サガ



チョウチンアンコウは

アンコウ目チョウチンアンコウ科に分類される魚類です。









「深海魚」といわれて
真っ先に思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

体長は、メスが40〜50cmほど、
オスは極端に小さく5cmほどしかありません。
紫がかった灰色や黒色をしていて、
体は丸っこく、下顎が出ています。

最大の特徴は、頭部から1本生えている「誘引突起(イリシウム)」と呼ばれる触手のようなものと、
その先端にある「発光器」でしょう。
また全身がいぼ状の突起に覆われています。

主な生息地は大西洋の深海部。
そのほかカリブ海の熱帯域や、
太平洋、インド洋にも分布していますが、数は多くありません。

具体的な水深は明らかになっていませんが、200〜800m域でよく捕獲されるようです。

チョウチンアンコウのオスの体長は、メスの10分の1ほどしかありません。一見別の種類の魚かと思ってしまうほどですが、これだけの差があるのにはきちんと理由があります。

多くの生物のオス同様、
チョウチンアンコウのオスもメスを求めて生きます。

しかし彼らの場合、メスを見つけると交尾をするのではなく、体に噛みつくのです。

そしてそのまま離れず、特殊な酵素を出して徐々に融合していきます。

最終的にオスの体は吸収され、
精巣のみが残り、
メスはいつでも出産をできる体になります。

ちなみに融合できるオスは1匹のみとは限らず、同時に複数匹のオスがメスの体にくっついていることもあるそうです。


なぜこのような特殊な生殖方法をとるのか、明確なことはわかっていませんが、確かに合理的だと考えられる理由がいくつかあります。


まずチョウチンアンコウが生息している深海は、餌がとても少なく、
個体数が多いと同じ種のなかでも餌を取り合うことになってしまうこと。

さらに、広大な海でオスとメスが出会える可能性は低いので、1匹のメスに複数匹のオスが融合したほうが子孫繁栄に効率的だということです。



彼らの最大の特徴である
「誘引突起」は、背びれのトゲが進化したものだと考えられています。

体長の半分ほどの長さがあり、
しならせて背中側に倒すこともできます。

先端には「発光器」と、そこから分岐した糸状の「疑似餌」がついていて、
明かりに誘われて近寄ってきた魚などを大きな口で丸飲みするのです。

ではこの発光器は、どのような仕組みで光っているのでしょうか。

電気などが通っているわけではありません。実は自然界には、自ら光を生成して放射する「生物発光」という特徴をもったものがいます。

クラゲやイカなどが有名でしょう。
チョウチンアンコウは、
生物発光をする細菌を誘引突起の先端に住まわせているのです。


細菌は寄生することで安全な暮らしを手に入れることができ、
チョウチンアンコウは光をもらう、
まさにwin-winの共生関係だといえます。






オスにの気持ちを考えると、
複雑に感じます。
先客の一部分をたくさんつけた
メスに近寄り 空いてる場所を見つけて
噛みついて また自分もメスの一部に…



















愛…なんだろうなぁ









































噛みつけっ

ボウケンノススメ







まず 町や村を探そう







▼話を聞こう!

RPGの基本ですね。
行き詰まったときは、町の人の会話や
噂を聞いて情報を集めましょう。
覗き盗聴はNG







▼装備しよう!

ゲームを始めたら、
まずデパートやスーパー 薬局を探して、
化粧品を買いましょう。
化粧っ気がないと、オトナの女性技
お色気を習得できません。
厚く装備すると逆効果に
モンスターと間違われ 攻撃される事もあります
ほどほどを忘れずに。







▼調べよう!

町の中には、あちこちに本棚やタンス、壷、ベッドとマットレスの間
押入れの天井裏、スーツの裏ポケットなどがあります。
ひとりの時に楽しむ見られたくないアイテムが隠れていたり、秘密な交友関係の重要なヒントが隠されていることもあります。
念入りに調べましょう。







▼持って行こう!

ゲームが進むと 古い店や人里離れた町に行くことになるが カードやPayが使えない場合がある、現金があれば全てのものを購入できるようになります。
現金は、ダンジョンを脱出する際にも便利です。 地獄の沙汰も金次第
ぜひ持っていきましょう。







▼気をつけよう!

攻撃には『たたかう』などの物理攻撃のほか、
陰湿属性の心理的攻撃もあります。
例えば遊び人属性攻撃を行なう敵が出てきた場合、『結婚の指輪』や『高価な物おねだり』などを装備することでダメージを半減またはノーダメージにすることが出来ます。







▼敵が強くて進めないときは

LV上げをする前に、他に行ける所がないか探してみましょう。
行ける場所はいっぱいあります。
もっと弱い敵のいるダンジョンがあるかもしれません。弱いものイジメをして
自信を持つ ゲス野郎みたいに
小さな経験値を稼ごう







▼ボスを倒すコツ1

敵の素早さを低下させる『冷めた感じ』はどのボスにも有効です。
その他『親の七光り』『専門用語』『キレる』などの補助系の魔法を使うことで、
有利に戦うことができます。
ただし、ボスによっては、補助系魔法を使わずに最初から一気に攻撃を
畳み掛けたほうが楽に倒せる場合もあります。
倒せないときは、色々と戦略を変えてみましょう。







▼ボスを倒すコツ2

ボスが大技を出す前に、準備動作を行なうときがあります。
そんなときは、すかさず見てないフリして見えないあたりまで離れましょう。
ほとんどの攻撃は空振りで
プラス 少し恥ずかしい気持ち効果も与えることができます。
少し離れるを習得していない場合は、近所の食堂に 『聞こえないフリ』を教えてくれる仙人がいます。
探してみましょう。







▼ボスを倒すコツ3

ほとんどのボスは、HPを回復する手段を持っています。
中途ハンパな攻撃は、HPを回復されるだけです。
攻撃するタイミングをよく見極め、
一気に畳み掛けて攻撃しましょう。
食事中とか睡眠中が狙い時
後ろからガツンと




















さあ 勇者よ












YouTube
youtu.be
前の記事へ 次の記事へ