世間では、車査定を夜に受けた方が良いという話もありますが、それは違います。


暗いうちに査定を受けるということは買取業者もより慎重な査定をするでしょうから、想定より逆に、低い査定額になってしまうことだってあります。


仮に、夜間での査定が都合よく高い査定額が出たとしても、明るいときに傷や劣化が判明すれば後日でも、減額されることは間違いありません。


ですので明るいうちに受けられるよう、予定を立てておきましょう。


私の車は事故歴があります。


フレームの修復をしてもらったことがあるので、つまり修理歴が有るということになります。


しかし、簡単に見ただけでは事故や修理の痕跡はわかりません。


買取をお願いするときに修理歴は言わなければならないのでしょうか。


後からバレたら減額請求などで面倒なことになりそうですし、裁判沙汰になどされると一大事です。


そういったリスクは背負いたくないので、修理歴は素直に報告しておくことにしました。


思い立ったら時間を問わず可能なのが、中古車一括査定サイトからの見積り依頼です。


いくつかの業者の見積りを短い時間で知ることができます。


とはいえ短所もないとは言い切れません。


たとえばウェブだからと夜中に査定を申し込むと、深夜でも電話対応している業者から突然、営業電話が殺到することがあるからです。


仕事時間にかかってきて困るという人もいますし、ネットで連絡先を登録する際は気をつけましょう。


車を買い取ってもらう際に起きる恐れのあるトラブルは何個か考えることができますが、これらトラブルの中には実際に酷く質の悪いものもあるのです。


一例を挙げると、業者が見積もりを出して車を引き取った後から、更にチェックしたところ不備が出てきたなどと実際の買取金額は随分低くなってしまったケースも多いのです。


売却金額を下げられるより酷いケースでは、その車だけを引き取って提示された金額が振り込まれないこともあるのです。


詐欺まがいのケースに遭遇したときには、何はともあれ消費者生活センターなどの相談機関に出向くようにしてみましょう。


車の査定金額が下がる原因には何点かありますが、一番確実に査定金額が低下する原因になるのは、売ろうとしている中古車が過去に修理をしたことがある場合です。


車によっては査定金額が0円まで低く査定されてしまう事もあることを覚えておくと良いでしょう。


しかしながら、事故や故障で修理してしまうと必ずしも「修理歴車」に分類されるという事は無く、売却希望の車の骨格相当部分までダメージが行っていて、甚大なダメージを修理してあるのが修理歴車なのです。