100km

先日高速道路の追い越し車線を走っていて前車に追いつきました。その車は、100kmで走行しているようで、ちょっと速度が上がったらブレーキを踏んでました(汗) 確かに、高速道路の制限速度を考えると100kmです。正確には80kmが制限速度で100kmまでは認められています。










しかし、追い越す訳でもなくただ、100kmで巡航しているだけでした。それで、マナー違反と知りつつ左側から追い越しました。以前は、譲るまで後ろについていましたが煽り運転が騒がれるようになり、また、このような運転をするドライバーの動きが予測できないため、さっさと離れた方が得策と思ったからです。










高速道路での煽り運転は危険ですが、でも、その内の何%かはダラダラと走っているのが原因かと思いました。少なくとも、追い越し車線を走るならば後方の確認だけはして欲しいものです。自分の前に車は無いけど、後ろに長い車列が出来ていないかの確認は絶対に必要です。もし、車列が出来ていたら直ぐに走行車線へ変更することは言うまでもありません。最後まで、お読み頂きありがとうございます。

危険

先日、すれ違いがやっとの道路で、車を止めている人がいました。反対側には、電柱が大きく張り出しています。このため、ただでさえ狭い道がなおさら狭くなっていました。その車の横をすり抜けようとした車が停車中の車に気を取られていたのか、車の前を行く歩行者の脚にバンパーをぶつけてしまいました。幸い速度が出ていませんから大きなケガはないはずです。おっさんは、離れていたのとぶつかった瞬間は見ていませんでした。ただ、痛っ!と、いう声で初めて見ました。周りには、大勢人がいましたから目撃者も多かったと思います。









すり抜けようとしたドライバーは、慌てて車を降りて歩行者の方へ謝罪に向かいました。確かに、停車していた車に気を取られていたとは言え、ぶつけるのが一番悪いことです。しかし、狭くなるのが分かっているのだから停車中の車にも過失責任はあるはずです。おっさんなら、直ぐに写真を撮るか、停車中のドライバーも原因の一つとして降ろさせますね。











最近は、当事者だけでなく、その要因を作った車両にも過失責任がかかる場合があります。皆さんも、道路脇に止まっている車のために、危険な思いをしたことが無いでしょうか? それが悪質な場合は、その車が罰せられる場合があります。当の本人は、何とも思っていなくてもです。最近は、色々な意味で大きく変わってきています。歩行者だから、自転車だから何かあったら車が悪い! なんてのは、過去の話です。










それに、ドライブレコーダーが付いてる車が増えたため場合によっては、過失割合が大きく変わる場合があります。それだけ、交通マナー、ルールを守らないのが増えました。ぶつけたドライバーも停車していたドライバーどちらもおっさんより、上の世代でした。明日は、我が身かもしれません。しかし、ちょっと頭を使えば狭くなると分かっているのに、それでも止めるドライバーの心理が解りません。最後まで、お読み頂きありがとうございます。

モデルチェンジ

最近は、車のモデルチェンジのサイクルが延びてきたような気がします。一時期日本車は、2年に1回マイナーチェンジ、4年毎にフルモデルチェンジをしていました。以前のヨーロッパ車は、モデルチェンジのサイクルが長く約10年で、マイナーチェンジが分からない程度にありました。しかし、今は4年と日本車と変わらなくなりました。












モデルチェンジは、スキンチェンジとかフェイスリフトと揶揄され中味は変わらないのに、外観だけ変えるだけで新鮮さを強調して売るための手法となっていました。最近は、モデルサイクルが少し延びたり、新しい技術が開発されてくると取り入れたりするようになり変わってきました。












しかし、昔はマイナーチェンジするとデザインが悪くなるような感じがしてました。第一候補のデザインでモデルチェンジして、2年後に第二候補のデザインを採用したのではと思うような車がありました。最近は、機能や性能アップの方に重点が置かれてる感じがするので正常なマイナーチェンジという気がします。












