アニメ「ソードアート・オンライン」感想

「君の感情はプログラムの外側で発生しているはずだ」
愛と勇気と希望の前置き。


えー、今回はアニメ版「ソードアート・オンライン」の感想をつらつらと書きますね。
原作は未読、ゲームはそれなりにしますが、MMOのプレイ経験はありません。それでもシステムや世界設定、ルールはわかりやすかったです。ゲーム好きにはたまらない題材でした。MMOをやってたらもっと“あるある”と思える部分もあったのかも。


まず全体的に、表情が良いアニメだったなーと思います。
バトルシーンでよく見せる、キリトの鬼気迫る表情とか。アスナの照れ顔とか。各キャラの泣き顔とか。表情がはっきりしているぶん、感情移入もしやすかったです。

キリトとアスナの恋愛模様も良かったです。お互いがお互いを想って一直線なのが素敵。
アスナピンチになる→キリトが助けに来る
あるいは
キリトピンチになる→アスナが助けに来る
みたいな構図が多くて、ベタではありますが助け合い想い合いを感じられました。夫婦か!幸せになれ!

恋愛と言えば、キリトさんは女性陣落としまくりでしたね。しかしアスナがいるから、ときっぱり断っているのが好印象。とはいえ、妹ちゃんはわざわざ従妹にしなくても良かったんじゃないかと思っちゃいました。そこまでフラグ乱立しなくてもいいじゃないっすかーどこのギャルゲっすかー。

まあでも、それだけ惚れこむところもわからんでもないです。
キリトさん良いキャラしてますもんね!
とにかく強くて、きちんと心を痛めたり絶望したりする優しい心を持っていて、頭もそれなりに回る方で、黒くて、プライベートではマイペースほのぼの系で、愛妻家。良い、これは良い。
よく「俺TUEEEEEE状態」と言われているのを見ますが、その通り、そしてそれが良いと思います。だって弱くてうじうじするよりは、もう目標一直線にぶち抜けて駆け抜ける方が見ていて気持ち良いっす。あ、いや、確かに悩んだり絶望したりはしているのですけれども。こう、何もせずにうじうじするタイプじゃなくて、できることは総当たりでやってみせてから絶望してるから納得がいきます。うん。よくやった頑張った。



次、ストーリーに関して。


ゲーム開始時のログイン画面や、キャラ設定画面のシーンがあるのが嬉しかったです。世界に入り込みやすいと言えば良いのか、こう、まさにゲームを始める時のわくわくが感じられました。
色々なものを賭けて戦うわけですから、シリアスだったり暗かったりもするのですが(そして鬱展開萌えとしては絶望顔に大変萌えたのですが)。それだけで終わらずに、熱い展開や救いがあったのも良かったと思います。
バトルだってスリル満点で、その勢いと込められた想いについつい涙しちゃうところも多々ありました。バーサーカー状態のキリトさんかっこいいです。
世界設定がMMOではありますが、恋人を助けたり悪役を倒したりっていうストーリーの面でみると王道的ファンタジーと近しいところがあるかもしれません。



「ゲームをやっていると現実と混同する」

そういった風潮に最終話で触れられていたのも、考えさせられました。
MMOは特に対人ですから、混同しますよね。
ここからは自分の解釈になるのですが、モノローグでもあったように、その相手の人間性に関してはさして変わらないのだろうと思います。
といっても例えば、現実では優しいけどネットでは過激なことばかりする、って人もいるかもしれません。でも、それもやっぱりその人が現実で出しきれていない一面が出てきただけじゃないかなー、なんて。


なら、何を混同してはいけないのか?
キャラを殺すことです。命です。

最終話、キリトは流れる血に驚きました。そして、ゲームでやった拷問にも近しい殺戮を、リアルですることはありませんでした。
感情や、感動や、愛友情信じる心その他もろもろ、素面で言ったら恥ずかしいような曖昧なもの。
それらは、いえ、それらこそは、混同して良いものだと思います。
そういうこともこの作品が伝えたかったもののうちの一つにあるんじゃないかなー、とか。こんな感じで、余韻に浸りつつ色々考えちゃったりしました。




