スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

アニメ Mnemosyne-ムネモシュネの娘たち-感想

「不老不死って面白い?なってみなけりゃわからない。」



さて、今回は『Mnemosyne ムネモシュネの娘たち』の感想。
とりあえずこのアニメ、エロい。エログロに全力投球です。毎回主人公が殺されます。


クる設定としては、

・トキジュクの実によって女は不老不死になる→リョナし放題
・不老不死の女は天使(男の怪物)に捕食される
・不老不死の女は天使に対し強制的に発情する→「食べられるの気持ち良いよぉぉぉ」みたいな

性欲を存分に発揮して考え抜かれた設定だと思います。





残念だった点は、

・作画崩壊
しょっちゅう変顔をおがめます。いいシーンで拍子抜けすることもしばしば。

・設定がややこしい
ストーリーラストでどどどっと明かされた設定が多く、終盤はぽかーんでした。せめてユグドラシルについては4・5話辺りから具体的に取り入れて欲しかったです。




素敵だった点は、

・全力のエログロ
萌えたぎりました。濡れ場の多さがはんぱない。一番萌えたのはエイポスに苛められる不死者たちです。拘束、強制発情、串刺し、この素晴らしきコンボですよ。ええ。痛い怖いでも気持ち良い頭おかしくなる、そんな感じがたまらんです。
ミミの情報屋利用率がすごかったですねー。嫌がると見せかけて、尼にまでなっておいて、なんだかんだで体を売る。状況的には仕方ないとしても、ねえ。萌えました。

・時間経過が早い
主人公が不老不死ってのもあって、どんどん時代が進んでいきます。19××年代(ド忘れです申し訳ない)、2025年、205×年、という早い進みっぷり。主人公に関わる人物も、世代が変わるにつれてその人の息子や孫に移り変わっていきます。初めは戸惑いましたが理解すると新鮮で面白かったです。

・エイポスさんかっこいい
金髪赤目、ふたなり、サディスト、いやはや私の好みですありがとうございます。ちゅーしながら「捨て駒って意味わかる?」って甘く言っているシーンすっごく萌えました。石田彰さんはこういう中性的な変態の役を演じるのが多い気がします。上手い。



ストーリーをしっかり追いたい方にはオススメできませんが、とにかくエログロが好きなんだ見たいんだって方は見ておいて損はないと思います。

鬱ゲー:ガイア幻想紀 感想考察

「ガイアが俺にもっと輝けと囁いている…!」
一度は言ってみたい前置き。



さて、今回は1993年発売のスーファミゲーム「ガイア幻想紀」のプレイ感想です。
鬱ゲー、トラウマゲー、と一部で大絶賛と聞いて。2012年になってようやくクリア致しました。時代は離れても感じ入るものがそこにありました。実に楽しかったです。


今でこそゲームのグラフィックは映画や実写のようで、もちろんそういったものも綺麗だと思うのですが、レトロゲームはレトロゲームで容量の少なさ故の努力が見られて素敵だなあと思います。

とりあえず、リバイヤサンやテム、だ天使やイシタル、じょうか石などなど、文字が一部微妙だったのは容量の関係もあるのかなあと思います。テムって多分ティムだよね。イシタルってイシュタルだよね。たぶん。


ゲーム中の謎ときにも使われていたように、主人公の髪や服が風になびくところがすごく丁寧。段差から飛び降りるモーションが一番好きです。ぶわっと風を受けている感じがしてかっこいい。無駄に色んなところから飛び降りまくりました。



システムとして新鮮だったのは、経験値の概念が無く一エリアの敵を全滅させることでレベルが上がる、というものです。この敵探しが楽しいのなんのって!
ダンジョンは全探索が基本・正規ルートっぽいところはまず避けて通る、これらが探索主軸の私にはたまらなく効率的なレベルアップ方法でした。ラスト付近の見えない敵や擬態する敵はなかなかに厄介でしたけどね…。
ステータスアップの時に飛んでくる剣や盾のグラフィックも好きです。能力を手に入れた感が増して嬉しい。

戦闘の当たり判定が大きいのも嬉しかったです!なんてったってアクションが苦手なもので…。けれどもゴリ押しだけではゲームオーバーになってしまうところも多々あって、この上手くいくか行かないかが難しい。難易度としてはもう大満足。これくらいが一番ちょうど良いです。
敵の攻撃方法や倒し方が特殊な場合もあって、戦闘すらも謎ときの一種みたいでした。これも敵全滅の爽快感に繋がっているのかも。


