幸せなやつ全員死ねって地獄モード

うらやましいという気持ちは劇毒みたいですね。
うらやましい、と思った途端、自己嫌悪で殺される。
しかも、私のうらやましいは浅はかで、最低なものばかりで、自分は汚い人間だと思い知らされるばかりです。自分がきれいな人間だと、やさしい人間だと思っているわけでは決してないけれど、私はこんなにも小さな虚しい人間だったのかと打ちのめされている。

病気を理由にできる人はうらやましいと、思ってはいけないこと、思ってしまって、とても死にたいんです。鬱は甘え理論の人を軽蔑していながら、私もどこかで甘えるなと思ってしまっている。口に出さないだけで、本当はそう思っていることに気がついたんです。

私だって、死にたくても体調悪くても過呼吸おこしても仕事に出て、気が狂いそうになれば腕を切り、薬をたくさん飲んで誤魔化した。それは何一つ正しくないのに、そうやって頑張ってきたと、自分を美化して、他者にもどこかでそれ以上を望んでいる自分がいた。最低ですね。はは。死ね。

そうしなきゃ、そうでもしてお金を稼がなきゃ、生活ができなかったから、と今まで自分を正当化してきたけれど、それは嘘なんです。私は怖かったんです。普通の人みたく学校に行けなくて、自尊心が死んで、あたりまえのことができなくて、自分がいらない人間になっていくのが怖かった。普通になりたかったんです。社会から逸脱してしまえば、みんなに見捨てられる、本当にいらない人間になってしまうという思い込みだけで、最低な方法ですがっていただけなんです。だけど、それでも、私は最低な人間のままで、歪みきったこころがただただ虚しい。いっそのこと壊れてしまえばよかった。壊れることもできずに、最低なまま生きるしかないのは、とても虚しい。

できること、できないこと、みんなそれぞれ違うからいいんですよ。無理しないで。そう口では言いながらも、こころのどこかでいい年しながらそんなことで甘えんなって思ってしまったのは、本当はうらやましいから。つらいとか、できないとか、それを主張しても許されて、自分を傷つけなくても許されて、甘えられる人がいて愛されて、働かなくても頑張らなくても生活が保証されていて、負うべき責任もなくて、私あなたがうらやましかったよ。

一日中床に寝転がりながら、愛されたいなあと思った。ちょっと泣いて、浅はかで醜い自分の重さで身動きが取れなかった。愛を知らない人よりも、愛されているのにそれを感じられない人間のほうが悲しくて、かわいそうだ。それでも生きていくしかないんだろうなと思う。明日も私は仕事に行き、笑っていろいろなことを誤魔化していく。それしか生き方が分からない。上っ面をきれいにしようとつぎはぎ、いろんなものをくっつけたら中から出られなくなった。つくってきた表面もきれいとはほど遠くて、途方に暮れるばかり。あーあ。

うみをみにいきたい

生きる気力がない、けど
死ぬ気力もないし 生活を誰かのせいに、人に頼り切って意味のない人生を生き延びています。

腐り切った魂は生まれ変われるの?
たぶん、無理

今何歳か、分からなくなる
自分の年齢に気付くたびにちょっとした絶望。
ふとした瞬間に死を思うことが多くなった
昔のこと、しかもくだらないこと 最近は走馬灯のように、たびたび脳内で再生される、
どうしようもないわたしの絶望と、恥ずかしいこと、こわいこと。しあわせなことはあまり思い出さないのです。でもたしかにしあわせなはずなのに、それをいつも忘れてしまう

