スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

七夕の日の願い

「あ、そっか」
「……?何が“そっか”?」
「大したことじゃないんですけど、今日街がなんか騒がしいなぁーって思ってたら、今日って七夕なんですよね」
「ん〜街を歩いてる時点でその事実に気づかない君も凄いね」
「まぁ、携帯いじってたので…」
「歩きながらの携帯は危ないよ?」
「臨也さんには言われたくないですね」
「俺はいいーの。帝人くんと違って運動神経良いし?」
「はは、じゃあ今すぐ静雄さんと、追いかけっこという名の戦争でもしてきてください」
「厳しいね……シズちゃんはさ、運動神経依然の問題だからさ」
「そうですねぇ…」
「……………」
「……………」
「……………」
「…ヒマですね」
「え?ああ、まぁ…いつもの事でしょ」
「んーそうなんですけど、なんか今日が七夕だって気づいたら何かしたいなぁー、って思っちゃって」
「そうだね……ああ、じゃあさ、俺とデートでもする?ちょうど近くで祭もやってるみたいだし」
「それ、七夕関係ないじゃないですか……」
「えぇー織り姫と彦星みたいにさ、…楽しいこと、しようよ」
「…お祭りに行くだけの筈なのに、臨也さんが言うといやらしく聞こえますね…」
「実際そうだけどvv」
「あ、そうだ。短冊書きましょうよ」
「え、まさかのスルー?」
「笹は無いから…この電気スタンドを代わりに使いましょうか」
「おーい、みーかーどーくん。お兄さんの相手して欲しいな♪」
「短冊は…あ、コピー用紙でいっか。折り紙なんてないだろうし」
「折り紙ならそこの引き出しに入ってるけど?」
「え?ああ、本当だ。じゃあ…はい、臨也さんの分」
「あ、うん。ありがと」
「何書こうかなー」
「……なんか俺の扱いが微妙じゃない?」
「え?そうですか?気のせいですよ、きっとwwさ、早く書きましょう♪」
「ああ、じゃあ俺はこれで…と」
「僕は……ん、まぁ…」
「帝人くんはなんて書いたの?」
「え!?あ、えっとー…け、健康祈願です」
「渋いね……」
「い、臨也さんはなんて書いたんですか?」
「ん?俺は、<帝人くんとずーっと一緒にいられますように>って書いたよ」
「そ、それは……べ、別に願わなくても…叶うに決まってるじゃないですか////」
「え、それって」
「僕は、織り姫や彦星みたいに、1年に一回会うだけじゃ……満足できないんで、できる限りは一緒にいたいと思ってますよ?」
「……じゃあ、………今日は泊まってくよね…?」
「……///その、久しぶりなんで、……手加減してくださいね?」
「了解♪」


















−−ああ、そうだ。短冊、スタンドに飾ろうか

−−あ、僕のは自分で…!!

−−ん?…<臨也さんとずっと一緒にいられますように>…

−−っ〜////

−−うん、あのさ、帝人くん

ーー……な、何ですか

−−今日は手加減できないかも

−−Σえぇっ!
続きを読む

決意表明

「臨也さん、僕、気がついたんです。このままじゃダメなんだ、って」
「帝人くん………」
「初めて出会ったのは中学生のときで、その時はまだ理解してあげれてたんです。でも、段々時間が経つに連れて…理解してあげれなくなって…そこでちゃんと向き合えば良かったんだろうけど、僕は……逃げちゃったんです。向き合って、それでも理解できなかったら……それでホントに終わりな気がしちゃって…。そう考えて、目を背けたんです…。でも、臨也さんが力を貸してくれるなら、まだ間に合うかもしれないんです!臨也さん、お願いです、僕に、僕に……っ!!」
「うん、」





















ーー僕に英語を教えてください!!ーー


ーー決意したのはいいけどさ、最初から素直にそう言いなよ…ーー
続きを読む

台風で心配な事

「い、臨也さんっ!大変です!!!」
「やぁ帝人くん。どうかしたの」
「天気予報はみましたか?」
「天気予報……あぁ、台風のことか」
「そうなんですよ!ああ…どうしよう……」
「まぁ君の家っていっちゃあ何だけど、ボロいしね…。何なら俺の家に避難するかい?どうせ学校休みでしょ」
「家がボロくて悪かったですね。貧乏学生だから仕方ないじゃないですか…。それに、心配してるのはそんな事じゃないです。…いや、まぁ少し不安ではあるんですけど。僕が心配なのは、」
「心配なのは?」
「テレビの電波が悪くて、アニメが見れないことです。共同アンテナだからなのかわからないんですけど、天気が悪いとすぐ見れなくなるんですよ、ホント不便ですよ」
「あーうん、取り合えずさ」


















ーー俺の家にくれば解決すると思うよ?


