いま乗っている車を売却したいと思っているときに、査定価格を知る方法は二通りあり、どちらも長所もあれば短所もあります。


まず、広く知られているのはディーラーによる下取り査定でしょう。


簡単ですし足(車)がなくて不自由することはありませんが、中古車の買取りを専門に行っている業者と比べると、買値は安くなりがちです。


そして2つ目は一括見積りサイトなどを使って複数の買取業者に査定を依頼するやり方です。


複数の会社が競いあうことになり、高値になる傾向があります。


中古車買取業者の訪問査定を受ける際は、雨の日や夜など薄暗いときにすると金額的に有利だという意見は根強いようです。


ボディのキズやへこみが薄暗さに紛れてしまうため、減点を受けにくく、結果として高額になりえるという理屈です。


とはいうものの、見逃す程度の擦りキズが大幅に査定に響くことは考えられません。


実際には査定士の都合さえ良ければ昼でも夜でも数多くの買取業者に車を見てもらい、値段をつけてもらう方が効率的です。


業者同士で競合が起きれば自然と査定額もアップするでしょう。


今乗っている自分の車を査定してもらったら、査定額はいくらになるか大まかなところを知りたい時に使えるのが、ネット上にある、車査定サイトです。


ただ、こういったサイトでは多くの場合電話番号や住所といった、コアな個人情報の書き込みが必須です。


そういった点が不安な人は、あまり数はありませんが、そういった個人情報なしでも査定金額が判明するサイトもあるので、そういったタイプのサイトを利用してみましょう。


すでにご存じの方も多いかもしれませんが、インターネット上には買い取ってもらいたい車の見積もりを同時に何社にもまとめて査定してもらえる、車の一括査定サイトが数しれず見受けられます。


これらのサイトで査定額を算出してもらったら、必ず売りに出す必要があるわけではなく、いろいろな店に自分で出向かなくても良くなるのです。


そうはいっても、会社によって電話勧誘がしつこいところもあるので、自宅などに電話されるのが面倒な人は、買取業者とメールで連絡可能なサイトを選ぶとこのような事は回避可能です。


売却したい車で店舗に乗り付けて現物査定を受けるつもりであれば、繁忙期などは待たされることはあるかもしれませんが、急な持ち込みを歓迎する店は少なくありません。


ただ、飛び込み査定のときは比較対象となる他社見積りもなければ、提示された価格を「安い」「高い」と判定する基準もありません。


結果的に市場価値より安値で売却するなどという可能性も否めません。


一社より多数の会社に出張査定依頼するほうが価格面で良い結果が得られるので、いま一度考えなおしてみましょう。