自動人形。

話題:ひとりごと
どうも、ひびきです。
来週は忙しいのですが、今日は少し時間が
あるのでさぼりに来ましたwww

合間合間に書いていますので、長いです。

このタイトルで某アニメ化漫画を思った方、
私はアルレッキーノとコロンビーヌが

大好きです。w

ルシールのクロケット食べたい。

私は元々、歴史が好きなので古い物も好きなのですが
実際のオートマタとかにも興味があります。

東北住みなので、松島のオルゴール館にも何回か
行っていますが…いつ見ても素敵です。妄想がっ。

最近、YouTubeで「フルートプレイヤー」という
オートマタの動画を発見し見たのですが、

繊 細 す ぎ る !!! (◎_◎;)

世界に6体いるうちの2体が日本にいるようで
スイスの博物館にもう1体いるみたいです。
他の兄弟はもっと調べればわかるんでしょうけど
英語ドイツ語に疎い私には無理だわw

6人兄弟の長兄は、オルゴールの森美術館に、
末っ子は清里オルゴール館にて確認。

彼らをみていると、からくりサーカスの
オートマタ達もあながち嘘じゃない!?
となんだか思えてしまって。

YouTubeに動画をあげている方も
「目が合うとドッキっとします」とのコメント!

若干、不気味の谷に突き落とされそうになりつつ
も、彼の繊細さに動画ですら驚いたので本物は
もっっと、感動するのでしょう。

昔、心理学を少しやっていた時の恩師から、
「心があると思った瞬間に、相手にも心が宿っている」
というような…話を聞いた事があります。
詳細は省きまくり(笑)

私が彼らに心があるとみている瞬間に私には
心が宿っている彼らを見ているのでしょう。

長兄のプロトタイプは、ドイツ・マインツの
名人形師Franz Philipe Oehrlein氏が、
愛息の面影を模し、家族の一員として作成したそう。
長兄を元に1987〜1995年までに6人兄弟がおり、
確認した3人の顔はそれぞれ違っていて
逆にそこにリアリティを感じてしまった。
衣装や立ち姿はほぼ変わりないのにね。

人形が苦手な人にはちょっとキツイかも(-_-;)
しれませんが、とても素晴らしく精緻な…
素敵な自動人形なので
興味のある方にはおススメです(^^♪

人間て不思議だ。わざわざ
人間のかたちを作るのだから。

私もなんでこんな仕事してんだか。

Greensleeves,

話題:ひとりごと

米良さんのグリーンスリーブス聞いていたらあんまり綺麗で
創作意欲が湧いたけど服飾の歴史の資料を実家に置いてきて
しまっていた…orz

昔、アルフレッド・リード編曲の吹奏楽版を演奏したことが
あったのですが
演奏すると本当に本当にその曲の良さがしみじみとわかるので
またまた演奏したい気持ちになりました。
演奏するとその瞬間はその曲の一部になれるので隅々まで良さ
や素晴らしさを実感できます。

私は演奏する時は、マエストロが脳なら、鼓動を刻むのは
パーカッションやバスだなとか思いながら演奏します。
私はトランペットなのでその曲の声になるんだろうと、
思ったりします…。

米良さん、本当に美声だよなぁ…。

昔の曲や名手、音楽や芸術家というのは他の人間よりもはるかに
多くの感情を持っているのだと思います。
だからあのような何百年も時を超えて我々人の心に響くものを
創造し得るのだと…そして表現できるのだと思います。

今の人間じゃあそう簡単に後世に残るものは残せない。
先人が出し尽くしたのかもしれないけど、先人ほどの感情や
感性をもっていないのだと思います。

それは歴史背景にも直結するけど…今の日本人じゃ特に難しい
そんな気がしました。

greensleeves、我が愛しいひと。
また私の傍に来て、私を愛してほしい。

人間て不思議だ。

自分たちを枠に嵌めて、そこから出たいと
わかっていて言いたがるのはどうしてなんだろう。

山田かまち様。

話題:美術館・博物館


こんばんは🌙

ひびきです。


「こんばんは」を「こんばんわ」と間違った日本語を使ってる人が多いなとしみじみ思うこの頃。

やっぱりスマホにしてから、blogは書き難いし
blogを書く落ち着いた纏まった時間がなかった。

そんなこんなで、先月は出張ではじめて群馬に行って来ました。

会社のお金でついでに観光してきた(^^*)

そう…14歳のときからずっとずっと会いたかった…

かまち君の美術館に行ってきました
付き合ってくれた、何時もは頼りない同僚に感謝(笑)

かまち君よりも、気が付いたらずっとずっと年を取ってしまった…。
もし、君が大人になっていたらなんて言うんだろう。
どんな、大人になっていたんだろう

何時も考える。

中学生だった私は君の本を買ってよく読んでいた。

14歳から永かったけれど…この年齢になって、来れてよかった。
もしかしたら、この年齢になったからかまち君の処に行く機会が巡ってきたのかも。

群馬は、東北からのアクセスがあまり良くないんだよなー(^_^;)

