教育資金の備えにはジュニアNISAの活用も

教育資金の備えには、昨年4月に始まった「ジュニアNISA」の活用も有効。子ども名義で1口座を開設でき、運用は原則として親や祖父母などの親権者が代理で行う。年間投資額80万円を上限に、株式や投資信託などで得られる配当金や売却益にかかる税金は18歳までは非課税となる。

国民年金は口座振替が便利

口座振替だと国民年金保険料は納めに行く手間や納め忘れもありません。まとめて前払いすると保険料が割引に。

外国人労働者108万人

厚生労働省は27日、2016年10月末時点の外国人労働者数が初めて100万人を突破し、108万人になったと発表した。

起業家育成勧誘、被害相次ぐ

起業家育成をうたったセミナーを受けた人が「受講料が高く内容も不十分だった」と訴えトラブルになる事例が増えている。
会員制交流サイト(SNS)を通じた勧誘が特徴で若者が標的になっている。

残業代支払い指導

厚生労働省は、各地の労働基準監督署が2015年度に残業代をきちんと支払うよう1348企業を監督指導した結果、約9万3千人に約100億が支払われたと発表した。
前の記事へ 次の記事へ