ならば仕方ない




動画編集の件、あんまりにもブチ切れ要素をこれでもか!これでもか!と次から次へと投げて寄越して下さるものだから、メンタル崩壊しかけてお友達に電話で話を聞いてもらいました

色々と参考になるお話も聞かせてもらって

とても勇気を貰ったので、思い切って企画者様に依頼料を要求しました

元々はお支払いして下さるつもりだったのを私が辞退していたので、快く「払います」と仰って下さってよかったどす

ぶっちゃけ料金はこの際いくらでも良くて
ただただ、完全に『仕事』として割り切れるようにしたかったんですよね

私の怒りポイントを整理してみると

@基本的に上から目線
Aご自身で考えた企画の構成を自ら崩しかねない参加者様の人数管理の甘さ
Bこちらが呈示した条件に該当しない素材の提出期限を守らない
C期限を過ぎることや呈示していた以上に人数が増えたこと、動画の構成を変更するかもしれないことへの謝罪の無さ

大きくはこの4点なんだと思いました

少し考えてみたところ
彼女は、きっと今演出目線なんだろうなと感じました

彼女は演出が一番偉い論信者さんなので
ちょいちょい上から目線の言葉も、恐らくそういうことなんだろうなと

私は演出って特別な立場だとは思いますが
単に最終決定権を持っているだけ、全ての責任を負うだけの立場でしかなく
自身のワガママを役者さんやスタッフさんのお力を借りて形にしていくので、謝礼の有無に関わらず対等な立場だと思っています

これはどちらが正しいかとか、良い悪いは無いのだと思います。宗教の違いなんでしょうね

ただどちらにも共通するのは、常に敬意と感謝を忘れてはいけないことだと感じています

それを忘れてしまったら、演出だのなんだのの前に人格を疑われてしまうから

そして、信用も信頼も失ってしまうから


依頼者としての彼女とはとことん合わないし純粋に私が嫌いなタイプの依頼者様ですが

このままご好意で引き受けていたら、彼女自身のことも嫌いになってしまいそうだったので
正式に仕事として請け負うことが出来て本当によかったです

構成そのものに疑問があっても「まあ彼女がやりたいことだしな」って割り切れるし。これは最初から口出ししないように我慢してましたが

編集した動画を「全体的にはなまるです」なんて無償のままで言われていたら「何様ですか?」と本気でキレ散らかしてしまっていたかもしれません。学校の先生かな??

今は仕事&依頼者様でしかないので、「やべえ依頼者様だなあ〜」と1周まわって面白く感じられるようになりました

それでもめちゃくちゃ依頼料が安いのに割に合わなさすぎる仕事のときは無理ですけどね

毎日最低3時間以上・休日は丸一日の作業が2ヶ月続いて、公演の前日・当日の2日間会社を休んで、それでも一日あたりの単価が75円だった時は泣きたくなりました

それも今は貴重な経験ですね


にしても、キレ散らかしてた時はそれところじゃなさすぎたけど、今回の案件もしかしなくてもとんでもねえデカい案件なんじゃねえか疑惑が出てきてわらう

動画編集のド素人が初めてのお仕事として請け負っていいレベルと規模じゃなさすぎて。恐ろしい企画に関わってしまったものじゃて....

