スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

いらっしゃいませ&はじめにお読みください

はじめまして、嬉野(うれしの)シエスタと申します。2014年9月24日より、こちらのブログをスタート致しました。
(この記事をトップに持ってくる都合上、更新日時が2030年12月31日となっておりますが、ブログスタート日は上記の通りです。ご了承願います)

初めてお越しの方は、下記の注意事項から目を通して頂きますようお願い申し上げます。
↓↓↓




こちらは、個人が運営する「SLAM DUNK」の非公式二次創作ブログです。原作者様・関係者様・企業様とは一切関係ございません。

内容に同性同士の恋愛(ボーイズラブ)要素を取り扱った話を含んでおりますので、興味のない方・嫌悪感をお持ちの方の閲覧はお勧めしておりません。また、閲覧の際は十分ご注意頂きますようお願い申し上げます。

取り扱いカップリングは、「海南大附属高校・牧紳一×神宗一郎」です(詳細は別記)。

晒し・荒らし・ブログ内文章の無断転載や引用・オンラインブックマーク・公共の場や公共PCでの閲覧・このブログから公式サイトへ行く、などの行為は固くお断り致します。

性描写を含む作品(R18作品)にはパスをかけてあります。パスにつきましては、「当ブログの趣旨・傾向」という記事をご覧下さい。なお、18歳未満の方は、R18作品の閲覧はご遠慮下さい。

リンクにつきましては、必須ではありませんがご一報頂ければ幸いです。
※管理人へのお問い合わせ・ご連絡など→拍手コメントをご利用頂くか、プロフィール欄にあります「ミニメ送信」をご利用ください。



【管理人プロフィール】

★嬉野(うれしの)シエスタ
既婚・アラフォー・娘(3歳)がいます。20年ぶりに牧神熱が再燃し、2014年よりSD同人界に出戻っております。お年寄りですが頑張ります!
the band apart/UNCHAIN/ペトロールズ/ストレイテナー/高橋徹也/SUICIDE SPORTS CAR などが好きです。

ブログ名「テレスコープ・トリッパー」の由来は、UNCHAINの楽曲のタイトルから。

Twitterアカウント(同人専用) → twitter.com
日々の萌えや、牧神140字短文はこちらで呟いております。
良かったらお気軽に話しかけてやって下さい(*^o^*)

当ブログの趣旨・傾向

当ブログの趣旨は、「大人の、大人による、大人のための牧神」です。
特に表記がない限り、当ブログの作品は「高校卒業から10〜15年ほど経っている設定」となっております。
なので、彼らの年齢もだいたい20代後半〜30代前半ぐらいという事になります。

うちの牧神は、紆余曲折あって(←この「紆余曲折」を、作品にするかどうかは未定ですが…)付き合う事になってからはすっかりラブラブ夫婦で、最初は週末にお互いの家を行き来していたのが、そのうちにちゃんと2LDKのマンションを借りて同棲という形になります(←さらに30代半ばになったら、藤沢か茅ヶ崎あたりの古民家をリフォームした庭付き一戸建てに移り住む事を希望)。

牧は大学卒業後も、実業団でバスケを続けているかな?
神は、高校卒業後にバスケを引退してしまったけれど、牧をサポートするためにアスリートフードマイスターの資格を取る…って、それどこの里○まい?みたいな(笑)

あとは私の好みで、ゲスい仲間たち(武藤や藤真や仙道など)が牧と神を生暖かく見守ったり見守らなかったり…という感じです(←基本何もしない)。

ちなみに私は、20年前もリアルタイムでSD同人やってまして、当時はどちらかと言うと神寄りだったのですが、20年経った今はすっかり牧至上主義者です。アラフォーになって改めて気づく牧の魅力よ…(笑)
牧と神の、私が勝手に考えたパーソナルデータはまた追々語っていくという事で…(*´∀`)






★「R18作品のパスについて」
@当ブログの取り扱いCPの、左側の人の背番号を1年時→2年時→3年時の順に数字4桁で。
A「愛」を英語で(小文字で4文字)

@Aを続けて入力して下さい(全部で8文字)。

閲覧は自己責任でお願い致します。

【更新履歴】2016.3.11/「祈れ呪うな」UP

この記事では、主に新作をUPした際の更新履歴を綴っていきます。
(最新の更新日はタイトルに表記します。雑記などは更新履歴に含みません)

