∞初めてのトルコ-8
19/05/17 02:06
コメント0

   》》 つづき


4月30日

   

  朝食は焼きたての巨大なクロワッサン
  ジャムは昨日と少し違うベリーの
  蜂蜜漬けが4種類にトマトとキュウリ
  フルーツ盛り、オリーブ2種類
  今日はオムレツを頼んだ
  自家製のジャムに加え市販のバターが
  3〜4種類にジャム
  この自家製のジャムがあるのにいる?
  野菜は基本的にスッキリしてる
  子供の頃に家で作ってた野菜の味
  トマトとイチゴが完熟



  9時にガイドと運転手が迎えにきた
  乾かなかった下着をクローゼットに
  忍ばせ出発!
  今日はコンタクトにバッチリ化粧!
  運転手さんの微笑みがさらに優しい
  車はワゴンで車高が高い
  昨日は飛行機12時間に乗継ぎ1日車
  なんかふわふわした感じ
  さらに筋肉痛で足が上がらずよろけた
  すかさず運転手が後ろから支える
  降りる時は運転席から回り込みドアを
  開け手を差し伸べる
  恥ずかしく手をにぎれずコケた

  

       

  見渡しの良い高台にバスが並ぶ
  『3人姉妹の岩』
  ロシア人が多く、中国人と日本人
  ここでもやはり日本人は減り中国人が
  増えたそうだ
  JTBと書かれたツアーバス発見
  

      
   
  『マズの地下都市』
  紀元6千年に作られた洞窟の街が
  そのまま残っている場所
  
    

  街の入口にはうち側から閉ざせるよう
  丸い石がしこまれている
  洞窟なので食料の備蓄はバッチリ
  いくらでも立て籠もれます
  さらに次の扉は真ん中に穴が開いた石
  侵入した敵が穴から首を出し覗いたら
  うち側からに首をバッサリ
  
     

  中には沢山の分岐があり沢山の部屋が
  連なっている
  所々に天窓があり換気も良い
  
     

  地下都市は建物の後ろの山に広がる
  奥はまだまだ広そうだ


  ここから1時間半のロングドライブ
  所々で唐突にガイドが説明をする
  ん?
  日本語が話せない運転手がガイドに
  しばらく話した後にガイドが私達に
  説明をするの繰り返し
  
運転手が説明したことをガイドが
 伝えてるだけじゃない?
うん、さっきから気になってた
 運転手がガイドを兼ねていてガイドは
 通訳なんじゃねぇ
ガイドは質問に答えられない事が
 多いし、なんか日本語の意味も怪しい
話し言葉はわからないみたいから
 言い変えないとダメだね

  地元の旅行社が通訳雇ってるて感じ

お前の質問には答えられないよ
 観光客が聞くようなことじゃないし
変なこと聞いてる?  自然遺産だもん
 石の種類とか出来方とか聞くでしょ
聞かない!

  じゃぁ、何を質問すればいいんだよー
  ガイドブックもろくに読んでないけど
  TVの番組でやってた事しかガイドは
  説明しないんだもん
  見学中も自由に見て下さいって言って
  茶店で友達とお茶してるしぃ
  (運転手は車の砂を掃除してるのに)
  本当に通訳なだけだよなぁ
  ホテルのレストランの女将さんは
  きれいな英語を話してたけど
  日本と同じで英語はあまり通じない
  まあ、土産物屋は簡単な私の英語でも
  何とか会話は成立してるけど
  ネズミンは私が話すので珍しがって
  後ろで見学してるしぃ

通じてるじゃない 

  2日目にして
  怪しい雰囲気が漂ってきた感じ


                            》》  つづく







▲新しい 古い▼


TOPに戻る

-エムブロ-