもだする感じがたまらなくときめきますね!

・喫茶店ベル
他のゲームもやっている人からしたら、にやりとできる小ネタです。




残念だったのは、




・一部文字が見づらい
実写背景の上に文字が出る時が時々あって、もちろん背景はぼやかしてはあるんですが、それでもちょっと見づらかったです。走→黒、迎→白、にしてあるんだろうとは思うのだけど……。


・視点切り替えで戸惑う
一周目がモノローグで終わったので、「えっこれで終わり!?」と焦ってしまったのがまず一つです。
色んな視点で話を終えるのは楽しいんですが、そのぶん一貫性に欠けてしまうのが難点ですねぇ。特に花矢さんの視点の重要さがよくわからなかったのもあるし、ちょっとそれぞれの切り方が雑っぽく感じてしまいました。




とまあ、こんな感じで。



おまけシナリオの迎さんの話し方がツボです。
脳内で色々と考えてから、結論だけを言う辺り、なんか迎さんはB型っぽいなーと親近感を覚えました。勝手ながら。

相変わらずイラストは綺麗で演出も凝ってらっしゃいますし、さくっと気軽に手をつけることができるので、短編ゲーをお探しの方におすすめです。






同作者様の他のフリーゲーム感想記事↓
「うつむき少女〜みんなまとめて病みなさい〜」(http://mblg.tv/shiki3/entry/105/
「赤ずきんくんとおおかみちゃん」(http://mblg.tv/shiki3/entry/110/

フリーゲーム「排気ガスサークル」感想

「君はどんな表情を付ける?」
きゅうと口元をあげてみせる前置き。



えー、今回はDONZU(kiz.iinaa.net)さんところのフリーゲーム「排気ガスサークル」(haigasu.moryou.com)の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。

ジャンルはアドベンチャー。私は1周クリアつきに2時間弱かかりました。なぜ一周につきなんてややこしい書き方なのかは、まあ、おいおい語るとして。
このゲーム、雰囲気も設定も大変斬新です。というわけで、魅力的だと思ったところをまず挙げていきましょう。




・モノクロと仮面の世界

キャラクターと世界観がすっごく独特です。画面はモノクロなのにセンスにあふれていて、どのキャラクターも性格込みで魅力的、見た目もアーティスティック。まさに別世界ンい迷い込んだ感じがして、どっぷりとあの世界に浸かれました。
雰囲気は退廃的ですが、熱いキャラもいる辺りがアングラとは言い切れずまた別口で面白いです。



・ぬるぬる動くアニメーション

一枚絵や、動くイラストがかなり多いです。OPから、こう、flashアニメ(?)を見ているような気分でした。しかも絵が上手なもんだから、見惚れちゃいますね。



・仮面によって変わる能力

戦闘ありのゲームというと、五大元素みたいな感じで属性が付くゲームが多いと思うんですが、このゲームの属性はちょっと変わっています。というのも、喜怒哀楽+愛。そして装備する仮面によってこの属性を選べれます。
仮面を変えるともちろん主人公の顔も変わるわけで、かなり印象が違って見えて面白かったです。私は怒の仮面が好きかなー。逆に楽の仮面は、その、あんまり使ってあげられなかったもんで……うん。
主人公のパートナーも大幅にデザインが変わるので、色々と試してみちゃいました。立ち絵まで変わるのは嬉しいですね!
仮面を変えると使える能力も変わります。愛の仮面が強すぎて他がかすんでしまうのは惜しいですが、システムとしては凄く斬新で良いと思いました。



・一緒に成長するパートナー

序盤で、主人公のパートナーとして影さんが仲間になります。
この影さんが可愛いのなんのって!
序盤は全然言葉が通じなかったのに、だんだんカタコトで会話ができるようになって……という風に、進行によって成長していってくれます。物語で一番長く一緒にいる子なので、愛着もわいて、なんだかすっごく微笑ましかったですねー♪
その分、終盤は面影の無さに寂しくもなりましたが……そういった切なさもまた醍醐味です。



