スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

フリーゲーム「僕の歪んだ35日」感想

「イケメンであろうと監禁は犯罪ですゆえ」
フィクションだけで宜しくね、な前置き。



えー、今回はハラワリ(harawari.tobiiro.jp)さんところのフリーゲーム「僕の歪んだ35日」(harawari.tobiiro.jp)の感想をつらつらと書きますね。一部レビューっぽくなってるかも。


イケメンに監禁されちゃう系ノベルゲー。
監禁と言ってもヤンデレとはまた違いまして、うーん、ミステリ+恋愛って感じですかねえ。こういうのに実際の名前を出すのはどうなのかしらとこわごわですが、まああれだ、ストックホルム症候群に近いです。



毎日、短い会話と選択肢があって、どきどき監禁ライフが疑似体験できます。わーお。
35日分あるわけで、場面切り替えが遅いのはやや気になりましたが、逆に言うなら文句はそこぐらい。

ヒロインちゃんの気持ちがなびいていくのも、彼の怪しさがにじみ出てくるのも丁寧で、だからこそ先が気になって仕方がないという。ヒロインが強気な子なので、その辺りの素が出てくるくらいうっかりなついちゃう感じも楽しめるかと思います。


グッドエンドは逆に、君はそれで本当に良いのかと彼に問いただしたくなりましたが……。本人が良いのなら良いのでしょう。
バッドエンドがやっぱり不穏で好きですね!

攻略は悩みましたが、公式サイトに思いっきり完全攻略を書いてくださっているので、それを見てからはすぐでした。ありがたや。
今年中に追加パッチを配布、とのことですので、そちらも気長に待とうと思います。




とまあこんな感じで、病み具合は少なめですが、ちょっと変わった恋愛ものをやってみたい方におすすめです。





同作者様の他のフリーゲーム感想記事↓
「移れ宿れ私の愛に、そしてここで朽ちてしまえ」(mblg.tv

フリーゲーム「移れ宿れ私の愛に、そしてここで朽ちてしまえ」感想

「お人形は皆の人気者」
そのくせ誰も笑わせられない前置き。




えー、今回はハラワリ(harawari.tobiiro.jp)さんところのフリーゲーム「移れ宿れ私の愛に、そしてここで朽ちてしまえ」(harawari.tobiiro.jp)の感想をつらつら書きますね。

ジャンルは百合ノベルゲー、三角関係やどろどろが楽しめます。コンプまで一時間くらい。病み、とあったのでプレイしてみましたが、狂気よりは恋愛のドロドロの方が強めな印象です。静かに上品に病んでいるような。



起動した時に出てくる、あの動きにまずびっくりして、そっからどっぷりと話に浸かれました。演出やデザインが綺麗だなーと思います。



で、設定自体は好みなんですが、残念ながら私はシナリオが合わなかったです…。
主人公は一応香子さんのはずですけども、まずこれになじめなかったのが原因かなと思います。香子さんの内情が秘められたままなので感情移入がしにくいのが一つ。視点が明確にされていないので、てっきり第三者視点のつもりでいたのに、急に彼女の行動を選択する必要があって戸惑ったのが一つです。かと思えば別の子の選択をしないといけない時もあって、結局これはどの視点の話なのか、戸惑いました。
また、起承転結が、結起承結になっている点もひっかかりました。香子さんエンドを迎えた時は、いやそれは知ってるんだけどそれだけ? みたいな、もの足りなさを感じました。動きが無いというか何と言うか。


とはいえ、まなちゃんエンドやケンくんエンドは意外性があって楽しかったので、あくまで一部だけです。特にケンくん。うはぁ。書きたいけどネタバレになるジレンマ。
面白いところは面白いし、気にならない人はさらっと流して楽しめるはずです。

それに、文章自体は丁寧です。嫌、とか、止めて、とかではなく「よして」って言い方なのがひそやかにツボです。



イラストは耽美が入っている感じでした。髪と目の色の組み合わせが珍しいなー、なんて。
左上の薔薇の色が変わるのも、どきっとしましたねー。ああいうのはゲームならではの工夫だと思います。わくわくでした。




まあ、そんなわけで、どろどろな百合を見たい方はプレイしてみてはいかかでしょう。
ケンくんエンドが実に鬱展開でお気に入りです。



私の愛、の読み方にも注目です♪



同作者様の他フリーゲーム感想記事↓
「躑躅色の夢」「ラ・ら・ボウ」(mblg.tv
前の記事へ 次の記事へ
ブログ検索
本棚