年末調整を電子化へ

政府税制調査会(首相の諮問機関)は16日の総会で、納税手続きを簡便にするための方策を議論し、年末調整について電子化する必要があるとの認識でおおむね一致した。

 財務省と国税庁は、すでに金融機関と協議に入っており、2018年度税制改正大綱に電子化の方針が盛り込まれる見通しだ。

あしなが育英会が新たな奨学金

事故や病気などで親を亡くした子どもたちに奨学金を出してきた「あしなが育英会」(東京)は、来年度から返済の必要がない給付型奨学金を新たに設ける。

ユニクロが過去最高利益

「ユニクロ」を運営するファーストリテイリングが12日発表した2017年8月決算は、売上高が前年比4・2%増の1兆8619億円、営業利益は38・6%増の1764億円、純利益は2・5倍の1192億円となり、いずれも過去最高となった。好調な海外事業の営業利益が倍増した一方で国内は減益だった。

米GMが排ガスゼロ車を拡充

米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)は2日、2023年までに世界で少なくとも計20車種の電気自動車(EV)と燃料電池車(FCV)を発売すると発表した。

ギャンブル依存経験320万人

生涯でギャンブル依存症が疑われる状態を経験した成人が3.6%と推定され、人口換算で320万人に上ることが29日、分かった。

 ただ何年もギャンブルをしていない人も含まれる。現在の実態に近い過去1年以内になると、0.8%の70万人に依存症の疑いがあると推定され、パチンコが突出して多かった。
前の記事へ 次の記事へ