スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

王子様とならず者

朝食の席は、穏やかだった。

いや、好奇心や不安を、気遣いのオブラートで包んだ穏やかさだったから、穏便といったほうが近い。

食事のはじめに、月の国のプリンス・シェイドは言ったのだ。
昨晩の事件は、いま極秘に調査しているから、どうか解決までいましばらく待ってほしい、と。

行儀の良いふしぎ星のプリンス・プリンセス達は、それでその件については何一つ質問しなくなった。

代わりに、楽しい話題ばかりを持ちだして、朝食の席を華やがせた。

ファインだけが、笑顔を忘れたようにそこに座っていた。


もちろん、食事は美味しい。
本当に。


こんがりと焼き上がり、表面に粉がかかったようなプチパンは、優しい味がしてとても気に入った。レインの勧めもあり、ついついお代わりをしてしまう。


けれど、それだって、楽しい気持ちで笑うまでのパワーにはならない。


一方、シェイドは笑っていた。
目の下にうっすらとクマが見えるが、それでもアウラーやティオ達の愉快な話に興味津々と言った様子だった。


この席で、唯一、ファインの気持ちが揺れたのは、最後のお茶をいただいた時だった。


カップから漂う香を感じた瞬間、胸がドキリとした。


エクリプスの香りがする。


なぜかハッキリとそう思えた。


カップに口をつける。


静かな月明かりの香り。でも、どこか気持ちが高鳴ってくる、不思議な香り。
鼻の奥が勝手にツンとして、涙が出そうになった。


プリンス・ブライトがこのお茶を、とても素敵だと言った。彼はとてもお茶に詳しい。


「ハーブティーだね。この香り、初めてだよ。味も少し酸味があっていいね。とても美味しい」


「よかった」


シェイドが微笑んだ。


「このハーブは、僕が作った品種なんだ。城のハーブ園で育てた。自分でもお気に入りなんだ」


そう言った彼の顔が、少し照れくさそうに一瞬緩んだ。


その一瞬の笑みだけが、プリンス・シェイドの本当の笑顔だ、とファインは感じた。


朝食が終わった。
それぞれが部屋に戻る中、ファインはシェイドに呼び止められた。


「大変申し訳ないのですが、10時に応接間に来ていただいてもいいですか?」


王子様とならず者 61

「おはよう、プリンセス・ファイン、プリンセス・レイン。よく眠れましたか?」

ニッコリと、ロイヤルスマイルで尋ねられて、ファインは心底驚いた。

それは、銀の食器とともに朝食が用意された、長テーブル。

各国のプリンセス、プリンス達が再び顔を合わせた朝食の席だ。

「あなたは?」

答える前に尋ね返してしまった。

するとプリンス・シェイドは答える。

「僕はあまりよくは眠れませんでしたね」

よかった。
普通の人の答えで。

ファインは胸をなでおろす。
しかし、次の瞬間、挑むように凛とした瞳で彼に言った。

「お食事の後で、あなたとお話しがしたいです」
「……わかりました。こちらもお願いしたかったことです」

さすがに彼の顔が硬く、冷たくなる。
しかしそれを見せたのもほんの一瞬で、すぐさま貼りついたような笑顔にすり替わった。

「まずはなにより、お召し上がりください。新鮮なフルーツをそろえたんですよ。もちろん、パンは焼きたてです」

****
挨拶もなにもなく、いきなりですみません(>_<)
そして、こんだけかよーってミニ更新でした。

王子様とならず者 60

紅く煌めく髪飾り。
レインらしい、デザイン。

ファインは泣きたくなってきた。

靴をなくしたよりも、男達に追われた記憶よりも苦い。

うなだれたファインを見て、ルルが立ち上がり、このプリンセスを抱きしめた。

「きっと全て最後はうまくいきますよ。大丈夫です」

温かい。
温かくて、安心する匂い。

結局、黙っていられなくて話してしまったけれど。

でも、心が軽くなった今の方が、なんだかうまくいくような気持ちになってくる。

朝の太陽と紅茶の香りの中に、希望の匂いを感じだす。

「ルル、キャメロット、ありがとう」

ファインは心の底から言った。

そしてファインは考える。エクリプスには、こんな風に側にいてくれる人達がいるのだろうか。

そして、プリンス・シェイドにもまた、どんな悩みも聞いてくれる人達がいるのかしら。


もし、こんな不安な夜を過ごした後、朝の光の中で抱きしめてくれる人達がいなかったら。


それはとても恐ろしいことだと思った。



iPhoneから送信

2017/03/07 15:53、> のメッセージ:

