愛車を手放した後から、買取業者から瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)を盾にして買取金を下げられたり、契約解除を通達されることがたまにあります。


事故歴や故障歴を隠蔽して売却したのならば売却側が責任を取る必要がありますが、査定士が見積もり時に傷などを確認していなかったのならば売る側に何も責任は無いでしょう。


買取業者が一方的に契約解除や買取額の減額などを迫ってくるときには、消費生活センターなどに行って、いざこざが起きている旨を話してみると無駄に気をもむ必要がなくなります。


一般的に言って、事故車と呼ばれている「修理歴車」は、査定時に大きく減額されてしまう原因の一種になってしまうのです。


かといって、査定前に修理したことがある全部の車のことが同様に修理歴車として見積もりされることにはなりません。


車のいわゆる骨格に相当する部分にまで修理が及んでいなければ、車体やドアなどを板金で直してあっても修理歴車という扱いを受けることはないのです。


そうは言っても、修理歴車には相当しなくても、修理した痕跡がある車については査定時に減額されることが多いと覚えておきましょう。


よほど注意して乗っていても自然に出来てしまうほんの少しのへこみや薄い傷などは、多くはマイナス査定の対象にはなりませんので、さほど神経質に気にする必要はないでしょう。


明らかに爪が引っ掛かるくらいのキズがあったりしっかりと目で分かるへこみ、また塗装がはげていたりしては減額になりますが、査定が低くなるのを避けるために自らお金を出して修理しても自分で直した費用に見合う金額が上乗せされることはないのです。


マツダで新車を買う場合、今のデミオの下取りをディーラーにお願いするという選択肢もありますね。


ところがディーラーに下取りしてもらってしまうと、本当は損になることが多くなるでしょう。


ディーラーは主に新車を売っていますので、下取りの価格を高くしてしまうとそれだけ利益が減るということになります。


半分忘れ去られたようになって、放置されて車検切れになっている自動車でも売ることは可能です。


そうは言っても、車検が切れた自動車は公道を走らせてはいけない決まりがありますから、自動車があるところまで出張してもらって査定を依頼する必要があるでしょう。


普通の自動車以外にも車検切れでもOKのところならば、無料で車を引き取ってくれる店舗が主でしょう。


補足すると、査定に出す前に車検を通すことはあまり意味がないので止めた方が無難です。


車検にかかるお金の方が実際には高くなってしまい、その割には査定金額にさほど反映されないため損をすることになるでしょう。