合掌

フリーアナウンサーの小林麻央さんが乳ガンのため亡くなりました。お悔やみ申し上げます。

ガンはまだ、完治する病気ではありません。早期発見されて治療しても、いつ再発するかと思いながら生活しなければいけません。

おっさんの妻も発見された時は、末期のすい臓ガンでした。治療も良いですが、本人が一番苦しみます。周りは、治療に頑張って欲しいと願いますが本人にとってもは苦痛以外の何物でもありません。果たして、治療が良いのか? そのまま静かに息を引き取らせてあげた方が良いのか? 小林麻央さんの治療を見ていて、そう思いました。

おっさんは、妻の意志を尊重して、途中で痛みの緩和ケアだけにしました。果たして、本当にそれで良かったのか? 未だに答が見つかりません。

合掌

貯金額

おっさん世代の平均貯蓄額は、約1800万だという。そんなにある訳無いだろ  と言うよりも、貯金額の高い人が平均を引き上げてるだけだろ  どれだけ、他の人は貯金してるんだよ   おっさんなんて、貯金無いぞ・・・威張れない








今から10年ほど前に、年収200万円とか300万円の時代がやってくると言われてましたが、まさか本当になるとは  現在の求人募集を見ていると、普通にあります。そんな状態で貯金できる訳ないですよ。これだけ、非正規従業員が増えていたら格差がつくのも当たり前です。






しかし、いったいどこで人生を踏み外したかなぁ〜  このままいったら下流老人どころか、死ぬまで働かないと   それも、健康ならば何とかなりますが、今の状態ではね   最後まで、お読み頂きありがとうございます。

雨の日に高いところから見ていると、花が咲いたように傘の花が広がっています。ただ、最近は、透明とか白っぽいビニール傘が増えてきたので、ちょっと風情が無くなってきました。そう言えば、おっさんも先日傘が壊れてからビニール傘ばかりです。







途中で雨が降ってきた時は、ビニール傘が便利なので買ってしまいます。何回か使って元が取れれば捨てるだけ・・・資源の無駄遣いです。でも、便利さにつられて家には数十本あるはずです。折り畳み傘を持っていても、ビニール傘の方が便利なので・・・







晴れてる日に傘を探すのが面倒だし、かと言って雨が降ってる時は良いのが見つからないしで、暫くはこのままかな。今までは、妻が買っておいてくれたから良かったのですが、今は買ってくれる人がいないから・・最後まで、お読み頂きありがとうございます。

谷間

若いママ達が子供を抱くためにしゃがんだ時に、胸の谷間が見える時があります。マナーとして見ないようにしていますが、身体は言うことを聞いてくれません 。視線は谷間へ・・・ ちょっとした瞬間に胸の奥まで見えてしまう時があります。でも、その時は頑張って子育てをしていると微笑ましさを感じて、嫌な感じがしません。多分、一番女性らしい時期なのかもしれません。








しかし、若い女性がファッションで、胸の谷間を見せているのを見ると、かえって何も感じない時があります。いや、逆に隠せよ  と、言いたくなる時があります。見たら見たで、イヤらしい目付きしてんじゃねえよと、相手は思っているのでしょうが、こっちだって、見たくて見てる訳じゃない。いや、見たくないくらいだと言いたいのを抑えています。中には、平地に線が入っただけの人もいますが・・・







おっさん、そろそろタネが無くなるためか、子供を連れたママが気になる時があります。少なくとも、子供を作れるから子孫を遺せると見ているようです。でも、実際に作ったら大変ですが   本当は、子供を作る作業が好きなので、空砲になる前の本能かもしれません。・・・誰、煩悩と言ってるのは   最後まで、お読み頂きありがとうございます。

寄れよ(怒)

車を走らせていたら、前方に駐車車両がありました。その車を抜くには少しセンターラインをはみ出さないといけない位の道幅です。対抗車がありますので、速度を落として・・・対抗車は速度を落とさず、いや、逆にセンターラインへ寄ってきました。







普通は速度を落とし左側に寄って、対抗車も行かれるようにしませんか? 結局、停車して対抗車を見送りました。最近このような運転をする人が目立ちます。ほんの少し速度を落として左側へ寄るだけで、お互いにスムーズにいきます。







相手への気遣いや譲り合いがありません。それとも、運転テクニックが下手とか余裕が無いから? 自分ばかり急いだって、着く時間は変わりません。ヨーロッパにこのような言葉があります。イタリアからドイツまで約1300kmを高性能車で一気に走れば2時間早く着く。でも、日本では2時間早く着くなんて普通はないですよ。譲り合いの心が欲しい気がします。最後まで、お読み頂きありがとうございます。
前の記事へ 次の記事へ