自分が恥ずかしい

どんなに苦しくても、つらくても、わたしは恵まれているということで、すべては甘えと見なされてしまうこと、だけど本当に甘ったれて人生を持て余しているのです私は

だれも助けてくれない、し
だれもかわってくれない 人間は簡単に見捨てるということ 私だって同じなんだということ

大人になったけど、ほとんどちゃんと大人になれなかったね
生きてる限り、日々永遠に失われ続けるものがある
毎日自分が擦り切れていく

なんかもうたくさんだ、
満たされてはいないけど、この空っぽはずっと空っぽのままだと気づいたから、もういいです つかれた、むなしい がんばる がんばろうね なんのために? もうわからないや

a

やさしくなくても
正常じゃなくても
愛されなくても
お金がなくても
なにも生み出せなくても
生きていていいんだろうか

って書いて、そしたら泣けてきてこまった
いうほど絶望するような立ち位置じゃないのになあ、ないものねだりだな
努力もしないくせに変わりたいとかほざく自分を殺したい なんかごめんなさい

嫌いとか好きとか殺意とか死にたいとかそういうのに囚われた身体はずん、と重くてそれはすごく醜いからこっちを見ないでくれ
たいしたことのないことで傷つくのも、腕に傷があるのも決してわたしが優しいからじゃないんだよ
許せないことを許したつもりになりたくて、ただ許せないことを自分に刻んで、でも許せなくて、やさしくなれなくて、私が死んで灰になるまで呪詛がのこる 永遠にみんな友達でみんな敵だ 死ねと呟いてちょっと楽になってしまう自分が嫌だ 誰かの綺麗な言葉をちょっとずつ盗み切り貼りしたような偽物の綺麗事で自分がましになったような気になってしまう自分はもっと気持ち悪い

残っているのはすべて虚構に見えるし、それでもかまわないんだけどずっと身体のまんなかに穴があいていてとてもさむい

拾った想い吐き出して愛されたいのまだ

どうしようもない衝動がときどき抑えられずに身体は揺らぐ、頭のなかで誰かが噂をしている。涙が勝手に溢れてきて、毎夜毎夜こわれた水道みたいに泣いてしまう。関係ない物にも人にもその怒りに似たような、虚しい感情を当たり散らすのは許されないと思う、し、みんな許されないというから。だから自分の腕を切る。いつか誰かを殺してしまうかもしれません。だからわたし、子供は産みたくないのです。生き物としての欠陥。腕切ると頭に冷たい風が通り抜けるよ。すずしい。

わたしは自分が恥ずかしい。鏡の中の自分が気持ち悪くて、美容室と服屋さんは苦手になってしまった。だからといって努力する気力もなく、今日も明日も醜い体を、肉を、引きずりながら生活する。朝起きて、仕事に行って、お風呂に入る、それだけなのにとてもしんどい。生きていくのは疲れる。お金のことしか言われないね。こうして無駄に、何一つ成し遂げられることもなく、日々すこしずつ擦り切れていくだけなのに、電気ガス水道交通費食費でわたしの価値のない生活が、人生が、保証されている。なにも考えたくなくて、なにもしたくなくて、自分がもう二十一歳とか信じられない気持ち。甘えぬいて腐り切った、わたしの鈍色のたましい。眠ることは、一種の仮死状態で、わたしは時間がある限り、ずっと眠り続ける。生きることから逃げたい。死ぬ勇気も気力も責任取る気持ちもないから、逃げ続ける、だけ。人間として欠落している。

世界はすべて虚構で、わたしも八割方虚構だったよね。ふつう の色彩で絵がかける人は精神病ではないと昔お医者さんにいわれたっけ。それは本当か分からないけれど、わたしは病気ではなくて、だけど普通でもなくて、まともなふりしたおかしい生き物で病気のふりした醜い生き物になった。「結局俺は偽物だった」ってsyrup16gの歌を聞くたびに、なんだか涙が出るよ。うまく話せないし、うまく言葉も手も笑顔も声も使いこなせなくて ごめんね。優しい人はいつも傷ついている気がするよ。優しい人をいつも傷つけてしまう人間になりたくなかった。自分に失望しても、生活はつづく、つづく。それってなんか恐ろしいことのようで、ちょっとこわいよね。
前の記事へ 次の記事へ