フジ子・ヘミングは母が好きで、私も最近観た映画でピアノクラシックに興味を持ち、Apple Musicで聴いています。

(観た映画は、「君の名前で僕を呼んで」です。甲乙つけるわけでなく、ただ好きな映画のひとつだなと思いました。泣く私にいつものようにハンカチをくれる彼、「レインマン」が観たくなったね。と、言っていて、私も同感。)

辻井伸行の演奏もいいなあ。

前向きさとか、なんだ。
綺麗事ばかり、馬鹿らしい。
と、自分の思うことに頷けないことがここ最近ありました。
ただこの1年間、培ってきたものは意外と固くなっていたことに気づけました。
もう、前を向くことに慣れていて、神社で参拝をして清め、あとは、自分の足で歩いていけばいいこと。
思いを具現化すること。これが、難しい。薄い薄い膜を重ねて、厚い板に、力にしていきたい。

未来は明るいんだよ。
って、自分でぽろってたまに溢すセリフ。そう、根拠もないし、不幸ごとだって待ち構えてるのは承知の上で、
それでも、日々を すこし深呼吸するくらいの味わい方で、楽しむこと。

そう、すこし、深呼吸するくらい。

やりきれない、流しきれない思いもあるし、それは負の感情じゃないんだよ、大丈夫、と、言い聞かせて。
ルララ〜 宇宙の風に乗る〜。がんばれ、わたし〜(^。^)naka.