フリーゲーム「デンシャ」感想

「まもなく終点、お忘れ物はございませんか?」
次の旅路はどちらへ行こうか悩む前置き。




えー、今回は小麦畑(wheat.x0.to)さんところのフリーゲーム「デンシャ」(wheat.x0.to)の感想をつらつらと書きますね。

演出とギミックが面白いゲームでした。
ジャンルは謎解き探索で、ウディタのゲーム。クリアまで私は3時間ほどかかりました。察しが良い人ならそれこそ1時間くらいでクリアできるんじゃないかなあ。

とりあえず、良かったところを挙げていきますね。
根本部分は触れませんが、一応ネタバレ注意でお願いします。





・細かな演出

文字がぶわぁっと雪崩れるように出てきたり、要所要所で特定のことを連想させるSEが鳴ったり、ゲームで使える聴覚視覚をフルに生かしてつくられています。OPの勢いについ呆然とさせられてしまいました。
ゲーム開始画面もおしゃれです。というのも、始だと朝、続だと昼、終だと夜、といった具合に背景と主人公の少年が変わっていきます。これ、気づいた時には思わずガッツポーズしちゃいましたね。すごいっ。
EDにもぞくっときましたね。煽るような曲と、台詞無しながらも意図が十分推測できるようなマップチップ、そして一方通行の切なさ……。雨のシーンでちゃんと傘を差しているのがツボでした。




・謎解きギミック

デンシャにはそれぞれ何号車かのパネルがあります。
それを裏返したり回転させたりして、ワープしていくのが基本になっていきます。例えば12→21、みたいな感じ。このシステムがシンプルながらも斬新で面白かったです!
私なんかはけっこう迷子になってしまいましたがw 常時、画面下にマップが出てくれるのも嬉しかったですねー。これマップ無しだと覚え切れませんもの。
アイテムにも隠喩的なものが多くて楽しめました。虎がバターになるのは……おなじみですね。




残念なところは、
演出のせいで一部画面が見づらかったところくらいですかねぇ。でもあの溢れる感じが雰囲気を高めているような気もするので難しいです。




全体的なストーリーも、特にEDの勢いに押されて、なんとも言えない寂寥感が残る良い話でした。




とまあ、こんな感じで。
日本を味わいたい方、謎解きゲームがお好きな方、ちょっと変わった雰囲気のゲームを探している方、是非ともプレイしてみて下さい!

アニメ「DEVIL SURVIVOR2 the ANIMATION」感想

「神の与え給うたチャンスを幾度無駄にすれば人は学ぶのか」
最後には神すら殺す前置き。



えー、今回はアニメ「DEVIL SURVIVOR2 the ANIMATION」の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。
原作は未プレイです。というか、アニメの1話に惚れこんでデビサバOCを買ってしまいました。ゲーム超楽しすぎるんですが、まあこっちの感想は追々ということで。


うーん、どうしても消化不良なところが見られるアニメでしたねぇ。
それこそ1話のわくわく感は凄かったんだけどなあ。後半になればなるほど幻滅してしまいました。なので、感想も辛口です。




良かったところとしては、


・安定した作画

作画崩壊も無く、バトルもしっかり動いてくれて、作画に関してはむしろ高水準だったと思います。アルコルやヤマトのアップ顔がかっこよかったなあ。あとケットシー登場時の動きが超ツボです。真似したい。


・中の人の演技

あんまり声優さんには詳しくないのですが、演技の上手な方が多かったように感じました。けっこう、キャラが窮地に立たされたり絶叫したりする、云わば見せ場のシーンが多いんですけれども、その演技がまた上手くって、つられて泣いたり胸が熱くなったりと、シーンだけを切り取ると思い切り感情移入できました。


・鬱展開

ボコボコ死にます。
絶望感が果てしないです。
キャラの死に際が印象的です。誰と書くとネタバレになってしまうので書けませんが、印象的な最期の一言が多いです。中の人の演技力も相まってぐっときます。ふわっと、ね……。


・ED

ヤマトとヒビキの位置とか、一人ずつ消えていく仕様とか、シンプルながらも良いEDでした。曲の歌詞もぴったりで、すごく気にいってます。特に最終回の入り方はやられましたねー。あれは素敵だった。






これってどうなの…と思った点としては、


・主人公のブレブレ具合

原作ゲームで主人公のキャラ付けが弱めな分、アニメ化に当たってそれらしいキャラ付けをしようとしたんだろうなーというのはわかります。わかります、が、それにしてもブレブレすぎです。
仲間を見殺しにしたくないとか言いつつ、単独行動大好きっ子で、いつも後手で、チートパワーの持ち腐れ。まあ、チート能力をつけるのは話の展開を進めるうえでもやりやすいんでしょうし、俺TUEEE系主人公は好きなんですが、このヒビキくんはとにかく不安定でふらふらしすぎなイメージでした。もやもやいらいら。
うーん、ヤマトの方に感情移入しちゃってたので、そのせいもあるかもしれませんね……。
主人公に関しては、13話でやっとニュートラルに見れるようになった気がします。



・感動のチープ感

良い場面の直前になって回想が入ったりすることがあって、なんというか、後付けで勘当要素持ってきましたという感じがするのです。順番をもうちょっと整頓しておけば、良い具合に伏線として働いてくれただろうに。もったいないです。
イオちゃん救出にしてもご都合良すぎましたしねー。あそこで中途半端に助けるならもう初めから全員救出にしちゃえばむしろ一貫してて潔いというのに。
悪魔合体も急だったのでええええええとなりました。要素持ってきてくれたのは嬉しいんだけどね。


・画面が暗い

これはちょっと視聴環境も影響して来ると思うんですが、中盤、画面が暗すぎて何が何やらさっぱりなシーンがありました。






とまあ、こんな感じで。
ゲーム(原作)に興味を持てるという意味では良い催促アニメだと思いますが、単体で見ると首をかしげたくなってしまいます。なんというか、なまじテーマが重くて鬱展開な分、もったいないなーと思いました。
腐女子的な意味だと大変萌えるんですけどね……

というわけで、アニメだけで判断するのは惜しいかなと。主人公は多分アニメとゲームでだいぶキャラが違うでしょうし、OCをクリアしたらBRにも手を伸ばしてみるつもりです!

