喫茶店


土曜日に髪を切った。
すっきりさっぱり。心まで軽くなった気分。
美容室を出て、夜の約束までの時間を潰すためにお気に入りの喫茶店でひとり、読みかけの本を読みながら窓の外を眺める。読み進める度に好きになっていく本で、読み終えてしまうのが嫌だから読み進めるのを躊躇しちゃうくらい、わたしにとって宝物みたいな本。ちょうどその時の自分に必要な言葉が書かれているような、そんな気がする。言葉が胸に引っかかっては感極まって、顔を上げて猛暑の外を眺めて眼を冷ます。そんなことを何度も繰り返しながら。それに加えて、携帯の画面を見ると気になる人からのおすすめの音楽がラインで届く。贅沢すぎるよね。その瞬間的な幸福に唇を噛み締める。
流行りのカフェもいいけど、人が少なくて静かで落ち着ける喫茶店も私にとっては大事な場所。都会の熱帯コンクリートジャングルの中のオアシスみたいな。だけどしょっちゅうは行かないの。たまに行くからいいってなもんよ。多分。



1984


親友が選んでくれたトップス。
買ってよかったなあ。自分じゃ絶対買わなかったけど、初めてちゃんと着てみて、出先で鏡を見る度に買って正解だったって思った。いい服を買えたことにもだけど友達が私のことを私よりもよく分かってくれているってことが嬉しくてその日はずっとニヤニヤしてたかもしれない。笑



仕事は窮屈でつまらない。
なんのために頑張ってるんだろうって思ってしまうと、なんだかすべてどうでもよくなっちゃったりする。ついでにつまらないことでイラッとして、先輩なのにそういう態度をとってしまったり。なんだろうなあ。一応営業事務みたいな職種で、うちの支所の営業さんたちは本当にいい人たちばかりなんだけど、担当が私ひとりだから、こんなぺーぺーなやつで本当に役に立ててるんだろうかって、申し訳なくなることもある。
だからって、腐っちゃうのもダメで、常に向上心を持って、営業さんたちのためにもっと勉強してしっかりしなきゃいけないんだろうけど、そこまでの余裕はない。別の勉強もしたいし。
去年同じ支所で一緒に働いてた営業さんは今は違う支所で、でもそこで私のことを褒めてくれてたっていうことを聞いて、とても嬉しかったし頑張ってよかったなあと思うけど、私は本当は何がしたいんだろうって毎日考えてる。



平日を乗り切って週末にやっと解放される。
今週も思いっきり遊んで、今日はTOEIC試験でボロボロで、自分への激励に奮発してお財布を買った。
友人の結婚式の準備だったり、次の資格の準備、やることは色々あるから遊びは程々にしないと。それでもやっぱり平成最後の夏、なんて言われるとアレもしなきゃコレもしたいってなるの。なんだろう。特別何か変わるわけじゃないのにね。




そうやって生きる


先週に引き続き、とても濃い週末だった。

普段の生活の中では出会えない人たちと限られた時間の中で寝る間も惜しんでお酒を交わして、わたしという人間がいかに中身スカスカな奴か分かったし、もっと経験を積まないとまだまだ語れないと思った。(みんな事業を立ち上げたりフリーで活動していたり。ひとつふたつしか歳も変わらないのにしっかりしてるなあと感じた)

そんな中で地元の女友達とあった今日は、気を張らない自分で素のままでいられて、とても優しい感覚だった。恋愛やファッションや他愛もない話。

どちらも大切で、だけどどちらか分からなくなる。
マルチバースとユニバースなら完全にマルチバース。
でもみんなそんなもんでしょう。

今月は出会いの月だ。
新しい場所に新しい人たち、新しい物。
引きこもってひとりぼっちだとうじうじしていたこの前のわたしに、大丈夫だよ、未来ではこんな楽しいことがあるよって教えてあげたい。

FJORD


SKANDINAVISK


今日出会った素敵なフレグランスブランド。

shiroもdiptyqueもclearも色々試したけどどれも匂いに敏感なわたしには香りが強すぎて普段使いできないなあと感じてました。
これは主張しすぎなくて、優しい香り。理想です。

とりあえずわたしはハンドローションのFJORDを購入しました。どのサイトにも詳しい概要は載ってなかったのでFJORDの商品説明は公式サイトから。

『With joyous notes of woods and ripening orchards, wild berries, blackcurrants and raspberry flowers.』

くどすぎない甘い香り。主張しすぎなくて本当に自然の中にいるような安らぎを感じる香りなので、これ付けるとずっと自分の手を嗅いでいたくなる。笑

youtu.be

プロモーション動画も本当に素敵。
bokehっていうマイカ・モンローちゃんが出演している、ひたすらアイスランドの自然を映す映画がとても好きで、北欧のあの雄大な自然を前にした時の静寂だったり『ひとりぼっち』を感じてしまう無力感だったり。そういう空気感が漂っていてずっと見ていたくなる。

このブランドについて、
サイトからの紹介文▽

『SKANDINAVISK(スカンジナビスク)』は、デンマークにて2013年に創業されたフレグランスブランドです。

2人のイギリス人男性ショーンとゲリーにより創業されたSKANDINAVISK。同じ英国出身だが別々の人生を歩んできた2人が、それぞれに美しい北欧女性と恋に落ち、偶然にも同じ2002年にこのスカンジナビアの地にやってきました。

2012年に運命的な出会いを果たした2人は、お互いの似たような生い立ちに親近感を覚え、また、15年間におよぶ北欧での生活からインスピレーションを得た事業プランに意気投合。こうして2人は北欧の自然と暮らしをテーマとしたフレグランスブランドの共同経営者として、2013年2月にSKANDINAVISKをデビューさせました。

〜〜誰もいない道路をひたすら走り、山奥の隠れ家へ身を隠し、あるいはボートを繰り出して離された無人島へ。物質社会から自らを断ち、母なる大自然と一体化し、心の平穏を取り戻す。これは、大自然とともに生きるスカンジナビアの人達の儀式であり、彼らが大切にするライフスタイルの一つでもあります。〜〜〜


取り扱い店舗はまだ少なくて、ネット購入もまだ限られたサイトしかないようだけどFJORD以外の他の香りも試してみたい。

高嶺の花


石原さとみの新しいドラマ
期待以上に面白くて次回も楽しみです。
1話終盤のエルヴィス・プレスリーのlove me tenderが流れながらの朝食のシーン、この石原さとみの笑った顔がすごく可愛くて、いいなあとジーンときました。すっごく素敵なシーンだった。


先週の健康診断で体重が1キロ、体脂肪率が3%減っててすごく嬉しかった。特別ダイエットはしてなかったんですけど(去年が特別やばかったっていうのはある)このままちょっとずつ減らしていきたいなということで地味にダイエット頑張ることにします。食べるものはあんまり制限したくないから量を減らすのと筋トレから始める予定。ジムに通うのもずっと考えてはいるんですが会費を考えたら少し高い…。最近パソコン教室に通い始めて、ExcelとWordにどちらかというと苦手意識があったので克服したいなというのと資格をとって自信をつけたいと思って。友達に言ったらお金もったいないよって言われたけどこれはあくまでも自己満なんだ…!自分のペースで進められるからサクサク身に付けて早く資格とりたいです。

前の記事へ 次の記事へ