これは依頼料発生する前から変わらないけど、良いものに仕上げます

主役の方の為にも、ご好意で協力されている参加者様の為にも、企画者様の為にも

何より、編集担当として自分の名前を載せるからには後世の恥にならないように

ただの




メモ用に書きなぐった文章なのでごっつ読みづらいし単なる状況確認&愚痴&記録用ですせめて追記にしておくね

続きを読む

すばらしい一日




本日は好きな子にお付き合いいただき、すみだ水族館に行ってきました

すみだ水族館、くらげのシャーレ展をやってまして、Twitterで見た瞬間に「死んでもいぐううううううううう」って心に決めてたんですよね


+ちょっと話がずれますが、サプライズ動画企画の件で

企画者様のメイキング用の映像が欲しかったので、「水族館の当日に合間を見て撮らせてほしい」と打診しておりました

そしたら先方も「せっかくならメイキング用と個人映像も併せて撮ってほしい」という素晴らしい提案


いまの段階で戴いている個人映像、わりと自宅で撮影している方が多く

結構、似たような印象の映像が多いんですよね

加えて、参加者様は圧倒的に女性陣が多く、何かしらワンアクションを入れてくれるのは素晴らしいのですが、圧倒的に投げキッスをチョイスする方が多くて「か、か、被ってる〜〜〜!!!!」ってな具合


ってな感じなので、屋外で撮影できるだけでも映像に変化を加えられるので即了承しました


あとコレは昨日思いついたのですが、用事で出掛けた際におもちゃ屋さんの前を通ったときにシャボン玉が視界に映りまして

シャボン玉ってすごく写真や映像で映えるじゃないですか??
コレ買って撮影の際にシャボン玉飛ばしてるシーンを撮りたいな、って思ったんですね

その場で即買いして、おうちに帰ってからちゃんとシャボン玉飛ばせるか(自室で)確認して、本日持参していきました

そんでもって彼女とご飯を食べながらロケ地のことや映像について相談している際に「実はシャボン玉飛ばしてる画が欲しくて買ってきた」とお伝えしたところ

「実はこのサプライズ映像のテーマはシャボン玉なんだ」

との驚き発言が出てマジか!!って感じでした。偶然ってすごいね


現状手元にある素材で一通り作った映像も確認していただき、修正1個を除いてOKが出たのでひと安心

企画者様のお好きそうな編集を意識しているので、修正も使用BGMタイトルの表記が違っただけで他はご満足いただけたようで何より


ご飯の後は、水族館の入場時間が迫っていたものの、ちょうど雨がかなり弱まっていたので「今のうちに撮影しちゃおう」と一旦外に出ました

今日は丸一日雨模様でしたが、合間合間でスコールみたいな降り方もしてたので「雨が弱まったタイミングで撮影に行こうか」と相談していました

使えそうなロケ地は私が早めに現地入りしていくつか候補を見つけていたので、その中の一つに決定して現地へ移動

わりといい感じに撮れたし、私が最も欲しかったシャボン玉を飛ばしている映像もかなり素敵に撮影できたので大満足でした

雨の中スカイツリー前の広場でシャボン玉飛ばしてる成人女性2人組はそこそこ目立ったし、近くにいた幼女がシャボン玉つぶしまくってたけど楽しかったです

シャボン玉って万能ですよね。飛ばしてるだけでなんかいい感じにできちゃう優れもの

欲を言えば、晴れていたら最高に映えただろうけど、撮れただけでも儲けものですね


撮影も無事に終え、それじゃあ水族館に入ろうかということでいよいよメインイベントのすみだ水族館へ

予約していた入場時間を1時間くらい過ぎちゃってたけど無事に入れてもらえてよかった....

くらげ、本当にすごかったです

あまりに綺麗すぎてもう頭がおかしくなってたし、メインのシャーレ展はどれだけ言葉にしても1ミリも言い表せる自信がないくらい素晴らしかったです

好きな子が写真や動画を撮ってくれていたのでありがてえ。私の携帯は画質悪すぎるし、何よりどれだけ良い性能のカメラでもコレは直接目に焼き付けたほうがいいなと思ったので一枚も撮ってなかったんですよね

