スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

初めての街コン


話題:ひとりごと

いくらか話のストックがあるので、過去に遡る。

私が初めて街コンに行ったのは、大学生の秋だった。
サークルでも、バイトでも出会いのなかった私は、当時何故か仲の良かったパリピのパリ美に街コンに誘われた。

正直初対面の人と話すのは嫌いなので渋っていたが、当時19歳彼氏歴無し処女。
今と年齢しか肩書きは変わらないが、当時もそれなりに焦っていたので、とりあえず街コンに参加することにした。

参加した街コンは80名ほどの規模であった。
女性5名がテーブルにつき、男性5名が10分おきに各テーブルを回るシステムだ。

ぱっと見、女の子は可愛い子もちらほらいたが、男の子はパッとしないかチャラいかの極端だった。

当時私はバイトの先輩に片思いをしており(薄顔イケメンだったので、薄顔さんとする)、薄顔さんと比べると街コンに来ている男はみんなしょうもなく思えた。

そしたら、だ。
最後の席交換でやってきた男性。
身長は180cmはあっただろうか、1人で来ていたようで、席につくなり誰と話すでもなく遠くを見ている。
その顔が、まさに薄顔さんそっくりだったのだ。
一瞬、薄顔さんが街コンに来たのかと思うほどだった。

薄顔さん似のイケメンは、周りの人の話をにこにこしながら聞いていた。無理にテンションをあげて話を盛り上げないところも、当時の私には高ポイントだった。

自分から話しかける勇気など到底なかったが、ただ、このチャンスを逃したらダメな気がした。
いつもは自分みたいな人間がイケメンに話しかけるなんておこがましいと思うが、でも、薄顔さん似イケメンになんてそうそう会えるものではない。
勇気を総動員してこう話しかけた。

「はじめまして。バイトの先輩にそっくりで、ビックリしました」

すると、薄顔さん似イケメンはニッコリと笑ってこう言った。

「その先輩のこと、好きなの?」

何も言ってないのに何故分かった!?!?
私の頭は完全にパニック状態になり、何も答えられずにいると、薄顔さん似イケメンは、

「だから話しかけてきたんだね」

とだけ言って、そのまま去ってしまった。

そんなに悪いことをしたわけではないと思うのだが、何だか責められたような気がして、ネガティブな私はそこで大変落ち込んでしまった。

結局その薄顔さん似イケメンとはそれ以降話すこともなく、何となく苦い気持ちで街コンは終わり、そのまま社会人になるまで街コンに行くことはなかった。

女でシステムエンジニアという仕事


話題:仕事の話

さて、私の仕事はシステムエンジニアである。

システムエンジニアとは、プログラム言語を使って、お買い物サイトだったり金融システムだったりを作る仕事だ。

正直、女性は少ない。
システムエンジニアは基本、チームで協力してシステムを構築していく。
私のいるチームは私を含め7人だが、私以外全員男性である。

男性社会であるせいか、システムエンジニアの女性で仕事のできる人間は、気のキツイ人が多いように思う。
私みたいなゆるふわお花畑は、おそらく珍しい。いたとしても、仕事ができない可能性が非常に高い。ソースは私。

何故この仕事についたのか?と言われると、端的に言えば、就活に失敗したためだ。
営業は嫌だったので、人とあまり接しなくて済みそうなところを選んだ。

システムエンジニアがそもそも何かを知らなかったので、入社してプログラマとして働くと知った時は、恐ろしくて涙がこぼれた。
システムエンジニアという言葉は知らなかったが、プログラマという言葉は知っていたのだ。
残業が恐ろしくあり、転職率の高い仕事であるという認識とともに。

実際入社してみると、残業は他の大手に入社した友人の方が多く、転職率は保険の営業に比べるとマシではなかろうか。

ただ入社して思うのは、システムエンジニアという仕事は、案外コミュ力がいるということだ。
システムを作るのもチームで動くし、お客さんとも仕様を決めたりしないといけない。
稀にコミュ力がないが重宝されている人もいるが、そういった人は技術に非常に長けている。

プログラムは正直理論立ててパズルを組んでいくようなセンスを求められるので、技術に長けようと思ったら、努力だけでは頂点には立てないように思う。
ちなみに私は技術もなく、コミュ力もないので、そろそろ転職せねばと思っている。

2X年彼氏無しのシステムエンジニア

私ははっきり言ってモテない。

モテないから、2X年も彼氏無し、処女でここまで来てしまった。

仕事はシステムエンジニア。
女では珍しいかもしれない。
私も何故この職種に就いたかは不明。
それについては追々書くとする。

このブログではモテない人生を嘆くのではなく、モテないなりにもあったちょっとしたことや、役に立つか分からないが、女のシステムエンジニアの生態を綴っていけたらと思う。
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2017年09月 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アーカイブ
カテゴリー