アニメ「惡の華」感想

「不気味なら隠すもよし、認めてさらけ出すもよし」
あなたの華はどう飾りたいのか問う前置き。



えー、今回はアニメ「惡の華」の感想をつらつら書きますね。原作は未読です。
なんというかもう……すっごかったですね。
公式サイトの雰囲気も好みです。あのこじらせた感じが。


さて、いつもだと良い点悪い点を挙げていくところなんですが、この作品では特徴を挙げていこうと思います。



・ロストコープ

惡の華で初めてこの単語を知りました。ええと、実写をトレースしていて、とりあえずリアルっぽい作画だと思っておけばよいかと。おかげで背景はリアル、閉塞的な街の感じがたまりません。ロストコープは映画だとよく見かけるんですが、アニメだと私はあんまり見たこと無いので、新鮮でした。
全編を通して漂うただならぬ緊張感も、この手法のおかげなんでしょうね。1話から引き込まれました。



・クソムシ変態上級者向け

色々ととんでもない展開になります。
中二病+変態+ギャルゲ+痛々しさ+シリアス+罪悪感みたいな。うーん、伝わらないか。たぶん、ケロQの「素晴らしき日々」とか好きな方は好きなんじゃないかと思います。勝手ながら。



・OP惡の華

このOP、バージョンが4種類ありまして、このアレンジと歌詞がまたしっくりきます。PVもオススメです、もうすごく作品にぴったりはまってます。繋がり方がやばい……。
作品をしっかり味わって創られた曲なんだろーなーと思います。やっぱり春日バージョンがお気に入りです。



・独特の緊張感、世界観

ハマる人は絶対ハマるし、合わない人は裸足で逃げていきそうな強烈感がありました。まともに集中して見るとなんかあまりの緊張感に心臓がやられかけました。特に佐伯さんが絡んでから。おっそろしいです。





とまあ、こんな感じの、類を見ないアニメでした。
春日の夢で惡の華が飛びまわってるシーンは忘れられません。SAN値がマッハでやられかけました。

最終話の締め方はちょっと不満でしたが……もし続きに期待できるのなら、アリかなあ。
ともかく、ちょっと中二病をわずらっている方には是非見て頂きたいと思います。はい。

アニメ「断罪分離のクライムエッジ」感想

「さあ、変態決定戦だ、殺し合え」
異常性癖も命がけな前置き。



えー、今回はアニメ「断罪分離のクライムエッジ」の感想をつらつら書きますね。原作は未読です。
荒いところもあったけどなんだかんだで見てしまう、吸引力のあるアニメだったように思います。というわけで、以下に素敵だと思った点をば。



・溢れだす変態っぷり

しょっぱなから主人公が髪フェチをあらわにするというぶっ飛びっぷり。ことあるごとに頬を染めて髪に興奮する様はなんというか上級者です。
他にも、王道的な女王様やロリコンはもちろん、気絶フェチなどの希有なキャラにも出会えます。どこぞでは「変態のバーゲンセール」とかいう表現も見ました。いやあすごいね。
婦警さんが首絞められたり幼女が泣き叫んだりするシーンもあるので、リョナラーさんは必見ではないでしょうか。



・意外と厨二なバトル

殺人鬼の持ち物を受け継ぐ、といった設定があるので、バトルもちらほらやります。けっこう激しく動くので、見応えがありましたねー。エミリーとのバトル中の曲もなかなかかっこいいです。
厨二と罵られようと、やっぱり殺人鬼設定とか、わかっちゃいるけどわくわくするじゃないですか。見てて、いたたたたたたとなりつつも見てしまいました。


・シリアスな笑い

これは魅力と言い切って良いのかわかりませんが、うん、たぶん製作陣の意図とは違ったベクトルで面白いです。傷口をお風呂につける→血がとまらない!?、とか。ベッドに2人で転がってほのぼのしていたのに突如「断罪分離のクライムエッジ!」という厨二ワードを発するとか。うん、シュールで面白いです。
独特の演出が原因な気がしますねぇ。はまればはまるんだろうけど、何回も吹きましたw



・謎のえろさ

これがあるから急にシュールなギャグになるのかもしれませんが、いやー、この無理やりにでも入れこんでくる辺りに意地を感じますね。あとレーザー鉄壁防御ね。



とまあ、こんな感じで。
何やら勢いで最後まで見てしまったアニメでした。変態ってすごい。

正直、締めはあんまりすっきりしないというか、伏線を残して謎は謎のままで続きは原作で!って感じでした。なんとなく予想してた通りかなー。
なんだかんだで、最後まで通常運転(変態)だったのでもう本人が幸せならいいんだと思います。
あのダイジェストには笑いましたけどもw




案の定、好きなキャラはCV石田こと正義さんでした。
ルルブ×婦警さんの薄い本ないかなー、なんて。
前の記事へ 次の記事へ
ブログ検索
本棚