英国ドライブ紀行(3)

イギリスと日本の時間を簡単に計算するには、日本時間に4を足して、昼と夜をひっくり返します。例えば、日本時間で、午後4時だったら4を足して、午後8時になります。そして、昼と夜をひっくり返すと午前8時となります。夏時間と冬時間で違いますので、ご注意下さい。








また、逆に4を引いたら12時になります。そして、昼と夜をひっくり返して、真夜中の0時、ロサンジェルスの時間になります。と、我、悪友よ! 教えたよね。何故、真夜中にメールを送る(怒)電源オフを忘れたおっさんも悪いけどさ・・・時差ボケと寝不足で、今日は運転しないから良いけどね。








さて、今日はこちらも日曜日。お店も休みが多いので、ロンドン市内を地下鉄とタクシーを乗り継いで、ゆっくりと見て回ります。その後、英国在住30年の友人宅へ向かいます。なにしろ、今回の急な旅行を無理言って、ホテルを予約してもらい、ドライブの足として奥様の車を拝借しています。日本のデジタル物のお土産を持って、図々しく夕食までご馳走になります(笑)









写真は、ロンドンの中心地ピカデリーサーカスのそばです。二階建てバスやロンドンタクシーと、如何にもロンドンでしょう!なお、最高気温は18℃、最低気温が6℃です。少し写っている人の服装に納得すると思います。








しかし、うっかりしてました。娘に頼まれていたキャス&キッドソンの本店へ行って、お土産を買う事を・・・前回買ったからなんて、言い訳は通用しないな・・・(汗)








日本は、台風だそうで暫く飛行機が飛ばないから消えます。会社への言い訳も台風にするか!台風で、日本へ帰れません。席が無くなりそう・・・








最後までお読み頂きありがとうございました。






















英国ドライブ紀行(2)

イギリスの天気予報は外れません。晴れ時々曇り時々雨と、言えば良いからです(笑) 冬は、ここに、雪が加わります。一日の中に四季があると言われるほど、天気が変わります。寒いと思ったら暖かくなり、風が強く吹いたりと目まぐるしく変わるのが、イギリスです。








今日は、朝から鉛色の雲が重く垂れ込み、いつ、雨が降ってもおかしくない天気です。その中をホテルを出発して、ロンドンの東へ向かいます。








目指すは海岸線ですが、海はどこへ行っても変わりません。防波堤があり写真だけでは、日本の何処かと言われても分からないと思います。









しかし、ここはドーバー海峡。この先は、ユーラシア大陸でフランスがあり、そこから更に東へ向かうと、極東の国、日本へ行かれます。








小雨が降り始めて、気温が下がり始めたので、感慨に浸っている間も無く、車へ避寒します。この近くにある海底トンネルからフランスへ渡る事も考えましたが、地図も用意していないのと、時間が無いのでパス。








さて、地図とにらめっこしながらこのあと、何処へ行くか考えます。なにしろ、今日は行き当たりばったりで、ハンドルを思いつくまま走ってきただけですから(笑)








本当は、ロンドンから東京までのドライブを20年前に計画しまして、もう少し年を取ったら実行したいなと考えてます。その距離約40000キロです。








欧州へ来たら教会か美術館位しか見るものは、無いので近くの教会を探して行ってみますか・・・








最後までお読み頂きありがとうございました。



英国ドライブ紀行

今年のイギリスは、忙しかったですね。大きなイベントが続いてました。6月のエリザベス女王在位60周年記念、7〜8月のロンドンオリンピック、その後、発祥地でもあるロンドンバラリンピックと、立て続けにイベントがめじろ押しでした。







そんなイギリスも落ち着いてきた事と思います。ジョークの世界で、最後まで残るクィーン(キング) は、イギリスとカード(トランプ)だけ!と、か、大英帝国に陽は沈む事はないと、言われて久しいですが、昔日の栄光も過去になりつつありますね。








しかし、伝統と格式の国。まだまだ、捨てたものではありません。堅苦しい部分もありますが、やはり、一時期は世界のリーダーだった国ですから・・・








そのような国をドライブしてみるのも、面白いかもしれません。ただし、ロンドン市内の渋滞は、東京より酷いかもしれませんので、街中は、省略させて頂きます・・・本当は自信がありません(笑)









それでは、明日からロンドン郊外へ向かって、アクセルを踏みますか!・・・








これは、エムブロ、アメブロとも同じですので、ご了承願います。








最後までお読み頂きありがとうございました。




乗り合いバス

久しぶりに、乗り合いバスに乗りました。普段、通り慣れた道を高い視線で、見るのは不思議で、かつまた、新鮮でした。








それに、運転を気にしないから景色も落ち着いて良く見えます。平日の午後ですが、のんびりとした平和な時間が過ぎていきます。周りを見ると、お年寄りばかりなので、そんな感じがするのかもしれません。








駐車禁止なのに、止まっている車のために、なかなかバスが動けない事も・・・対向車の余裕の無さよ!譲り合いの精神は、全く無いですね。








たまには、違った角度から見るのも、ホント面白いものです。








最後までお読み頂きありがとうございました。





カッコ悪(笑)

最近、若い男性が見栄を張るのは良いのですが、知ったかぶりをして、恥をかくのを良く見かけます。








おっさんが、見ているとカップルで来た方々が、迷って同じ所をウロチョロと何度も行ったり来たり・・・








見るに見かねて、どちらへ行くのか訊ねてみると、大体の男は『判ります』とか、『知ってる』とか、答えて訊いてきません。








すると、連れの女性が代わりに訊いてくる事があります。案内図を見せて説明すると、女性はニッコリ、男は顔を潰されたという感じで、ムスッとします。








でも、同じ所をグルグル回っていたら時間の無駄で、ストレスも溜まるばかりです。








そんなカップルに共通しているのは、女性が物凄く可愛い事です。それで、ニッコリされたら・・・おっさんメロメロですよ(笑)








それに比べて、男の方は・・・何でお前みたいな奴に、こんな可愛い彼女がいるんたよ!と、おっさんは声を大にして言いたいですね。








彼女サン! 道に迷っても人に訊けない奴なんか、止めなさい。それに、訊ねるにしても、人にものを訊ねる言葉や態度ではないですよ。ましてや、ヒステリックになって、顔がひきつっているのに、貴女の前でまだ、カッコつけようとしている奴ですから!









頭の良さそうな彼女は、彼を憐れみの顔で見ている時がありますよ(笑)彼氏も、些細な事で、彼女を失いたくないでしょ!昔の人は言いました。『聞くは一時の恥、聞かぬは、一生の恥』または、『鼻の下に地図がある』・・・要は訊いた方が早いという事ですね。その時は、言葉や態度にお気をつけ下さい。スマートに行えばカッコ良いと思いますよ!








最後までお読み頂きありがとうございました。














前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2012年09月 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30