スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

アニメ「AMNESIA」感想

「世界の可能性は全て君のためにあるんだ」
全知全能的な前置き。




えー、今回はアニメ「AMNESIA」の感想をつらつら書きますね。
原作は未プレイ、漫画版は既読です。
漫画の方ではウキョウとオリオンのルートが無かったので、アニメでの展開は色々と新鮮でした。原作をプレイしたら完全に補完できるんだろうけども……うーん。

さてでは、以下、完全にネタバレありです。
ネタバレ嫌って方はご注意ください。







・キャラクター

主人公(パウリちゃん)は流され系のおっとり大人しい子。
あれ、記憶を無くす前は結局どんな感じの子だったんでしょうね?
記憶がないからかもしれないんですが、終始ぽわーんと和んでいる印象です。かわいい。キャラデザも可愛いですよねぇ。
アニメを見ている間はひたすら、今日は死ぬのかいつ殺されるのかどう死ぬのかとはらはらしてましたw


好きなキャラクターはケントさんです!
ああいう、不器用通り越して変人になりかかってる人、素敵。あと攻略キャラの中でも一番、こちらの話をしっかり聞いてくれそうなイメージがあって、そこが好きだなーと思います。誠実そうだし、すごく、向き合ってくれそうです。
実質1話分というのもあって、量的には残念だったんですが……
そのぶん、一番綺麗にまとまってて、質的には優遇されてるんじゃないかな?と思いました。結果、満足です。なでなで!わぁい!
なんだかんだでパウリちゃんはケントさんとくっついたら平和に生きられるのではなかろーか…。


で、ヤンデレ好きとしてはトーマも推したいところ。
まさかまさか、アニメで監禁をして下さるとは思ってもみませんでした。ありがとうありがとう。
大事にしたい守ってあげたい、が高じて病んじゃった感じでしたね。「お兄ちゃんとして守りたい」と「恋人として愛したい」の葛藤や嫉妬やらが混じり混ざったような。自分を客観視して「何やってんだ」と自責する冷静さも持ち合わせている辺りがなおいっそう萌えました。おかしくなったわけじゃないのにおかしいみたいな。素敵。
こちらの√は3話分あって、ヤンデレ好きとしては嬉しかったですねー。
怖い顔と瞳の色が綺麗で好きです。
10話(だったかな?)の渇いた「痛い?」って台詞がたまらんツボです。





・真相、ストーリー

ストーリーとして、大きな謎はパウリちゃんの記憶喪失の理由と平行世界への移動が起きる理由、でしょうか。
ニール様、とやらにより、ラストでととととーっと解決してしまいましたが……。
納得はいくものの、どうにも急で、ちょっと理解するまで時間がかかりました。もう少し良い感じにまとめられなかったかなあ。というわけで、アニメでのストーリーは満足とはいいがたいです。



・演出

シュールな笑いが多かったですね。はい。
ウキョウさんが道路で寝てたり、イッキさんが仮面ライダーになってたり、オリオンの似顔絵がすんごいことになってたり、夏に鍋をやることになってたり、アイスホッケーで二刀流だったり、シンとのシリアスな話の背後に何故かジャグラーがいたり。
ギャグパートと言っていいのかなんというか、突っ込みどころが多かったですね。
ある意味楽しかったですけどもw

最終話の演出は良いものが多かったなーと思います。やっぱり気合い入ってんだなあ。まず、扉を開けるときのOPアレンジ。単純にオルゴールとかオーケストラにするんじゃなくて、独特の音が入ってて、好みです。
Cパート、トランプのマークがパウリちゃんの目の前に浮かぶ演出。あれも良い演出だなーと思いました。結局、パウリちゃんのお相手は視聴者側で好きに選んでいいよってことですよね。やったー!パウリちゃんがにこやかに駆けだすのも嬉しかったです。やっと幸せになれるんだね…!と拍手したくなりました。ABパートのもやもやも吹っ飛びましたね!






とまあ、こんな感じで。
何だかんだで楽しんで見れましたし、ヤンデレ好きとしてもダークな話好きとしても良い感じのアニメでした!

フリーゲーム「クトゥルフの弔詞 〜夢声慟哭〜」感想

「ふと、あなたが窓を見やるとそこには名状しがたき混沌が来訪していた!」
だからどうした、的な前置き。



えー、今回は猫ノ事ム所(www7a.biglobe.ne.jp)さんのところのフリーゲーム「クトゥルフの弔詞 〜夢声慟哭〜」(www7a.biglobe.ne.jp)の感想をつらつらと書いていきます。一部レビューっぽくなっているかもしれません。


初めにゲームの簡単な紹介を。ノベルゲームで、プレイ時間は3・4時間くらい。
主なテーマはタイトル通りクトゥルフ神話です。

クトゥルフ神話自体は知らずとも、ネクロノミコンやらティンダロスの猟犬やらは聞いたことある方もいらっしゃるのではないでしょうか。ダーク系のファンタジーに多々引用されている架空神話です。
最近は萌え系クトゥルフなどと呼ばれるものも目立ってきています。うー!にゃー!

