天神ビブレが来年閉店

福岡市・天神の商業施設「天神ビブレ」が、2020年2月中旬に閉店することが18日、関係者への取材で分かった。隣接する天神コア、福岡ビルと一体再開発し、24年春に大型複合ビルに建て替える計画。市が進める都心部の再開発促進策「天神ビッグバン」の中核プロジェクトで、地権者との協議が注目されていた。

サッポロ、ビール賞味期限延長

サッポロビールは8日、発泡酒や第三のビールを含むビール類の缶や瓶商品で賞味期限を3カ月延長し、12カ月にすると発表した。一部の限定品を除くほぼ全ての商品が対象。製造時期の表示も「年月旬」から「年月」に変更する。2020年3月以降の製造分から順次変える。食品ロス削減や作業効率の改善に向けた取り組みの一環で、ビール業界では初という。

KDDIがホテル事業検討

KDDIが来年にも、ホテル事業を全国展開することを検討していることが23日、分かった。来年の東京五輪・パラリンピックに備えて11月にも東京都内に出店する。また、同社がファンドを通じてシェアサービスの運営会社に出資した電動キックボードを宿泊客に貸し出すことで、移動の利便性を向上させることも視野に入れる。

東邦が選抜優勝

第91回センバツ高校野球大会第11日 ▽決勝 東邦6―0習志野(3日・甲子園)

 決勝戦が行われ東邦(愛知)が習志野(千葉)を下し、30年ぶり5度目の優勝を飾った。東邦は平成元年(1989年)に優勝しており、平成最後の大会で優勝。平成初&有終Vを達成した。東邦はセンバツ大会で56勝目(25敗)をマーク。優勝回数とともに並んでいた中京大中京(愛知)を抜き歴代単独トップとなる記録ずくめの優勝となった。初Vを目指した習志野は及ばなかった。

ヒンズー教の祭典「ホーリー」

インド・アーメダバードにあるスワミナラヤン寺院で20日、ヒンズー教の春の祭典「ホーリー」が行われ、同寺院の後継者、ラルジ・マハーラージ・シュリ・ブラジェンドラプラスダージ・マハーラージ師がカラフルな色粉を溶かした水を信徒らに吹き掛けた。ホーリーは、冬が終わる太陰月の最後の満月の日に行われる。
前の記事へ 次の記事へ