おっさんが今乗っているVWポロは、今春日本市場でも9年振りにモデルチェンジされて導入されました。車に興味が無い人が見たら違いが分からないと思います。おっさんでさえ単独で見たら分かりません(笑) 前の愛車ゴルフは、4年毎にモデルチェンジされ外観を変えて性能をアップしてますが、実質的には8年のモデルサイクルと言えます。4年毎のビッグマイナーチェンジというのが正しいのかもしれません。













それでも、形を変えたり性能を上げたりして売れるならば良いです。中には失敗作もたくさんあります。おっさんも、そろそろモデルチェンジして真面目なブログに戻そうかな・・・エログがなくなるとアクセス数が一気に減ります。そうなると、おっさんでなくなるか(笑) 皆さん、本当はお好きなようですから!(笑) 最後まで、お読み頂きありがとうございます。

ウィンカー

皆さんは、高速道路で合流するときに、左右どちらのウィンカーを出しますか? 最近、合流する際に左側ウィンカーを出す人が増えているようです。話には聞いていたのですが、先日、初めて左側のウィンカーを出して合流する車を見かけました。これは、大変危険で間違っているのです。













本線を走っている車からは、左側ウィンカーだと見えません。このため、ドライバーは車を認識していますが、何をしたいの? と考えるはずです。そのまま合流されたら、ウィンカーも出さずにと怒りを覚えると思います。実は、高速道路で、合流する際には右側のウィンカーを出すのが正解なのです。自分の行きたい方向を周りに知らせるためと車線変更と同じ扱いになるからです。













しかし、一般道路で斜めに合流する場合は、左側ウィンカーが正しいのです。つまり、交差点と同じで左折と判断されるのです。しかし、左側ウィンカーは、見えないし危険なので車線変更のつもりで右側のウィンカーを出す人が多いと思います。右側のウィンカーを出しても違反では無いそうですが、周りに自分の行きたいところを知らせることは大切です。













しかし、どちらのウィンカーを出した方が安全か、自分の行きたい方向を周りに知らせるためにも、少なくとも高速道路の合流地点では、右側のウィンカーを出してもらいたいですね。これは、自分の為でもあるし周りの為にもなります。なお、おっさんは、高速道路の合流と一般道路の合流は、全て右側のウィンカーを出します。少なくとも本線を走っている車に、自分が行く方向を知らせるためです。最後まで、お読み頂きありがとうございます。

煽り運転

高速道路の追い越し車線を130kmぐらいで、邪魔な? 前車(大阪ナンバーのクラウン)について走っていると、後ろからメルセデスが迫ってきました。取り敢えず、走行車線に移りメルセデスを先に行かせてからまた追い越し車線へと戻りました。











先頭を走るクラウンに、メルセデスがピタッとついても避ける気が無いようなので、メルセデスが走行車線へ移り左側から抜き去りました。すると、クラウンのドライバーは頭に来たのか、メルセデスを煽り始めました。しかし、その瞬間メルセデスは一気に加速して突き放しました。クラウンは、慌てて追いかけましたが、遥か彼方へ走り去っていました。それでも、暫くは無駄に追ってましたが(笑) ムリだよ。多分180km以上で走ってるから追い付ける訳ありません。それでも、まだメルセデスは余裕ですが(笑)











日本の高速道路は、80km制限です。実際には、100kmまで許されています。それを守って100kmで走ったら渋滞になります。制限速度より速い速度で走るのがいるから車列がバラけるのです。3車線同じ速度で走ったら皆横並びになります。一番左側は低速車、真ん中の車線は中高速車、一番右側は追い越し車線となっていますが、追い越し車線をいつまでも独占していては、後続が渋滞するだけです。












追い越し車線を走るなら、後続に列が出来ないよう走るべきです。速度が出せないならば、一番左側か真ん中を走行することです。しかし、高速道路は80kmだからと追い越し車線をその速度で走るのがいます。確かに、法規上正しいですが、渋滞の元です。速度を出す気がない。制限速度を守るならば、走行車線を走ってもらいたいものです。なお、前の車ならおっさんも左側から抜いてました。アクセルを踏めば一瞬で置き去りにできましたが、今の車では追い付かれる可能性が高いので(涙) 最後まで、お読み頂きありがとうございます。
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2018年09月 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30