スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

ふたりの16





ボーッと日々を過ごすと


あっという間に時間が流れてしまう





帰り道、七海とドーナッツ屋さんに入った


私はチョコがかかったのがすき


七海は見た目甘党っぽくないのに


あまあまのものが好きだ



今日も選んでいるのはハニードーナッツ




なんだかかわいい



お皿にのったドーナッツを持って

空いている窓側の席に座った




ガタン……



「はー、学校おつかれ」


「疲れたの?でも、数学のとき寝てたわね」



「見られてたのか……!」



「あの先生、説明長いしね」


「そう!なの!ワカッテルゥ!」




ケラケラ笑いながら


話する放課後の時間って好きだ


ゆっくり時間が流れて、楽しめる




私が結構喋りたがりだから


七海はそれを頷きながら聞いてくれる



私はこういう時間がすき



だけどあっという間に時間は過ぎる





「ねー、七海」



「なに?」



「楽しい!まだいたい!」




空になったお皿を見つめる


もう帰らなきゃいけないサイン




「ふふ、嬉しい。でも帰ろうね」




私の頭をぽんぽんとして


立ち上がった





外に出て伸びをする



「さて、帰ろうか」


「はーい、、」




渋々歩く私をみかねて



七海が手を引いた




「また行こうね、今度はパンケーキがいいわね」




また行ってくれるのは、嬉しいけれど


ちゃっかり自分の食べたいものを

言ってくる七海




「ふわっふわのやつがいい!」



「いいお店知ってるわ」



くすくす笑う七海を横目に


すっかりウキウキになっている自分がいる



七海は私の扱いがうまいのだ





■□■□■□■






ガタンゴトン……



夕方の電車は社会人で溢れている


みんな疲れた顔してるなぁ





あと二駅……




キキーーーッ


車内にブレーキ音が響く




「!」




ドンッ



人の波に押されて

目をつむる




「っわ」




目を開けると

七海の顔が横にあった




顔が近くて少しドキドキする





「びっくりしたわね」



「う、うん」




耳元で喋られるからくすぐったい



あ、あと一駅……!




動くに動けないから着くまで耐える






「ドーナッツ美味しかったね。また食べたいわ」



わざとなのかさっきまで

喋ってなかったのに喋りだした





「んっ、ふふ。くすぐったいよ」



そう言って片手で耳をふさぐ




「かわいい」






くすぐるような吐息で喋る


意地悪だっ……




はやくつけ〜






■□■□■□■






「また明日ね」



分かれ道まで歩いて


バイバイした





七海が近くにくると



ドキドキしてしまう




これって距離が近いからなのかな










.



























ふたりの15





あ、キスされる……



七海の顔がゆっくり近づく



無意識に目をぎゅっとつむると



七海の顔は私の顔を通りすぎて


コツンと顎をのせた






「……キス、してほしかった?」




クスリと笑いながら

耳元で囁かれた





全身がビクッとして


甘い声に麻痺しそうになる





「違っ……」





慌てて口回りの砂糖をはらった


は、恥ずかしい……





「じゃあなんで、目を閉じたのかしら」





七海は顔を離して


砂糖をはらった手を掴んだ





「………ッ!」ビクッ





私の砂糖が付いた手をとって


指先を舐めた



生暖かい舌が指に絡まってゾクゾクする





「な、何してる、の」



七海はチラ、と私を見て


指を軽く噛んだ



「やっ、」



背中に流れるゾクゾクが頭まできて


のけぞってしまう






「夜空は、甘くて美味しい」




「そ、それは砂糖が……」






ビュオオオオッ!




急に風が舞い上がる様に吹いて




スカートがめくれた






「あっ!」




お弁当を持った手では押さえられず


七海は私の手を持ったまま



スカートはめくれ放題だった




徐々に顔が真っ赤になるのを感じる







「やっ、やだ!」



「レースの赤チェック可愛い」




冷静に七海は下着の柄を言う



やめてくれーーー






少し風が緩くなって


お弁当を横に置いてスカートを直した







「可愛い下着ね、見ちゃった」



「忘れて……」





恥ずかしさで泣きそうになりながら

パクパクと無言でお弁当を食べた










■□■□■□■





バタン……




屋上の扉を閉めて一息ついた



風強かった...





暴れた髪の毛を手ぐしで整えた



「夜空」



「なに?どうかした?」



「後ろのスカートが全開だわ……」



スルリとおしりを触られた







なん……だと……!?



気をつけたのに全開!?!




おしりを触られたのをスルーして


パタパタと後ろを払ってスカートを直す





「あっ、ありがとう……」




こんな複雑な思いのありがとうは


初めてだ






風の強い日にはもういかないぞ!





と、強く誓った













.





















ふたりの14





月曜日の朝。




ざわつく教室で静かに本を読む

七海を見つけた




「なーなみちゃん!」


「っわ!」




横から話しかけたら想像以上に

驚かれた





びくっと体を揺らして

眼鏡の奥の目が開かれる



「おはよう!」


「よ、夜空かぁ……おはよう」




びっくりしたなぁって言いながら

本を閉じた





「もう土日で治ったんだね」


「うん、もう元気だわ」


七海はにっこりと頬笑んだ





ん?ってことは……




「風邪ひいたのは二人の秘密だねっ」




こそっと耳に近づいて囁いた


なんかうれしい?かも





「!」



びっくりした顔にしたあとに


にやーと笑った



「な、なにその顔……」



なんだか七海は嬉しそうだ




「二人だけの秘密、ね」




「ん??」




「……お昼が楽しみだわ」





お昼が楽しみなんて

そんなにお腹空いたのかな、




「……?またお昼ね!」






またダルい月曜日の始まりだ








■□■□■□■





キーンコーンカーンコーン、キーンコーンカーンコーン







ガタッ




「おなかすいた!ご、は、ん!」




チャイムがなると七海のもとへ飛んでった





「私、購買行かないと、、夜空はお弁当?」



「うん!ついてく〜」






いつものメロンパンかな?