とにかく、
スリルたっぷりの王道派で、すっごく楽しめました!
ゲームが好きな人、MMOやってる人、ファンタジー好きな人、少年漫画展開に何だかんだで燃えちゃう人、リア充ニヤニヤをしちゃいたい人、広い層にウケが良いアニメだと思います。





ALOするならケットシーになりたーい
MMOをやってみたくなりました。

アニメ「BTOOOM!」感想

「何かを極めることできっと人はヒーローになれる」
ような気がした前置き。


えー、今回はアニメ版「BTOOOM!」の感想をつらつらと書きますね。
原作は未読です。
未読です、が。アニメは続きが気になる終わり方!!!原作の方もちょっと大人買いしたいです。

ジャンルは何になるんだろう、サバイバルデスゲームかなあ。こういう、頭脳戦や攻略とかが試されるゲームものは大好きなので、もう、たまらんかったです。
わりと「実は生きてたんだ!」みたいなお約束オチもあってそこだけは残念だったかなあ。けどスリルは確かに感じられましたし、バトル中はドキドキしてすごく楽しかったです!



特にコウスケくん、頭のネジがいくつかぶっ飛んでる恐いショタですが、彼の戦いが面白かった! キャラ自体も魅力的で、楽しさ倍増です。トラウマ持ちってのも萌えます。素敵。やっぱりデスゲームものには、ああいう倫理観ブレイカーが必須だよなあと思います。良い暴れっぷりでした。

主人公は熱くて思考も性善説よりなのに、家族には酷いことしちゃったよくわからんニートさん。島でのお仲間への態度を、家族にも向けられていたら良かっただろうに……。といっても、これは本人だって自覚してることなのかも。
まさかという手段で危機から復活していく様は爽快でした。主人公が頭良い系だと、見てて「おおおおお!」と盛り上がれるので楽しいです。

ただ、その、メインヒロインのヒミコさんはちょっと、自分苦手なタイプなのでもんにょりしました…。他の時は普通に頭良い女子高生でかっこいいのに、主人公に対してだけ暴力系ツンデレになってしまうのが何だかなあ。もったいないです。自ら見せに来といて変態扱いとか身勝手にもほどがあるよー失礼だよー。
11話の鉄壁防御には笑いました。もう笑うしかなかった。



そう、けっこうシリアスな笑いになってしまうシーンが多かったですね。
だから感情移入しきれなかったところはあります。それが面白いって見方もできますけども。


原作が漫画なので、そこにない要素ってなると声や音になるのかな?
ゲームらしい効果音やBGMが鳴らせるのもアニメならではですよね。あの「ピコン♪」っていうサーチ音が地味に好きです。
あと、ゲーム会社側の帽子かぶったおっちゃんのしゃべり方が非常に良い。中の人GJ。無邪気な子どもみたいで悪意を感じます。良い演技や……。



そんなわけで、多少突っ込みどころはあるものの良いところも多く、何だかんだで毎回、続きが気になるアニメでした。
うううコンティニューしたい。

アニメ「中二病でも恋がしたい!」感想

「君がかっこいいと感じたそれが全てで、誰が何と言おうとその感動は消せやしないし消させない!」
感じ方の違い的な前置き。


えー、今回はアニメ版「中二病でも恋がしたい!」の感想をつらつらと書きますね。
途中、私の思う中二病感みたいな、もうそれこそ痛々しい語りになるかもしれませんので、
そういうの嫌いな方はバックプリーズです。



中二病、という如何とも退き難い運命の言霊に惹かれてこのアニメを視聴し始めたのですが、
これが見事に当たりでした!いや本当、見て良かったです!!!
笑いあり涙あり萌えあり燃えありの、色んな面から楽しいアニメでした。

原作は未読。どうやらかなりアニメ化で設定が変えられているそうなので、きちんと原作の方にも手を出したいなあと考え中です。まさかあそこまで激しく動く凸守がオリジナルキャラだとは思わなんだ……。