フィールド移動も自動で、町とダンジョンの間を歩く必要が無い。自由度が低いとも言いかえられますが、迷子になる心配がなくて助かりました。目的地を見失うのが一番辛いので……。ただ、移動してしまうと後戻りできなくなる場所が多くて、そればかりはちょっと残念でした。

特に赤い宝石集めが…。こればかりは一部攻略を見てなんとかやり遂げました。いっぺん取り逃すと取り戻しにいけないのは辛いですねえ。

あと、RPGの基本である武器屋や道具屋などが一切なかったのも驚きました。そもそもお金が手に入らないし、使う場面も無い。とはいっても回復アイテムも十分手に入るので、困りはしませんでした。
売買概念が無い方がむしろシンプルで良いのかもしれないなあ。



ストーリーはなかなか鬱展開が多く、じわじわとくる後味の悪さがたまりませんでした。終わり方はすっきりしていて、達成感もひとしお。
EDのわりにガイア幻想紀は意外と鬱ゲーやらトラウマゲーやら言われているのも、途中のエピソードに暗い話が多いからでしょうね。私はもう、とっっっても楽しめましたけれども。



では、ストーリー含めた詳しい感想を追記に書きます。
ネタバレ注意です!
続きを読む

フリーノベルゲー AliceNightmare感想

「忘却は最も残酷なれど幸せへの近道である。」
格言っぽい前置き。

さて、今回はフリーゲーム、AliceNightmare(dotaihen.xxxxxxxx.jp)の感想を書いていきます。

とにかくこのゲーム、絵がとっっっても綺麗。あまりアニメっぽくはない絵なので、合わない方もいるのかもしれませんが、私はとっても好きです。美麗、の単語がよく似合う。
ストーリーの方もなかなかの鬱展開と聞いていたのですが、後味の悪さよりは切なさが目立っていたように思います。

とりあえずはネタバレにならない程度に、プレイしていて感じた良い点悪い点を上げてみますね。



残念だった点

・システム面が少々不十分
オート機能が無いので、いちいちカチカチキーボードやマウス押すかホイールをころころするかしないと駄目なのが大変でした。ところどころ既読なのにスキップが聞かない時も。あと、EDリストが無いのでコンプリート具合がわかりにくかったです(公式ブログにリストは載せてありますが…)。

・一部バグ
私がプレイした時は、一・二か所で主人公の顔グラがおかしなところに表示されるバグがありました。すぐに終わる(数行の会話文くらい)ではあったのですが、けっこう盛り上がるところだったのでガクッと気が抜けてしまいました…w



素敵だった点

・イラスト
もうさっきも言いましたが、立ち絵・スチル・おまけ絵全てが綺麗。立ち絵は細かい眉の皺や微笑み、小さな表情の動きがとても丁寧に描かれていました。キャラの表情が自然に変わっていくのが、とても楽しかったです。スチルはやっぱり気合いが入っていて惚れ惚れしました。おまけ絵はまたタッチが違っていて、新鮮です。

・ヤンデレシスコン兄ちゃん
この盲目っぷり、良い。病む理由も自然。良い。

・小悪魔風の妹君
この屈折っぷり、良い。彼女が登場するとわくわくした。良い。

・個性的なサブキャラ(モブキャラ)
メイドさんや侍女さんなど、本来は使いまわしにされそうな立ち位置の子たちにも、わかりやすいキャラ付けとそれぞれ違う綺麗な顔グラがついていました。それだけでもうびっくり。しかも、あまりでしゃばりすぎず、あくまで使用人らしい控えめな目立ちっぷりをなさってくれたのが素敵でした!外見だとマリアちゃんが好きかなー。
このキャラ立ちっぷりはボイスドラマの方にも関係しているようです。後ほど聞く予定。わくわく。

・鬱展開だけでなく強く切ないストーリー
救いがないEDもいくつかありますが(その打ちのめしっぷりも惚れ惚れしますが)、よくある主人公がひたすら痛い目にあうだけのストーリーというよりかは、色々な形の試練を乗り越えていく、強いストーリーが根幹にあったように思います。
シリアス好きや鬱展開好きさんはもちろんのこと、ハッピーエンドや成長物語が好きな方にもオススメできます。



では、追記からはネタバレ有りの感想を書きますね。
未プレイ・ネタバレ嫌って方は超ご注意を。
続きを読む
前の記事へ 次の記事へ
ブログ検索
本棚