※更新履歴が長くなってきたため、こちらに掲載するのは最新3ヶ月分までとし、それ以前の履歴は順次削除していきます(2014.12.11追記)。



★2015.9.11「Twitter140字短文まとめ(3)」UP
Twitterにて随時更新中の、140字短文まとめ第3弾です。

★2015.9.19「Twitter140字短文まとめ(4)」UP
Twitterにて随時更新中の、140字短文まとめ第4弾です。

★2015.10.9「境界線を越えるな」UP
もちろん牧神なのですが、神は出てこない話。登場人物は牧と武藤の二人です( ̄∇ ̄)武藤クラスタの私が、いつか牧&武藤(Notカップリング)の話を書きたいとずーっと思っていたのですが念願叶いました!(≧∇≦*)

★2015.10.28「Twitter140字短文まとめ(5)」UP
Twitterにて随時更新中の、140字短文まとめ第5弾です。

★2015.12.2「カルマ・ピクニック」UP
11/13付のTwitterに上げた140字短文からネタを思いついて書いた話。こういう世界観は、よく以前のジャンル(邦楽バンド系)では好き好んで書いていたのでちょっと懐かしいです(^_^;)

★2015.12.16「Twitter140字短文まとめ(6)」UP
Twitterにて随時更新中の、140字短文まとめ第6弾です。今日から、PC版のデザインもこっそり変更してみました。

★2015.12.18「45回転の夜」UP
2015.5.6に発行した無料配布本からの再録です。

★2016.3.11「祈れ呪うな」UP
ご無沙汰しておりました!前回の更新から3ヶ月も経ってしまいました(>_<)とりあえず作品だけ先に公開させて頂きます。今さらですがクリスマス・イブの話です。解説・近況報告などはまた明日UPします。

解説(23)&次の更新は5月以降になります

「祈れ呪うな」(2016.3脱稿)

タイトルの由来はキリンジの楽曲から。去年12月の下旬にクリスマス・イブの話を急遽思いつき、あっこれクリスマスの更新に間に合ったらいいな〜と目論んでいたのですが、結局3ヶ月もかかってしまいました(>_<)本当に申し訳ありません…

去年12月〜今年2月まで、家族で風邪を移したり移されたり…の日々が続き、そうこうしているうちに花粉症シーズンに突入し…という感じで、なかなか創作活動の時間を持てませんでした(*_*)
あと私事で恐縮ですが、娘が4月から幼稚園のため、その入園準備に追われております。プライベートがしばらく落ち着きそうにない事と、やはり花粉症シーズンが完全に終わるまではちょっと…という事で、とりあえず来月末まではまとまった更新をお休みさせて頂きたいと思います。

とは言え、Twitter短文まとめなどの更新は後日行う予定です。去年11月からぼちぼち書いている話もあったりするので何とかメドをつけたいし、書きたいネタもまだまだあるのですが時間がなーいー(ノД`)うーん、本当にすみません…ちょっと頭が回らないので、また何か思いついたらTwitterで追記しますね。


…余談ですが、私が常々「ボーカルが花形に似てる」と思っている夜の本気ダンス(バンド)がついにメジャーデビュー!したのはいいんだけど、メジャー第一弾アルバムが恐ろしいほどつまらない…!インディーズ→メジャーに移ったバンドあるあるですね(;´Д`)

祈れ呪うな

クリスマス・イブに残業なんて、うちの部署は呪われている。総務部の奴らは定時のチャイムと同時に席を立っているのに、企画開発部の人間は俺も含めて、全員がパソコンと向き合ったままだ。

最低でもあと2時間はかかりそうだと諦め半分に察し、私用の携帯でLINEのアプリを立ち上げる。牧さん宛てに一言「お疲れさまです」と入力した後で、「すみません、まだあと2時間ぐらいかかるかも…」と続ける。程なく返信が届き、「お疲れ。俺の事は気にすんな、残業頑張れ」という、いかにも男気のある言葉に思わず口角が上がってしまう。すぐに「終わり次第連絡します」と返し、携帯の画面を伏せた。向かいの席では梶山さんという後輩の女の子が、やはり深々とため息をつきながらウサギの耳のついたiPhoneをいじくっている。梶山さんも彼氏と、俺と同様のやり取りしているであろう事は容易に想像がついた。

「梶山さん、まだだいぶかかりそう?」

タイミングを見計らって声を掛ける。梶山さんは驚いたように顔を上げ、二度三度と瞬きを繰り返したが「そうですね、あと一時間ぐらい…」と重苦しげに吐き出した。何でよりによってイブに残業なの、そんなうんざりした表情がありありと浮かんでいる。

