つ づ き

前回のはまるで話にならないので色々と修正中・・・

目的別に数パターン作る必要があるのでとりあえず一番削らなきゃいけないのから手をつけています。
マイクロMGの値上がりがとても痛いですがそこんところ対応していかなきゃなのでもっと削る必要があるのですがしかしだいぶキツいラインになっています。

外注前提で見積もり出してるからこんなことになってるんですけど。

今のところ5万円の予定ですけどぜんぶ自分で手加工すれば3万円切るステキな状況。
この2万円の差を、もうちょっと小さくしたいんですけどねぇ・・・

というより2万円って、予備サーボ1台分買えるのですけどw


てすてす

Vespine現行機を歩かせてみた感触が良かったので初期型を見直してみました。
これの脚部が今後の活動のベースになるので、この状態で見積もりを出して・・・

フレームの3Dプリントだけで3万しましたw

ちょっと前にやったのはもっと安かったのですが、パーツ数増えたのと強度意識しすぎたせいで体積が3倍になっていましたね。
・・・体積3倍で値段は5倍強ってなんか納得いかないですが何か細かいところがあるんでしょう。

個人用ならともかく、各所に使うベースにするのは厳しすぎますわぁ・・・


作業の経過とかそういったもんはだいたいついったーに放ってありますので。
前の記事へ 次の記事へ