ーーじゃあ、行きます♪
続きを読む

みどりの日ではなく

何だろう。



「すごく、大事な事を忘れてる気がする……」



今日は5月4日。GWも中盤にさしかかった頃である。金曜日が休みでない人にとっては、終盤といえるが。



(まぁそれは置いといて)



そう、今大事なのはそんなことではない。いや、まぁ、宿題のことを考えればそうもいってられないのだが。
今大事な事。それは。



「今日、何の日だったかなぁ…」



今日が何の日なのかを思い出すことであった。
祝日なのはわかっている。
勿論、みどりの日だということも。
だが、しかし。



(あと、一つ。そう、なんかあった気が……しないでもないんだよね)



しかし思い出せない。
ネットで検索してみたが、どれもしっくりとこない。
むしろ、その何かはすごーく個人的なことだったような気もする。いや、してきた。



「あーなんかイライラしてきた…。青葉くんでストレス発散でもしようかなぁ……」



少し?危ない事を考えながら、こうなったら何がなんでも思い出してやる!と、心に誓ったその時であった。



ヤツは現れた!!



「やっほー★素敵で無敵で情報屋な帝人くんの恋人、臨也の登場でぇーす!!」



ウザい……いえ、超ウザい人物が現れました。
皆さんご存知の折原臨也ですね。はい。


さて。いつもならここで帝人の鋭い、というかツンドラ級のツッコミが入るのですが。今日は違いました。



「あーーーーっ!!!!」



大声をあげました。夜中だったら近所迷惑もいいところです。…夜中じゃなくても近所迷惑ですが。
まぁ流石にこの反応は意外だったのか、臨也も目をパチクリとさせていました。



「あー…えっと?俺が聞いていいかわかんないけど…どうしたのさ?」
「はっ!いえ、あの…こんにちは臨也さん」
「あ、ああ…こんにちは」



流石帝人です。どんな時でも礼儀を忘れません。
最近の若い子には珍しいことです。
そんなこたさておき。



「…で?どうしたのさ」



流石は情報屋。ごまかされたりはしませんでした。
ここはきっちり問い詰めようと思っているようです。



「いえ、今日も良い天気だなぁ、と」
「曇りだけど」
「…あー、っと。臨也さん、今日も元気にウザいですねー…みたい、な?」
「……うん、自分でいうのもアレだけど。今更じゃないかな、それは」
「はぅ………!!」



段々追い詰められてきた帝人。ついに観念して白状しました。



「そのですね。今日、5月4日じゃないですか」
「うん」
「で、今日ってすごく大事な日だったよなーって考えてたんです」
「ん?考えてたって事は、なんで大事かは忘れてたの?」
「恥ずかしながら…完璧に忘れてました」
「で、思い出せたってこと?さっきの反応をみる限りでは」
「その通りです。臨也さんの顔みたら思い出しました」
「まぁ…君の力になれたなら光栄だけど。ところでさ、なんだったの、その大事な事って」



ここで帝人は一瞬答えにつまりました。



「………日」
「え?」
「臨也さんの、誕生日ですよ!」



そう言われ、一瞬ポカンとする臨也。

誕生日。

そーいえば最後に祝ったのは何時だったかなー、と考えてみたり。
勿論、妹達のはノーカウントだ。



「って、あれ?俺の誕生日教えたことあったっけ?」


一応情報屋なので、自分の情報は漏れない用にはしてはいるのだが。



「あ、新羅さんから何かの話しの時に聞きました」



だからうろ覚えだったんですね、と語る帝人。



「あ、そのだからですね、……無いんですよ」
「無い?何が」
「さっきも言った通り、忘れてたんで…プレゼントとか何も用意してなくて……」



そう言って、シュンとうなだれる帝人。しかし、臨也はそれを聞いてもショックは受けなかった。
むしろ、喜んでいた。



(帝人くんが、俺の誕生日を祝おうとしてくれた。…それだけで、)



「…それだけで、俺は満足なんだけどね」
「…でも、」
「誕生日の祝い方っていうのは、何もプレゼントをあげるだけじゃないってことさ。一緒に過ごすってだけでも、人によっては嬉しいことなんだよ?」
「うー………ら、来年は!ちゃんと、用意します…」
「うん、じゃあ期待して待っとくね♪…それじゃあ一先ず、さ。















俺とデートしよっか♪

…そうですね、じゃあ池袋の街でも歩きましょう







こうして、今年の臨也の誕生日は、デートとなったとさ。
めでたしめでたし。



…因みに。
デート場所は帝人の提案通り池袋だったのですが。
そこで池袋最強に見つかって、追い掛けられたそーでした。

チャンチャン★(^^)\
続きを読む

10回ゲーム

(ヒマだなぁ……あ、そうだ)
「臨也さん、10回ゲームしましょう!」
「10回ゲーム?…ああ、ピザって言ったりするやつか。いいよ」
「えーと、じゃあ僕からでいいですか?」
「帝人くんから?まぁ言い出しっぺだしね、どうぞ」
「それじゃあ、………”好き”って10回言ってください」
「はいはい…って、え?あー、…好き、ねぇ」
「〜〜っは、早く言ってください!…言って貰わないと、僕がは、恥ずかしいじゃないですか……///」
「はいはい…好き好き好き………好き好き、っと。で、質問は何かな?」
「その、…僕は、臨也さんのことをどう思っているでしょうか!!」
「……うん、好き、かな?」
「ぶ〜ハズレ、です。…正解は、」













愛してる、です////

ふふ…。もちろん俺も

・・・
心から、愛してるよ♪
続きを読む
前の記事へ 次の記事へ