ハーモニーレディースクリニック

2024/06/03 09:00
今こそ必要とされているお産 シェ・ディングフリー分娩

遺伝子組み換えされた医薬品、食品の流通に伴い、伝播(専門用語でシェ・ディングと言います)が大きな問題になっています。汚染された生物、人間から他の生物・人間に伝播がおこるものです。このため遺伝子組み換えされた医薬品、食品は厳重な管理が必要とされ、絶対に研究室から漏れてはいけないものですが、日本では食品流通、医療界での使用が容認推奨されています。伝播はひどくなると明らかに接近しただけで他人にもわかるようになり、接触すると容易に密度勾配により他人へ移っていくのです。もとは分子生物学的用語で、膜蛋白プロテアーゼにより切断された膜蛋白が可溶化し、影響範囲が広がることを指します。近年遺伝子組み換えワクチンが社会問題化し、作用のひとつであるシェ・ディング がヒトに与える影響が現実のものとなっています。

遺伝子操作された蛋白やそれに伴いRNA遺伝子が他人に伝播したらどうなると思いますか? 全ての影響をここで網羅することは不可能ですが、異常なタンパク質の形成により体の内外に変異を来たし、外見の変化、がんなどの病気や体調不良はもちろん突然死、そしてそれがDNAに組み込まれると(もし妊娠した場合には)永遠に遺伝していくことになるのです。国際的に厳重管理を求められている物質を国内にばらまけば、普通は反社会的行為と見なされます。そのようなリスクを伴う物質を赤ちゃんへ伝播させることは今すぐに止めることができるかもしれません。そのために当院では最先端の予防医学、統合医療技術を駆使して、赤ちゃんとお母さんに最善の環境を提供する努力をして参りました。

特に副作用が指摘されている危険な遺伝子組み換え医薬品に対しては、当院は当初より厳戒態勢をしいておりますが、このたびシェ・ディングに苦しむ人が増えていることから、ご希望の方へは分娩において、シェ・ディングのリスクを可能な限り減らして行うことに致しました。特別な器具、技術、スタッフを必要とし、また中和・排毒にあたる医師にも多大のリスクを伴うため、10万円の費用を頂きますが、産まれてくる赤ちゃんへの影響を心配されている方、伝播で苦しんでいる方へは朗報となると思われます。これが私が今最も重要と考える安全な出産法であると宣言します。

シェ・ディングフリーとは伝播を無くし、当面の危機を乗り越える手段です。お産に関わる全ての医療行為の前に優先されるべき前提条件と私は考えています。今後このばらまかれた危険物質の回収、また接種者のDNAに組み込まれてしまった外来遺伝子(当然健康に良いはずがありません)の除去ができるのか不明ですが、未来に託します。それまでに当院でのお産でシェ・ディングフリーで産まれた子達が、将来の日本を救ってくれると期待しています。赤ちゃんへのDNAへの遺伝子挿入や異常蛋白発現のリスクは避けなければなりません。

1日の遅れが取り返しのつかない子どもを増やしてしまう可能性があります。危急の対策として当院は考えられる対策と人的物理的資源をすべてこの問題解決に投入しています。シェ・ディングは対策する医療従事者への健康問題でもあります。志を同じくするスタッフの参加を歓迎致します。

本日6月3日9時より施行致します。全てのひとに弥勒菩薩のご加護がありますように。


 0 



b o o k m a r k


p r e v n e x t
g o  t o  t o p

-エムブロ-