「手伝おうか?」
「えっ?…あ、大丈夫です。これさえ終わっちゃえば…」
「でも、急いでるんでしょ?」
「それは神さんも同じじゃないですか」

今度は俺が驚く番だった。向かいの席だからやり取りの内容までは見えないものの、焦っている様子は何となく把握できたのだろう。しかし梶山さんの頭の中では、あくまで俺が「彼女」と約束があると考えているに違いない。もちろん不要なカミングアウトをする気もないので、「まあね」とだけ肯定しておいた。そして俺は数時間後、ベッドの上で最愛の男に組み敷かれる事が確定している。

「ま、お互い早く帰れるように努力しよっか…」

とにかく今は、目の前の仕事を黙々と片付けるのが得策のようだ。梶山さんが小さく頭を下げたのを機に背筋を正し、ディスプレイに向き直る。少しでも早く帰って、一分でも長く牧さんと聖夜を過ごしたい…我ながらいじらしい発想に、引き結んだ唇から不自然な呼気が漏れ出た。





「神さんすみません、お先に失礼します」

―――ガタン、と椅子を引いて立ち上がる音に思考が途切れる。つい数秒前まで、鬼の形相でキーボードを叩いていた梶山さんだった。今はすっきりと、憑き物が落ちたような眼差しを俺に向けている。「お疲れさま、早く終わって良かったね」と素直に労をねぎらうと、梶山さんの瞼に済まなそうな陰りが滲んだ。

「神さん、まだ終わらないんですか?」
「んー、俺もあと30分ぐらいかな?思ったより早く上がれるかも…」

その答えに偽りはなかった。やはり一度も席を立たず、全身全霊で仕事に打ち込んでいたのが功を奏したらしい。梶山さんはホッとしたように「そうですか」と頬を緩め、「神さん、絶対あと30分以内で帰って下さいね」と微笑んだ。

「うん、ありがとう」
「お疲れさまです」

小走りに更衣室へ向かう彼女を静かに見送る。ここはやはり彼女の期待に応えて、絶対に30分以内で仕事を片付けなければならないだろう。空咳をしながら天井を仰ぎ、引き出しから取り出した目薬を差す。清涼感の強い滴が、乾き切った瞳に染み渡って俺の頭を切り替えた。

「終わった…」

添付ファイル付きのメールを送りつけ、パソコンの電源を落とす。俺が業務をこなしている間にも数人の社員が退社し、フロアにはだいぶ人気が少なくなっていた。挨拶もそこそこに、コートとマフラーを引っ掴んで廊下へ飛び出す。エレベーターに滑り込みながら携帯の画面をタップし、「お待たせしてすみません、今終わりました」とメッセージを打ち込む。

『お疲れ、大変だったな』

ほどなくそんな返事が表示され、俺の疲労はたちまちどこかへ吹き飛んでいく。今ほど「ドラえもんのどこでもドア」を激しく切望した事はなかったが、ただの人間である俺は地道に交通機関を利用する。

「今から帰ります!」

そうこうしているうちに一階に到着したので、急いで一言だけを打ち終えた携帯をそのまま握り込んだ。
ロビーの真ん中に鎮座する、華やかに飾りつけられたクリスマスツリーの脇を走り抜けて外へ出る。冴え冴えとした夜気が頬に触れ、背筋をぶるりと震わせると共に首に巻いたマフラーを顎先まで引き上げた。今なら、現役時代に死ぬほど練習させられたダッシュで信長より速く走れるかも知れない。それぐらいの勢いで、地下道への階段を駆け下りる。しかし今日がクリスマス・イブというだけで、こんなにも人が溢れかえってしまうものだろうか。かく言う俺も、クリスマスの夜を楽しもうという仲間の一人には違いなかった。

どうにか京王線のホームにたどり着き、ようやく安堵の息を漏らしながら携帯の画面に目を落とす。通常通り定時で帰ったらしい牧さんからの、「駅まで迎えに行く」という申し出が読み取れた。あと三分後に各停の橋本行きが来る事を電光掲示板で確かめ、「14分発の橋本行きに乗ります」と打ち返す。

実は今日は、「どこかで飯食ってホテル泊まるか」という数ヶ月ほど前の牧さんの提案を断り、家で静かにクリスマスを迎えたいと俺の方から希望していたのだった。その理由とは―――。





『今から帰ります!』

画面に映し出された、非常に端的な一言に目を細める。クリスマスムード溢れる街を疾走してくる神を思い浮かべ、自然と唇が緩んでしまうのを抑えられない。誰にともなく空咳をし、つけていたテレビを消して立ち上がる。手早くコートを羽織り、テーブルに放り出していたキーケースを掴んで玄関へと向かった。

