「あ、そっか」
「……?何が“そっか”?」
「大したことじゃないんですけど、今日街がなんか騒がしいなぁーって思ってたら、今日って七夕なんですよね」
「ん〜街を歩いてる時点でその事実に気づかない君も凄いね」
「まぁ、携帯いじってたので…」
「歩きながらの携帯は危ないよ?」
「臨也さんには言われたくないですね」
「俺はいいーの。帝人くんと違って運動神経良いし?」
「はは、じゃあ今すぐ静雄さんと、追いかけっこという名の戦争でもしてきてください」
「厳しいね……シズちゃんはさ、運動神経依然の問題だからさ」
「そうですねぇ…」
「……………」
「……………」
「……………」
「…ヒマですね」
「え?ああ、まぁ…いつもの事でしょ」
「んーそうなんですけど、なんか今日が七夕だって気づいたら何かしたいなぁー、って思っちゃって」
「そうだね……ああ、じゃあさ、俺とデートでもする?ちょうど近くで祭もやってるみたいだし」
「それ、七夕関係ないじゃないですか……」
「えぇー織り姫と彦星みたいにさ、…楽しいこと、しようよ」
「…お祭りに行くだけの筈なのに、臨也さんが言うといやらしく聞こえますね…」
「実際そうだけどvv」
「あ、そうだ。短冊書きましょうよ」
「え、まさかのスルー?」
「笹は無いから…この電気スタンドを代わりに使いましょうか」
「おーい、みーかーどーくん。お兄さんの相手して欲しいな♪」
「短冊は…あ、コピー用紙でいっか。折り紙なんてないだろうし」
「折り紙ならそこの引き出しに入ってるけど?」
「え?ああ、本当だ。じゃあ…はい、臨也さんの分」
「あ、うん。ありがと」
「何書こうかなー」
「……なんか俺の扱いが微妙じゃない?」
「え?そうですか?気のせいですよ、きっとwwさ、早く書きましょう♪」
「ああ、じゃあ俺はこれで…と」
「僕は……ん、まぁ…」
「帝人くんはなんて書いたの?」
「え!?あ、えっとー…け、健康祈願です」
「渋いね……」
「い、臨也さんはなんて書いたんですか?」
「ん?俺は、<帝人くんとずーっと一緒にいられますように>って書いたよ」
「そ、それは……べ、別に願わなくても…叶うに決まってるじゃないですか////」
「え、それって」
「僕は、織り姫や彦星みたいに、1年に一回会うだけじゃ……満足できないんで、できる限りは一緒にいたいと思ってますよ?」
「……じゃあ、………今日は泊まってくよね…?」
「……///その、久しぶりなんで、……手加減してくださいね?」
「了解♪」


















−−ああ、そうだ。短冊、スタンドに飾ろうか

−−あ、僕のは自分で…!!

−−ん?…<臨也さんとずっと一緒にいられますように>…

−−っ〜////

−−うん、あのさ、帝人くん

ーー……な、何ですか

−−今日は手加減できないかも

−−Σえぇっ!