・影やヒヨスの考えさせられるエピソード

戦闘があるのでボス戦もあるわけなんですが、その際のイベント会話がまた良いんですよねぇ。大きい影と小さい影の話には、ぞっとしましたし、かくれんぼについては結局影がどうなったのかわからないハラハラを味わいつつ鬱展開の香りを楽しみました。
ヒーラーの語りにも思うところがあって、こう、しみじみとしましたね……。






ちょっと不便だった点としては、





・完全ランダムで必勝法の無い戦闘

これにつきます。じゃんけんという戦闘方法は大変面白かったんですが、あまりにもランダム性が高すぎて……。パターンでもあれば良かったんですけど、どうもなさそうなんですよねぇ。特に相手が回復持ちだとなっかなか戦闘が終わらなくって困りました。



・回収が難しいエンド

サイトでヒントを書いて下さっているので良心的ではあるんですが、いかんせん判断が難しく……実質後半になるまで分岐がわからないので辛いです。
初めに白い男エンドを見たので、グッドエンドを目指していくつか選択肢をさかのぼっていたんですけども。どれが良い選択肢なのかヒントだけではさっぱりわからず、1ルートをひたすら4時間ほど繰り返す派目になってしまって、上記の戦闘に耐えるのがだんだん嫌になってしまって、諦めてしまいました……。
本編が面白いし気になるのは確かなんですけど、うーん。





とまあ、こんな感じで、後半はうだうだと言ってしまいましたがかなり良いゲームだったと思います。何が凄いってそもそもLivemakerでこんながっつりしたシステムを組み込めるって言うのが凄いですよね。
なんとなーく、廃墟とかの雰囲気が好きな人は好きそう。

世界観がしっかりしていて、ビジュアルにこだわる方に是非おすすめしたい、一風変わった作品でした!

フリーゲーム「ノスタルジアは安寧の海に」感想

「綺麗な尾を失って愛を手に入れましたとさ」
美しいおとぎ話な前置き。


えー、今回はゆうあかり(light77.sakura.ne.jp)さんところのフリーゲーム「ノスタルジアは安寧の海に」の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。
ジャンルは女性向けノベル、フルコンプまでは大体1時間半ほどかかりました。

いつものゆうあかり作品よりはヤンデレ度薄めですが、一般から考えるとちゃんと病み要素あるのでご安心ください。 糖度はむちゃくちゃ高いです。びっくりの甘さです。

けっこうキャラが皆強引で話を聞いてくれないので、その辺り私はちょっともやもやしてしまいましたねぇ。まあギャグっぽくはあるんですけども。
全体的な色合いが淡くて、カラーリングも人魚らしいというか夏にぴったりな雰囲気でした。
ああいうグラデーション好きなんですよねぇ。
背景も色々加工してあるみたいで綺麗です。


こんな感じで、ヤンデレ耐性が一応あって、甘めの恋愛ゲームをしたい方におすすめします。

さて、追記ではキャラクターについてネタバレありでちょろっと語りますね。
興味のある方は右下moreからどうぞ。




同作者様の他フリーゲーム感想記事↓
「裏表カナリア041」(mblg.tv
「裏表マオウサマ037」(mblg.tv
「小夜時雨に嗤う鬼」(mblg.tv)←シナリオのみ同作者様
「恋情過多のユーフォリア」(mblg.tv
続きを読む

フリーゲーム「まことメビウス」感想

「さすがに八回は多くないかい?」
うっかり言ってしまう人が現れないようにした前置き。



えー、今回は、CHARON(nekocharon.web.fc2.com)さんところのフリーゲーム「まことメビウス」(nekocharon.web.fc2.com)の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。

ジャンルは、ホラーADV、とありますが、ホラーというよりは狂気とか鬱展開メインかな。ツクール製でクリアまで30分くらいの短編です。エンド条件もサイトに載せてくれています。特定のエンドを迎えたら、部屋の中のアイテムが増えて、新しいエンディングに行ける仕様みたいです。