そう思いながら七海を待った





「……お待たせ」



「じゃあ、屋上行こっか!」








コツ……コツ……




二人で階段を上がって


屋上のドアを開けた







ビュオオオッ……!




「っわ!風強いね!」



「……裏側行けば大丈夫かしら」


「せやな!」










裏側に行ったけどやっぱり風が強い



まぁ、飛ぶ程度じゃないけど





「夜空のおいしそう」



「これ、あげる!あーんして」





「やった!……あーん」




ぱくっ




「どう?」



「おいしいわ、ありがとう」



「お母さん自慢の玉子焼きだからね!」



ふふーんとどや顔をする私




「じゃあ、私のもあげるわ」



スッとメロンパンが目の前に出される


そのまま頬張った






パク





にやにやーと七海が笑っていた



な、なにや……




「ん、おいしいよ」



「でしょう?……夜空、お砂糖いっぱいね」





口の回りが甘そうね、って言って



七海の顔がゆっくり近づいた












.











ふたりの13






「じゃあ、帰るね」



振り返ってお別れを言う


あっという間だったな



「来てくれてありがとう、助かったわ」



「うんっ、お泊まり楽しかった!」


「送るね」



「ううん!大丈夫!すぐそこだし」





また学校でねって

話して七海の家を出た






■□■□■□■




家に着いてベッドに倒れこむ


土曜だから家にお母さんがいるはずなのに


居なくて、よりポツンと感じる




勢いで泊まってきたけど


楽しかったなぁ、本当


帰って来ると何だか寂しく感じる




ふとスマホみると

ピカピカと光っている





……ん、七海からだ



【無事帰れたかな?】



〔帰れたよ〕っと……




【よかった。本当助かりました】



ぺこりとおじきするスタンプが動く




〔いいえー〕


〔楽しかった〜!また泊まりに行ってもいいかな?〕



【もちろん】





パフ、




……課題しよっと







■□■□■□■





「夜空ー!お風呂入んなさい!」



ご飯を食べてゴロゴロしていると


下から叫ばれる



あーん、めんどくさい……





「お湯冷めるよ!」




ゴロゴロしながらゲームしていたら


更に叫ばれた




ちぇっ、入るか(´・ω・`)







■□■□■□■





チャプ……







「はぁー」



朝は七海と入ってたのかぁ……




恥ずかしかったなぁ、こんなことになるなら
もっと痩せとけばよかった




むに、とお腹のお肉をつまむ





それに対して七海は

綺麗な身体してた




ぽわ、と七海の身体を思い出す






ほのかに赤くなった顔

透けるような白い肌が綺麗で、





...そのくせおっぱいもでかい




もう一回あの肌に触れてみたい









...ってなに考えてんだ

もう一緒に入ることはない、でしょ




ブクブク……





元気になって、

月曜日には会えるといいな











.









ふたりの12




「ゆでダコだわ」


「誰のせいやねん」





キッと睨んで身体を守るポーズ


何されるかわかったもんじゃない





「怒んないで、もう出るから」


「え?」



「私がいたら洗いにくいでしょ?ゆっくりしてね」






そう言うとパタンと出て行ってしまった



...何かあっさりしてるな









■□■□■□■





はぁ、サッパリした!



出してくれたバスタオルで
身体を拭く




……ん?さっきまで着てた

借りもののスエットがない





コンコン……



「ん?」



「これ、着て?」




スススっと扉の隙間から


新しい服が差し出されている




「えっ、さっき着てたのでいいよ」



「汗かいたでしょ、いいから」





扉越しに服を受けとる



「ありがとう」


「はーい」





パタパタと足音が離れてゆく



先に出たの服出しててくれたのか……



熱があるのにいい子やな……




ジーンといい友達を持ったことに


少し浸ってしまう





服からふんわりと香る七海のにおい
いいにおいー





貸してもらった服を着て


リビングに向かう







「ねー、夜空」


「なになに??」




冷蔵庫の中身を見てる


七海に近寄る




「オムライスなら作れるけど、食べる?」



「えっ!オムライス!?」




キラキラとした目で七海を見つめる



「ちょー好き!!」




「ふふっよかった、じゃあ作るね」



七海は笑いながら

ケチャップと卵を取り出す




「でも、七海熱あるでしょ?」


「少しね、お昼だしお腹空いたでしょ」



「はいっ!私やる∩・ω・*) 」




家でたまーに作るから


作れる!!



「じゃあ2人で作ろうね」



「わかった!」








■□■□■□■






「出来たぁ!お腹すいた!!」




2人分のオムライスをもって


テーブルに運ぶ





お茶とスプーンを持った七海も


後から来た





七海と私のオムライスに


くまさんをケチャップで描いた





「ねー見て!かわいいでしょ」



「本当だ、可愛いわね」



「えへへ〜、じゃあ食べよっか」



『いただきまーす』




ぱくっと一口



「んま!」



「美味しく出来たね」





友達の家でこうやってお昼食べるの


新鮮だなぁ、こういうのしたことなかった




今日で帰っちゃうけど


もう少し一緒にいたいな





「……これ、食べたら家に帰っていいからね」


「えっ、まだ……」


「親御さん心配するよ。私はもう平気だから」




「……そっか」





七海もずっと他人が家に居たら


休むものも休めないのかもしれない



オムライス食べて、洗い物したら


大人しく帰ろう...







.








前の記事へ 次の記事へ