2月19日

こんばんは。

昨日は2月19日でした。
普通の、2月の、ある1日です。

でも、普通の1日ではありませんでした。

30年前、母が癌の手術をした日です。
それから毎年再発しないことをお祝いしました。

と言っても、正式には弟が成人するまでは、母が癌なの癌なのは伏せられていたので、お祝いするようになったのは、大人になってからですが…

5年後の再発率が低い癌もありますが、母の癌は再発までに時間がかかることもあるようで、患者会では28年後に再発された方もいるようで…

いつまで経っても、なかなか再発の不安から解放されることはありませんでした。



でも、とうとう今年の2月19日で、30年になりました。

30年以上経っての再発はほとんど聞きません。
母がホッとすると言いました。



今は癌ではない他の病気に悩まされていますが…




だから、今年の2月19日は普通の日であって、普通の日ではない。母が癌を克服した記念の日です。

これからも、元気はつらつとまではいかなくても、少し楽しいこともできるくらいに健康でいてくれたら嬉しいな…































2月14日

こんばんは。

今日はバレンタインデー。
会社でもチョコをもらいました。
夕方、タリーズコーヒーに行ったとき、チョコがあったら買って、一緒に食べようかな…と思ったのに、商売気が無いのか、1つもチョコを置いていませんでした。

この季節、チョコ好きにはたまらないほど、たくさんの高級チョコがそろいますよね…

私はチョコが大好きだけど、一粒千円もするチョコを買いたいとは思いません。スイスのスーパーで買える板チョコくらいの美味しさが、一番の好みです。

でも、まあ季節ものなので、ほんの少し買って帰ったりする年もあるのだけれど、今年はデパートに行かなかったな…なんて思い、今日はお風呂に浸かりながら、すっごく昔のことを思い出した。

私は、好きになった人とつき合ったのは、大学4年の頃が初めてでした。

それまでは、好きと言われて、まあ好きになれるかな〜と思って付き合ったりして…それなりには相手のこと、好きだったとは思うけど、本当に好きというのとはちょっと違いました。

そして、初めて好きになったのは、大学の同じ研究室の先輩でした。賢くて、真面目で、でも、人を笑わせる戯けたところもあり、でも、腹立つことにも正直な人でした。

毎日一緒に過ごしてて、憧れていたけど、付き合えるとは思っていなかったのに、ある日、好きだって言われて、つき合うようになりました。

その先輩と付き合えた幸せな気持ち、今でも忘れません。その人の横にいるだけで、とても嬉しかった…

でも、まあ、お互いに忙しくなったりして、環境が変わったりして…彼は私によく八つ当たりするようになりました。それがとてもつらくて、もう彼は私のこと、好きではないんじゃないか…という不安が恐怖になっていきました。

彼のお誕生日は2月1日で、そのプレゼントに時計を買いました。その2週間後のバレンタインデーのために、チョコも買いました。

どちらも私にしては、とても高価なプレゼントでした。

でも、上手く連絡が取れず、彼の誕生日には会えませんでした。あの頃は、まだお互いに連絡を取るのが今ほど簡単ではなかったから…

そして、次の週に彼にあったとき、誕生日のプレゼントを渡したけど、誕生日に連絡できなかったことをまた罵られました。

まだまだ彼を好きだったけど、もう、辛さは限界で…

さらに次の週、バレンタインデーの前日に会った時、私は別れを告げました。彼はそんな私に謝って、もう一度考え直して欲しい…今でもりこが好きだって言いました。でも、もうやり直す元気は私にはありませんでした。

次の日、渡せなかったチョコを1人で食べました。まだ彼のことを好きな自分と、やり直して欲しいと言ってくれた彼と、そして、それでも別れなければならないほどボロボロだった自分と…

そして、これまでのことを思い出しました。嬉しかったことも、悲しかったことも、思い出したけど、幸せでした。幸せなのに、悲しくて、涙が後から後から出てきました。

美味しいチョコがただ口の中で溶けていきました。



社会人になると、バレンタインを大げさには捉えません。あの甘くて苦い思いは、あれきりです。

その後も、まぁ好きになれるかな〜の人と付き合って、別れて、また付き合って…結婚もしてみたけど、また別れて…

そして、ついに、本当に好きと思う人としか、付き合わなくなりました。プレゼントにも拘らなくなりました。

大人になるって素晴らしいな…
世間のいろいろな型から、自分らしく、自由になれるから…

今は、一緒にいて幸せだと思う人としか過ごさない。

これからも…



まぁ好きになれるかな〜が必要なくなったら、昔泣きながら食べたチョコを時々、思い出すようになりました。



好きな人と過ごす幸せな時間、大切にしたいと思います。







長くなっちゃいました。
お付き合い、ありがとうございます。

おやすみなさい。

























靴を2足買いました


話題:購入品



おはようございます。

今朝も寒い朝です。

ここに書けるあまりいい話題がないので、なかなか更新できずにいましたが、先日、いいお買い物ができたので、更新します。

この靴は、先日、デパートで、それぞれラス1で、半額以下になっていました。りこは服も靴もまあまあ標準的なサイズなので、ぴったりサイズがバーゲンで残る確率はとても低いのですが、この靴は2色揃ってりこを待っててくれました。

形もデザインも色も気に入って、2足買い…
(*^^*)

りこは足が良くないので、ハイヒールが履けず、合う靴を見つけるの、とても難しいんですよね…

今は寒くてブーツばっかりだけど、春になって履くのが楽しみです。


























氷の中の温かさ

こんばんは。

寒い日が続きますね…

このところ、夢を全然見ていなかったのですが、今朝は久しぶりに夢を見ました。

夢というのは、大抵非現実的なシチュエーションが繰り広げられるものだけど…

今日の夢は怖い夢でした。
そこは近未来的で、今よりも荒んだ世の中になっていました。
貧富の差がさらに開いて、路上生活を余儀なくされる大勢の人と、それとは無関係に着飾った富豪の人と、とても少なくなった中産階級の人とが、都心にわちゃわちゃ生活していました。

しょっちゅう殺人事件が起きたりするので、昼間でも路地裏は1人では歩けません。そんなところに出張で行くことになったりこに、なぜかりこの好きな人が同行してくれました。

その人はりこに寄り添ってくれて、恐ろしい思いをしなくていいように、危険を回避する提案をしてくれて…

夢事態はとても怖かったのに、その人がいてくれるだけで、とても安心できました。あんな恐ろしい社会にはなって欲しくないけど、分からないですよね…

治安なんて、いつ酷くなってもおかしくないし、人間の権利なんて、いつ侵害される時代が来ても、おかしくないのだから…

りこは現実ではあんな風に守ってくれる人はいないかもだけど、手を握って一緒にいてくれる人がいるのはとても心丈夫です。

そんな恐怖と幸せが1つになった、不思議な夢でした。




現実もあんな風だといいな…




おやすみなさい。

























4年

こんにちは。

寒いですね…

この冬は風邪をひかない目標で過ごしてきましたが、昨日から喉に痛みを感じています。
とうとう風邪ひいちゃったかな…

今日は2月10日です。
りこは4年前の今日、ブログを始めました。
最初からお世話になってから方々、最近訪問させていただいている方、してくださっている方、ありがとうございます。

最初始めた頃は、またどの位書けるか分からないなと思っていましたが、4年も続けられたのは、いろんなことにめげた時、励ましてくださったり、アドバイスくださったり…温かく見守っていただいたからです。


更新頻度はとてもばらつきがありますが、これからも書いていこうと思います。
これからも、よろしくお願いします。





































前の記事へ 次の記事へ