魅力としては、

・相変わらずの可愛く怖いドット絵

はい、この作者様恒例の怖い女の子が楽しめます。絵が可愛いからと言って油断してはいけません。 エンド2にびっくりしました。ちょっと固まりました。はい、油断してはいけません。 まことさんのキャラデザが大変好みなので、落差に惚れ惚れしました。
ああいう清楚っぽい子は良いですよね。なのにお胸がふくよかなのも良いですよね。はい。
何故わかるかはご察し下さい。


・鬱展開

救いのあるエンドがほとんどありません。
ありがとうございます。
トゥルーエンドでわたろーの独白とシンクロしているのが印象的でした。あそこで安易に泣いたりせずに、あくまでクラスメイトの距離を保っているのが好きです。こう、突き離されるような感じの終わり方が好きです。




とまあ、こんな感じで、いつもの狂気でした。
今作はとくぎ欄に注目すると、ちょっと新しいことがわかって面白いですね。
ループものはよく見ますが、メビウスさんの輪という発想は珍しくて良かったなあと思いました。
まこととわたろーなのは、みことにっきのみこととまたろーに引っかけてるのかなー、なんて。


狂気と女の子、シュタゲやまどマギみたいなループもの、鬱展開、などがお好きな方にオススメ致します。




同作者様の他フリーゲーム感想記事
「みことにっき」(mblg.tv
「みっくすおれ」(mblg.tv
「赤ずきんダークサイド」(mblg.tv

フリーゲーム「赤ずきんダークサイド」感想

「悪い子と悪いこと」
闇に落としてしまう前置き。


えー、今回は、CHARON(nekocharon.web.fc2.com)さんところのフリーゲーム「赤ずきんダークサイド」(nekocharon.web.fc2.com)の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。

ジャンルは、ホラーADV。ツクール製でクリアまで1時間ほどかかりました。ただエンド分岐は簡単で、完全攻略もサイトにありますので、さほど手間取りはしません。ストーリーも、エログロありの後味悪いエンドがメインです。



というわけで魅力としては、

・エログロ鬱展開

ダークサイドと称してある通り、ダークなオチが多いです。鬱展開好きには嬉しい仕様です。エンド1とエンド4でキャラへの印象がくるっと変わるのも面白かったですねぇ。BADENDのタイトルも皮肉が効いていて印象的です。
やっぱりエンド3が好きだなー。



・可愛いイラスト

公式サイトを見るとおわかり頂けるかとは思いますが、主人公ちゃんが可愛いです。たまらん可愛いです。終始暗い表情なのも可愛いです。ああいう無表情っぽい感じと言うか生気のない女の子すごい可愛いと思います。
相変わらずとくぎ欄にも遊び心があって良いなあ。



・マップの移り変わり

赤ずきんが歩き進んでいくと、だんだん夜が更けてきたり、こわ〜いオオカミさんの声が聞こえてきたり、雨が降ったりします。進むだけのマップも楽しめる仕掛けですね。こういうマップの演出はなんだかんだでわくわくするもんです、はい。
不気味さとしての演出は最高でした。




逆にちょっと不便だった点も挙げておきますと、



・スローテンポ

OPの文字送りや、赤ずきんの移動スピードがとにかくゆっくり。早歩きや文字送りスピード変更が無いのです。ああもったいない。
まあ、さくっと終わってしまうのも惜しまれはしますし、ある意味じっくり楽しめはするんですが……。ちょこっとストレスになるのは避けたいですねぇ。もう数秒早ければ良かったのになーと思いました。




とまあ、こんな感じで。
童話ものや、鬱展開というか後味の悪い展開がお好きな方にオススメします。





同作者様の他のフリーゲーム感想記事
「みことにっき」(mblg.tv
「みっくすおれ」(mblg.tv
「まことメビウス」(mblg.tv
前の記事へ 次の記事へ
ブログ検索
本棚