神から残業で遅くなると連絡があった時、普通に定時で上がっていた俺はあと二駅ほどで最寄り駅に到着するという状況だった。とりあえず「お疲れ。俺の事は気にすんな、残業頑張れ」と返事を打ち、窓の外を眺める。今日みたいに、クリスマスイブの夜を自宅で過ごすというのは何年ぶりだろうか。下手したら十何年ぶりとか、そういうレベルの話かも知れない。

「今年のクリスマスなんですけど」

まだ残暑厳しい9月、クリスマスイブの宿はセルリアンタワーかウェスティンか、それとも思い切って帝国ホテルにでもするか―――といった事をリビングのソファーでつらつら考えていた時だった。不意に手元が暗くなって目線を上向けると、俺の前に立ち尽くした神が如何にも呆れたような、「またろくでもない事考えてるな…」と言わんばかりの顔つきで俺を見下ろしている。

「何だ?」

手元のiPadにはホテルのクリスマスプランが映し出されており、俺が片っ端から検索していたのを背後から確認したのだろう。ちょうどいい、今お前の意見を…そう尋ねようと口を開きかけた所で、純度の高い神の視線に射抜かれる。

「牧さんさえ良ければなんですけど、ここで…家で過ごしませんか。どっか泊まったりしないで」
「家?」

軽く思考が停止する。これまでクリスマスと言えば、たいてい自宅以外に泊まり続けていた俺には新鮮な提案だった。俺が無言で先を促すと、神は頬を赤く染め、実に言いにくそうに唇をすぼめてみせる。

「だって、俺…見られたくないから」
「何を?」
「牧さんを。他の誰にも」
「……っ」

一瞬、息が吸い込まれる。何だこいつ、今すっげー可愛い事言いやがった―――そんな感情がたちまち駆け上がってきて俺の胸でスパークする。俺は他人の目など気にした事はないから、誰がどんな風に俺たちを見ていようが関係ないと思っていた。だが、神はそうではないらしいという事がとにかく目から鱗だった。神が俺を誰にも見られたくないと感じている、それがどれほどの優越感に値するだろうか。

「…もう、そんなニヤけないで下さいよ」
「何で?俺、今めっちゃくちゃ嬉しいんだけど」
「で、どうなんですか牧さん的には、今年のクリスマスは」

むろん、そういう理由であれば俺の方では異存はない。俺は無言で手招きし、何の疑いもなく上体を屈めてきた神を力を込めて引き寄せた。

「わっ…!ちょっ、牧さん!」
「好きだ、神。すげえ好き」
「急に何言って…」

俺の腕の中でバランスを崩し、身をよじらせている神を思うさま締め付ける。耳まで赤く染まった神が小さく息を繰り出したかと思ったら、途端に大人しくなって俺の肩口に額を擦り付けてきた。俺の方でスイッチが入ると、簡単には腕から抜け出せない事を身に染みて理解しているらしい。もっとも俺も、抱き締めた細身の体を解放する気は毛頭ないというやつだった。

「あー、もう何だろ。すげえ幸せ…」

そんなセリフが、自然と口をついて出る。改めて、神が好きだという事実に気づけて良かったと安堵した次第だった。神はよく「抱き心地悪いでしょ、女じゃないから」などと恐縮気味に言うけれど、そんな事は俺にとって全くどうでもいい事だ。ずっと欠けていたパーツが、隙間なくぴたりと嵌まる瞬間にたまらなく俺は酔い痴れた。

「…俺、ローストチキンとシーザーサラダ作りますから。さすがにケーキまでは無理だけど」

頭をもたげ、俺の様子を窺っていた神がおもむろに唇を開く。密やかな返事を囁いた後、俺の肩甲骨に這わせた指をぐっと内側に折り曲げるのだった。

―――足早に部屋を出てエレベーターに飛び乗り、地下の駐車場に降り立つ。あと15分かそこらで、残業上がりの神に出会えるだろう。お帰り、お疲れ、大変だったな…いたわりの言葉がおのずと脳裏に思い浮かぶ。その次はやはり「メリー・クリスマス」と言うべきか、それはまだ後のお楽しみに取って置くべきか。まあ後者だろうなと納得し、手の内に握り込んだ鍵で車のロックを解除した。
prev next
プロフィール
嬉野シエスタさんのプロフィール
性 別 女性
誕生日 5月10日
地 域 神奈川県
血液型 AB型