ぷひい



本日は好きな子にお付き合いいただき、とあるブランドの腕時計を見に行ってきました

そのブランドの商品は本当に可愛くて、彼女も先日そこの腕時計を購入していまして

「生で見たいんだけど一人で高級店入るのこわい」と泣きついて、わざわざお付き合い頂いた次第


というのは建前で

先日彼女が落ち込んでいたのを受けて、ちょこっとでいいから何か出来ないかなあ〜と考えておりました

そんな折に彼女が腕時計を購入しまして

「同じブランドのバングルも腕時計に合わせたら可愛いが購入は自粛する」と仰っていました

送ってくれた写真を見ると確かにかわいい
かわいいし、腕時計にも合うし、彼女にもよく似合いそう

写真には2種類のバングルが載っており
彼女が特にお気に召していた方は残念ながらどこも在庫切れ

もう片方もかわいいが、サイズが緩いから腕時計と一緒に着けるとガチャガチャ当たって傷付いてしまいそう

と仰っていたので、そのバングルを買うか他の何かにするか物凄く悩んでおりました

他のアクセサリーもHPで散々見ましたが

可愛いけど在庫切れだったり、在庫はあるけどカラーが腕時計や彼女のイメージに合わなかったり

といった次第でなかなか決め手に欠けておりました

写真じゃ加工もされてるしよく分からないな、と新宿の店舗へ一度行ったのですが、あまりにお店の高級感に圧倒されてしまい競歩で逃げ去りました

新宿はダメだ敷居が高い。そう痛感したので、一昨日は表参道の店舗へ

こじんまりとした店舗で、店員さんもとても気さくで話しやすかったので安心して商品を眺めることができました

生でアクセサリーを眺めて、「この中ならやっぱりコレかな」と、上記のバングルに

そのバングルもカラー違いがあり、どちらがよいか店員さんとめちゃくちゃ相談して無事にお買い上げ


さて、買ったはいいものの本当に渡してよいものか、とかなり迷いました

彼女が何かの舞台やイベント出演時なら、差し入れと称してプレゼントできる
それか彼女の誕生日まで待つのもアリか

めっちゃお高いものではないですが、なんの口実も無いのにぽんっとプレゼントするにはいささかお高い

買う前からそれはずっと考えていましたが、まあ、買ったしあげちゃえ、と考え直すことに


私も触発されて腕時計ほしいなあ〜と思っていたのですが、表参道店は新宿店と比べると品数は少なく

私が目星を付けていた商品は無かったので、勇気を出して再び新宿店へ

そして案の定高級恐怖症が発動して二度目の敗退

とっても悲しかったので彼女に「お店がこわくて時計見れない」とLINEしたら「じゃあ今度一緒に見に行こうよ」と有難いお言葉

甘えることにして、そして本日

やっぱり怖かったし手汗やばかったけど、一人ではないという安心感でちゃんと眺めることが出来ました

2つほど候補があり、店員さんに試着させていただき、3人とも「こっちがいいね」と意見が一致したものをお買い上げ

彼女のセンスが本当にすごくて、私の好みバッチリだわ確かに似合うわで尊敬しておりました

対応してくれた店員さんが「私もこの腕時計持ってるんです」なんて仰っていたのでそれも決め手に。かわいかったなあ〜店員さん


無事にお買い物を済ませて、お茶でもしようかと近くのカッフェへ

さて、どう話を切り出して渡そうかと考えていた矢先

「突然だけどコレ」

と、なんとお誕生日プレゼントを戴いてしまいました

予想外だったので「えっなにこれ!?なにこれ!?」とビックリしてしまいましたが、とても嬉しかったです。ありがたいなあ〜

この流れなら渡せるな、と私も「お返しにコレ〜」とお渡ししました

逆に「なにこれ!?(誕生日でもないのに)なんで!?」と予想通りの反応でしたが
腕時計にもそれなりに色味は合っていたし彼女にも似合っていたので良かったです

「コレ買えたならその時自分のも見ればよかったじゃん!」

