フリーゲーム「僕の歪んだ35日」感想

「イケメンであろうと監禁は犯罪ですゆえ」
フィクションだけで宜しくね、な前置き。



えー、今回はハラワリ(harawari.tobiiro.jp)さんところのフリーゲーム「僕の歪んだ35日」(harawari.tobiiro.jp)の感想をつらつらと書きますね。一部レビューっぽくなってるかも。


イケメンに監禁されちゃう系ノベルゲー。
監禁と言ってもヤンデレとはまた違いまして、うーん、ミステリ+恋愛って感じですかねえ。こういうのに実際の名前を出すのはどうなのかしらとこわごわですが、まああれだ、ストックホルム症候群に近いです。



毎日、短い会話と選択肢があって、どきどき監禁ライフが疑似体験できます。わーお。
35日分あるわけで、場面切り替えが遅いのはやや気になりましたが、逆に言うなら文句はそこぐらい。

ヒロインちゃんの気持ちがなびいていくのも、彼の怪しさがにじみ出てくるのも丁寧で、だからこそ先が気になって仕方がないという。ヒロインが強気な子なので、その辺りの素が出てくるくらいうっかりなついちゃう感じも楽しめるかと思います。


グッドエンドは逆に、君はそれで本当に良いのかと彼に問いただしたくなりましたが……。本人が良いのなら良いのでしょう。
バッドエンドがやっぱり不穏で好きですね!

攻略は悩みましたが、公式サイトに思いっきり完全攻略を書いてくださっているので、それを見てからはすぐでした。ありがたや。
今年中に追加パッチを配布、とのことですので、そちらも気長に待とうと思います。




とまあこんな感じで、病み具合は少なめですが、ちょっと変わった恋愛ものをやってみたい方におすすめです。





同作者様の他のフリーゲーム感想記事↓
「移れ宿れ私の愛に、そしてここで朽ちてしまえ」(mblg.tv

フリーゲーム「移れ宿れ私の愛に、そしてここで朽ちてしまえ」感想

「お人形は皆の人気者」
そのくせ誰も笑わせられない前置き。




えー、今回はハラワリ(harawari.tobiiro.jp)さんところのフリーゲーム「移れ宿れ私の愛に、そしてここで朽ちてしまえ」(harawari.tobiiro.jp)の感想をつらつら書きますね。

ジャンルは百合ノベルゲー、三角関係やどろどろが楽しめます。コンプまで一時間くらい。病み、とあったのでプレイしてみましたが、狂気よりは恋愛のドロドロの方が強めな印象です。静かに上品に病んでいるような。



起動した時に出てくる、あの動きにまずびっくりして、そっからどっぷりと話に浸かれました。演出やデザインが綺麗だなーと思います。



で、設定自体は好みなんですが、残念ながら私はシナリオが合わなかったです…。
主人公は一応香子さんのはずですけども、まずこれになじめなかったのが原因かなと思います。香子さんの内情が秘められたままなので感情移入がしにくいのが一つ。視点が明確にされていないので、てっきり第三者視点のつもりでいたのに、急に彼女の行動を選択する必要があって戸惑ったのが一つです。かと思えば別の子の選択をしないといけない時もあって、結局これはどの視点の話なのか、戸惑いました。
また、起承転結が、結起承結になっている点もひっかかりました。香子さんエンドを迎えた時は、いやそれは知ってるんだけどそれだけ? みたいな、もの足りなさを感じました。動きが無いというか何と言うか。


とはいえ、まなちゃんエンドやケンくんエンドは意外性があって楽しかったので、あくまで一部だけです。特にケンくん。うはぁ。書きたいけどネタバレになるジレンマ。
面白いところは面白いし、気にならない人はさらっと流して楽しめるはずです。

それに、文章自体は丁寧です。嫌、とか、止めて、とかではなく「よして」って言い方なのがひそやかにツボです。



イラストは耽美が入っている感じでした。髪と目の色の組み合わせが珍しいなー、なんて。
左上の薔薇の色が変わるのも、どきっとしましたねー。ああいうのはゲームならではの工夫だと思います。わくわくでした。




まあ、そんなわけで、どろどろな百合を見たい方はプレイしてみてはいかかでしょう。
ケンくんエンドが実に鬱展開でお気に入りです。



私の愛、の読み方にも注目です♪



同作者様の他フリーゲーム感想記事↓
「躑躅色の夢」「ラ・ら・ボウ」(mblg.tv

フリーゲーム「裏表カナリア041」感想

「信じ切れないから縛り付けるんだ」
そして形を変えてしまう前置き。



えー、今回はゆうあかり(light77.sakura.ne.jp)さんところのフリーゲーム「裏表カナリア041」の感想をつらつら書きますね。
乙女ゲーで、攻略対象は2人、全てバッドエンドと言う名の鬱展開です。素晴らしい! エイプリルフールということで、テーマは嘘です。DLページの文にも「このゲームの主成分は【残虐・狂気・愛憎】です。」を始め不穏で素敵な前置きが多々あります。わぁい。
黄色が好きなので、ゲームが全体的に黄色っぽい感じでひっそり嬉しかったり。

