スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

あれから10年(ゼルアメ)



ある日。
明日も明後日も旅の空であるゼルガディス=グレイワーズが泊まった宿に、一通の手紙が届いた。

「アメリア…?」

ゼルガディスの青光りする唇から、驚きの声が漏れた。
なぜ、この場所がわかったんだ?
どこか近くに潜んでいるのか、お嬢ちゃん。
いや、そんなこともないか。
大国のお姫様がその気になったら、どんなに日陰に生きている者を探しだすのだってなんのその、なのかね。

斜に構えて色々な考えが頭をよぎるが、それよりもなによりも自分の心臓が、驚くくらい早く打っている。

まったく、なんだってんだ。

ゼルガディスは眉を盛大にひそめながらも、宿の部屋の中にある備えつけのイスに座り、封筒を携帯している小刀をペーパーナイフ代わりにして素早く開けた。

中身を取りだして読んでいく。
手紙にはこう書かれてあった。




親愛なるゼルガディスさん
お元気ですか?この手紙が奇跡的にあなたに届くといいのだけど。


今日、この手紙を書こうと思ったのは、ゼルガディスさんと私が初めて出会ってからちょうど10年経ったと気づいたから。
なんだか信じられないけど。
ゼルガディスさんと、リナさんと、ガウリイさんとの旅。
出会っては別れ、また出会っては別れ。たくさんの笑ってしまうような楽しい時を過ごし、山ほどの困難を乗り越えてきましたよね。


ゼルガディスさんはご存知ですか? 
リナさんとガウリイさん、ご結婚されたんですよ!!


あのリナさんが!
ガウリイさん、よかったですよね! 
すごいですよね!!


でも、あれだけお互いのことを支え合っていたんだから、自然なことなのかもしれないけれど。でも嬉しいです。
あの2人には、もうどれだけハラハラさせられたか。


私のねーさんにも、いつの間にか、気になる人がいるみたい。まあ、私のねーさんが気にいるなんて、そーとーな人だと思いますが。




私はというと、相変わらず全てのお見合い話を流してしまったので、王宮内でもとうとう匙を投げられました。
父さんからは、もうお前がいい人なら、誰でもいいって言われました。


けれど、私のことを抱きしめてくれるような王子様は、残念ながらこの世にはおりませんので、私は生涯をこの身一つで終えようと思います。


ひとつだけ、私にある思い出。
たった一度だけ、想いを寄せる方と口づけを交わすことができました。
私は決して忘れません。


私はその思い出を胸に抱き、この生涯を過ごしていきます。


それでは、どうぞお元気で。
遠い空の下で、幸運を祈っています。


アメリア=ウィル=テスラ=セイルーン




「なんだよこれ。アイツ、また一人で盛り上がってんな…」


生涯独身の覚悟を決めたとか、アイツいまいくつだよ。確か26かそこらだろ。


「女ってせっかちだよな…」


頭をかきつつ、けれど、ドキリとしている自分がいる。


会わなかったこの数年は、自分が思っていたより彼女に困惑を与えたらしい。


(あんなもの、カウントしてたのか?)


3年前。
長旅になりそうだからと、別れの挨拶をするために立ち寄った王都セイルーン。


彼女がしきりに再開の約束を求めてきたので指切りをした。


その時、多分、自分はなにかに酔っていたのだろう。
その夜、あまりに見事だった満月のせいか。それとも、城の庭に咲き誇っていた花々の良い香りにか。


それとも、可愛らしい王女が流している涙にか。


唇に ふれてみたいと思った。


それは、ふれるか、ふれないかのキスだった。






そんなものを、後生大事にしてるのか。




「……まったく、不憫なやつだな」


皮肉めいた笑みをわざと浮かべてみても、心の中はざわついている。


行こうか、セイルーンへ。


彼女からの手紙が背中を強く押している。


このまま、アメリアを一人にさせ続けるほど、この旅に価値はあるのか?


この身が、まだキメラのままだということを知られるのが嫌だった。
でも、これ以上、再開の時期を延ばしていたら、アメリアの心を失うかもしれない。


ゼルガディスは深い、深い息を吐いた後、数少ない荷物をまとめ出した。


宿を引き払い、このまままっすぐセイルーンに向かったとして、どのくらいかかるのか。


(うまくしたら20日間くらいで)


聖王都のお姫様を尋ねられる。


そういえば、頭が追いついていなかったが、リナとガウリイが結婚したって?


いつでも変わることなくリナを守っていたガウリイ。
ときにはぞんざいに扱われていたりもしたけれど。


一人の女性を守れる強さ。


ゼルガディスはまっすぐ前を向いて歩き出した。

もう2018年ですね

突然浮上してすみません?

ゼルアメ小話が一つ書けたので、後でアップしたいと思います。
とりたててどうといった小話でもないのですが(^^;

iPhoneから送信

あ、なんか

チビネタばっかりでもなら、更新できる気がしてきた(ぎこちない日本語)

iPhoneから送信

会社で

もう解決できたのですが、ケアレスミスを起こしまして、ついブログ更新できませんでした。

また、今日から、時間を作っては書いていきたいなと思いますー。

iPhoneから送信

おはようございます

おはようございます。これから会社に行くのですが、


一週間、毎日少しでもいいから更新できなかったら二次創作は諦めるという条件を自分につけたいと思います。

追い込まないとダメ、絶対(>_<)
帰宅したら、一番にする事、ブログ更新。

来週の金曜日までどうなるか。
やってみたいと思います。

iPhoneから送信
<<prev next>>
カレンダー
<< 2020年09月 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30