>
> カタカタカタ…
>
> 小さな音が聞こえだす。
>
> ファインが音の元を目で探すと、それはキャメロットのカップが、その下のソーサーに小刻みにふれる音だった。
> 彼女の手が震えているのだ。
>
> 「それは…大変な問題です。国際問題ですよ…!」
>
> 怒りを押し殺した声でそう言うキャメロットに、ファインはドキリとした。
>
> 「でも、エクリプスが助けてくれたし…」
> 「そんなの問題じゃありません!」
>
> ピシリと響くキャメロットの声に、ファインだけでなく、ルルも小さくなる。
>
> 「いいですか、ファイン様! ファイン様はお命を狙われたのですよ? 大の男達に! それも1人は月の国の装束を着ていたなんて。
> 我が国のキングとクイーンが知ったらどれほどショックを受けるでしょうか。
>
> シェイド様は、エクリプスとやらを捕まえると公言していましたが、それよりもまず、その2人の悪漢の逮捕が先です! そやつらは一体、どうなったのですか?」
>
> 「…わからない」
>
> ファインが答えた。
>
> 「わからないの。聞いてない。…ああ、そういえば、私の靴も返ってこない」
>
> 「靴? そういえば、ファイン様、昨夜は見たことのない靴を履いて帰ってらっしゃいましたよね。まるでメイドが履きそうな靴で」
> 「月の国のお城のメイドさんに借りたの。私の靴は、男の人達から逃げる時に脱ぎ捨てちゃったから」
>
> ファインの言葉を聞いて、キャメロットが、「本当に恐ろしいこと」とつぶやきながらさらに頭を抱える。
>
> 「必死だったから…。あ! あと…」
>
> ファインの顔がサッと青くなった。
>
> 「レインが…! レインがくれた髪飾りも…落としてきちゃった」
>

王子様とならず者 59


カタカタカタ…

小さな音が聞こえだす。

ファインが音の元を目で探すと、それはキャメロットのカップが、その下のソーサーに小刻みにふれる音だった。
彼女の手が震えているのだ。

「それは…大変な問題です。国際問題ですよ…!」

怒りを押し殺した声でそう言うキャメロットに、ファインはドキリとした。

「でも、エクリプスが助けてくれたし…」
「そんなの問題じゃありません!」

ピシリと響くキャメロットの声に、ファインだけでなく、ルルも小さくなる。

「いいですか、ファイン様! ファイン様はお命を狙われたのですよ? 大の男達に! それも1人は月の国の装束を着ていたなんて。
我が国のキングとクイーンが知ったらどれほどショックを受けるでしょうか。

シェイド様は、エクリプスとやらを捕まえると公言していましたが、それよりもまず、その2人の悪漢の逮捕が先です! そやつらは一体、どうなったのですか?」

「…わからない」

ファインが答えた。

「わからないの。聞いてない。…ああ、そういえば、私の靴も返ってこない」

「靴? そういえば、ファイン様、昨夜は見たことのない靴を履いて帰ってらっしゃいましたよね。まるでメイドが履きそうな靴で」
「月の国のお城のメイドさんに借りたの。私の靴は、男の人達から逃げる時に脱ぎ捨てちゃったから」

ファインの言葉を聞いて、キャメロットが、「本当に恐ろしいこと」とつぶやきながらさらに頭を抱える。

「必死だったから…。あ! あと…」

ファインの顔がサッと青くなった。

「レインが…! レインがくれた髪飾りも…落としてきちゃった」

王子様とならず者 58

>
ファインの口から少しづつ、昨日の出来事がこぼれていった。

みんなとはぐれた後、2人の男の不穏な話を立ち聞きし、気づかれて捕まえられそうになったこと。

そこにエクリプスが現れて助けてくれたこと。

エクリプスとの会話までは細かく伝えなかった。

ただ、エクリプスからは、あまり関わるなということを言われたことだけ伝えた。

最初、話を黙って聞いていたキャメロットとルルは、次第に身をのりだし、最後には青ざめた顔になる。

沈黙が流れた。
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2020年10月 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31