でもやっぱり見返したいから、あとでデータ送っていただくの楽しみです


ずっと前にすみだ水族館に来たときは、1時間くらいで一通り見回せたので今回もそれくらいで終わるだろうと思っていたら2時間経っててウッソー!?!?!?って感じでした

先方が夕方から人と会う用事があったので急いで出て電車に乗って解散しました

いやあ....最高の催しだった。マジでまた行きたい。くらげってなんであんなに美しいんだろう。生まれ変わったらくらげになりたい


ちょっと別件ですけれど、好きな子がそのお友達に映像とは別で個人として何かプレゼントを用意したいのだが何がいいだろう?と相談を受けまして

いまの段階でどんな候補があるのか聞いたところ、その中の一つに指輪があるとのこと

とても好きなブランドで、お友達にもぜひプレゼントしたいけど、さすがに指輪は重すぎないか不安で迷っている、といった感じでした

お友達の指のサイズは分からないそうなので何とも....ですが、実際どうなんでしょうね??女子同士ならお友達でもあげたりする人たちもいるみたいだし、相手次第ですよね

ピンキーリングとかなら比較的プレゼントしやすそうですが。ただお相手があんまりアクセ付けない方っぽいからなあ....

いちおう私からは「気軽に育てられる観葉植物キットなんていいんじゃないか」と候補を挙げておきました

私が去年親友から戴いたんですけど、すごくかわいかったし、すぐに育つのが面白かったので


そんな一日。おわり


▼からの追記

ネットでググッたけど友達同士で指輪プレゼントってわりとあるみたいだし、例えば私が貴女にプレゼントすると(恋愛的な意味で好きだから)本当にガチすぎて事案レベルになりそうだけど貴女がお友達にプレゼントするのは(話が変わるから)普通にアリだと思うし、いざって時にパッと着けられる指輪が一つあると助かると思う〜

的なことをとりあえずLINEしてみたところ「事案にはならないからプレゼントしてくれてもいいよ」って返ってきて笑ってしまった。いいんかい。いや、私は彼女に贈るべきじゃないとは思うけどね

それは置いといてちょっと背中を押せたかな??って感触で何より。こういうのってきっと自分の中に答えはあると思うから

恋なのかい?




動画編集の件です


企画者様から「この曲を流したい!」と戴いた音源

「曲(歌詞)を聴かせたいから動画の音声は全部ミュートにしたい」と仰っていて

「歌詞に注目して欲しいなら、映像の端に歌詞を字幕で載せたほうがより伝わるのでは?」と考えておりました

ふと、「そういえばちゃんと歌詞知らなかったなあ〜」と何気なくネットで調べてみたらビックリするくらい恋愛ソングで「えっ恋???恋なのかな???告白したいのかな???」と本気で意図が分からなくなっておりました