と騙し討ちみたいな形になってしまったのは申し訳なかったですが、嘘はひとつも付いていないからヨシとします。サプライズの基本はあまり嘘を付かないことですよね

友人達にも相談に乗ってもらえて本当に助かりました。すごく参考になった

その場で即刻「させふじさんに騙された」とツイートされましたが、いやほんと、騙してはいないけどごめんねって感じです


その後は軽くお買い物をして、早めに解散

帰宅してから戴いたプレゼントをご開帳

「自分も使っているヘアスプレーで、あまり人に匂い付きのものはあげないけどコレはお勧め」

とは聞いていましたが、上品でわりかし好きな匂いなので有難く使わせてもらおうと思います

確かに、匂い付きのものってプレゼントには難しいですよね。私も人にあげる時はちょっと悩みます


今回プレゼント選びをしていて感じたのが
ピンクゴールドやローズゴールド系統って難しくね???????っていう

いや、すごくかわいいんですけど、どうにも自分には似合わなくて。人にも似合うのか否か判断が付けづらいですよね。試着してみないと本当に分からない

結局ピンクゴールド系統は避けましたが、ああいう色味が似合う人はうらやましいなあ〜。かわいいんだよなあ〜


そんな日記。おそまつ

ほわあ




すっごく久しぶりに来ましたお久しぶりです....

機種変してからというもの、ものすごく文字が打ちづらくて、なかなかここを訪れる頻度が減っておりました....うぇへぇ....


この1週間ほどで色々あったので、書き留めておきたくなったので、追記に放り込んでおこうとおもいます


続きを読む

もひゅ〜




百合公演までちょうど一ヶ月

進捗は悪くはないと思うけどこの先また何があるか分からないので油断は禁物ですね。なかなか段取りも回すのも下手くそでまいっちんぐ〜ですけれど、それはもう今の私の限界値ゆえに致し方なし。限界までがんばってがんばってがんばり続けますがそれでも足りなかったならそれが一つの結果として残るだけ。甘んじて受け入れようではないか

もっと稽古時間や機会を作ってあげられたら良かったなとかあの時こうしておくべきだったなとかすでに反省点が多すぎて参ってしまうけど、その時その時で一生懸命考えた結果の事だから後悔は無い。反省だけでよい

アレコレ頼れる事は皆に頼りまくっているからこそ何とかなっているものの、それでも考えること決めることやることが無数にあり過ぎて、これだから個人企画は!って気持ちもあり。しかしながら個人企画だからこそアレコレ自由に進められたり決められるという利点もあり。一長一短。劇団でのそれとはやはり全く異なる。全ては私の采配次第。失敗したならそれは全て私の責任

救いなのは、役者さん達が楽しそうなこと

この物語や人物をを本当に好いてくれているのが伝わってくるし、それが芝居にも現れているから有難い。皆生き生きとしている。特にヒロインちゃん。本当に楽しそうで内心ほっとしている。よかった、少なくとも今の段階では寂しい思いも悲しい思いもさせていないと思う。二度と繰り返さない。目標の一つ

リーダーシップやカリスマ性のある主宰・演出にはなれない。どこまでも対等に、信頼を置いて、一緒に作っていこう。それが私なりの結論

ひえええ




Twitterには書けないからこっちに書いちゃうけど、ま、ま、まじかーーーーー喉ーーーーー声ーーーーー声が出ないのはもうどうしようもないーーーーー

ってことだし、ちょっと稽古内容考え直したほうがいいかなあ。主役の子さえ大丈夫そうなら出来ることは沢山あるから大丈夫かな。というかやらなきゃいけないことだらけだし。それならヒロインちゃんは声出さなくても大丈夫か

荒通しが厳しくなってきたのつらいな....最悪荒通しはまあ潰れても何とかなるけど、通し稽古まで潰れたらマジできっついな....それまでには何とか治してもらわねば....