そうだなあ、やっぱり立花と勇太のくっつきそうででも照れちゃってうひゃあああああみたいなリア充っぷりがもうたまらん萌えましたね!ちくしょう!壁殴り代行はどこだ!
本当、もう、二人が契約を結ぶシーンはもう、
見てるこっちが(照れ+中二病で)ダブルに恥ずかしかったです!!
幸せになれお前ら!みたいな!頭を打ち付けて身悶えたよ!可愛いな君たち!もう!キャー!
女の子キャラは多いけど、ハーレム展開にならず、純愛に突き抜けてくれて本当に良かったです。


細かい描写が丁寧なのも良かったなあ。一瞬だけ表情が変わったり、目線が動いたり。
言わずとも通じると言いますか、視覚的な情報量ってすごく多いんだなと思いました。あと、指先や小さな仕草にこだわっている印象。そういうちょっとした可愛さが積み重なって最終的に立花可愛いよ立花ぁぁぁあああああああみたいな気持ちになりました。


全体的に、中の人の演技が光る作品でもあったと思います。
11話の凸守の叫び声には涙が止まりませんでした……。悲痛。つらい。
勇太の中二病モードもかっこよかったですねぇ。
声がガラっと変わって目つきや仕草が決まりまくってるのがかっこいい。かっこいい!



で、シリアス展開や最終話についてけっこう賛否両論あるようなので、ちょっと追記で語ってみたいと思います。ネタバレだらけなので、未視聴の方はご注意を。












続きを読む

フリーゲーム「COSMOSカードゲーム」感想

「平和にカードゲームで勝負だ!」
合法的フルボッコな前置き。

今回は、佑りさん(yurigamefactory.kakurezato.com)のところのフリーゲーム「COSMOSカードゲーム」の感想をつらつらと語ります。ところどころレビューっぽいかも。
その名の通り、オリジナルのカードゲーム。RPGエディターでカードゲームを作ろうと果たして誰が思い至るだろうか……と思っていたら存外たくさんありました。奇才だらけでびっくりです。というわけで、仕様はウディタ。

カードゲーム、しかもオリジナルとなると、「ルールがややこしくて難しい」「特殊カードとかが面倒くさい」などなどで避けられがちな気がします。というか、自分がそうですごめんなさい。そもそもカードゲーム自体をあんまりやったことがありません。

しかしながらこのCOSMOSは、私のような雑なプレイヤーにも丁寧に配慮してくれています。ややこしいルールは後回しでポイントを軽く聞いてからすぐ対戦、という導入、これがすごく入り込みやすかったですねー。
プレイしているうちにだんだんルールを把握できるようになるのも楽しくって! シンプルながらも作りこまれたカードゲームでした。結局ルールブックは2・3回しか開いてないかもしれません……w




さてでは、他に良いなあと思った点を挙げていきますね。



・テンポの良い展開

COSMOSのルールにしてもストーリーにしても、テンポがよかったです。特に対戦は中毒性がありました。ついつい連戦してしまったことも何回もあります。
ストーリーも単純で各イベントも短いです。おかげでたたたっと次に進めます。大会勝利、悪の組織撃破、チャンピオンを目指せ、といった王道展開。そういった意味では大逆転の濃厚ストーリーはないわけですが……RPGではなく、カードゲームなわけですから、むしろ長所と言うべきでしょう。


・カード集め、コレクト

このゲームでは、対戦に勝利するとお金がもらえて、それでカードパックを買ってデッキを作っていきます。このカードを開ける時が楽しいんです!
デッキを買うと、裏返しの表示でカードが画面に5枚並びます。そしてエンターキーを押すごとに一枚ずつ表向きになる仕様。これって、まさにカードを買った時のどきどき感が出てますよねー。何が出るかなー、みたいな。コンプリートの喜びもひとしおです。


・モロハちゃん

好きです。





あと、私のデッキについてもちょっと語りますね。


自分は黄色が好きなので、序盤は単純に月と金を中心にデッキを組んでいました。けれども私のプレイとどうも合わなかったようで……。
手札は元々溜めちゃうほうなので金星を生かせず、移動は頭こんがらがってうっかりミスしてしまうので月も生かせず、の体たらくです。がっくり。