美術館では本当に君が使っていたデスクを見ることが出来て感激

こういう、blogだとか何かを書く、描くという行為をどんどんするようになったキッカケはかまち君だった。

私は授業のノートにも、何かをかく時には必ず、日付を付けるようにした。

いつ、自分が居なくなるかわからないし
その、時はもう二度と戻りはしないから。

当たり前の毎日はもう二度と戻りはしないのである。

たぶん、じゃなく確実に
かまち君は日々そう…想いながら生きていたんじゃないかと
残された絵や言葉から、感じるんだよなぁ。

この先、平和じゃない日本がくるけど
そうならないと、この日常の大切さが…わからない人が多いと想う。

病気や事故、何かで命の瀬戸際をみた人はその重みがわかるかと。

かまち君は…生きた感性のような人だから
たぶん、わかっていたんだろうなぁ。

そんな、気がするんです。


小さなこじんまりとした美術館でしたが、このままこれからも残ってもらいたいです。

ただ、バスが目茶苦茶少ないのでご注意を(^_^;)
けっこー、大変でした(>_<)

抄録も1080円で購入

また、会いにいきたいなぁ。

生きている間に、必ずいきたい美術館。

話題:美術館・博物館


どうも、ひびきです。

先程なんと「無言館」がニュースに

無言館は戦没画学生の作品を集めた美術館。

続きを描きたくても描けなかった。

大切な人をただただ描いた。

家族への感謝を描いた。

それこそ…生きている時間を引きちぎってキャンバスに愛しいものを描いて行ったのではないでしょうか…。

私が以前の大学で学芸員課程(色々やってんな私ww)の履修中に知った美術館です。

実際に行ったことは無いのですが、今でも心に残る鮮烈さでした。

なんで無言館かって言うと、作品を前にするとみーんな無言になっちゃうからだそう。

作品も無言で観るものに語りかけているのだと思います。

描かれた生きる力で。

ちょうど知った学生の頃、かなり財政難でヤバいって話をきいていたのですが…健在で良かった

建物自体も十字になっていて鎮魂の館となっています。
私の学生当時の記憶が正しければ、入館料の金額は任意だったかと。

いつかじゃなくて、必ず生きている間に

行きます。

入館料はしっかり払いますよ
ちょっとでも役立ってほしい。

必ず生きる間に行きたい、それでいて必ず後世に残って欲しい美術館です。

そしてもっと知名度があがってほしいです。

こういう美術館って、本当に大切だと想うし
もっともっと、知って考えなきゃいけないと想う。

我々が得ている当たり前は…本当は想像以上に得難い大切なものなんだよ。



久しぶりにマジでピンチかもね。

話題:うわあああああ

どうも、ひびきです。


最近カテゴリーごとに読んでいる方がいるようですね。

カストラートやファリネッリ、「私を泣かせてください」の検索で私のブログが引っかかるなんて光栄なことです。

米良さんの美声に酔っていましたが、米良さん曰わく「カストラートは僕の5倍はスゴいと思う」だそうなのでますます惹かれますね。

モーツァルトや多くの音楽家達のカストラートの為の失われた音楽…ロマンです。

最近、現実逃避したくてぶっ飛んだ「よんでますよ、アザゼルさん」を読んでいたのですがまたまた悪魔達に魅力されています。

由貴先生の「天使禁猟区」も子供の頃から読んでいたのですが、ベリアルとアスモデウスとアスタロト&アスタロテが最高過ぎる^^

美しい…!

あとダンタリオン(ダンタリアン)が気になります。
確か女神転生のひだ襟(エリザベスTやらコロンブスとかもつけてる。あの頃の流行。)姿のダンタリオンが素敵で。

個人的に悪魔はベリアル、アスタロス、ダンタリオンが好きです。

甘い罠と毒を注ぐ破滅の唇、時を見越す冷たい瞳、破格の叡智、というイメージです。

久しぶりに悪魔や天使の辞典が読みたいですね。

…とか言ってらんないんですけどね(涙)

本当に10月からの実習が不安というかヤバすぎて話にならない。

いろいろと不安ですが楽しみでもある(笑)

レポートや試験もまだあるしこんなに不安なこたぁ無いっす!!

教育実習の記録読んだりしてたけど、こんなに長い実習ははじめてだから乗り越えたいですが不安です(笑)

ヤバすぎるけど乗り越えます←

壊れ気味です、ハイ!!


もう毎日がぶっつけ本番で死なない程度に頑張りたいと思います☆


あぁ…私も悪魔を召喚したい←


おやすみなさい!!!








←prev next
カレンダー
<< 2018年09月 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30