秋の七草とは
無病息災を祈って食する「春の七草」があるように、秋にも七草があります。


春の七草とは違い、秋の七草は食するのではなく、その姿を鑑賞して楽しむものです。





秋の七草は、万葉集に収められている奈良時代の歌人、山上憶良の以下の2首から生まれたとされています。


「秋の野に 咲きたる花を 指折り(およびをり) かき数ふれば 七種(ななくさ)の花」


「萩の花 尾花 葛花 撫子の花 女郎花 また藤袴 朝貌の花」




ひとつめの歌で
「秋の野に咲く草花を数えると7種類ある」
と詠み、


ふたつめの歌では、
その7種類とは「萩(はぎ)、尾花(おばな)、葛(くず)、撫子(なでしこ)、女郎花(おみなえし)、藤袴(ふじばかま)、朝貌(あさがお)」であると詠んでいます。

ただし「朝貌」は、現在では「桔梗(ききょう)」のことであるとされています。





萩(はぎ)は秋を代表する花。
お彼岸にお供えする「おはぎ」の由来にもなっています。





尾花(おばな)は「すすき」のこと。
すすきの穂が動物の尾に似ていることから、
名付けられたと言われています。






葛(くず)は、
古くから日本人の生活に欠かせない植物。
葛の根を乾燥させた「葛根(かっこん)」は漢方薬にも使用されています。たぶん葛根湯。






撫子(なでしこ)は、
美しい日本女性「大和撫子」でもおなじみ。
清楚で可憐な淡紅色の花を咲かせます。





女郎花(おみなえし)も、優雅で美しい花として古くから人々に親しまれています。






藤袴(ふじばかま)は、その香りの良さから、
湯に入れたり洗髪などに使われたほか、
薬草としても活用されてきました。






桔梗(ききょう)は、
その美しさから家紋にも用いられた花。
かつては喉の薬としても使われ、人々の生活に寄り添ってきました。






どれもが魅力的な秋の七草。


「ハギ・キキョウ、クズ・フジバカマ、オミナエシ、オバナ・ナデシコ」の順で、
口ずさむことが覚える秘訣だそうです。




秋は、長雨や気温の変化などで季節が早く進み、
木々や植物も日々表情を変えてゆきます。








和歌に詠まれた
古の秋の風情と日本の美、





秋の月と七草肴に盃を煽るのも風流ですね。
(下戸ですが…)













「雑草という名の草はありません」
続きを読む