で、自分はTRPGの知識のみしかなかったんですが、これがなかなか楽しめました。出てくる神話生物についての詳しい説明はメモで見られるようになっているので、事前知識ゼロでも十分楽しめると思います。

この「クトゥルフの弔詞」では、何だかもうリアルにSAN値がガリガリ削られるような気分を味わいました。はい。おっそろしや。そんなわけで、ホラーが苦手な方にはおすすめしにくいかな……。




見どころとして、以下に挙げますと。



・凝った演出

メモが9つ、つまり9つの事件に主人公は関わっていくわけなのですが、このメモが凝っていて面白いのです。フォントや、メモの形態などに特徴があって、この内容は確かこのメモ、というふうに強く印象つけられました。
ラストの並び替えにもぎょっとしましたね。
用語自体は初めて知ったのですが、もうこれで忘れられそうにありません。



・TIPシステム

このゲーム、本文の途中で青文字になっているところがあって、それをクリックすると補足説明が見られるようになっているんですね。この説明が、大変味があって良かったです!
もちろん難しい単語にも説明があるのですが、面白いのは、逆に我々が知っているような簡単な単語にもこれがついていることです。フロッピーディスクとかね。だからといってクリックせずに無視してしまうのは実にもったいない! ブラックジョークにも似た、シニカルな説明文に自分はすっかり惚れこんでしまいました。
合わない人は合わなさそうなシステムですが、少なくとも自分はむちゃくちゃ好みです。



・謎とき文字入力

基本は選択肢なしの一本道なのですが、途中で質問をされます。といっても、メモを見直せば解ける簡単なもの。ただ、こうやって自分から能動的に文字を入力するとこう、なおさら恐怖を実感できるといいますか、忌まわしきものの名を口にしてしまう怯えが感じ取れるといいますか、わくわくしました。うん。
ちなみにプレイするに当たっては、1つだけで良いので、文字入力画面でセーブしたデータを一個作っておくとのちのち楽しいことになると思います。







ストーリーはラストへ進むにつれどんどん超展開のオムニバス形式になっていきます。まさに夢か現か。この掴みどころない恐怖にぞくぞくきました。
ホラー、クトゥルフ、電波、狂気、病んでる、辺りがキーワード。少しでも興味を持たれたなら、試しにプレイしてみることをオススメします。

フリーゲーム「林檎エクストラウェルト」感想

「なぜ血だけは流れなかったのだろう」
境界線があいまいになる前置き。



えー、今回PsychoLastさん(18basaro5216.toypark.in)ところのフリーゲーム「林檎エクストラウェルト」(chiisaname.web.fc2.com)の感想をつらつら書きます。いつも以上にレビューちっくです。

ジャンルは百合SFノベルゲー。プレイ時間は既読スキップ込みで3時間くらいかな。全年齢版とR-18版がありますが、どっちにしてもストーリー自体にはほとんど関係ないので、好みで選べば良いはず。あっでももちろんR付きをするなら年齢制限は守りましょう。
サイトの方でDLすると修正前のデータになるので、気になるようならついでに修正パッチも当てておくと手間が省けます。
私は修正パッチ当てるのを忘れていて、結局ver1.00のままプレイしてしまいました……。うう、不覚。修正済みのところに突っ込み入れてたらすみません。





というわけで、まずは良いなあと思った点から挙げていきます。



・可愛いイラスト

立ち絵は無いのですが、ゲーム開始画面の幻想的なイラストや、イベントの時に出てくるデフォルメイラストが可愛くって癒されました。ああいうほわほわした絵柄好きです。
あかねさんのキャラデザも好きなんだなあ。何故か私には百合っ子=活発系三つ編みっ子というイメージがあるので、すごくしっくりきました。
ゲーム開始画面のあかねさんを見て、誰かの首を絞めてるのかなあと思ったら、ゲーム中そんな場面は欠片もありませんでした。自分、妄想しすぎだw



・設定、伏線、謎の出し具合

初めは別段違和感を持っていなかったはずの設定などが、エンドを迎えるごとにだんだん怪しくなってきて、謎が増えてきて、そして段階を追って解決されていく――この出し具合がたまりません。気づかなければ、幸せな世界。しかし、このゲームをやるからには是非全てに気づいてほしいです。
単なるほのぼの百合ゲーだと思っていたので、驚愕でした。
こういう「実は…」というどんでん返しが大好きなので、どきどきしっぱなし。続きが気になってつい1日でプレイしきってしまいました。