柔軟に柔軟に。焦らずに。でも頭はいっぱい使えさせふじよ。お前に出来ることはそれしか無いんだから

観劇




を、昨日してきました。知人の劇団の。めちゃくちゃクソみたいに荒れるのでご注意ください
















いや、いやマジ、クソかよ、マジクソ、なんなんあの90分。脚本が上がったのが4月頭で遅かった〜とかこっちはそんなの知らんから。金払ってんだから。アホですか???

4月頭に脚本が上がったとして、本番は昨日じゃん。一か月半もあるじゃん。しかも短編3本でしょ???一本30分で3本。もっとめちゃくちゃ削れただろ無駄な要素。1本あたり20分くらいまで絞れたでしょ

脚本が上がったのが遅かったっていうのを言い訳にすんなら、なぜわざわざ余計なことに手を出したわけ??ミュージカルっぽい演出??要らなかっただろ。あれを完全に消して芝居の質を上げることにだけ注力すればよかったじゃん。アホじゃないの。稽古時間があまり取れないとか役者の参加率が危ういって予想できてたでしょ???実際にそうなったわけでしょ???なら余計なことに手を出すな。それがわかっていたのに負担の大きい脚本を役者に投げたのは完全に演出の責任でしかない。見てるこっちはそんな内部事情どうでもいいんだよ

なんだよあのちょっとだけミュージカルっぽい演出とかいう触れ文句。なんなのあの歌とダンス。ひどかったじゃん。ダンスはまあまだ良いとして、歌はやばいだろ。一番初めの歌い出しの瞬間に何人か客が噴出したんだぞ。あの笑いは、「いきなり歌い出すなんておもしろい!」っていう物語的な面白さじゃなくて「こいつめっちゃ音痴!!!」っていうディスリ笑いだったぞ。私だってマジで噴き出しかけたんだから。なんとかこらえたけど、もうどんな顔して観ればいいのかわかんなかったんだけど

役者、マジ役者、やばすぎるだろ。客演さん方が必死に頑張って回してくれてたけど、劇団の役者陣は大丈夫ですか???よくその質でお見せしましたね。ダンスとか歌とか中途半端に手出して、芝居の完成度もひどくて、何がしたかったの???客に何を思わせたかったの???ディスってほしいの???ドМなの???

役者のね「必死に練習しました!がんばりました!」感はとってもすごく伝わってきたよ???伝わってきたけど、それが「おおおすげーめっちゃ面白い!」って感動じゃなくて「うわ....必死に練習したんだなあ....ボロボロだけどこれでも頑張って練習したんだなあ....」感満載なんだよ

演出は今回マジで何をしてたの???何をしたの???何ができたの???何がしたかったの???どんだけ脚本が上がるのが遅くても、脚本がクソつまんなくても、役者が稽古に来なくても、その他もろもろ想定外のことが起こっても、そんなの関係ねえんだよ。すべての責任は主宰、そして演出にあるわけです。わかりますか???

今回が初めての演出で〜ならまだ分からんでもないけど、今までだって何度も演出やってんじゃん。そして出演者的にも色々な問題が事前に予想できたでしょ明らかに。「この役者はこういう問題が起こるかもしれない」っていくらでも予想できたでしょ。なんにも考えてなかったの???考えてたけど対策を練らなかったの???練ったけど足りなかったの???それじゃあ次の対策は練った???ちゃんと実行した???おまえら今まで何度も一緒に公演やってんだから、それぞれの役者の性格とか芝居のやり方とか分かってるだろ。考えろよ。それぞれの役者のやり方を必死に考えろよ。そんで色々試せよ。ダメなら次の策を練ろよ

つーかなんなの、あの噛みっ噛み。あんなの役者として問題外だろ。まずいだろ。役者失格だろ。ていうか絶対に噛みっ噛みなのは稽古場でも表れてただろ。改善させろや。なにサボってんの???そこも演出の仕事だろ???本来はんなもん役者が自分でやれって話だけど、もう仕方ないんだからちゃんと演出が最後まで責任もって面倒見ろよ。客をバカにしてんじゃねえぞ。ざけんなよマジ

