スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

1人分




居ない空間はこうも違うものです









おかんが透析を開始する為に
二週間程の入院をしました

入院する前は
もう足がパンパンに浮腫んでいた

二年前にも同じ事があった

だからマッサージして
樹液シートで
水分を取ったりしてたけど

今回はもう駄目だった

背中の痒みが治まらずに
ずっと...

背中はボロボロ

そして
病院に行ったものの
担当医が居らず
堪えて4日目で
入院したいと
自ら希望した

医者は様子を
見たがった見たいだけど

おかんの判断は
正しかったと思う

痒みが治まらないって
気が狂うよね...








入院中は
兄貴にほぼ任せた

なんかちょー偉そうで
むかついた

お前がまともなら
苦労してないわッ!!

七万返して下さい...

お前の為に働いてる訳じゃ
無いのに...

無駄に舞って行く
仕事した日々が...

時間が...

本当に使えない奴だって
思ったね...

家事より
外で働く方がまし

だそうですよ?

んな、馬鹿な

本当に腹立たしいったらないッ!!

てか
本当にそーなんかなぁー

あれこれ悩むから
面倒なんだよね

決めたらブレなきゃ
良いんだよ

本当にウザイわー









それは置いといて

今日、無事に退院して来ました

月曜日から
透析センターに通う事になります

なんやら自分で
やる事がある様で
大変そうだけど
送迎して貰えるだけで
だいぶ助かるものです

後は調子が
あまり崩れないで居てくれたらと
思うのだけど

父親が馬鹿だから
無理ですよねー

本当に何もしないんだから

これもウザイわー

ついでに
それに
似てる私もウザイわー










ストレスですかね?

お腹が調子悪くて
静かな仕事の空間で
鳴るんですよ

それも突然

しかも
昼になると
何故かッ!!

夕方まで
グルグル言うです(泣)

お腹空いた音と
違う音だから
尚、恥ずかしさMAXね(恥)

しかも鳴り始めの音が
なんか大っきいんだよね(汗)

あ”ぁーーーー

やめぇーてぇーーッ!!

心の中で
頭抱えて叫ぶよね(泣)

まぁ
聞こえてるとは
思うんだけど
見事にスルーして
くれるから有難い様な...

お腹の音なんですー

って
笑って言ってしまいたい(泣)

治さなきゃだけど
いまいち解らん

来週は大丈夫だろうか(≡д≡)

おかん戻って来たから
大丈夫だよね...?









ズレてしまった






一定の距離を保って居て
いつの間にか
近付き過ぎて
関係が少しズレしまう事は
よくある

何気ない相談事に
応じて
賛成して見たら
反論の嵐

まぁ気軽に
賛成してしまった訳だけど...

いろんな人に
嫌な思いをさせて
しまったと思う...

まぁなんかあって
揉めるのはいつもの事だと
思うのだけど
自分が絡んでるから
申し訳ない...

そんな中
普通に仕事してたんだ

本当に

新人ともなんとか
上手くやれてると
思うんだよ

本当に

でも
与えられた仕事に
思いっきり溜息が
出てしまった

長い道程を
また一人で完走するのかと
思うと
嫌気が差して
泣きそうになった

嫌だって
態度が全面に出た

子供っぽいかも
知れないけど
感じる孤独感は
拭えない...

こんなんじゃ
駄目なんだけど

与えられた
時間と
期限と
抱えた命と
仕事と

考えてたら
久し振り
目に涙が溜まった

現実は
痛いって
久し振りに思った









煩いから
耳栓を頂戴

目障りだから
壁を頂戴

集中したいから
話しかけないで

私を見るな






皮肉なカタチ





昔から言われている事がある

「あんたとあいつが
逆だったら良いのにね」



性別も性格も
今ある経済状況も

どちらかと言えば
逆のが人生を謳歌出来た
のかも知れない

いゃ
私が望むのなら
むしろ全て無かった事になる
ならと思う






兄妹の関係も
考え物ですね

二週間後





多分、母さんは
透析を開始するであろう

ほとんどの検査結果の値が
透析の数値まで来ている

浮腫みはそこまでないが
痒みに苦しんでいる

今日の検診で
痒みを鎮める飲み薬と
塗り薬を処方してもらった

薬の量が次から次へと
増えていく

その量を見て
母さんは溜息を吐いた








この先が
どうなるのか
検討がつかないもので
なんやら不安

でも
働かなくてはね...


<<prev next>>
カレンダー
<< 2014年04月 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
アーカイブ