・場面転換がテンポ良い

イベントが短めなので、テンポ良く次の場面に進んでくれて、読みやすかったです。場面切り替えのアイキャッチ(?)もクリックで早められるので楽で助かりました。



・音楽のチョイス

あかねさんのテーマと、ゲーム開始画面の曲が特に好きです。これは素材屋さんの曲ではあるんですけれども、選曲と使いどころが良いなあと思いました。ゲーム起動して、作業用BGMと観賞用にずっと起動しっぱなしにすることも何度か。






で、逆にちょっと残念だったなあと思った点も挙げますね。



・起動ごとに環境設定がリセットされる

これに気づかなくって、未読のところを飛ばしてしまった時がちらほらありました。デフォルト設定を既読スキップにするか、起動しても環境設定リセットしないようにするかして頂きたかったなあと思います……。音量にもちょっと驚かされてしまいました。一気プレイすれば良い話ではあるんですけども、やっぱりちょっと面倒だなあと思ったので、挙げておきます。


・文章が一部ヘン

修正版ではひょっとすると修正されているかもしれないのですが、一応。
単語の使い方がおかしかったり、口調が定まらなかったり。例えば、タメ語で話しているのに「〜しているかも」というような感じ。なんでそこだけ「〜してる」じゃないのか、急に距離が離れたような冷たさを感じました。細かいようですが、すっごく気になります。
そもそも主人公ちゃんは自分が普通普通と感じ続けて、いっきちゃんすらも普通の子と称していましたが、あの子、普通かなあ……っていう。えらい説明的な口調で大人びていて、とうてい普通には思えません。いや、あの街では主人公ちゃんみたいな特殊な子が普通だと主張したかったのかな? それにしても、キャラ設定を押し付けられているような不快感がありました。そんなに普通ならその普通がどういうものか描写で表して頂きたい。むしろラストを考えると、ぐっちは普通より特殊よりだと思います。
あと中3日って常識的な言い回しなのでしょうか…? ごめんなさい、ここに関しては私の馬鹿っぷりがあるかもしれませんが、日常会話で使うかなあと疑問に思います…。プロ野球がどうのこうの、と後に続きましたが、あの街はテレビでそういうの行われているんですかね? なら部活が全国大会に行く可能性もあるわけでそれって外的に大丈夫なんですか。
シリアスな場面で「小学生までだよねー」ネタがあるのはどうなんですか。主人公ちゃんに感情移入してたはずが萎えちゃいました。
とかとか。細かいところが気になって気になって、なかなか話に入り込めないところがありました。不自然。いや、テーマ的には不自然な部分があるのもわかるんですが、不必要なところで不自然さが表れているので、効果がないです。
とはいえ、これは私の好みの部分が大半なので、いちゃもんに近いかもしれません…。




・トゥルーエンド

幸せなのは良いのですが。
いっきは?部長は? 彼女たちは結局どうなってしまうの?
と思いました。彼女らサイドには絶望しか残っていない気が……。
その辺り、もうちょっと触れてほしかったなあ。寂しいです。






と、ちょっとずかずかと偉そうなことを書きました。
ストーリーとイラストは素敵、文章が惜しい。以上が気にならず、百合が好きで、SFちっくなストーリーや一癖あるゲームを探しているのであればプレイをオススメします。

あと、未プレイの方。攻略サイトはいくつかあるので書きませんが、一つ。パスワードを見つけたらメモ推奨です。
ではでは。

「FE烈火の剣」エリウッド編キャラ感想

「神将器などただの飾りです」
意外と使えなかった前置き。


えー、今回は「ファイアーエムブレム烈火の剣」エリウッド編ノーマルクリアの喜びをつらつらと書きます。終章の前半と港町バドンでがやけに手こずりましたが、その章以外はわりとあっさりクリアできました。
ドーピングアイテムはほとんど使ってません。
もったいなくて使わないまま輸送隊のこやしにしちゃうんですよね…
リン編の羽衣だけエルクに使いました。


というわけで、今回の我が軍のMVPはエルクです。
HP60の魔導師に育ちました。勇者やヘクトル様を抜いて体力ナンバーワンです。
で、終章の前半では、サンダー装備でびっしゃんどっかん倒しまくりました。
神将器だと相手の追撃を喰らうので、サンダーの方が使い勝手良いんですよねー。

で、ネットなどを見ていると意外にもエルクの評価が低くて驚きました。
どうも、パント先生やニノちゃんより能力が低いらしい……?
神将器でも竜にダメージ与えられなかったので、確かに火力不足な面はあるかもしれません。追撃と必殺があるのでザコは一掃してくれるんですけどね。ドラゴンナイト8体を無傷で倒してくれたときはもうブラボーな気分でした。



他に使いやすかったキャラをちらほらと挙げてみますね。 

・レイヴァン
前線で盾にも剣にもなってくれる、スーパーお兄ちゃんです。
キルソード装備させた時はもう楽しくって楽しくって、
くるくる回ってどっかーん、最後まで大活躍でした。

・ラス
とにかく必殺が出まくる!
リンと支援Aにしていたので、二人揃って必殺夫婦でした。
力もあるのでジェネラルも一人でやれます。すごい!