テーマも意味わかんねー。本当に後付けで無理やりテーマを絞り出したんだなって感じだったし、芝居と芝居の間の繋ぎのあの謎の学芸会はなんですか???どんな顔で見守ればよかったんですか???あんなの入れるくらいならさっさと次の芝居を見せてほしかった。無駄な時間。無駄、むだむだむだ。無駄が多すぎる。無駄ばっかり。オナニーじゃん。演出はマジで何をやってんの???ラジオ放送だか何だか知らないけど他のことに手を回す余裕があんなら自分の公演をしっかり良い物に仕上げてからにしろよ。お前のせいで全関係者が同じように見られるんだぞ。質が低い劇団とその関係者として見られるんだぞ。最悪だぞ

死ぬほど腹立ったし、眠かったし、腰もけつも痛いし、それで90分もあるし、本当に腹立つし、でも幾ら金払ってるからと言っても何を書いてもいいわけじゃないし、ましてやツイッターでボロクソ書くの大嫌いだし、それ拡散されても嫌だし、でもいい感じの感想なんか到底書けないし、でもせめて一言何か言わないと気が済まないし

ってことで普段は書かない公演アンケートに久しぶりに記入したわけだけど、頑張って最大限まろやかに書いたけど、結果的にめっちゃ煽るような挑発的な内容になってしまって、でもせめてこれくらいは書かせてほしかったからもうほんと無理だったんだよ勘弁してくれって思っちゃったんだよ。いくら知り合いばかりの劇団でお付き合いの観劇とはいえ、ここまで不快な思いをさせられる筋合いは無いって思っちゃったんだもん。金払ってるし。今後もこんなもののお知らせ貰うなんて御免こうむりたい。今までは私の好きな役者が出てたのもあってまだマシだったけど、その子ももう辞めちゃうからマジで何一つ見に行きたいと思う要素がねえんだよ

アンケートにはいくつか項目があって、良かった役者〜ってのには客演さんのこと書いて、その他で良かった点〜ってのには「衣装がすごかった」って書いて、その他の自由な感想欄に「みなさん、とっても頑張っていたのは伝わってきました(笑)明日(※千秋楽)はマジで頑張ったほうがいいとおもいます。」って書いて、最後のその他自由な記入欄には「私も7月に百合公演やるのでよかったら来てね(はぁと)」って書いてしまったよね

これでも本当にめちゃくちゃ和やかに穏やかに一言におさめたつもりなんですけどこれくらいは許されるだろ???そして自分の公演のことを書いてしまったので、絶対に自分の公演を良い物にしてやると改めて決意。きみたちの公演と全くおんなじお値段ですよチケット代。どうですか見にきませんか???って感じ

べつに来ても来なくてもどうでもいいんだけどね。彼らに見せるためにやってるわけじゃないし。私のためにやってるし。見に来たところでどうせ何にも彼らは変わらないだろうし


とまあ昨日はそんな感じで、本日は自分ところの稽古でした

主役の子とスタッフさんの2人がこれなくなってしまったので、予定していた稽古内容を急遽変更して別のことをしていたけど、昨日の90分より今日の稽古のほうがよっぽど面白かった

当たり前だよ、こっちの役者は3人とも本気で頑張ってくれてんだ。めちゃくちゃ頑張ってくれてんだ。私の要望やワガママに一生懸命応えようと必死に頑張ってんだ。週に一度しか稽古がないし時間も短い分、その限られた時間に全力で今持っているものを見せてくれてんだ。次の稽古までの一週間、それぞれめっちゃ色々考えて良い物を持ってこようとしてくれてんだ

社会人劇団だからとか趣味劇団だからとか、そんなんを言い訳にすんな。私だって社会人だ。限られた時間のなかでやってんだ。あんなんと同列にされたらマジではらたつ。だから社会人劇団の評価が下がるんだ


前の記事へ 次の記事へ