スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

もう我慢しない

定時帰宅ぅ!!







自主的だけど。





でも仕事は片付いてるし、帰るなとも言われてない。





つーか

仕事がない=残業する意味・必要なし


=帰っていいよね?





初自主定時w





このまま自宅に直帰しようと思ってたけど、そういえばG'sその他がもう発売してる。





確かG's Festivalがもう発売してるはず!





内容はリトバスオンリー。





売り切れる前に買うしかない!





てなわけで秋葉原行ってきます(´ω`)

身体作り

むぅ、久々に書くネタがない。







何かないか…。





ないか…。





…あ。





今足が軽い筋肉痛。





仕事柄運動しないのにここ最近リトバスのために走って帰宅したせい。





この筋肉痛で思った。





そろそろコミケに備えて身体を作っていこうかと。





一度筋肉痛になったところはその後しばらく筋肉痛にならない(らしい)。





コミケ一日目で筋肉痛を起こすと二日目三日目とひきずることになるし。





あ、コミケ全日参加はデフォなのでw





今のうちに一通り筋肉痛になっとかないと。





コミケは一日中歩き回る。





加えて夏は暑さによる体力消耗。





生半可な心構えじゃ身体壊して終了になりかねない。





…まぁ俺は仮に身体壊そうとも行くだろうけど。





風邪で39度の熱が出たのに一晩で治ってサンクリ行った男ですから(笑





あの時の免疫の空気の読みっぷりには笑ったw





さすが俺の免疫(笑





足折ろうと腕折ろうと行くよ。





会社が休日出勤要請してきても無視。





コミケより大事なものなんてほとんどない!





片手で数えられるくらいならあるけどネ。





コミケ三日間のスケジュール(予定)
一日目:企業ブース(物販購入)
二日目:企業ブース(無料配布取得)
三日目:同人誌





最近ずっとこんな感じだけどネ。





早くこいこいコミケー。

雷『一度では終わらんよ!』

昨日の夜はイジメだった。







リトバスのために早めに仕事切り上げて帰ったのに途中で電車がストップ。





『信号機に落雷があった影響で――』





おいいいいいいいぃぃぃぃぃ





この大事なときに何してるですか。





仕方なしに途中駅まで別の路線で移動。




そこから某環状線に乗って行こうと思ってたら、





『再度落雷があった影響で復旧作業が難航して――』






かみなりてめええええええええええええええええ!!!





追いうちとかなにしてんだコノヤロウ。





その後駅の路線図見ても帰るための路線は全て止まっていた。




あれ、これマジで帰れないよ…?





(´;ω;`)





立ち往生すること10分。





このままじゃ駄目だと思って考えもなしに地下鉄に移動。





で、よく調べたら地下鉄を乗り継いでいけばなんとか帰れることが判明。





昨日は30分遅れで帰宅…。





AM2:30までリトバスやりました。





相変わらず沙耶はカワイイなぁw






……。





…雷なんて嫌いだ…('A`)

死にました(雪山的な意味で

うわあああああああぁぁぁぁーー!!!(Cv.井ノ原真人・頭を抱えながら)







『昨日の帰宅後の流れ』

帰宅

晩飯

風呂

湯上がりにちょっとまったり














爽やかな朝の空気が私を出迎えてくれました。






‖orz






あはは…やってしまった…





後悔と自己嫌悪でリアルにorzすること約10秒。





せめて少しでもやってから会社行く! と思い直して活動開始。





できたのは20分だったけど、ゲームセンターでの沙耶が面白かったから満足w





突然くるよね自虐モードw





まぁ昨日は帰宅した時点でかなりの眠気と疲労感でヤバいとは思ってたんだけどねー…。





現実になってしまったか…。





まぁしょうがない、今晩こそ頑張ろー。

ちっぽけな勇気

リトバスプレイした方なら結構覚えているかもしれません。







恭介の提案でみんなで野球をすることになります。





何故野球なのか、と恭介に訊いたシーンがありますよね?





そこでの恭介の言葉は今の私にとってかなりの衝撃を与えました。





ハッキリとは覚えてないですが、

『周りに流されているだけで、そこには自分がない』

といった内容でした。





この言葉、まさしく今の自分に当てはまったんです。





今の配属先で、


周りが行くから、それだけで行きたくもないのに購買部に行ったり。





残業の帰る時間は自由なのに周りを気にして帰れなかったり。






…情けないでしょう?





とんだチキン野郎です。





でも昨日リトバスをプレイしていて恭介の言葉を聞いた時、私はハッとしました。





周りのことばかり気にして自分を出さず、心にもないお世辞で機嫌をとる。





そこには自分がいない。





じゃあそこには何の意味があるんだ?





行きたくないなら断ればいい。



帰りたいなら帰ればいい。





そんな当たり前のことさえ出来ていませんでした。





でも今日初めて、自分の意思で先に帰りました。





ただそれだけのことで心臓は早鐘を打って痛かったほど。





でも、帰れた。





当たり前のことを当たり前にできた喜び。





そこには自分がいた。






リトルバスターズは私に勇気をくれました。





他人から見たら笑っちゃうようなことですけど。





笑ってもらって構いません。





でも私は感謝します。





リトルバスターズに。



それは制作スタッフの皆様であり、



リトルバスターズに登場するキャラクターであり、



『リトルバスターズ』その物の存在です。
前の記事へ 次の記事へ