で、代わりに冥を使ってみたらこれがハマるハマる! 結局は冥と火を中心に、水を三枚だけ入れて構成しました。

火星カード→低レベル・低HPの相手を瞬殺
冥星カード→高レベル・高HPの相手に大ダメージ(スケルトンとゾンビの使い勝手の良さであることよ!!)
水星カード→回復要員(ジャグとしか入れてない)

これでラスボスまで一直線にいけました。いやあ強い強い。ただラスボスのみエンペラーモード使用です。ぐぬぬ。



初心者の自分がここまでいけたので、初めての人でも大丈夫だと思います。とにかく親切設計でした!
勝てないよーって方は、フォルダ同梱の進め方ファイルやキャラの助言を参考にしたらすぐ勝てるようになるかと。あとは、相手プレイヤーの戦略や惑星がわりと固定されがちなので、相手によってデッキを組み替えるのも有効だと思います。

あーこれオフで大会とかあったら楽しいんだろうなーw
と思えるくらいにはどっぷりハマりました!



作者様の方では第2作を製作中のご様子。とっても楽しみです♪

フリーゲーム「ダンジョンズ・オブ・アドヴェンチャラーズ!」感想

「キャラグラが女でも名前の後に(男)ってつけるだけでちょっとテンション上がる」
なんていう倒錯的な前置き。

今回は、皐月紫龍さん(blog.livedoor.jp)のところのフリーゲーム「ダンジョンズ・オブ・アドヴェンチャラーズ!」というRPGの紹介、感想をつらつらと書いていきます。
基本はエロい要素が入ったRPG。ちょっとえろい。ここ重要。ちなみにウディタのゲームです。
では、良いなあと思ったところを挙げていきますね。



・ストレスフリーな戦闘
DQやFFのようなコマンド式です。エンターキー押しっぱなしで早送りができ、かつ過去のメッセージが見られるウィンドウがあるので見逃しても安心という親切設計。要は、戦闘がめちゃくちゃスムーズ!ってこと。難易度もちょうどいいので、ちっとも飽きませんでした。

・自由なキャラメイク
主人公もパーティメンバーも、自由にキャラクターメイクができます。性別、顔グラ、名前、キャラタイプ(前衛後衛など)。男の娘や男装の麗人、性別ヒミツなキャラも作成可能。ちょっと進むと、キャラ同士の相性設定なんてこともできます。
妄想厨にはもってこいですね!大変楽しみました!!

・ちょっとえろい展開
まさに同人だからこそ入れられる要素ですよね!
バイト先に娼館があったり、敵キャラが産卵してたり、襲われたり(性的な意味で)。始まりの町に闇商人がいて、いろいろとヤバイお薬などを売ってくれます。性別転換ネタが多いです。
こういうジャンルはTSFというらしく、それまでは知らなかったのですが。このゲームで目覚めさせられた気がします。娼婦化がもうたまらなかったです。ああいうイベントはおまけ部屋的な楽しみがある気がします。直接的じゃないけど妄想の余地があってなお良い。

・魅力的なモブキャラ
同じ町でも、日にちが変わると言っていることが変わっているキャラがいたり、モブキャラではあるけどそのキャラのこれからを知りたくなったり。やっぱりRPGって人に話を聞いて情報収集するところがあるので、話しかけるキャラに個性があって魅力的であれば、もうそれだけですごく楽しいんですよね。ストーリーに直接は関係なかったとしても、ついつい町をふらふらしちゃいたくなります。



ストーリーは逆にあってないようなものです。束縛神に抵抗する自由神、という設定だけ知っておけばよいかと。具体的な世界観はゲーム起動時に出てくる文字を読めばわかります。
普通のRPGとしても楽しめるし、ちょっとえろい要素でも楽しめる、良いゲームでした!

どうも作者様の方では現在、改良版を製作中のご様子です。わくわくてかてか!

追記では、ちょっと詰まってしまったところの攻略メモを書いています。
ネタバレ苦手な方はご注意を。
続きを読む
前の記事へ 次の記事へ
ブログ検索
本棚