「あ、あの…静雄さんって、今日、誕生日ですよね……?」
「あ?あー……そういやそうだな。あれ、俺言ったことあったか?」
「ダラーズ…じゃなくてですね、えーっと…し、新羅さんから聞いたんですよ」
「お、おぉ…そうか。で、それがどうかしたか?」
「どうかって…まぁ、したというか、したいというか。つまりですね、プレゼントを渡したいんです。ただ、自分で選んだものじゃないし、本当に静雄さんが喜んでくるれか不安なんです」
「誰が選んだんだ」
「狩沢さんたちです」
「……………そうか」
「やっぱり、嫌、ですか……?」
「いや、選んだのはあいつらでもくれるのは帝人だろ?なら、いい」
「静雄さん……えっと、じゃあちょっと僕の家に来てもらっていいですか?準備しないといけないんで」
「ああ。じゃ、行くか」


















「あ、静雄さん、準備できたんで……入って来て貰っていいですか?」
「ん、」




−−−−−ガチャ









「静雄さん、」





「(えーっと確か、)

What are you want you me?

(だったかな?)」












(その、あれだ。)
(?静雄さん?)








ーーー頂きます