さてでは、とりあえずネタバレしない程度にキャラクターの感想を。





・ニケ

可愛い。ゆうあかりさんのシリーズではおなじみの、敬語混じりの大人しく優しいヒロインちゃんです。羽根や髪の色が綺麗ですよねぇ。
家族と呼べる人がたった一人でしかもあんな感じで、どこまでも不憫な子です。プレイ中は、いくら家族と言ってもそこは怒ろうよー、とはらはらしていました。よくよく考えると、そういうのを知らないからこそ線引きがわからなかったり家柄に執着したりしちゃったりするのかなーと思います。
庇護欲を煽られると言いますか、どことなく脆そうな子なので、だからこそ皆に気にかけられてるのかなーとも思いました。



・ユウェン

うーん、底が知れない感じです。出会いのシーンはまともだったはずなのに、どうしてこうなった!愛か!なら仕方ない!!
キャラエンドを見ると解放されるキャラ紹介文に一番笑わせてもらいました。いやー、良いわあ。一応一貫して執事の皮を被っている辺りが流石です。
スチルで初めて耳が尖がっているのに気付きました。立ち絵でもちゃんと尖ってるのに、あれー?



・リジュ様

この方が魔王でないことに驚きを隠せません(鬼畜っぷり的な意味で)。
あの手この手とよく思いつくもんだなあとしみじみしました。
なんだかんだで一番、愛から遠い人なのかなーと思うと、ちょっと寂しい気もしますが……。公正のしようがないだろうなあ、うん。



・リリーナ

唯一の癒しキャラ!です!
登場してくれると安心しました…!
せっかくだから、一緒に飛ぶイベントをしたかったなーと惜しくなりましたねぇ。
といっても攻略対象のお二人に全力で阻まれそうですけども。



・魔王様

スピンアウト作品の方でもお会いしました、が、こっちの方だとけっこう黒いですよね……? 猫被りとか弟系とかのイメージが強すぎたせいかもしれませんが、ちょっとぎょっとしました。さ、さすが魔王の名をものにしているだけはあります……。








エンディング分岐してからも話が続くので、エピローグ部分をがっつりと楽しめて良かったです!ビバヤンデレ、ビバ絶望、万歳鬱展開。

追記では各エンディングのネタバレ感想を書きますね。






同作者様の他のフリーゲーム感想記事
「裏表マオウサマ037」(mblg.tv
「小夜時雨に嗤う鬼」(mblg.tv)←きるえ様はシナリオのみ担当
「恋情過多のユーフォリア」(mblg.tv


続きを読む

フリーゲーム「裏表マオウサマ037」感想

「姿かたちに騙されてコロリといってしまいましたとさ」
まあ大変な前置き。



えー、今回はゆうあかり(light77.sakura.ne.jp)さんのところのフリーゲーム「裏表マオウサマ037」の感想をつらつらと書きます。
超短編乙女ゲー、とありましたがそれでもコンプまで30分以上かかりました。「裏表カナリア041」というフリーゲームのスピンオフ作品です。先に公開されたのがこちらの方だったので、自分もこちらからプレイ。単体でも十分楽しめる作品でした。
かの有名なきるえ様の作品です、はい、もちろんちょこっとヤンデレ要素も入っています。ありがとうございます。えへへ。



キャラクター

・リユ(ヒロイン)

突っ込み気質。パワフルなキャラクターです。
今までのゆうあかりさんの公開作品では、ヒロインさんはいつも大人しめ(というか翻弄されまくって泣かされまくっての不憫さん)なイメージがあったので、新鮮でした。
一人で突っ込んで走って泣いてわいわいしてくれるので、見ていて元気になれるというか、終始勢いにまかされてぐいぐい引き込まれました。



・ミケリエール

ショタ魔王様。あざとかわいい。
出会った時の人恋しそうな様子が印象的で、プレイ中はミケ様を弟みたいな気分で愛でていました。で、初めて到達したEND3でどきーっとしました。ミケくんがミケ様に変わった瞬間です。ありがとうございます御褒美です。
今回はただのちょっと子どもっぽい男の子、くらいで終わるのかなーと思ったら存外がっつり病んでいましたありがとうございます。





とまあ、短めですがこんな感じで。
本編の041の方も楽しみです!



同作者様の他のフリーゲーム感想記事↓
「小夜時雨に嗤う鬼」(http://mblg.tv/shiki3/entry/81/)←きるえ様はシナリオのみ担当
「恋情過多のユーフォリア」(http://mblg.tv/shiki3/entry/90/
前の記事へ 次の記事へ
ブログ検索
本棚