動画編集にしても何にしても、やっぱり何を伝えたいのか、どう見せたいのか、そのテーマをきちんと理解しないと上手いこと作れないと私は考えていて

企画者様が呈示された歌と演出とテーマと内容がどうにも繋がらなくて困惑したので、職場で歌詞をExcelに書き出して一文ずつ歌詞考察していました

歌詞を聴かせたいと仰るからには、企画者様の中でその歌詞に何かしらの想いを重ねているんだと思ったから

まだいくつか読み解けていないし、そもそも全てが推測でしかないけど、「多分こういうことなんじゃないかな??」と自分の中ではかなり納得できた、と思う、たぶん

たぶん納得はできたけど、それでも歌詞が恋愛ソングばりっばりなので、歌詞の字幕入れは提案しない方が良いのかもしれないな....という現状の結論

企画者様も、最初に企画の話を聞いた際に「編集大変だろうから歌詞の字幕はいいよ」と仰っていたので、私が余計なこと言わなければ問題ないだろう

手間は確かに増えるけど、今回の編集ならそこまで大変じゃないからどっちでもいいんだけどね。やっぱり入れたい!ってご希望があれば普通に付けるし

歌詞考察は正直「わたし何やってんだ」と思ったけど、やっぱりね、人様にプレゼントするものですから。できるだけ真剣に取り組みたいんですよ

それに主役の子だけが観るならまだしも、企画に関わった方々も観るわけだから

その人達も心から納得して下さるような出来栄えにしないとな、って思うと、もう、頭の中必死なんや

お客さんへの配慮




って、とても大事だと思っていて

たとえば、コロナの関係で予定していた舞台が中止になったとします

でもせっかくだからお披露目会したいよねって話になって、適当なスタジオでも借りて身内にお声掛けして見に来てもらうとします

その関係者に知り合いが一人だけ居て、誘われたのでお客として見に行ったとします

お披露目内容は置いといて、出演者全員の挨拶が済んだ後に

「実は主宰へサプライズで出演者全員が書いた色紙のプレゼント!」

なんて突然発表があったとします

主宰も客もそのことは知らなくて、まあその場に居るわけだし、普通に拍手の流れになりますよね


これ、今年実際にあったことなんですけど、私は本気でブチ切れてしまいまして

いや、この後に控えてる打ち上げでやれよと
私、主宰も他の出演者も全員知らねえし。客を巻き込むなよ。客に拍手を要求するなよ。客を良いように使うなよ。客の時間を余計に取るなよ。身内感アピールしたいんですか?????何がしたいんですか?????

と、思っちゃったんですよ

私が主宰だったらブチ切れですよ。気持ちは嬉しいけど、お客さんを勝手に巻き込むなって。身内ばかりとはいえ、お金も時間も出してくれてるんだから


プラス、事前に出回っていた情報では「もちろんコロナ対策もちゃんとしますね」と書かれていたのに一切なんの対策も無かった

それってつまり、嘘ついたってことですよね。対策してくれるなら行こうかなって人も居たかもしれないのに。ひゃあ


極めつけは、知り合いの子に感想をLINEで送ったところ
「主宰が匿名でSNSに感想のスクショを載せたがってるけど大丈夫か」
と訊かれたので了承しました

後日その主宰さんのSNSを拝見したら

「いや自分が表現したかったのは〜」

と、なんだかこちらの感想を否定されてるようなことを書かれていて「有り得ないな」と思ってしまったんですね

明らかに貶めたり批判するような内容ならまだしも、そんなことは一切書かずに、出来るだけ配慮した上で率直に感じたことを書いたのに

「自分の作品はこういう意図で作ってるから、そんなことに注視して欲しいんじゃなくてこういう視点で見て欲しい」

という気持ちゴリッゴリのこと書かれたら、そりゃ腹も立ちますわって話で

客のことを何だと思ってんの???お客さんから感想を戴くことを軽く見てませんか???

お披露目内容そのものは素晴らしかったけど、↑のことでいっぺんに嫌いになってしまった。傲慢だよ

そりゃあこちらの意図とお客さんが感じられたものが必ずしも一致はしないよ。「そう捉えるか!」ってことなんて幾らでもある

でもいいじゃない。お客さんが感じたこと、それが全てで一つの正解なんだから

それを聞かせて頂けるのがまた面白かったり、「こういう風に捉えられるんだなあ」「じゃあ次回はこういう所に気をつけてお見せしよう」とか分かるし、新しい解釈が生まれて勉強になるじゃない

アレコレ聞かれたなら直接答えればいいけど、それ以外のことは口にすべきじゃないんだよ。お客さんを否定するなよ


率直に、行かなきゃ良かったと思ったし、関係者の方々には二度と会いたくない・関わりたくないと思いました

好きな子から誘われたから行ったけど、さすがに嫌いになりかけた。「こういうサプライズを止めるどころか、積極的にやっちゃう子なんだな」って


な筈が、何の因果か、今回サプライズ動画企画で間接的に関わることになってしまって、何があるか分からないもんだ

主役・関係者・お客さん

誰にどんな配慮をどれだけするか

これを考えられない人が私は大嫌い

主宰はある種、傲慢な方がうまくいくのかもしれないし、人も付いてくるのかもしれない

でも私は、そんなやつに金を出させて作品をお見せする資格はないと思っている

お金や時間は=命だから

その人の命を頂戴するってことだ

前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2020年08月 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31