スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

KSTK(キシリア様に届けてくれ)


話題:ガンプラ








エクストラフィニッシュ風にするため、黒い部分は塗料の黒鉄色、他はガンダムマーカーのパープル、シルバー、レッドをムニュって筆で塗った。

ただパープルが思ったより青っぽかった。

あれか、青に見えるか紫に見えるかってヤツ?





プレバン専売のキットのベースはリバイブのギャンだが、外装はほぼ新規パーツで構成されている。

可動域も広いのだが、ランスの柄が長くて意外と動かせない…





仮にギャンが量産化されていても戦いの大局は変わらなかっただろうが、マ・クベの夢はせめてゲーム内だけでも叶えてあげたいね…

YMD(良い物だ)


話題:ガンプラ


こんな発展機が生産されていたかもってマ・クベも大喜びだったろうに…






MS-15KG

ギャンクリーガー




ゲームのギレンの野望での、もしもゲルググとのコンペティションでギャンの方が制式採用されていたら、ギャンの発展系として開発されていたであろう機体。

ゲルググJ(イェーガー)と対を成す、統合整備計画の一環になる。

ギャンの問題点である空間戦闘の脆弱さを補うためバーニアが強化、追加されていて推力は上がっているのだが、その真価を生かすためには敵機に近付かなくてはならなく、玄人好みの機体になっている。




ビームランス!

デカい!太い!奥さまウットリ!(オイ)

流石にモナカ割りだったので接着剤でムニュってヤスリをかけたが、やっぱり合わせ目は目立つ。

それでもイイよ、イイよ。






シールドライフル

ギャンの爆弾丸出しシールドの反省を生かし、シールドの裏側にライフルを仕込んでいて誤爆の可能性は減った。

確か実弾兵器だったと思ったので、ザクマシンガンぐらいの威力しかないのかな?

シールド裏側は紫のパーツだったが、ちょっと違和感があったので黒鉄色で塗り、砲身はシルバーで別素材感を醸し出す自己満足。


つづく

GK7


話題:ガンプラ


GKS&W(ギャンクリーガー・ソフト&ウエット)
(いえ、シールド&ウェポン)






シールドの赤い部分は作例では黒なのだが、コッチの方が見映えが良いので塗った。

ビームランス長っ。

GK6


話題:ガンプラ


GKWB(ギャンクリーガー・ホワイトベース…じゃなくてウエスト・バックパック)






色は塗ったが、バックパックの色分けは無塗装でもしっかりされていてビビる。

GK5


話題:ガンプラ


GKL(ギャンクリーガー・レッグ)





けっこう塗り残しがあったレッグ。
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2018年05月 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31