・カナス
神将器より強いルナで魔防関係無しにどこどこ倒しまくってくれました。
安心して前線に放置できるキャラです。

あれ、なんか男性ばっか……
育てるキャラに悩んでいる方、オススメです!




逆に私はちょっと使いにくかったキャラを挙げますと、

・マシュー
盗賊は歴代ひいきにしているので、彼もアサシンまで育ててみました。
けれどもあまりぱっとしない……。
力が弱いのは仕方ないとして、敵の攻撃をがんがん喰らうんですよね…。
避けられない盗賊はちょっと不安なので、最終的には前線を外れてもらいました。

・セーラ
ツインテールは正義なので司祭まで育ててみました。
なんですが、うーん、なかなか追撃ができず火力も弱め。
キャラクターとしては好きなんですけどねぇ。セインとの会話とか。


キャラ的に好きなら育てても楽しいと思いますが、
あまりそうでもないなら二軍行きでもいいんじゃないかなーと思います…。


あと、例外?がエリウッド。
エリウッドはCC前ならかなり使えたんですけど、馬に乗った途端ぽこぽこ攻撃を喰らうわ追撃できないわになってしまいまして……。レベルを上げてもあまり変わらなかったので、こういう仕様なのかなーと思います。不遇や…。




で、気になるのは支援関係! 
我が軍での支援Aは、
エルクとプリシラ、マシューとセーラ、ラスとリンディス、ヘクトルとフロリーナ、
エリウッドとロウエン、ジャファルとニノ、でした。

ジャファルとニノは実は戦歴0戦なんですが、こう、公式イベントの推しっぷりが気になってひっそりくっつけてみました。
想像以上に熱烈で、こっちが照れた!きゃー!
ちなみにエリウッドはぼっちエンドでした。
せっかく主人公なのにごめんよー!ご飯トークが気になったんだ…。

ヘクトルとフロリーナはなんか、意外なところでくっついてくれました。
実はヘクトル7敗フロリーナ3敗で、けっこう死にまくってる夫婦です…w
脳無し軍師なんだ、すまない……



というわけで、なんやかんやで死につつリセットしつつがっつりと楽しみました!
今度はヘクトル編にチャレンジします。次は誰を育てようかなー♪

フリーゲーム「当砕バレンタイン」感想

「当たって砕けるのは相手か自分か」

メガンテな前置き。



えー、今回はNoixnoix5218.web.fc2.com)さんところのフリーゲーム「当砕バレンタイン」の感想をつらつら書きます。一部レビューっぽいかも。

乙女ゲームで、分岐は少なめで攻略も総当たりで大丈夫。

12歳以上推奨です。
紹介ページに「さくっと病んでさくっと不幸になる感じ」とあるように、
ヤンデレ好きにも鬱展開好きにも美味しい仕様です。

ヤンデレさんは二人。一人は想い過ぎて、一人は素直になれなくて、な感じです。素敵です。



というわけで、ネタバレにならない程度にキャラクターについて。



・アネット

ヒロインちゃん。

泣き顔が可愛すぎます。抱きしめたくなります。

何かといじめられたり不幸になったり不憫な子です。応援したい!

がんがんに感情移入して、「がんばれー!」と声援を送りながらプレイしてしまいました。
頑張り屋さんは良いものだ…!



・ロジェ

屈折してます。歪んでます。だがそこに痺れます。

序盤は暴言にわりと凹んでましたが、いったん彼の√に辿りついてからは、

逆にもっと言ってもいいのよ!ってなりました。えへへ。

「あんた」って呼び方がかっこいいです。



・シルヴィス

良い人です。優しいです。……うん。

全部お見通し、って感じの大人の余裕がかっこいい!

そのうえでちょっといじわるしちゃう辺りに嫉妬心を感じられて良いなあと思いました。



ヤンデレ好きな方にオススメしたい、ほどよいボリュームの良作でした!


追記にひっそりと各エンディングの感想も書きますね。

ネタバレ大丈夫な方や、既プレイの方は右下よりどうぞ。




同作者様の他のフリーゲーム感想記事↓

「正しい師匠のしつけ方」(http://mblg.tv/shiki3/entry/89/)配布終了中

 

続きを読む
前の記事へ 次の記事へ
ブログ検索
本棚