ガクッ・・・

先日還暦の誕生日を迎えましたが、厚生年金基金から年金の裁定請求書が送られてきました。改めて還暦というのを実感したと同時に、ガクッ と、きました。やはり、年齢を感じます。
         
記入方法の見本です。おっさんは、これを見なくても書けます。社会保険の担当でしたから年金受給対象の社員から記入を頼まれて何百枚と書きましたからね。それが、自分で書くようになるとは・・・









3年経つと、今度は厚生年金の裁定請求書の記入です。ますます、年を感じます。しかし、おっさん世代でさえ低額です。読者の皆様が受給される時には、どうなるのでしょう  今から40年近く前、当時30万円ぐらい貰っていた世代が羨ましいですよ。当時の物価を考えると大変な金額で、おっさんの給与より高いのですから









死ぬまで働く・・・現実になりそうです。皆さんも、そうなる可能性が高いので、今から準備された方が良いと思います。最後まで、お読み頂きありがとうございます。

10000キロ

先日、愛車が10000kmに達しました。車を足として毎日乗られてる方は簡単に達する距離ですが、おっさんは約1年5ヶ月かかりました。休みの日しか乗らない割には走っている方だと思います。
       










これから、車はどのような方向へ向かうのでしょうか?  自動運転・・・字の通り自動車、自ら動く車になるのでしょうか?  確かに、これからの高齢化社会、無法地帯に近い歩行者と自転車が混合する道路は限界のような気がします。









いつまで自分の意思で運転できるか分かりませんが、そう遠くない将来に運転が出来なくなるでしょうね。寂しい気がしますが、今の社会の流れだとある程度の年齢になったら運転を止めることも必要だと思います。あと、もう一回ぐらい10000km突破をする経験が出来ればと思います。最後まで、お読み頂きありがとうございます。

誰と観る

東京都が東京オリンピックに備えて作成した動画が批判を受けています。『五輪を誰と観る』という動画を作成したのです。要は、結婚を促して家族で観ようということですが・・・説得力無いですよ。小池都知事が独身ですからね










おっさんなら、美しい女性読者・・・妄想です・・・を侍らして観たいですね  誰と観るかは大切ですが、税金の無駄遣いは良くないです。でも、おっさんが見た限りでは、この動画嫌いではありません。下にアドレスをコピーしましたので、ご興味のある方はご覧ください。







しかし、何かあると批判する。批判できるだけ日本は自由なのでしょうが、皆それぞれ色々な意見や考えがあるのですから当然です。しかし、マスコミが報道するほどでもない思います。それだけ、事件、事故がないという平和な証明と言えます。最後まで、お読み頂きありがとうございます。

東京都の動画です。
tokyodouga.jp

プーさんのはにゅう(ハニー)ハント

オイラが空を飛べるの知ってるかい? 仲間達が平昌でいっぱい飛んでただろ? 最近は、茶色の熊に押されぎみだったけどね。まだまだ人気あるということだな。
          
ちょっと顔出しは勘弁してくれよ。恥ずかしいから! それに最近は、黄色い熊と言うとコイツと思うかもしれないな。
               
また、オイラを見直して人気出てくれないかな。少なくとも、茶色いヤツには負けたくないな。
                    
呼んだ〜?  黄色い熊さん凄かったね。今度、ボクを好きな人がいたら、ボクも飛べるかな?  最後まで、お読み頂きありがとうございます。

見えない

片側二車線の右側を走っていました。左側の車線にはタンクローリー、おっさんの前を走るのは中堅どころの輸送会社のトラックです。このため、トラックの前方が全く見えません。










カーナビには、渋滞表示はなく制限速度50kmの幹線道路を時速30〜40kmでトロトロと走ってました。しかし、周りにある建物のショーウィンドウや影には車があるように見えません。おかしいなと思っていると、カーブで前方がチラッと見えました。完全に2台で並走していて、前車の前はがら空きでした。









このため、後ろは数珠繋ぎ状態です。確かに、制限速度以内ですから問題はありません。でも・・・いくら制限速度内と言っても、並走は無いですよ。おっさんの真後ろにいるトラックなんて、イライラしてて車間距離がありません。遅いなら左側走れよ 









見えてる人は、そう思っています。トラックですから看板背負っているので会社名が分かります。企業イメージというのもあります。しかし、せめて制限速度の50kmで走って貰えれば違うのですが・・・最後まで、お読み頂きありがとうございます。
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2018年02月 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28